2010年07月17日

こっさんめーる49「ハタケ山三部作(ハタケ山2)」

こっさんめーる48「その男つくし学級につき(ハタケ山1)」の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/155942755.html


  こっさんめーる「ハタケ山三部作(ハタケ山2)」<2001/12/14頃メール送受信>

<俺>「ハタケ山三部作・ピクミンの謎氷解」
 今CMでピクミンを見て大爆笑!ほんと新幹線の儀式とそっくりだ(笑)。
「そして最後に食べられ〜る♪」だ(笑)。まったく教師の新幹線恐怖症に食べられたようなもんだ。
 当初、ピクミンが何かわからず広辞苑を開いたが、直後にTV画面にワアーっとついていくピクミン達が映って、Y小体育館でのありし日の自分達を思い浮かべたよ。そっくりだ(笑)。
 我々はまさにピクミン状態と化されて、新幹線恐怖症の教師のおもちゃとされていたw

新幹線恐怖症の関連記事→こっさんめーる47「頭を捻り考えだしたのがピッ、ワァー!」&資料
http://cost-off.seesaa.net/article/154511056.html
「ピクミン 愛のうた」
http://www.youtube.com/watch?v=Pm199r3Kxdc&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=hENU4u3Tcn4

 給食のメロンはプリンスメロンだかプリンセスメロンだったね。
とにかく、ハタケ山は皮まで全部食って「どうだぁ!」と粋がってた。
 つくし在籍に始まりゴキブリ食い、チリ毛を直すための坊主刈り、修学旅行でカップメン、そして宗教壷!どこまで僕らを笑わせればすむのだろう(笑)。

<俺>「ハタケ山人生」
 奴は、中一の時と比べて中二、三年の時はあまりいじめられなくなり粋がり出した(調子こきだした)。
 中一の時には、よくY小からハタケ山を知っているクラスメイトが「隕石だぁー!」と冗談をいいながらいきなり頭を殴っていたが(本気ではない)、中二、三年の時にはクラスにもうワンランク上の自閉症児=養護(会話も難しいレベル)がいたので、ハタケ山よりも知能の下がいたので、まだましかという扱いになった。
 たぶんこの自閉症児=養護は、山ヒデがクラス替えの時にタ○ナカやケイちゃんとか怖い生徒を入れない代わりに引き受けたと思われる。

山ヒデの不良恐怖症については→こっさんめーる24「伝説のK中学編」「山ヒデVSケイちゃん」
http://cost-off.seesaa.net/article/141626469.html

 が、ハタケ山がからかわれるのに変わりはなく、天然パーマが直るとふきこまれてやった坊主頭も当然直らず、チリ毛がまた伸びてきたら
「オマエの天パは強いから一回じゃ駄目だ!それに坊主はシブいがぞ〜」
とかさらにふきこまれて、結局、卒業まで坊主を続けさせられていたw

 冬のある時、ハタケ山は珍しく手袋をつけていて
「これはぬくいぜ〜」
と自慢していたが、後日、その手袋はスパー(コンビニ)で100円で売られていたピコという商品名の手袋と判明し、それ以後は「ピコ」とあだ名をつけられて、ピコと呼ばれたりもした。

<俺>「勝手に極悪連合・ハタケ山三部作完結」
 とどめに奴は、中3の運動会で赤組(クラスのチーム名)の団旗に「極悪連合!」と勝手に書いた。
 しかし、それが思い切り「極亜連合?」(悪がありもしない変な字だった)と間違えてしまい、さらにそれが卒業アルバムに載ってしまい、半永久的に恥をさらす事になってしまった。
 中学のアルバムがあればチェックしてみてほしい!自ら馬鹿を証明してるから(笑)。

 君の同僚が高校生なっちと合コンとはすごい。ならばぜひなっち整形疑惑を尋ねてほしいね。なっちはヤリマン疑惑と整形疑惑があるのだ!デビュー時と顔が若干違うらしい!
 (平家)みちよを福沢諭吉などといっしょにしてはいけない!!
みちよはヤリマンでもなく整形もせず勝負しているのだ↑


<こっさん返信>「君は畑山第一人者だよ↑」
 ピコは知らなかった(笑)。スパーで買った100円の手袋をはめた極悪連合なんて見たことがない(笑)
 昔、ロードウォリアーズが極悪キャラで売っていて、刑務所時代に鼠を捕まえ生で食ったと言っていたので、ゴキブリを食えば極悪なのかも知れないけど、連合って・・誰と誰だい(笑)。かなりのアホだぁ〜(笑)。
 君も知らず知らずのうちに連合員だった恐れがあるね(笑)(丁度、亜の部分辺り)

 僕も畑山に「坊主はシブイがぞ〜」と言ったら、奴は「えへへ」とか何か喜んでた覚えがあるよ。
 給食のメロンは安物のツルツルだよね。ツルツルなのにプリンスは謎だけど・・・。
 諭吉もヤリマンでも無ければ整形もしてないのだ!

こっさんめーる50「星野阪神誕生」「最凶のサゲマン サチヨ」につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/157323422.html
こっさんめーる51「蟹の明暗」「君は『シングルベッド』を憶えているか」
http://cost-off.seesaa.net/article/158079663.html
こっさんめーる58「年越しジャンプとつくしボーダーライン」
http://cost-off.seesaa.net/article/165885669.html

※この記事をアップした日時は、2010/07/18.02:52。

〜〜〜〜
関連記事:こっさんめーる41「管理教育の賜物K野」「ヘアトニックの攻防!」「文集は誰のため?」「チョコ狩り」
http://cost-off.seesaa.net/article/151469005.html
こっさんめーる42「修学旅行の下着は白!」「頭を匂い続ける暴力教師とタケ」
http://cost-off.seesaa.net/article/151940458.html
こっさんめーる43「管理教育の時代」(42の補足説明)、「バス遅れしは〜」文集再現
http://cost-off.seesaa.net/article/152640509.html

こっさんめーる44「珍獣教頭サタケと舐める学校K野」
http://cost-off.seesaa.net/article/152942536.html
こっさんめーる45「人でなし・一人エンペラー ちんすこう35!《そして伝説へ》」
http://cost-off.seesaa.net/article/153370079.html
こっさんめーる46「サッとはいつくばって、べろーん」&「Friends」
http://cost-off.seesaa.net/article/153858021.html
まとめて読む→こっさんメールカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/7471316-1.html

続きを読む→こっさんめーる関連記事リンク一覧


posted by コスト at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | こっさんメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

こっさんめーる48「その男つくし学級につき(ハタケ山1)」

こっさんめーる47「頭を捻り考えだしたのがピッ、ワァー!」の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/154511056.html


  こっさんめーる「その男つくし学級につき」<2001年12月送受信>

<こっさん往信>「つくし学級」
 つくし学級(小学校の特殊学級)には低学年の頃、ハタケ山が在席し、ゴキブリが横切るたび、鬼のような形相で睨み付け、疾風のようにそれを掴み足の部分を貪り食っていたらしいが・・なぜ《つくし》なのだろう?
 ハタケ山がゴキブリ食ってるだけなら別につくしじゃなくても良いはず!
後年、授業中、鉛筆と消しゴムを使い『翼くん、岬くん、シュートだぁ〜!うわ〜↑』とかよく叫んでいたが、つくしと何か関係があるのだろうか!?春になり一生懸命生えてきて、名前も尽くしである。しかも、卵と炒めれば美味い!それなのに、この待遇は余りにヒドイ仕打ちである。


<俺返信>「土筆の災難」
2001・1211送信
 特殊学級をなぜ「つくし学級」と命名したのかは謎やね(笑)。
あの頃は、教師から知○障害児をアホとかバカとか言うなとか注意されたが、小学生なのでアホバカでなければいいのだろうと考え、次は養護=「ヨーゴヨーゴー!」と養護の意味もわからずからかっていた。(今思えば、養護学校の養護から来ていたのだろう。知恵遅れをヨーゴということしか理解してなかった。なにせ子どもは残酷だw)
 そのパターンでまた教師から「養護と言っては駄目」といわれたが、次は「つくしつくしー!」とからかった記憶がある。「つくし」と命名しても結局からかうのだ。
 ほんと本物の土筆はけなげに春に生えてくるのにいっしょにされて迷惑だろう。
 ハタケ山はゴキブリを食ってたのか!?
確かにK野(中学)で誰かがゴキブリを見つけた時にハタケ山に食え食え言ってたが、中学生になったせいか食べなかった。

<俺>「メロンの皮と消しゴムと三分刈り」
 しかし、ハタケ山は小学校の頃の匂い付き消しゴムを食べていた。クラスメイト(野々下だったと思う?)がからかって、匂いつき消しゴムの
「中のつぶつぶ(芳香剤)が甘いぞ〜」
というと、ほんとにメロンの色と匂いがついている消しゴムをボロボロとかじり、
「うまいぜー!」だか「甘いぜー!」だか言っていた。
 消しゴムを食うぐらいだから、給食のメロン(マスクメロンじゃない安いやつ)は喜んで皮まで食っていた。その時も
「どうだ!全部食ったぜー!」
と雄たけびを上げていたw

 しかし、一番ウケたのは奴は天然パーマ坊主事件だ。
奴は強烈な天然パーマだったので、奴をいつもからかっていた大原(クラスメイト)とかが
「坊主頭にしたら天然パーマが直るぞ!」
と吹き込んだら、ほんとに三分刈りにして登場してきた!しかも中二か中三の時に!

無論、坊主にしてもチリ毛は直らなかった・・。
 そんな知能のハタケ山でもオ○ドチ(山奥の高校名)に行けてしまうので、過疎大問題である!
(※過疎化で定員割れになってどんな点数でも入れてしまう)

 そして、奴は高校を留年した時は
「やった!もう一年学校行けるぞ!」
と喜びまくったらしい。その噂を耳にしたのが最後であった。
 タツオはY田でスクーター姿を目撃しているが、ハタケ山を目撃したとは聞かない。その後知能はつくしからどこまで上がったのか興味深いが、今は知る由も無い。100%関わりたくないが噂は聞きたい(笑)。
 タ○ナカはナンノファンは息が長いね(笑)。南野はこの前『幕末2001』という舞台で熊本に来てCMが流れて、まだ芸能活動してたのか!?と驚いたよ。


<こっさん返信>「畑山その後」
 ハタケ山はゴキブリだけでは飽き足らず、匂い付きケシゴムまで食っていたとは(笑)坊主もむちゃウケた(笑)。
 高校の修学旅行の時に、カップラーメンを山ほど買い込み、
「こんなに食えるなんて夢のようだぜ!」
と、吠えていたと言う話を思い出したよ(笑)

 今、現在は何やってるかは分からないけど、数年前までは自販機にジュース等を投入する仕事をしていたが、家に宗教が訪ねてきて、何か高額な物を売り付けられ、その後仕事を辞めた彼は壺を売り歩いていたらしいよ。
今もまだ宗教に狂い壺を売ってるのかは知らないけど、奴は面白すぎる(笑)。

<こっさん>「やせ我慢」
 『ゴン』等の雑誌を鵜呑みにしてはイケナイ!あれは芸能版ムーだよ^^;
前の職場の北海道人の友達は高校生なっちと合コンをしたらしい。
当時からかなりモテていたらしいが、部員全員が穴兄弟なんて話は聞かなかった。 
 みちよが母親と共に働きかけたって話は良い話であるが、それを愚痴ってはいけない!デビューが決定したみちよが優越感に浸り、屋根に上って高見の見物じゃと言っていたのかもしれない。慢れる平家は久しからず。
そのうち、やせ我慢の説を出版しそうだ・・みちよの兄六月に結婚らしい。

※『痩せ我慢の説』・・・福沢諭吉の論文。よくわからないが元幕臣の勝や榎本を批判したもの。「立国は私なり、公に非ざるなり」とか書かれてるらしい。
<引用>榎本は長く明治政府内にあり、数々の大臣を歴任する。後、福沢諭吉に「痩せ我慢の説」で批判されることになるが、その地位に反し榎本は財産を築くことはなかったという。
 前にも書いたように、こっさんは福沢諭吉が長編ドラマ『五稜郭』で、「俺は幕府に翻訳家として雇われているだけだ。(江戸城総攻撃に際して)戦って死ぬ義理はない。高みの見物をさせてもらう」と言って屋根の上に登っているシーンを見て以来福沢諭吉が嫌いである。
 よく「人の上に人を作らずなんて嘘だ!」と言っていた。

tukushi.jpg
本物のつくし

こっさんめーる49「ハタケ山三部作(ハタケ山2)」につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/156681250.html
こっさんめーる58「年越しジャンプとつくしボーダーライン」
http://cost-off.seesaa.net/article/165885669.html

〜〜〜〜
関連記事:こっさんめーる46「サッとはいつくばって、べろーん」&「Friends」
http://cost-off.seesaa.net/article/153858021.html
まとめて読む→こっさんメールカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/7471316-1.html

続きを読む→こっさんめーる関連記事リンク一覧
posted by コスト at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | こっさんメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

こっさんめーる47「頭を捻り考えだしたのがピッ、ワァー!」&サブタイトル資料(ver.1.2)

こっさんめーる46「サッとはいつくばって、べろーん」&「Friends」の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/153858021.html


こっさんめーる「頭を捻り考えだしたのがピッ、ワァー!」<2001年12月9-10日送受信>

<俺往信>「修学旅行の儀式・新幹線の整列」2001/12/09送信
 Y小の修学旅行前に「新幹線の整列」というのがあったのを覚えているかい?
 それは、K野(中学)の「チョコ狩り」の儀式同様、例によって体育館に集められて行われた。
 体育館内を岡山駅の新幹線ホームに見立てて、新幹線はドアが容赦なくすぐ閉まるので、グズグズせずピタッと整列できるよう教師が体育館を走り回りながら、ピッと笛を吹くとそこへ生徒全員が「ワアー!」と一斉に群がって行き整列するというもので、

 教師はストップウォッチで時間を計っていて、目標の30秒以内とかが達成されるまで、体育館中を笛を吹く教師に向って全生徒が「ワアー!」と声を発しながら整列を繰り返していた。
 やりながらいくらなんでもひどいなと思った↓。
「つくし学級」(特殊学級)ならともかく全員でワアー!である。新幹線に乗ることをまるで絶対の至上命令かのごとく

<俺>「生徒全員をタツオ扱い」
何度も何度もピッ、ワアー!をやるのである。時には教師を変えたり、時間差をかけたりとフェイントまでかけてワアー!である。
 内心、もう乗れないなら次の便に乗るなり、乗れない馬鹿はもうそこで修学旅行終りにしていいから、このピッ、ワアー!の儀式はやめてくれと願った。
 (修学旅行へ行く)小6といえば11−12歳、すでに受験をした子もいただろう、第一町には鉄道もあるし、特急も止まるのだ。乗り方ぐらいわかるだろうに、全員をタツオ並みの知能と想定してのワアー!である。たまったものではなかった。
 21世紀になった今でも体育館中を走り回ってワアー!とやっているのだろうか?
いつその無意味さに気づくのだろう・・。

※チョコ狩り・・・管理教育のK野中学で行われた儀式。
こっさんめーる41「管理教育の賜物K野」「ヘアトニックの攻防!」「文集は誰のため?」「チョコ狩り」参照
http://cost-off.seesaa.net/article/151469005.html
※タツオ・・・教頭サタケの靴をはいつくばって舐めた男。知能は一般より低い。
こっさんめーる44「珍獣教頭サタケと舐める学校K野」とこっさんめーる46を参照。
http://cost-off.seesaa.net/article/152942536.html


<こっさん返信>「新幹線恐怖症!」
あったねぇ(笑)そんな事・・あれはさながら軍隊の演習の様だった。目的は新幹線に乗る事!!完全にコントのネタだ(笑)
 どうも、教師からしてたかが新幹線をまるで神かとても崇高なものと勘違いしていた節があり、生徒をピクミン状態とし、演習させる事により教師SIDEが大丈夫と安心したいが為、玩具にされた様なもので、一番の対策は教師が10回新幹線に乗って恐怖を乗り越える事だと思う。
 ドアの閉まりが早いやら、乗り換え時間が短いやら言ってたねぇ。
頭を捻り考えだした対策がピッ・ワァーじゃあ21世紀になってもピッ・ワァーだろうね。


<俺返信>
 まったくだね。教師は新幹線を神のごとく崇めていたw
いくら四国に新幹線はないとはいえ、所詮は電車に過ぎないのに
「新幹線は時間が来たら待ってくれないのよ。容赦なくドアが閉められるわよ!置いて行かれるわよ!」
と中山ミドリ(小6の担任)が演説して生徒の恐怖を煽っていた気がする。
 しかし、実際は全員がすんなり乗れた。大体、JR側も修学旅行生が乗ると事前にわかってるからある程度は乗り込むのを見ているだろうし、当然家族旅行などで新幹線に乗ったことがある生徒もいたし、君のように愛知から引っ越してきた子にとっては新幹線の整列の儀式は奇妙に映っただろうw

 沖縄の離島とかで電車を見たことがない子どもならともかく、日曜には高知(市内)へ気軽に電車で遊びに行ってるのに、教師どもは何をあんなにびびっていたのか未だに不思議だ。
 まあ、中山ミドリのように
「自分たちまで年金は満額もらえらる。あなたたちは年金は満額もらえなくて、徴兵制復活して戦場へ送られてかわいそう」
などと小学生に平然といってたやつが、今ではゴン情報によるとY田の教育委員会で役職についてるというのだから、ピッ・ワァーの儀式が続いていても仕方ない。

 ところでピクミンとは何だい?ちょっと調べて後日メールするよ。
そうして、Y小とK野でおかしい奴といえばカズアキ、タツオに続く第三の男・ハタケ山がいたけど覚えているかい?

  次回「その男つくし学級につき」につづく


〜〜〜
<資料>
珍獣教師分類「Y田教育委員会推薦」 - 01/12/02

珍獣教師分類整理
Y小学校・・・中山ミドリ(Y小の担任で最悪教師)、影山、爆弾が落ちるぞ!(小学校の音楽教師)、石川(悪質な女教師、小2の担任)
K中学校(K野)・・・山ヒデ(俺の担任)、ハダカ(人間名前田、最低教師)、ミマ(宮本、こっさんの担任)、マスコ、F川(猿の惑星、善良な教師)、萩野(野生の馬)、宮川(屈強な体育教師)、めばぁ(便器なめ教師)、バーコードサタケ(タツオに靴なめさせた教頭)

関連記事:こっさんめーる25「K中学珍獣教師編ーエサを与えないでくださいー」
http://cost-off.seesaa.net/article/142233325.html
こっさんメール26「ハダカ伝説!!」
http://cost-off.seesaa.net/article/142247209.html

〜〜
<資料2>こっさんめーるサブタイトルまとめ。
 ブログ版ではカットしているが、以前の掲示板版では本編タイトルとは別にサブタイトル(時候のあいさつのようなもの)がついていたので、それをアップ。
・加藤あい降板後の『傷だらけの〜』は呉のない三国志
・「傷だらけの〜から金太郎3へ」
・「ピクミン 愛のうた」大ヒット!
・21世紀も響く達郎のクリスマス
・本当のちんすこう
・『トロピカ〜ル恋して〜る』
・スパイラル構造・現在と過去
・首のしこりは筋肉のコリだったらしく自然消滅
・伏せ字は気まぐれに
・・・・であるか、(ポイズン信長風)
・ラディンって結局どうなったの?
・冬晴れの日に
・師走のはじまり
・霜月の終りに
・霜月のたそがれ

こっさんめーる48「その男つくし学級につき(ハタケ山1)」につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/155942755.html
こっさんめーる49「ハタケ山三部作(ハタケ山2)」
http://cost-off.seesaa.net/article/156681250.html

〜〜〜
関連記事:こっさんめーる45「人でなし・一人エンペラー ちんすこう35!《そして伝説へ》」
http://cost-off.seesaa.net/article/153370079.html
こっさんめーる40「プリオンと阿蘇と金太郎」
http://cost-off.seesaa.net/article/151092257.html

続きを読む→こっさんめーる関連記事リンク一覧
posted by コスト at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | こっさんメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

こっさんめーる46「サッとはいつくばって、べろーん」&「Friends」(ver.1.2)

こっさんめーる45「人でなし・一人エンペラー ちんすこう35!《そして伝説へ》」の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/153370079.html


こっさんめーる「サッとはいつくばって、べろーん」<2001年12月上旬メール送受信>

<俺往診>「〈違う〉は《イガゥ!》」 
 筒俊(つつしゅん、友達の名前)は家具のタケムラ?に就職したと思う。Y田の実家にはいないけど高知にいると思う。何年も会ってないなあ。
 サタケ(教頭)は変なしゃべり方(池沼っぽい)で、興奮すると「違う」を「イガゥ!」と発音してたのを憶えている。確かに頭の中身はタツオと同レベルである。配線も太いのが何本も切れているだろう。
 タツオの靴舐め事件は、サタケがタツオの言い訳に対して
「人に言われたらそうするのか!だったら靴なめろ!」
という経緯だった気がする。
 ちんすこう男の話は送ってくれて感謝である。奴に天罰が下る事を祈ってるよ。

※サタケ・・・中学の教頭でバーコード頭。エロ本立ち読みを目撃されるなどで過去記事に何度か登場。
こっさんめーる44「珍獣教頭サタケと舐める学校K野」
http://cost-off.seesaa.net/article/152942536.html

※筒俊は小学校からの友達で、俺とは小学校で、こっさんとは中学校でクラスメイトだった。
この数年後に、教師として山奥の学校に赴任したという話を筒俊の弟から聞いた。

<俺>「過去ドラマ評価」2001/12/07送信
 一年ぐらい前のドラマで『Friends(フレンズ)』(2000年7〜9月放送、TBS)というのを憶えてないだろうか?
ビデオ化もされてないし、ネットでは悪口どころか話題にもされてない。ダウンタウンの浜田がカメラマン役で和久井映見とかが出て、僕は全話録画して持ってるのだが、君の評価はどうであろうか?
最後に浜田は死ぬのだが、世間から忘れられてる・・。
 一方、同じ浜田主演の『竜馬におまかせ!』はビデオになってないがネットでの評価は高いのだ。

 今、『カバチタレ!』の再放送を見てるのだが、当時はマンガ=法律版ナニワ金融道とあまりに違うから観なかったが、別物としてみるとそこそこいい。
 そして、一晩明けると「ちんすこう男35」は伝説になっていたよ(笑)。

※『Friends(フレンズ)』の主役の浜田雅功演じる幸田順平は写真週刊誌と契約してるフリーカメラマン。偶然にもちんすこうと同じ35歳の設定。記事の後半に詳細説明。
img_1501607_53718542_0.pngfriends.png
ドラマ『Friends』の画像
※『竜馬におまかせ!』の関連記事→龍馬役&『竜馬におまかせ!』
http://cost-off.seesaa.net/article/65577479.html


<こっさん返信>「Freiends」
 『Friends』はしっかり覚えてるよ。因みに82点となっている。
前半の浜ちゃんは嫌な奴だった。後半病気にかかってからの役柄は凄く好きで、浜ちゃんはあの手の役が凄くハマってる。
 昔は良いハマリ系の役ばかりやっていたが最近はどうもね・・浜田課長なんて最悪だ!
 とにかく、『Friends』は前半はいまいちだったので点数的にはどうしても伸びなかったが後半盛り返し、良かった!しかし、君はカメラ話が好きだねぇ^^

 『カバチタレ!』はも〜お↑良かった☆あれも何回観ても笑えるしキャラが立ってる^^94点付いてるからねぇ(笑顔)

※カメラ話・・・以前、福山雅治がカメラマン役でやっていたドラマは面白かったとメールのやりとりしたことがあるのを踏まえている。

<こっさん>「そうそう(笑)イガゥ!だ(笑)」
 君は良く覚えてるなぁ(笑)本当感心するよ↑
サタケの「イガゥ!」もそうとう馬鹿だ(笑)靴舐めに関してもそんな流れだったね。
 「人に言われたらそうするのか!」は昔よく流行ったなぁ。死ねと言われたら死ぬのかとか実にしょうもないことを言っていた。イガゥは使えるね(笑)これから使っていこうと思う。

 筒俊は家具屋かぁ♪想像付かなかった〓元気にやってると良いんだけどね(笑顔)それから親父さんもね。
前の職場の所長には、僕が辞める時に源泉徴収を送ってくれと念を押しといたのだが、いつまでたっても送ってこず、困ってる。やっぱり糞である。


<俺返信>「浜田課長でOKなら誰でも売れっ子になれる」2001/12/08送信
 『明日があるさ』(2001年放送、日テレ)の浜田課長は最悪だった!確か3話あたりで観るのをやめたよ。
「CMからドラマに↑」とかいう売り込みだったが、糞もいいとこ↓感動もしないし、笑えもしなかった。無駄と即判断した。
 あんな脚本でいいなら『Friends』に出てくる売れない脚本家志望のボサボサ頭(エレファントカシマシの宮本)は自殺未遂せずにすんだはず(笑)。

 『Friends』を憶えているとはメールしたかいがあった。そう、確かに浜ちゃんは前半嫌な奴だったが、後半病気が判明してからはいい奴になった。
 カメラは偶然なのだ。当時はまだ一眼レフカメラは持ってなかった。
イガゥ!と靴舐め事件は、君のメールで昔誰かが再現コントをしているのを思い出したのだよ(笑)。

<俺>「サッとはいつくばって、べろーん」
 僕はタツオとはクラスが違うので直接事件現場を目撃してないけど、靴なめ事件は再現コントの形で全クラスに伝わってきたよ。
タツオ役が何かをしでかした言い訳に
「誰々君にやれって言われたからです」
と言うと、サタケ役が
「おまえは人に言われたらするのか!だったら靴なめろ!!」
と言うと、タツオ役がサッと床にはいつくばり、サタケ役のセッタ(上履き)をべろーんとなめる真似をするという再現をやっていたのを思い出したのだよw

 そのコントが実によくできていて、サタケの日ごろからのえらそうな言い方もそっくり真似して、
タツオ役は純粋に
「教頭先生が靴なめろと言ってる、舐めたら許してもらえる」
と思って、すぐにはいつくばって、舌まで出してべろーんとなめ上げてみせていたよw
 君が言う通り地図しか読めない純粋な聖者が、バーコード頭でイガゥ!の教頭サタケのセッタをなめたという事実が爆笑とともに伝わったよw
 さらに、サタケ役が「まさかほんとになめるとは・・大変なことをさせてしまった」という青ざめた顔までやって内面まで表現したものであった。

 ひょっとしたら、タツオは本当に単純になめろといわれたからなめただけで、しかられた悪さも単純にやれとクラスメイトにいわれただけなのかもしれない。なにしろ、「善悪の判断が定かでない」のがタツオなのだからw
 しかし、サタケは「なめろ!」といっても普通はなめないから、「ほらみろ!」という流れで説教するつもりだったのだろうが、タツオはすぐにサッとはいつくばってなめてみせたから大変ww
タツオの知能の低さをあなどっていたのだ。予想以上に低かったのだw

 当時は教室の後ろで何回もべろーんのコントをやっていたw
人の脳は記憶していても思い出す鍵となるきっかけがないと思い出せない仕組みらしいので、べろーんを再現してくれていた奴に感謝だ(笑)。
 まさしく「べろーんの伝播」であるw文字や印刷技術がない時代は、こうして人づてにニュースは伝わってきたのだと思う。

 いくら相手がタツオとはいえ、これでサタケが問題になって処罰されたとは聞かないし、ほんとにあの頃は内申書に盾にした管理教育がはびこっていたね。そのサタケは今やどっかの学校で校長とは・・。
 一体、高知県はどういう審査しているんだろうね。だれがサタケを校長に推薦したのだろう。アホな身内で採用を固めているだけのことはある。
 君とメールすると笑えるし、文章の練習にもなるのでよく送っているのだが、返事とかせかすようで迷惑になっていないだろうか?
今日もべろーんを思い出し笑いしたよ(笑)。


<こっさん返信>「やっと休みだぁ♪」
 今日も休日出勤したら強制的に21時まで働かされ疲れた><。
昨日は、ちんすこう35が手首を切る夢を見て凄く目覚めが良かったよ。近々現実となる事を祈る。
 メールは日々楽しみにしてる(笑)。迷惑どころか君のメールがなければ忘れてたことが山ほどだし、いつも笑わせてもらってるし非常に為になる♪感謝感謝だよホント↑
 ただ・・僕ばかりいつも返信が遅れて非常に申し訳ないと思ってる。
即返信を出そうという気はめちゃめちゃあるんだけど、ついつい遅れてしまう。ゴメンm(__)m必ず読んでるし、出来るかぎり早めに返信するんで、これからもヨロしゅう(笑)。


『Friends』・・・2000年夏にTBS系で放送されたドラマ。
 ふとしたきっかけで出会った、30代の夢を失いかけた男女が織り成す、大人の友情物語。
 写真誌のカメラマン・順平(浜田雅功)は、ある日、大物カップルのデート現場を記事にしたところ、偶然、そこに写っていた梨沙(和久井映見)は仮病早退がバレ、会社での立場が悪くなってしまう。
主演:浜田雅功(ダウンタウン)、和久井映見、竹内結子、宮本浩次(エレファントカシマシ)、村田雄浩、鈴木砂羽、山口達也(TOKIO)、内藤剛志、大杉漣 
脚本:関根俊夫、宮原氣、芝田知子
演出:清弘誠、片山修、梶原紀尚
ビデオ・DVD化はされていない。
地味なストーリーながらリアルな台詞も多く、味があるいいドラマで、俺のベストドラマTOP10に入る作品。別記事で紹介予定。
 ちなみに平均視聴率は14.6%で、『明日があるさ』の平均視聴率19.3%に大きく負けた。浜田課長の高視聴率は謎だった。
参照:Wiki「Friends」
http://ja.wikipedia.org/wiki/Friends_%28%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E%29
動画↓
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=3bqdwnORPcM


高知県の教員採用事情・・・いつだったか、高知新聞に県外から移住して来て教師になろうとした人の記事があった。
 「龍馬のような志をもった生徒を育てたい」と思って教員採用試験を受け続けたが、何回受けても採用にされず、結局年齢制限で受験できなくなり、今はタクシーの運転手をしているという記事だったが、あれは暗にコネがないと教師に採用されないよということを伝えていたのだと大人になって気づいた。
 一方、予備校時代に知り合った教師の息子は、
「俺は何年浪人しても親が教師やってるから、絶対に採用されるから心配してない」
と発言してる奴(ト○ヒロ)もいた。

 そいつの話だと「完全にコネで決まるから、親が教師なら無理していい大学でなくとも教員免許があれば採用される」というのだ。
 採用試験の出来や大学のレベルよりも、人物よりもコネだというのだ。高知県の教員のこっさんめーるに出てくる珍獣教師図鑑でもわかるようにひどいのも仕方ない。
 2008年に大分県の教員採用試験で不正が発覚してニュース(大分県教員採用汚職事件)になるが、どこの県も同じかと思った。大分の場合は賄賂までもらっていて、もらった金券を換金しようと金券ショップに大量に持ち込んだところからそこから発覚した。

参照:「特報 大分県教員採用汚職事件を追う」
http://ameblo.jp/town-watch/entry-10114008767.html

こっさんめーる47「頭を捻り考えだしたのがピッ、ワァー!」につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/154511056.html
こっさんめーる48「その男つくし学級につき(ハタケ山1)」
http://cost-off.seesaa.net/article/155942755.html

〜〜〜〜
関連記事:こっさんめーる41「管理教育の賜物K野」「ヘアトニックの攻防!」「文集は誰のため?」
http://cost-off.seesaa.net/article/151469005.html
こっさんめーる42「修学旅行の下着は白!」「頭を匂い続ける暴力教師とタケ」
http://cost-off.seesaa.net/article/151940458.html
こっさんめーる43「管理教育の時代」(42の補足説明)、「バス遅れしは〜」文集再現
http://cost-off.seesaa.net/article/152640509.html
まとめて読む→こっさんメールカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/7471316-1.html

続きを読む→こっさんめーる関連記事リンク一覧
posted by コスト at 16:15| Comment(0) | TrackBack(1) | こっさんメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

こっさんめーる45「人でなし・一人エンペラー ちんすこう35!《そして伝説へ》」

こっさんめーる44「珍獣教頭サタケと舐める学校K野」の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/152942536.html


こっさんめーる「一人エンペラー ちんすこう35!」<2001年12月初旬メール送受信>

<こっさん往信>「人でなし伝説・・《序章》」
 前の職場でお気にいりだった子が会社を辞めたという情報が入ったのが始まりである。
 その子は検査工程のリーダーをしてたのだが、当日いきなり辞めますと言って辞めたらしい。それなりに自分の考えも持っていて、仕事に対してもしっかりやっていた彼女が自分の立場も考えずいきなり辞めるとは何か重大事件でも発生したのではないかと思い、心配していたのだ が・・。
 その子は彼氏と同棲している。人でなしはこの男。彼氏はフ○ワークの管理者をやっていて35才沖縄人バツイチ。
彼女は土曜の夜に会社連中と呑みに行ったのだが、彼氏はその事を知らず

<こっさん>「35才の管理者」
会社から自宅に電話したが、彼女が出ない!心配になった彼氏は仕事を抜け出し家に帰って彼女を待った。その後、ベロベロに酔っ払った彼女が会社の男に送られ帰宅。そこから修羅場だったらしい。
 その後、嫉妬に狂った彼氏は彼女に「会社を辞めろ!」と迫り、辞めさせたと言う事実である。
自分の立場、彼女の立場さまざまな状況ある中、子供でも考えられる最も最悪な選択である。その後も彼氏は平然と会社に行っているらし い。普通の奴なら恥ずかしくて自分も辞めるのだが(結婚するなら話は別)・・
しかし、この話位ではただの馬鹿である。

<こっさん>「人でなしの理由」
 さて、ここからが彼氏の過去になるのだが・・
彼氏には三人の子供がいる。奥さんとの仲も悪くはない。だ が沖縄という土地柄か職が無い。経済的な事情であろう・・単身出稼ぎに出た訳である。
 そこで僕のお気にと不倫関係に至る事になる。彼女には「妻とは別れる」と言っていた。そこまでは良くありがちな話である。

 数ヵ月後、奥さんから「四人目の子供が死んだ!」と会社に電話があったが、沖縄に帰る金が無いと彼氏は言い、心配した同僚が皆でカンパして沖縄に帰したのである。
まぁ仕事もあるから、そんなに長く滞在も出来ないよね。

<こっさん>「人でなし伝説・・《そして伝説へ》」
子供を亡くし精神的にボロボロの奥さんに向かって、いきなり「好きな女が出来たから別れよう」である。
 そして、離婚して帰ってきた彼が同僚に言った言葉が
「子供の事は嫁に全部任せておいたのに死なせやがって!」
である。
 そう言い、お土産のちんすこうを配っていたらしい。
もう、頭がイカレてるとしか言いようが無く、こんな奴と同じ空気を吸って生きていると考えると虫酸が走るよ(怒)。それとともに何故こんな男に彼女がベタ惚れしてるのかが、さっぱり意味分からず最大の謎である。
 僕的には中山ミドリ以降久々に聞いた強烈なインパクトであった。

※ちんすこう・・・沖縄県の伝統的な菓子。
※中山ミドリは俺とトックリの小5,6の担任で最悪の教師。
こっさんめーる33「リメンバー中山ミドリ、ヒゲ達の挽歌」
http://cost-off.seesaa.net/article/145146365.html


<俺返信>「まったくオチがよめなかった」<2001/12/06送信>
 ス、スゴイ結末だ(驚)そう来るとはまったく読めなかった!
てっ きり沖縄から戻らないのかと思ってたが、離婚して戻って来るとは!
すごい早業だ!自分は浮気してやりたい放題なのに死なせやがってとは!
そんな奴がいるんだねえ・・彼女に仕事やめさせたり、離婚したり即決でやってるのがスゴイ!35歳にして一人エンペラーだ。
 死んだ子供を悲しむとか、人間的な要素がまったく感じられない!
死んだ事さえも離婚の理由にしたとは凄まじい(驚)。
 人間関係ではひどい目にあったと以前メールしたような嫌な奴はいたが、コイツは桁違いだ!絶対関わりたくない!

※人間関係でひどい目・・・福岡での人間関係のことだと思うが、メールはしたが掲示板にアップしてないので思い出せない。おそらくろくでもない話だったと思うのでカットしてる。


<こっさん返信>「ブルーにならなかったかい?」
 本当にその通りで、人間的な回路を生まれ持ってないのであろう。
僕はそんな人じゃない奴に飲み会の二次会で糞所長の事など辞める理由を話し
「会社を変えていけば良いんだ」
とか
「○○君、仕事というのはなぁ〜」
とか分か り切ったことを説教されたよ。屈辱だ。
 奥さんが余りにも可哀相すぎるし、クズがのうのうと生活してる事を考えると我慢ならんので奴には社会的制裁を加えようと知り合いには伝えたよ。
 問題はお気にの彼女が肩代わりして苦労するかもしれないって事で、本当にそうなる位ゾッコンだから始末が悪いんだなぁ 〓


<俺返信>「ちんすこう35に死を!」
 うん、気分いいもんじゃないね。唯一ましなのは僕は世間知らずなので、そういう奴もいると言う事がわかった点だけだね。
まあ女性はぞっこんでも冷めるとすっぱり切れるらしいけど、ボロさに気づかない内は何言っても難しいね。
 ソイツ=ちんすこう35に仕事上のつきあいとはいえ説教されるとは・・。しかも中身の無い一般論だから君的には屈辱だろうけど笑えるよwいかにも言いそうだ(笑。
ほんとちんすこう35が幸せになるのとしたらムカつくね!

こっさんめーる46「サッとはいつくばって、べろーん」&「Friends」につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/153858021.html
こっさんめーる47「頭を捻り考えだしたのがピッ、ワァー!」
http://cost-off.seesaa.net/article/154511056.html

〜〜〜〜
関連記事:こっさんめーる31「登場!リピート3、コントの世界からこんにちは」
http://cost-off.seesaa.net/article/144318186.html
こっさんめーる20「占いと血液型」
http://cost-off.seesaa.net/article/140404226.html
こっさんめーる21「名をなのれ!」「東京O村T、ステージIWGP」
http://cost-off.seesaa.net/article/140814320.html
こっさんめーる22「松茸バーガーとこの国のセキュリティーチェック」
http://cost-off.seesaa.net/article/140963376.html
こっさんめーる23「カレーも食えないカルトジャパン」「ラーメン談義」
http://cost-off.seesaa.net/article/141226968.html
まとめて読む→こっさんメールカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/7471316-1.html




続きを読む→こっさんめーる関連記事リンク一覧
posted by コスト at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | こっさんメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

こっさんめーる44「珍獣教頭サタケと舐める学校K野」

こっさんめーる42「旅行先で整列して下着チェック!」「頭を匂い続ける暴力教師とタケ」と
http://cost-off.seesaa.net/article/151940458.html
こっさんめーる43「管理教育の時代」(42の補足説明)、「バス遅れしは〜」文集再現の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/152640509.html


こっさんめーる「珍獣教頭サタケと舐める学校」<2001/12月初旬メール送受信>

<俺往信>「古城にてバス遅れし者」
 古城にてバス遅れさせたのは、国語の女教師でたぶん岡村先生だよ。
卒業式で僕の手を握りながら「○○君、もう遅れないから!」と涙ながらに言っていた。
 僕はあれは本来書きたかった内容ではないといえず、適当に返事した。
何しろ卒業=解放だったからそれどころではなかった。卒業証書をもらった時かなりニヤついてた記憶がある。まさに刑期の終わった囚人がシャバ=自由の世界へ出た気分だった(笑)。

※実際、高校になって他の中学から来たクラスメートに話を聞くと、K野ほどひどい管理教育をしているところはなかった。問題の中学であった。

・こっさんの「タツオに靴を舐めさせていた記憶がある」についての返信。
 そうそう、バーコード佐竹だ!奴はタツオに靴を舐めさせていた!
今、大学の図書館でその下りを読んでてクっクックと笑いをこらえるのに必死だ(笑)。
 タツオの靴舐めの現場は見てないけど、靴舐めベローンの話は伝わって来た!
僕のクラスにも再現コントになって伝わってきたよ。みんなサタケ役とタツオ役に分かれて真似していたw

<俺>「舐めらすのが好きな学校K野」
 K野はやたら舐めていたね。めばぁ(性格も顔も根性も悪いババア教師)も、昔(僕らが入学するより何年か前に)K野が荒れていた頃に不良に便所に連れて行かれ、便器を舐めさせられたらしく、その時よだれが糸をひき「めばぁーっ」となった事から「めばぁ」と呼ばれ出したとか。

 確かにタツオは分別がついてなかった(笑)。地図の世界がお気に入りの養護学校一歩手前の奴だった。
最近知ったのだが、普通の学校と養護学校へ行く基準は、知能指数などではなく単に親の希望らしい(驚)。地図しか読めなくても教師に言われるがまま靴を舐めてしまう知能でも、親が普通の中学に行かせたいなら来れてしまうのだ!
 養護学校というものがあるのにK野に変な奴が来るのは、親のエゴだったのだ!

<俺>「メールはせかした形ですまなんだ」
 佐竹が校長に!?それはひどい!奴には僕も嫌な記憶がある(怒)。
一年の時、入学して一週間ぐらい、偶然誰かとはしゃいでガラスを割った時、偶然佐竹が通りがかり頭を何回も叩かれた。
 なんでも、その日は3枚ぐらい割れていて(荒れてるわけでなく、その日は偶然が重なっただけ)、見せしめに俺の頭をゲンコツでかなり強く叩いてきた。

 さすがに3発目辺りで
「ガラス割ったぐらいで何回叩きやがる(怒)。他の奴が叩かれたとは聞いてないぞ」
と思いガードしたら、憤怒の表情でさらにガードの上から叩きやがった(怒)。
 事故で偶然でガラス一枚割っただけである(後で正座一時間の上、ガラス代を払うのにである)。
 後年、つつしゅん(筒俊、友達のあだ名)が、大学で教育実習に行った時、今は生徒が授業中暴れても、手をあげたら即PTAに訴えられてクビになると言う話をしていたが、僕たちの頃は教師の天下だった、本当にひどかったと思った・・。
 結局、筒俊は教育実習で小学生が言うことを聞かないのにてこずり、かといって手を出すととんでもないということに懲りて教師にならなかった。

※筒俊は小学校時代からの友達で、ブログでは
『2007夏・沖縄旅行[43]3人の昼食その1、ソーキそばの惨劇』
http://cost-off.seesaa.net/article/91544293.html
に出てくる。

<俺>「とんぼよーんにも大笑い!」
 修学旅行の荷物の名前チェックは、小学校の修学旅行の時だろう。確かにY小で名前に書いてなければその場で書かされた記憶がある。
しかし、タツオはどういう経緯で靴舐めに至ったのか知りたいね(笑)。当時は、タツオが靴を舐めてる真似『べローン』が流行した(笑)。

 なっちの性格は『ブブカ』とか『ゴン!』などの雑誌に高校時代のヤリマンぶりが載っていたよ。
サッカー部のマネージャーで部室でやりまくって「部員は皆穴兄弟!」になったらしい。
それに対し、みちよは自分がグランプリで優勝しデビュー決定後、落選メンバー(初期モー娘。メンバー)もデビューできるように母親とかと必死に働きかけたとネットに書かれていた。

<俺>「顔のなっち、性格のみっち」
 つまり、モー娘。はみちよのおかげでデビューに至ったのだよ!
その後、置いていかれしまったと自虐的にラジオで話していたらしい。泣ける話である・・。なっちや初期メンバーは感謝すべきである。
そして宣伝費が松浦亜弥に回されCDが売れなくても、ドラマで脇役でもがんばっている!
つまり、ヤリマンなっちとでは性格のレベルが違いすぎる!これできっと君もみちよファンになるだろう。
そういえば君の怒りの電話はどんなんだったんだい?また糞所長かい?

※松浦亜弥・・・モー娘。・平家みちよの妹分ハロプロのサラブレッド。その宣伝費は5億円とも言われ、みちよがハロプロの影ならあややは赤道直下である。
一説には自制心を強化したサイボーグアイドルで、その心はないと言われている。
ちなみに誕生日は6月25日。


<こっさん返信>「筒俊は今何をしてんだい!?」
 佐竹は数年前にどこぞの学校の校長になったと聞いた〓
あんな頭の配線が飛んでる奴が校長だからね。タツオと良いコンビだった。よく二人で戯れてたからね。
そんな親友に靴を舐めさせたその流れは、その場に居て一部始終見てたけどもう忘れてしまった><。
 親友を突き飛ばしたユウトでも校長になれるってことかな?
憤怒表情は思い出したよ(笑)。奴は確かにガードでもしようものなら余計に怒る、そんな奴だった。しかも変な喋り方だった(笑)。
 今、頭の半分位、人でなしに占領されてる為、申し訳ない↓ 先に奴の話を送らせて貰いたい。

こっさんめーる45「人でなし伝説・一人エンペラー ちんすこう35!《そして伝説へ》」につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/153370079.html
こっさんめーる46「サッとはいつくばって、べろーん」&「Friends」
http://cost-off.seesaa.net/article/153858021.html


この記事のアップ日時は2010/06/12.02:54だが、ブログの構成上見やすくするため、6/11.23:59に変更。

〜〜〜〜
関連記事:こっさんメール2「反町の歌」「最低人間つんく♂」「平家みちよ」
http://cost-off.seesaa.net/article/137422478.html
こっさんめーる4「つんくCM」「結局BYE×3」「ラブ論」
http://cost-off.seesaa.net/article/137479768.html
こっさんめーる24「伝説のK中学編」「山ヒデVSケイちゃん」
http://cost-off.seesaa.net/article/141626469.html
こっさんめーる25「K中学珍獣教師編ーエサを与えないでくださいー」
http://cost-off.seesaa.net/article/142233325.html
こっさんめーる33「リメンバー中山ミドリ、ヒゲ達の挽歌」
http://cost-off.seesaa.net/article/145146365.html
まとめて読む→こっさんメールカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/7471316-1.html

続きを読む→こっさんめーる関連記事リンク一覧
posted by コスト at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | こっさんメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

こっさんめーる43「管理教育の時代」(42の補足説明)、「バス遅れしは〜」文集再現(ver1.2)

こっさんめーる42「旅行先で整列して下着チェック!」「頭を匂い続ける暴力教師とタケ」の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/151940458.html


   こっさんめーる43「管理教育の時代」&42の補足説明

 こっさんめーる42で、僕とこっさんの中学時代は管理教育のまっただなかでひどい目にあっていたことがかかれているのだが、身内以外にはわからない話が多いので時代背景を交えて補足。

 学習指導要領は文部科学省が告示する教育課程の基準で、10年に一度改定される。2010年(平成22年)現在は、平成14年からいわゆる「ゆとり教育」が実施されている。
 批判だらけのゆとり教育だが、それ以前は詰め込み教育というか管理教育の10年間で、遅刻した生徒を教師が校門で圧死させたり、スカートの丈がひざ上何cmだとかを真剣に測っていた狂っていた時代だった。
 ゆとり教育は文科省が失敗を認めたが、来年から学習指導要領が改訂されるまで直さないという役人仕事。基本的に文部省時代から、あそこは中央省庁のなかでも出来がいいとは言えないとのうわさされていた役所だから仕方ない。
 
  <時代背景> Y小学ーK中学時代&「神戸高塚高校校門圧死事件」<2001/11/29掲示板アップ、2010/06/08ブログ版アップ>

 小学ー中学の頃のY田では教師=絶対者で、2010年現代のように内申書の開示の裁判などは行われておらず、内申書を悪くする=高校入試の際に減点になる(入試の内申書の配点は5割)という水戸黄門の印籠をもっていた権力者にしか見えなかった。
 K県では教師採用はコネ優先で、ろくでもない問題教師ばかりの上、内申書の力でやりたい放題であった。今だったらPTAとかが騒いで大事になってるような事件が日常的に存在していた。その辺のやりとりがこっさんめーるの珍獣教師編で出てくる。

 当時は行き過ぎた管理教育が問題になってた時期で、神戸では校門で遅刻の生徒が門で圧死させられたしていた。それが1990年の神戸高塚高校校門圧死事件
 この事件で恐ろしいのは、校門で15歳の女子生徒を圧死させた=殺人事件なのだが、門を閉めた教師は「俺は職務に忠実だっただけで悪くない」と裁判でも主張し、さらに本まで出版しているのだ。

 Wiki「神戸高塚高校校門圧死事件」によると、
「1990年7月6日午前8時過ぎ、3名の教諭が校門付近で遅刻指導をおこなっていた。指導をおこなっていた一人は、事件直前に時計を見ながら「4秒前」などと生徒に対してハンドマイクで叫んでいた。
 午前8時30分のチャイムが鳴ると同時に、教諭は重さ約230kgの鉄製のスライド式の門扉を、勢いをつけて閉めた。教諭は門扉を閉める際、安全を確認せずに下を見ながら閉めた。

 そこに駆け込んできた女子生徒が、門扉と校門の壁との間に挟まれた。教諭は女子生徒を挟んだことに気付かずにそのまま門扉を押し切って閉めようとした。たまたま居合わせた別の生徒が門扉を押し戻したり叫んだりしたことで、教諭は初めて事件に気付いた。女子生徒は頭を挟まれたことなどにより、搬送先の病院で死亡した。

 兵庫県教育委員会は1990年7月26日、校門を閉めた教諭を懲戒免職処分にした。また管理責任を問い、当時の校長や教頭らにも戒告や訓告などの処分にした。しかし、校門を閉めようと言い出した教員や生活指導部長に対しては処分は無かった。その後教諭は、懲戒免職処分を不服として申立をおこなった。

 1990年9月には教育委員会から新校長が就任。(事件の説明を含む)今後の保護者会の開催を打ち切ることを宣言した。1990年11月16日に、学校側が安全管理上の過失を認めた形で、兵庫県は女子生徒の遺族と賠償額6000万円で示談が成立した。
 
 校門を閉めた教諭への刑事裁判では、教諭は「職務命令に従っただけで過失責任はない。学校管理者や兵庫県教育委員会の責任が問われるべき」などとして無罪を主張した。
 神戸地方裁判所は1993年2 月10日、業務上過失致死罪により教諭に対して禁錮1 年・執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。教諭は「判決には不服だが、自身や家族の心労を考えて控訴しない判断をした」として控訴せずに有罪が確定した。

 その一方で裁判では、「同校では当時、遅刻者には校庭を2周走らせるペナルティを課していた」などの管理教育の問題が事件の背景にあったこと、校門での遅刻指導を始めた頃は5人体制であったが、3人に減らされてしまったこと、生徒を家畜呼ばわりする言葉の暴力の容認や、女子生徒は生理の日でも水泳をさせられることなどの人権侵害については言及を避けた。 なお、教諭の有罪確定に伴い、同人の教員免許は失効し、また教諭が起こしていた懲戒免職不服申立の審理は中止された。

 教諭は、有罪確定直後の1993年4月にこの事件を題材とした本を出版しており、基本的には自らの行動に問題はなかったという姿勢を貫いている。」と説明されている。

参照:Wiki「神戸高塚高校校門圧死事件」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E9%AB%98%E5%A1%9A%E9%AB%98%E6%A0%A1%E6%A0%A1%E9%96%80%E5%9C%A7%E6%AD%BB%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 交通事故で過失事故であっても賠償金は1億円ぐらいは軽く支払いになるが(そのため保険に入る)、意図的に遅刻ぐらいで校門で圧死させられて賠償金が6000万円とはひどい。命の値段安すぎだろう。
 職務忠実だからと人殺しして許されるのは、軍隊かゴルゴ30ぐらいだ。基本的に殺人など違法な契約は無効だ。


  「K中学の珍獣教師たち」

 ついでに、管理教育の時代背景の映画として『僕らの七日間戦争』が公開されたりして(この時はまだ小学生だった気がする)、今の常識では考えられない時代。
 ゆとり教育は、教育レベル低下で問題大ありだが、校門で殺されないだけ現代のバトロワっ子は幸せだ。

 とにかく今のように内申書の開示請求なんてもってのほかの時代だったので、僕らが入学する数年前のK中学は荒れていてサタケというバーコード頭の教頭は廊下の端っこを怯えながら歩いていたのが、内申書という印籠と屈強な体育教師・宮川を用心棒に迎え入れてからは、靴舐めろ!=さっと、はいつくばってべろーん事件を起こすほど、増長していった。
 その増長ぶりは、『Zガンダム』のティターンズか『龍馬伝』の土佐藩の上士のごときひどいものであった。そのことを2001年になって振りかえってやりとりしているのがこっさんめーる42である。

 ただ、宮川という屈強の体育教師がいて、学校が荒れるのを防いでいたのは不良が暴力をふるえないというの点ではよかったかもしれない。その代わりに教師が暴力をふるっていた。
 その権力は現代では考えられないほどのものがあり、「バーバー宮川」もそれの一つで、素行の悪い生徒を更正させるために生徒の頭をバリカンで教師が坊主刈りにするという行為さえ平然と実行されていた。
タバコ発覚→坊主狩りというのがもっとも多かった。不良たちはなぜ、わざわざリスキーな学校で喫煙していたのか不思議だったが、やはりバカだったのだろうw

参照:こっさんめーる41「管理教育の賜物K野」「ヘアトニックの攻防!」「文集は誰のため?」
http://cost-off.seesaa.net/article/151469005.html

 「我ら生徒に人権はない・・」というのが実感だった。逆らえば坊主頭、さらに逆らえば高校進学時にオ○ドチ行きまたはマグロ船送りという最悪のシナリオまであった。実際、問題児が一人マグロ船に乗った。(ほかにも事情はあるのだが)
 内申書も基本的には成績や素行なんであろうが、逆にそれがためにヤチのように内申書のために生徒会長に立候補したりして教師に媚びる奴もいた。

参照:こっさんめーる34「ハゲとストレス」「谷○ことヤチ!」
http://cost-off.seesaa.net/article/146732720.html

 すごいのはバレンタインデイに全校生徒を体育館に集めて、「チョコ狩り」したことだ。
「チョコ狩り」とは「チョコを持ってきた奴、もらった奴は立て!」と自己申告させて叱るというものだったが、何故そこまでする必要があるのか、本当は狂ってるんじゃないかと思った。K中学の教師達は、チョコを持ってくることが今なら援交や麻薬に匹敵することと考えていたから驚きだ。
 この話は、こっさんめーる41の中の「チョコ狩り」に出てくる。
 

  「バス遅れしは〜」文集再現

 卒業文集も学校の悪口を書くと書き直しという、誰のための文集なのかさっぱりわからなかった。
 俺の一作目は(以下の記憶からの再現)
「三年前の4月、この校門をくぐった時から世界は暗黒に包まれた・・・」
という書き出しで、行き過ぎた管理教育を婉曲的に批判し、
「世界は暗黒だ。青春というより真っ暗な三年間だった」
という内容だったが、担任の山ヒデに職員室に呼び出され、
「学校の悪口はな・・問題になる。ちゃんと書き直せ」
と即書き直しを命じられた。
 悪口ではなくて事実ですと反論したが、通じなかった。事実を書くとちゃんとしてないとは意味不明だ。隠蔽もいいとこだ。

 二作目は批判色は極力薄め、教師の権力をぼかして
「得体の知れない権力、内申書には逆らえない。とにかく三年間を怯えながら耐えに耐えた。そしてやっと卒業というある意味釈放に近い、解放の日を迎えた。ついに耐え抜いた。これで自由なシャバの世界へ羽ばたいて行ける」
とちょっと明るさを足したつもりだったが、またも山ヒデに
「これは暗すぎる」
と、結局僕は2回書き直しさせられ、最後は仕方ないので「古城にて バス遅れし 聖職者」を提出することになった。

 記憶を掘り返すと、「古城にて バス遅れしは 聖職者」は
「修学旅行はいうまでもなく団体行動だ。引率の教師は『一人でも遅れると、みんなの出発が遅れて全員に迷惑する』と口を酸っぱくして言っている。もっともだ。小学生じゃあるまいし。
 熊本城で見学が終わり、全員がバスに乗った。だが、バスは動かない。なぜだ、なぜ出発しない?
 修学旅行でバスの出発に遅れている奴がいる!?
 それも教師!国語教師O!!あれほど団体行動だといい、指導してきた教師が遅れてる。バスが遅れれば、フェリーに乗り遅れ、家にたどり着けない・・。
 俺は膝を地につき、つぶやいた。もう駄目だ・・。
 古城にて バス遅れしは 聖職者


という内容だった。
 たぶん、原本はもっとテンポがよく、無駄がなかった気がする。200か250字という字数制限だった。
 全員の文集にツッコミを入れたO村Tも俺の文には何も書いてなくて、O村Tの兄貴がほめてくれた文が落書きされていた。

 一方、こっさんに至っては延々と事実を書き続けていたため、何回書いても採用されず、結局、文集の例文(模範文)にこっさんの名前が付けられて掲載されていた。そこにもO村Tも疑問に思ったらしく、俺に
「こっさんほどの人がこんな従順な文章を書くとは思えない」
と聞いてきたので、文集を借りてこっさんの家に事情を聞きにいった。
そのあたりの話がこっさんめーる41に出てくる。
 ちなみにO村Tはこっさんとは違うクラスだが(俺とは中2,3と同じクラス)、学芸会でみんな白けながらダラダラ演技してる中、こっさんだけ「どーしたことだ!?」という台詞を完全に浮くほどの熱演していたのを記憶していて、こっさんはすごいという認識を持っていた。
 
 ちなみに卒業式で、最後の校舎を出るところで、文集に出てきた国語教師O(岡村先生、まともな女教師)が目を涙でうるませながら
「○○君、もうバスに遅れないから!」
と言って手をにぎってきたw
 それまで「やれやれ、やっと異常な管理教育解放される」と卒業式で思っていたら、文集を読んでいた教師から遅刻を謝れて、あれは没が続いて仕方なく書いたとも言えずに非常に困ったw

 当時は平和な田舎の学校と思っていたが、成長して常識的に考えれば考えるほど異常だったことに気づかされる学校であった。
実際、高校になって他の中学から来たクラスメートに話を聞くと、K野ほどひどい管理教育をしているところはなかった。問題の中学であった。

 こっさんめーる44「珍獣教頭サタケと舐める学校」につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/152942536.html
こっさんめーる46「サッとはいつくばって、べろーん」&「Friends」
http://cost-off.seesaa.net/article/153858021.html

〜〜〜〜
関連記事:こっさんめーる24「伝説のK中学編」「山ヒデVSケイちゃん」
http://cost-off.seesaa.net/article/141626469.html
こっさんめーる25「K中学珍獣教師編ーエサを与えないでくださいー」
http://cost-off.seesaa.net/article/142233325.html
こっさんめーる33「リメンバー中山ミドリ、ヒゲ達の挽歌」
http://cost-off.seesaa.net/article/145146365.html
こっさんめーる38「こっさん誕生日・傷だらけの金太郎」「ソニー製品の裏話」「時の狭間のドムバズーカ」
http://cost-off.seesaa.net/article/150315940.html
まとめて読む→こっさんメールカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/7471316-1.html

続きを読む→こっさんめーる関連記事リンク一覧
posted by コスト at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | こっさんメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

こっさんめーる42「修学旅行の下着は白!」「頭を匂い続ける暴力教師とタケ」

こっさんめーる41「管理教育の賜物K野」「ヘアトニックの攻防!」「文集は誰のため?」の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/151469005.html


こっさんめーる「旅行先で整列して下着チェック!」<2001/12/04メール送受信>

<俺往信>「下着は白!」

 君は「白トランクス規則」を憶えているかい?
修学旅行の規則で、当初は「トランクスの色は白!」とそこまで決められていた。
 さすがにそれは生徒から白なんて持ってないと抗議が出て撤回されたが、K野の教師は世間に白トランクスが普及していると思っていたのだろうか?
 もしかしたら靴も世界に2種類(クーガーかクーガーマッハ)しか存在してないと思っていたのかもしれない。

 大体、トランクスの色や柄で非行のレベルが決まるものだろうか?
もし白のみと決まっていたら、旅行先で皆下着姿で整列してチェックされたら最悪だ。もう監獄そのもだ。
 その時理由は「色がついてる奴とついてない奴で差別が生じる!」とかいいそうだ(笑)。

※クーガーかクーガーマッハ・・・学校指定の靴。

<俺>「みちよ新曲・なっちブタ返上」
 みちよの新曲『プロポーズ』をレンタルしたよ。見つからなくて焦ったが、店員に聞いてもみちよを知りそうにないので(みちよのコーナーはないから)自力で15分かけて探したよ。
なかなかいい。たぶん、つん公が作ったのではないね(笑)。君も聞くといい↑。
 しかし、ビジュアル的には最近の痩せなっちは後藤よりいいので、顔ではなっちが上である。でもまあ、なっちは週刊誌に散々書かれてるから正確はみちよが上だろう。
 レンタル屋に『モーニング刑事』という映画があってみちよとモー娘。初期メンバーが出てたけど見たことあるかい?


<こっさん返信>「頭を匂い続ける暴力教師とタケ」
 (体育教師の)宮川の頭を匂っている姿は懐かしいし、タケの《ウォ―!》は思いっきり想像できるよ(笑)。
 思えば、タケは仕事終わってとんちゃんに一人でよくモツ鍋を食べに来てた。彼はあの頃になっても南野洋子のファンだと言いきっていた。正真正銘のサムライだった。
 君の「古城にてバス遅れしは聖職者」というのは、山ヒデのせいでバスが遅れたのかい?何となく古城にて〜のくだりは覚えてるよ。(笑)。
 何故、文集を配られることなく終わったのだろう?
小学校の時、ナカネ(教師の名前)のクラスも文集が配られる事無く終わったらしい・・とすると、ナカネのクラスだった生徒は小中共に文集がなく卒業したことになる(笑)。

※本物のサムライ・・・小学校の頃に南野洋子はTVに出てたが、タケは高校卒業後も変わらずに評価していた。

<こっさん>「柄は無実だぁ〜」
 文集なしとはあまりにもテキトーすぎる。思い出をなんと思ってるのか!それを言いたいね。
 下着規制までしようとしてたとは・・何でも白、白ってバカの一つ覚えみたいに・・白が潔白だと思っているのが発想が古いと言うか、貧困だよね。
 誰が言い出したのかは分からんけど、言い出した奴は変な趣味をもってそうだ。

 修学旅行の前日に体育館に集められ、持っていく荷物全てに名前を書いてあるか確認する行事がなかったかい?
 そこでサタケ(バーコード頭の教頭)がタツオに靴を舐めさせていた記憶がある。別の時だったかな?物の分別もつかない地理マニアに《靴舐めろ!!》と強制してた。

※荷物の名前チェックはこっさんの記憶違いで、小学校の修学旅行時にあった話。
※物の分別もつかない地理マニア・・・タツオのこと。頭が鈍い生徒。
参照→こっさんめーる37「テ○カンの正体」「ボロボロのカークン!」
http://cost-off.seesaa.net/article/149564536.html
※靴舐めろ!・・・こっさんめーる46「サッとはいつくばって、べろーん」&「Friends」を参照。
http://cost-off.seesaa.net/article/153858021.html



<こっさん>「そんな奴が校長ってどうよ!!」
 タツオの事を知らないならまだしも、タツオを知り尽くしている男がである。
心が純粋な聖者は抵抗もすることなく、言われるがまま靴を舐める事となる。もはや完全な計画的犯行、罪は重いのである。
 その4、5年前迄は、サタケは(学校が荒れていて)生徒に階段から突き落とされ、廊下の端で丸くなって歩いていた男が遂に復讐を果たしたのだ。
 (バレンタインの)チョコで差別だ!と言ってる奴が平然と公的な弱者虐待をし、出来たばかりのルックでエロ本を立ち読み、頭を絞りだして考えた渾身のギャグがトンボ鉛筆を手に持ち『とんぼよ〜♪』であるから手匂えん!もう駄目だ・・。

※心が純粋な聖者・・・ドラマ『聖者の行進』の聖者の意味。知○障害者。
※ルック・・・LOOK。昔、地元の町にあったツタヤのような書店とレンタル屋が一緒になった店。そこでサタケが週刊誌のコーナーでエロ本やグラビアを立ち読みしているのがしばしば目撃された。
※そんな奴が校長・・・未確認だが、こっさんによるとサタケは教頭から校長になったらしい。
※もう駄目だ・・・この部分は、俺の文集のラストの台詞をこっさんが覚えていて引用している。
こっさんめーる41は補足説明がかなり必要なので、当時の管理教育の状況と合わせて説明記事をアップする予定↓
こっさんめーる43「管理教育の時代」(42の補足説明)、「バス遅れしは〜」文集再現
http://cost-off.seesaa.net/article/152640509.html


<こっさん>「遅れた訳」
 月曜日に返信メールを打ってたら、電話がかかって来て内容があまりにも同じ男として許せない男(もうあそこまで行くと人じゃない)の話で疑問と怒りが交錯し返信が遅れてしまった訳なのだ。
度々申し訳ない。
(この話は後日アップ予定のちんすこう35に掲載)

 みちよはまだ生きていたのかい(笑)性格が上って何が基準だい(笑)もう潮時だよ。観念してなっちの奴隷となるべし・・。
 『モーニング刑事』はなんて安っぽそうな映画だぁ(笑)残念と言うか何というか観てないよ。あまり昔のなっちには興味が無いもので・・テレビでやれば観るかもしれない。
みちよの歌も同様です!w

※モーニング刑事・・・『モーニング刑事。 抱いてHOLD ON ME!』
1998年の公開作品。「ミュージカルサイコスリラー」。
監督:今関あきよし、脚本:鷲見市子
出演:平家みちよ、モーニング娘。、上島竜兵、庄司哲郎、住田隆、たいせー
ストーリー解説:大人気アイドル平家みちよを襲う謎のストーカーをモーニング娘。の面々があんな手やこんな手で退治する、という内容。
大人気アイドルみちよという設定だけですでに伝説の作品。

  こっさんめーる43「管理教育の時代」(42の補足説明)、「バス遅れしは〜」文集再現につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/152640509.html
こっさんめーる44「珍獣教頭サタケと舐める学校K野」
http://cost-off.seesaa.net/article/152942536.html


〜〜〜〜
関連記事:こっさんめーる24「伝説のK中学編」「山ヒデVSケイちゃん」
http://cost-off.seesaa.net/article/141626469.html
こっさんめーる25「K中学珍獣教師編ーエサを与えないでくださいー」
http://cost-off.seesaa.net/article/142233325.html
こっさんめーる33「リメンバー中山ミドリ、ヒゲ達の挽歌」
http://cost-off.seesaa.net/article/145146365.html
こっさんめーる38「こっさん誕生日・傷だらけの金太郎」「ソニー製品の裏話」「時の狭間のドムバズーカ」
http://cost-off.seesaa.net/article/150315940.html

続きを読む→こっさんめーる関連記事リンク一覧
posted by コスト at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | こっさんメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

こっさんめーる41「管理教育の賜物K野」「ヘアトニックの攻防!」「文集は誰のため?」

こっさんめーる40「プリオンと阿蘇と金太郎」の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/151092257.html


こっさんめーる「管理教育の賜物K野」<2001/12/01頃メール送受信>

<俺往信>「今週の傷だらけ」
 今週(第8回)の傷だらけもベタだけど良かった♪
最後にいきなり話も聞いてないのに「ちょっと待って下さい!」と颯爽と現れる金太郎と未来!手には曲が!!水戸黄門みたいだった(笑)ほんと裏切りのない展開!
 次回は妹のブラコン問題と金子が落ちぶれていきそうな感じだ。これはもう素直に観るしかないね(笑)。
たとえ(新曲の)「stars」を思い付くために安っぽい流れ星の合成映像を使ってたとしても観るべしである!。
 ミスヘイケは全然観てないのでビデオにでもなって欲しいがならないと思う↓
ネットでラスボスがみちよでダルダルな落ちとか書かれてた。気になる!録画してないだろうか?

<俺>「K野のチョコ狩り」
 君はK野(中学の名前)で「チョコ狩り」があった事を憶えているかい?
バレンタインデイに体育館に集められ、
「チョコを持ってきた奴、もらった奴は立て!」
という魔女狩りもビックリの儀式だ!
 今ならチョコが麻薬か援助交際に匹敵すると当時は考えられていたからスゴイ!管理教育のたまものだ。
 さらにK野の卒業文集で正直に思い出=事実を書いたら、
「これは学校の悪口だ」
と、山ヒデに言われ、書き直しをさせられ、悪口と言われないようにつらい三年間だったがなんとか耐え忍んだ的な内容に書き直したが
「これでは暗すぎる」
と事実を書くと必ず没になり、一体誰のための文集かさっぱりわからなかった。
 君のところには模範文が載っていた気がするが、どういう経緯だったのであろうか?
 問題を起こした生徒を坊主狩りにする「バーバー宮川」といい、コントでなければ完全に狂ってる学校だった。

※ゆとり教育以前は強烈な管理教育の時代があった。
※山ヒデについては→こっさんめーる24「伝説のK中学編」「山ヒデVSケイちゃん」
http://cost-off.seesaa.net/article/141626469.html
※「バーバー宮川」・・・体育教師の宮川が不良が校則違反などをすると、職員室の隣の部屋でバリカンで丸坊主にすることを指して、自ら「バーバー宮川開店!」と言っていた。


<こっさん返信>「管理地獄」

 ミスヘイケは録画してない><申し訳ない・・オチも観てないんだなぁ最近『アイドルをさがせ』を観てないのだ〓
 「チョコ狩り」は懐かし(笑)。そういえばそんなアホな事やってたねぇ・・。
確か、貰える奴と貰えない奴が出てきて、差別になるとか言ってた気がする。
僕がチョコを貰えなかったのはチョコ狩りがかなり影響しているものと思われ良い迷惑である(笑)。
 しかし、そんな管理教育の賜物K野も今は妊娠やら麻薬やらがあるらしく僕達の時代がいかに可愛らしかったか・・
昔は、自転車で傘をさしていたという理由で、宮川に呼び出され殴られまくりパソコンに激突した記憶がある 。

 ヘルメットは被っていたのに、被っていなかったと宮川に言いがかりをつけられたカッタ君(こっさんのクラスメイト)より殴られたよ。
ヘアトニックを付けていったら石鹸で頭を洗われるし、授業中にガム噛んだら職員室で背中に貼り紙をされ正座(歯磨きガムなのに)である。
 (学生服の)カラーを付けてないとかホック止めろとか裏ボタン替えるなとか管理地獄である。現代なら大問題の教師ばかり・・。
 文集は覚えてないけど、文才の無い僕が模範になるとは考えにくく多分記憶違いでないかい。

※K野では故意でなくてもガラスを割る(事故で割れた場合でも)など何か問題を起こすと、職員室の前に正座をさせてさらし者にさせる風習があった。けっしてタバコなどの不良の問題でなくても、1時間正座とかの理不尽がまかり通っていた。学校体罰が当たり前の時代だった。


<俺返信>「K野の記憶・内申書は印篭」
 「チョコ狩り」は差別対策だったのか!今初めて知ったよ(驚)。当時はもてない教師のひがみだろうとか思っていた。実際に持ってきたとかもらったとか正直に言う奴のほうがまれだった。まったくもって無意味な儀式だったよね。
 ずっとチョコ狩りを言ってる教師は、自分が学生時代には一つももらえなかった復讐で
「ムキーッ!こんなイベントつぶしてやる!!」
ってつもりでやってるのだと思ってた。

 自転車の傘さし禁止もあったね。無意味なヘルメットもチェックしてた。メットの顎紐まで締めてないと自転車通学停止何日とかやってたね。それも早朝から教師と生徒会の奴らが見張っていたというから驚きだ。
 生徒会の奴らは、内申書のためにやっているだけならまだしも、本気で管理教育が正しいと洗脳されていた節が強いね。生徒会の奴らは自己陶酔のバカばかりだったね。
 君が宮川に殴られてPCに激突したのは言ってた言ってた(笑)。

 あの頃は、管理教育で切り札の内申書の威力で逆らえば、ゴンのように行きたくもないオ○ドチ(山奥の過疎地の高校)行きやミタニのようにマグロ船に乗せられてしまう恐怖があったからね。
 今日、バタフライナイフで教師を刺せる生徒は幸せ者だ(笑)。あの頃なら、今のテロ厳重警戒中の空港なみの持ち物検査で即没収されてるだろう。
 歯磨きガム一つでさらし者は笑ったw
昔の事をちと書こうと思いメールしたのだが、ヘアトニックといい、正座張り紙事件といい、ネタがわんさか出てきて大爆笑である(笑)。

※無意味なヘルメット・・・交通事故にたいしてはあまり効果のないヘルメットで、おそらく利権がらみで自転車通学する生徒は全員買わされて強制されてた。学校から距離が離れると教師の監視がなくなるので、馬鹿馬鹿しいと外していた。通学時以外ではかぶる必要がなかった。

<俺>「ヘアトニックの攻防!」
 ヘアトニックは、タ○ナカあたりが宮川に手洗い場に頭を突っ込まれて「ウオー!!」と声を上げるほど力まかせに洗われていた。
ヘアトニックの攻防はあちこちで起こっていて、宮川はよく付けてきそうな生徒の頭を臭っていた(笑)。
 本当にあの頃は監獄な学校によく行ったものだ。他県の人に言ってもあまり信じてもらわれないほどだ。

 卒業文集は説明が足らなかったね。記憶にないのも無理はない、生徒には配ってないのだから。僕のクラスも編集委員だったO村Tが唯一もらってて、O村Tがすべての文章にツッコミをいれたのを見せてくれて、君の所には文集を書く時に手本として見せられた去年の例文だか模範文が君の作として載っていたのだ。

<俺>「文集は誰のため?」
 その文集を借りて君の家に見せにいって聞いたら、君は何回書いても学校の悪口だからと宮本(こっさんの担任)が書き直しをさせて最後には勝手に例文を載せられたと言ってたよ。
 僕も山ヒデから2回書き直しをくらい仕方なしに
「古城にて バス遅れしは 聖職者」
というオチの内容にしたのだよ。その古城が今の部屋から見れる熊本城なのは縁としかいいようがない。

文集を再現した記事→こっさんめーる43「管理教育の時代」(42の補足説明)、「バス遅れしは〜」文集再現
http://cost-off.seesaa.net/article/152640509.html

 君の文才はかなりあるよ↑。O村Tや知り合いに君からのメールを見せると皆爆笑している。僕より全然ウケがいいよ。
ちなみに僕の没になった文章は、
「三年前の4月、この校門をくぐった時から世界は暗黒に包まれた・・・」
というものだったよ。これで不許可だから戦前なみの検閲だったね。

※『ネクロノミコンな卒業文集』・・・O村Tが全文章にツッコミを入れた卒業文集。
全文章にセンスのいいツッコミが入り、誤字脱字にいたるまで詳細にチェックしてる傑作版。
例:名前が太一なら「ふといち」とふってあったり、「皆も夢中なれるものを探そう」みたいな事を書いてあったら即、赤線を引き「テメエに言われる筋合いはねえ!」とツッコんであった。
 面白すぎるので、借りてこっさんの家に持っていってみんなで爆笑したほど。

 最後は、あまりの過激さにみんなが「俺のところにはなんてツッコンである?」と知りたがるようになり、O村T本人が災難を恐れ焚書してしまい、今はもう存在しない。
 元々、O村Tはお笑いや絵の才能があり、落書きした教科書がよそのクラスにまで回し読みされ、ついには教師に見つかりO村Tが呼び出されるほど面白さには定評があった。
 当時からそのセンスにはすごいものがあったO村Tだが、本人は表立って騒ぐタイプでもなく、身内に受ける日常のボケやギャグなどの一部を除き、教室内の一般受けはせず、評価は低かった(中学生だし周りの笑いのレベルが低すぎた)。

ブログ内のO村Tの記事:『O村TAO村T作品集A』
http://cost-off.seesaa.net/article/108260930.html
『O村TBO村T作品集B』
http://cost-off.seesaa.net/article/108262584.html
『O村TCcrazy for beef』
http://cost-off.seesaa.net/article/108685720.html

こっさんめーる42「旅行先で整列して下着チェック!」「頭を匂い続ける暴力教師とタケ」につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/151940458.html

<追加>2012年になってもバレンタイン禁止の学校があった!
【ニュース】バレンタインチョコを持ち込んだ生徒は部活停止
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-285.html

〜〜〜〜
関連記事:こっさんめーる25「K中学珍獣教師編ーエサを与えないでくださいー」
http://cost-off.seesaa.net/article/142233325.html
こっさんメール26「ハダカ伝説!!」
http://cost-off.seesaa.net/article/142247209.html
こっさんめーる36「ユウト伝説!」
http://cost-off.seesaa.net/article/148187445.html
こっさんめーる39「芋掘り話・カズシ話完結」「SCVなカズシ、CVなジ○ンイチ」「爆弾が落ちる日」
http://cost-off.seesaa.net/article/150798996.html
まとめて読む→こっさんメールカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/7471316-1.html

続きを読む→こっさんめーる関連記事リンク一覧
posted by コスト at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | こっさんメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

こっさんめーる40「プリオンと阿蘇と金太郎」(ver.1.2)

こっさんめーる39「芋掘り話・カズシ話完結」「SCVなカズシ、CVなジ○ンイチ」「爆弾が落ちる日」の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/150798996.html


   こっさんめーる「プリオンと阿蘇と金太郎」

<俺往信>「プリオンの逆襲」<2001/11/23頃メール送受信>
 旬が過ぎて勝手に終息したと思っていたプリオンの逆襲が始まった!
農水馬鹿大臣は、以前の安全宣伝で「もう大丈夫」と言っていたのに、今度はまるで逆に「出荷前に見つかって良かっただろう」とぬかしてた。
 しかも、すでに解体し出荷済みの肉は検査しょうがないので、国民は常にロシアンルーレット状態にされている。(後日、狂牛村からピンポイントで3頭出荷されていたと判明)。
 幸い九州まで北海道の肉は来ないだろうから、「俺はセーフだ」と思うことにしたよ。
 とにかく、北海道と千葉の肉は食べないほうがいいよ。

 カズアキは頭がやられていたのか、それなら(ファミコンに)ドムバズーカをつけるのもわかるw
病気が悪化していくなら共倒れしているだろう。ちとかわいそうだが、やはりバズーカ接着には笑ってしまうよ。何と戦わせるつもりなのだろう?w

※バズーカ接着については→こっさんめーる37「テ○カンの正体」「ボロボロのカークン!」
http://cost-off.seesaa.net/article/149564536.html
こっさんめーる38「こっさん誕生日・傷だらけの金太郎」「ソニー製品の裏話」「時の狭間のドムバズーカ」
http://cost-off.seesaa.net/article/150315940.html
を参照。

<俺>「傷だらけ〜のツッコミ」<2001/11/25送信>
 『傷だらけ〜』はツッコむところだらけだよね(笑)。
扉の表札もそうだけど、金子は有名プロデューサーのくせに乗ってる車はソアラだったり、金太郎のギターの弾き方はうさん臭いし、曲もできてないなら歌詞もまったくできてない。
 金太郎は、バイト先のラーメン屋で生ゴミ出した後、手を洗わずラーメンの具を触ってた。そりゃ首になるよ(笑)。しかし、観てしまうよ↑。最近はビデオに撮って二回観るほどだ。
 金子はラーメンに一万円出すし(しかも大盛りを注文しといて一口ぐらいしか食べなかった!おまえは海原雄山かwそれで金持ちだとわからせる演出には笑ったwほんと底が浅い)、加藤あいの妹キャラはいい!

※『傷だらけ〜』・・・ドラマ『傷だらけのラブソング』のこと。
主演はサラリーマン金太郎の高橋克典なので、金太郎。


<こっさん返信>「ラジャー♪北海道と千葉肉は×やね」
 前から疑問だったが、(遊びに行くのに)博多は分かるけど阿蘇には何があるんだい!?
 加藤の妹キャラが好きなのかぁ^^けどアレは嫌な奴じゃないかい!?
僕は(中島美嘉の)不良娘のキャラが凄くハマってて良い味出てて好きだね♪
何か最近メール書く暇も無くってまた遅れてるゴメンm(__)m
 僕はこれから民営化するまで郵便屋をイジメぬく事を誓うよ。
ちょっと調子に乗り過ぎてるからね。お前等は僕のストレス発散の道具という事を自覚させるよ。
しかし、最近みちよを見てない。本当に平家だったw


<俺返信>「阿蘇魅力・返事は遅れてもいいのだ」
 確かに、加藤あいは汚れ役だけど全然嫌ではない↑不良娘もいい!話ではなくキャラで魅せている♪。
 阿蘇は、僕らの中学の修学旅行ではガス規制で途中(草千里のところ)までしか行ってないけど、その先に火口があって、そこは地獄のような光景だし、阿蘇全体は世界最大のカルデラで景色も良いので写真を撮ったり、温泉に浸かったりしてるのだ。

 特に温泉は400円ぐらいで入れるところが10以上あり、バリエーションも豊富なのだ。今のところ5ヶ所は入ったよ。
 修学旅行では天気が悪かったから砂ぼこりの記憶しかないけど、阿蘇は九州の名観光ポイントなのだ。なにより市内から山頂まで35キロぐらい(大体原付で1時間で着く距離)と原付でも行ける距離が魅力だよ。
 途中の道も広い田園地帯の平野が広がってて、車も少ないしかなり気分がいいのだ。下界を忘れるのには良い場所なので行ってるよ。熊本はかなり気に入っているよ。

 その下界では、部屋のマンションの駐輪場で盗まれたチャリは盗難届け出した出てこない、警察はまるで探す気がない感じだ。熊本から引っ越す時に邪魔だから新しいのは買ってないのだが、原付ばかりだと足が弱るよ↓。

 みちよは新曲もこっちのTVじゃ流れないし、ハロモニでは一分ほどコントに出たけどすぐ消えた!録画する間もなく消えた!本当にみちよだったのだろうか・・・自信がない・・・。
 返事は全然遅くなってもいいのだよ。こっちが忘れないうちにと先行して送ってるのだから、気にしなくていいのだ^^
asozan20090901.jpg
阿蘇山火口(ひろいもの)
火口が見えるところまで行ける。


<こっさん返信>「手洗わんけど愛シテルトイッテクレ」
 修学旅行での阿蘇は本当、砂埃とやたら寒かった記憶しか残ってない。そんなに良い観光名所だったとは・・。
地獄のような景色は是非観てみたい。そして、温泉はイイ♪もう一年位湯に浸かってないよ↓

 最近のハロモニは面白いけどモー娘しか出てないからねぇ・・一分ってのはみちよの精一杯 かもしれない。一時期はミスヘイケまで上り詰めたみちよがである。
 『傷だらけ』は今週もベタだったねぇ(笑)。もう一度ラーメン屋やっても手洗わんだ ろうしね(笑)。

※俺とこっさんは中学の修学旅行で中国地方と九州に来て、阿蘇と熊本城にも寄っている。阿蘇では火口でガスが発生したとかで、手前の草千里までしか行けなかった。その時の草千里はすごい強風と砂ぼこりで、記念撮影では半分ぐらいの生徒が目をつむりがちで写ってた。

※ミスヘイケ・・・『アイドルをさがせ』という番組内(テレビ東京系、熊本では放送してなかった)でやってたミニドラマ『サイボーグ柴田』での平家みちよの役名。役どころはこっさん曰く「スネオからラスボスになった」とのこと。
ちなみに『サイボーグ柴田』は、主人公がメロン記念日の柴田あゆみで後輩のドラマの脇役で先輩のみちよが出ているということになる。バーター?

こっさんめーる41「管理教育の賜物K野」「ヘアトニックの攻防!」「文集は誰のため?」につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/151469005.html

〜〜〜〜
関連記事:こっさんメール2「反町の歌」「最低人間つんく♂」「平家みちよ」
http://cost-off.seesaa.net/article/137422478.html
こっさんめーる4「つんくCM」「結局BYE×3」「ラブ論」
http://cost-off.seesaa.net/article/137479768.html
こっさんめーる5「ピンチランナー」
http://cost-off.seesaa.net/article/137905656.html
こっさんめーる12「山かけうどん」「ミスヘイケ」「ザクレロ3ランクダウン」
http://cost-off.seesaa.net/article/138552927.html

『立田山・森林総研』
http://cost-off.seesaa.net/article/27053432.html
『熊本なる日々 『熊本スイカ事情』&子飼商店街』 
http://cost-off.seesaa.net/article/17362650.html
『辛子れんこん』
http://cost-off.seesaa.net/article/37991153.html
まとめて読む→こっさんメールカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/7471316-1.html

続きを読む→こっさんめーる関連記事リンク一覧
posted by コスト at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | こっさんメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

こっさんめーる39「芋掘り話・カズシ話完結」「SCVなカズシ、CVなジ○ンイチ」「爆弾が落ちる日」(ver.1.5)

こっさんめーる38「こっさん誕生日・傷だらけの金太郎」「ソニー製品の裏話」「時の狭間のドムバズーカ」の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/150315940.html

※こっさんめーるのブログ版では話題ごとに編集してあるので、話題によっては番号よりも前の日時のやりとりがあり、これは
こっさんめーる32「芋掘りと2LDK」&予告の続きにあたる。
http://cost-off.seesaa.net/article/145042521.html
   

    こっさんめーる「芋掘り話・カズシ話完結」

<俺往信>「体ガタガタ」<2001/11/04メール送受信>
 畑を趣味でやってる親の要請と将来の食料危機に備えての意味もあった芋掘りだったが、かなり重労働!
しかし、畑を持っていないと『蛍の墓』の兄妹みたく着物と米を替えたり、農民にぺコついたあげく、小便を漏らしながら駅前で死んでしまう恐怖があるから、帰省してかなり掘ったよ。
二日でダンボール4,5箱分取れたよ。
 もう少し体力あるかと思ったが、60分×4と30分×1で体ガタガタになったよ。体弱すぎと反省したよ。
 バイト代が出たので、トックリと焼き肉屋へ行ったが高くてまずかった。あれならハナマサで十分だ。

※ハナマサ・・・昔、高知県にあった焼肉とかの食べ放題の店。

<俺>「カズシいらずの二人」
 社員で使えないから社員寮のクーラーの取り付け係りにまで回されるとは、すさまじい無能ぶりだね(笑)。
どれほどの失態を重ねればそこまで落ちるのか謎だね。
 布団話は、たぶん日本語がわかれば君の言う通りコストダウンになると理解できる。
何故そうしないのか、会社に損害を与えたい、布団を扱うのが嫌だ(もしくは布団アレルギー)、さもないとコストダウンの意味=メリットが理解できない=ワタシニホンゴワカリマセーン!との結論に達したよ。しかし、試用期間なら仕方ないね。
 リピート3といい君のところは人間のバリエーションが豊かだね(笑)。
その二人はカズシのせいにしなくても絶対自殺しないだろう。
馬鹿の利点・カズシいらずで自殺なし!?

※リピート3については→こっさんめーる31「登場!リピート3、コントの世界からこんにちは」
http://cost-off.seesaa.net/article/144318186.html

<俺>「実質失業率は10%?」
 明日の飛行機の福岡行きの最終便は特売りは満席と言われ、さらに11月からテロの影響で航空保険料が上がったため、一人500円の値上げです、と言われ、このデフレの中で最悪である。
 実際に高知ー福岡便の小型機をハイジャックしても、福岡タワーさえ破壊できないであろうにである。
ここでビン・ラディンが出てくるとは思わなかった。
 一方、発表されてる失業率も職安の登録してるだけで5,3%なので、実質10%(7〜8%?)という噂は本当らしいねえ。
中学や高校時代にはここまで事態が悪化するとは思わなかった。
嗚呼、珍獣達の夢の跡・・・


<こっさん返信>「イモって恐ろしい」
・・馬鹿は死ななきゃわからない。と言うけどバカは自殺の概念は持ち合わせてないだろうね。なにせバカだから(笑)。殺されるか、病死か、事故か、寿命しかないねぇ。
 したがって、カズシが運転してるか。カズシ菌をばらまくか、カズシが刺す。この辺りが妥当だろね。
我ながら、最近カズシの登場が多い気がする。お父さんのワイドショウ講座では1位だ。時代が呼んでるのか?今が旬なのか?

※カズシについては→こっさんめーる27「カ○゛シ=ババロ」
http://cost-off.seesaa.net/article/142287753.html

<こっさん>「焼肉は何処で食べたのだい!?」
 本当にヒドイ世の中だ・・・。
中高生の頃はまさか日本の政治家がここまでアホだとは思ってなかったって事でないかい?
 因みに大阪の連れが鳥取で住んでるんだけど、鳥は取れないらしい。しかも鳥ジタイあんまり居ないらしい。
更にハナマサがマシなんてそれは肉屋じゃないぞよ^^;

※語尾の「〜ぞよ」は土佐弁。

<こっさん>「ユーガットメール」
 (前に勧められた)『ユーガットメール』を観たぜい^^途中まで面白かったけど、あの終わり方はどうなんだろう?かなり《え〜》×3って感じだった。ビックリした(驚)。
『すっぽかしは許せて、小さな嘘は許せないのか』って、店を潰しといて小さな嘘言うてるし、しかも奴は嘘ばっかりやん!女はあんな男を許せるのだろうか?
 やはり最後は《女は子宮で物を考えるから意味分からん》で納得するしかないのだろうか!?

 製造業はヤバイよ!全部中国に持ってかれるだろう。
さて、どうする日本!明日が見えないのも無理はない・・日本に明日はないのだから・・けど、(就職で)街に出ていけば実質10%といえど何かあるだろうと思うよ。
 大阪に出てきたら近くなるので遊びにも行けるんだけどね。


  「SCVなカズシ、CVなジ○ンイチ」「爆弾が落ちる日」

こっさんめーる28「SCVとドラえもんの間には」
http://cost-off.seesaa.net/article/142434160.html
の続きで、カセットビジョン(CV)は白黒のゲーム機で、スーパーカセットビジョン(SVC)はカラーだと判明したというやりとりの後の話。

<俺往信>「SCVなカズシ、CVなジ○ンイチ」<2001/11/10頃メール送受信>
 カラーならカズシのはSCV だ。さぞかし自慢してたことだろう(笑)。
僕が小松ジ○ンイチの家で見たのは、白黒画面でコントローラーなしだからCVだ。でもかなり自慢してた。
呆れたけど、そこは大人だった僕は「なかなかイイと思うよ」と言った記憶がある。が、CVと判った以上二度と行かなかった(笑)。

<俺>「追恨!爆弾が落ちるぞ!」
 以前、君が言った「爆弾が落ちるぞ!」の小学校の音楽教師(ヒス女教師・石川)には苦い思い出というより恨みがあるよ。

 小学2年のある音楽の授業の終わりの礼の時、皆が騒がしくて礼がバラバラでやり直しを音楽教師・石川が命じた。
奴はヒステリー持ちなのですでにキレていた。それでも、誰かがふざけて二回目も決まらないで、三回目の礼の時僕が椅子に服が絡んだかなんかで、軽く新喜劇のように転んでしまったから大変!
 生徒は皆笑っていたが、石川は顔を真っ赤にして
「アナタだけ残りなさい!」
とわめき、礼の後一人音楽室に残され、まったく関係のない家庭事情まで説教し始めた。
 大体、わざとでもない礼ぐらいのことで関係ない家庭のことまで言われるのは納得いかなかったが、皆がホームルームの時に小学生だった僕が半泣きになるまで奴は延々30分ぐらいネチネチ説教しやがった。(たぶん半泣きにならないと終わらなかったはず。)

 小学二年といえば、7歳か8歳の子ども相手にである。それも、他の生徒はスルーしておいてだからね。
 説教の内容もどうも大きくなって考えるとどうも、県内の別の学校で保健の先生をしていた僕の母親と教師同士で面識があったのか、大学が同じだったのかで知っていて、なにやら家庭の事情とかどうみても授業と関係ないプライベートなことまでネチネチと礼の時に転んだこと以外で説教していて、それで30分以上解放されなかったからね。
 たぶん、ヒス教師の憂さ晴らしだったのだろう。
教師に戻るとクラスメイトは
「あ、怒られていた子が戻ってきたw」
と言っていた。あまりにもひどい目にあったので、詳しく話さなかった。
 小学校二年生の子どもが授業の礼の時に転んだぐらいで、一人音楽室に残してネチネチ言う内容ではない。まして教師がである。

 ついでにいうと、友達と商店街を下校していたら、僕たちの前に石香川が車に乗り付けてきて、サングラスをつけた顔を窓から出して
「通学路じゃないでしょう!国道を通りなさい!」
とか言ってきた。だが、君も知っての通り国道と商店街(旧道)は一本通りが違うだけなのだ。
 それをみんなと一緒に帰ってたら、道が違うとか言ってきたのだ。これはさすがにみんなもおかしいと言い出したが(商店街のほうが車が少なく安全だし、いちいち通学路を守るわけがない)、反論する前に石川は車でぶぅーんと去っていったので、家に帰っておばあちゃんに話したら学校に苦情の電話を入れていた。
 小さい頃は気が弱かったからだいぶ損をしていたと思うが、こいつと中山ミドリに関しては永久に許すことはないだろう。

<俺>「十数年のモヤモヤすっきり!」
 当時も4年後の卒業の時恨みはらしてやろうかと思うぐらいムカついていたよ(怒)。
同時に奴みたいなヒス持ちなんて相手にするんじゃなかったとも思った。大体、小学生相手にヒス撒き散らして奴に教師の資格はない。Y小で中山ミドリの次に嫌な教師だった!
 今でも目の前にきたら「オマエは教師以前に人間失格だ!」と言いたいね。

 なにしろ皆が騒いでたのに僕一人説教、しかも誰もいないから言いたい放題で、友達も見てないから愚痴る相手もいないまま十数年来たが、やっと人に言えてすっきりしたよ。
 ほんとY田はK野だけでなく、Y小も珍教師ばっかだったねえ。ハダカといい、あの県のコネでしか採用されないからとはいえ、教師の質がひどかった。


<こっさん返信>「爆弾が落ちる日」
 そっかぁ、奴の言い続けてた爆弾とは、一人残され皆が、H.R(ホームルーム)の間30分間、関係ない家庭の事までつっこむ事だったのか・・。
一日一回は爆弾と喚いていたからね。おばはんのヒステリーはみっともないねぇ。
 それが分からないのがおばはんなのだが、奴はミステリーだ。旦那がいるかどうかは分からないが、家でも爆弾だとすると、旦那が可哀相だ!昔は爆弾じゃなかったのに・・という嘆きが聞こえてくるよ。
 中山ミドリは関わりがなかったから良く分からないけど、影山もヒス持ちだった。
 山小にはヒス女教師しか居なかった様な気がする。

こっさんめーる40「プリオンと阿蘇と金太郎」につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/151092257.html
こっさんめーる41「管理教育の賜物K野」「ヘアトニックの攻防!」「文集は誰のため?」
http://cost-off.seesaa.net/article/151469005.html

〜〜〜〜
関連記事:こっさんめーる24「伝説のK中学編」「山ヒデVSケイちゃん」
http://cost-off.seesaa.net/article/141626469.html
こっさんめーる25「K中学珍獣教師編ーエサを与えないでくださいー」
http://cost-off.seesaa.net/article/142233325.html
こっさんメール26「ハダカ伝説!!」
http://cost-off.seesaa.net/article/142247209.html
こっさんめーる33「リメンバー中山ミドリ、ヒゲ達の挽歌」
http://cost-off.seesaa.net/article/145146365.html
まとめて読む→こっさんメールカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/7471316-1.html

続きを読む→こっさんめーる関連記事リンク一覧
posted by コスト at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | こっさんメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

こっさんめーる38「こっさん誕生日・傷だらけの金太郎」「ソニー製品の裏話」「時の狭間のドムバズーカ」

こっさんめーる37「テ○カンの正体」「ボロボロのカークン!」の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/149564536.html


  こっさんめーる38「こっさん誕生日・傷だらけの金太郎」<2001年11月22日頃メール送受信>

<こっさん往信>「人生とは波だねぇ」
 とうとう誕生日が来てしまった〓年を取るのは恐ろしい!
最近はストレスも余り感じない生活となってきたとはいえ、明日から生産が終わるまで《毎日23時〜0時を過ぎてもやるとか言ってる><狂ってるよ》コレがストレスにならなければ良いが・・。
 まぁどうしようもないので、ここで稼いでDVDへの布石に、しようと思う。が毎日続くと地獄だろうなぁ・・〓しかも作業内容的に久々に出来るかどうか自身が無い〓飛ばされたら笑ってくれぃ(笑)。


<俺返信>「傷だらけの金太郎」
 君は火曜の高橋金太郎(克典?)のドラマは観てるかい?
すごいベタなドラマだがつい観てしまうよw
設定で金太郎は盗作で音楽業界を追放されたのだが、その強引な設定な設定には驚かされたよ!
だって、現実世界の盗作王つんくは全然追放される気配もなく、堂々と君臨しているからだ(笑)。
 ストーリーも今のところ予告を観て想像したまんまの展開で進んでいる。ある意味安心できるドラマだ(笑)。
まったく通好みでないご都合主義もなぜか許せてしまう。
ブラコンの加藤あいといい、キャラが好みだからと思うが、君が指摘したように同じ筋読め読めのドラマの『スタアの恋』は藤原ノリカが好きではないのであまり観ないよ。

<俺>「誕生日おめでとう!」
 そうか、君は誕生日だったのか。すっかり忘れていたよ。
プレゼントは貧民なので上げられないけど、心からおめでとうと言いたい。
 しかし、10代の頃と比べると喜びが減っていくねぇ。でも誕生日は良い、おめでとう↑。
「禿」は嫌な字だね。未だに一瞬読めないし。
夜0時まで仕事はきつすぎる!それでも次の朝は9時出勤とかだろうか?
僕も授業の実験で23時終りの翌08:40講義開始の毎日は死ぬかと思ったよ。二度とやりたくないよ。
 今日はプールで連続で850m泳げた。最後は2時間制の時間切れで上がったけど新記録だよ。2時間トータルでは1500mぐらいいけたよ。

※「禿」のやりとりは→こっさんめーる35「M・Sのストレス!」
http://cost-off.seesaa.net/article/147170970.html


<こっさん返信>「ドラマ」
 金太郎は見てるでぇ(笑)。本当にあれもベタベタで80点クラスを絶対に出れないドラマだけど、好きやで(笑)。
まぁ、盗作で追放されたのは自分が認めたからね・・。つんくのアホにそんな根性がある訳なく、パクリまくっても自分が認めなければ大丈夫という証拠だね。
 『スタアの恋』も同様で話読め読めで次の展開も完全に分かるけど、そこそこ笑えるし泣ける。リアルタイムで観てるけど、残業地獄になればビデオ予約せないかんからめんどくさいのよねぇ〓今日の金太郎も楽しみだ!!
本当年がいってきたのが嫌だねぇ〓しかし時間経つのは早すぎる(汗)。

<こっさん>「ソニー製品の裏話」
 850m!!この数字も狂ってる(笑)。スゴイなぁ↑そんなに泳いでたらヒレ生えてくるで!後で後悔しても遅いよ。肺で呼吸してる人間がそんなに泳いではダメなのだ(笑)。

 仕事は朝8時から始まるよ(驚)。信じられん〓
(今、11月後半なのに)12月に発売が決定してる製品のラインが明日から動きだすんやで!!即席で人集めて・・で発売日迄に絶対二千台作れだって(怒)
1工程-1台100秒で作らないといけないんだ!(今朝、測定したら、180秒かかった〓)無茶な話だよ!
 本当、ソニーの新製品は発売直後に買ってはいけないよ!何故壊れやすいのか分かったよ。

※傷だらけの金太郎・・・ドラマ『傷だらけのラブソング』のこと。
主役の高橋克典が『サラリーマン金太郎』もやっていたことから、そう呼ばれた。
『傷だらけのラブソング』
CAST・・・高橋克典(金太郎)、加藤あい、中島美嘉
脚本:尾崎 将也
主題歌:「STARS」中島 美嘉
挿入歌:「道標」小久保 淳平
制作:関西テレビ
ちなみに主題歌の「STARS」は劇中で高橋克典が歌うシーンがあり、中島美嘉のとは違う感じでよかった。
高橋克典の「STARS」
http://www.youtube.com/watch?v=HziIiAaHi1o

   こっさんめーる「時の狭間のドムバズーカ」

<こっさん>

カークンはテンカンだから病気ではなく、病気だからテンカンなのだ。

<俺>「時間は進む」
 ほんと時間経つの速くなったねえ。二十歳過ぎると速いとは聞いていたがこれほどとは!
子供の頃今の歳の自分をいい大人と想像していたが、全然なってないよ。
 ソニーの裏事情にはビックリだ!ムチャな突貫工事のようなやり方だね(笑)。

 カ ○”アキはテ○カンが病気だと思っていたがそうではないと?では真の病気はなんだろう?
 ソニーの新製品のように180秒かかるところを100秒で組み立てたのであれば欠陥もあるだろうが、カ○”アキは一体何が悪かっただろう?
 タツオでさえスクーターに乗る智恵を身につけていたよ(笑)。高校時代のチャリに虫取り網の頃から進化していたよ。
時間は進むねぇ。


<こっさん返信>「カークンの謎!」
 『傷だらけの金太郎』の部屋の扉に書いてある名前には笑った!今時あんな奴いねぇ(笑)。
しかし、君が傷だらけを観てるとは思わなかった。

 カ○”アキは頭の病気だよ。それも重度で精神がやられてる。
普通のテンカンでは(ファミコンに)ドムのバズーカは付けない!普通は車輪とかを付ける。なにせ重度で手匂えん。
 タツオは車の運転も出来るからね。奴の事を知ってればいかに免許を与えては危険な男か分かるのだが・・お笑い国家では金払えば渡すのだ!
 今なんか龍馬の番組がやってるけど、ヒトラーが龍馬を尊敬してたという希望的観測を言ってて笑ったよ(笑)。根拠も何もなくまさに希望だった(笑)。

※こっさん(愛知出身)の中では、ヒトラー>龍馬の評価だった。
※ドムバズーカ・・・ガンダムのモビルスーツMS09ドムのジャイアント・バズのこと。
※手匂えん・・・こっさんの中学時代から使ってるギャグ。「手に負えない」と「手を匂う」をかけていて、手に負えないという時に手を匂う動作をするギャグ。あまりウケたことがないがずっと使ってる。

 こっさんめーる39「芋掘り話・カズシ話完結」「SCVなカズシ、CVなジ○ンイチ」「爆弾が落ちる日」
http://cost-off.seesaa.net/article/150798996.html

〜〜〜〜
関連記事:こっさんメール2「反町の歌」「最低人間つんく♂」「平家みちよ」
http://cost-off.seesaa.net/article/137422478.html
こっさんめーる4「つんくCM」「結局BYE×3」「ラブ論」
http://cost-off.seesaa.net/article/137479768.html
こっさんめーる34「ハゲとストレス」「谷○ことヤチ!」
http://cost-off.seesaa.net/article/146732720.html
こっさんめーる36「ユウト伝説!」
http://cost-off.seesaa.net/article/148187445.html
まとめて読む→こっさんメールカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/7471316-1.html

続きを読む→こっさんめーる関連記事リンク一覧
posted by コスト at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | こっさんメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

こっさんめーる37「テ○カンの正体」「ボロボロのカークン!」(ver.1.2)

こっさんめーる36「ユウト伝説!」の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/148187445.html

<補足説明3>
 全35話を予定していたが、本筋以外の話をカットしても説明文が多くなったため、結局、48話ぐらいになる見込み。→後に発掘作業により52話まで延長。
 こっさんめーるは、コストブログの小中学編と2001年当時の話の位置づけで、昔アップしてた身内掲示板(今はない)からの再編集版。現在のところ、中学時代の珍獣図鑑シリーズが続いてる。(大学編はS川話やキモト伝説)


     こっさんめーる37「テ○カンの正体」「ボロボロのカークン!」

<2001年11月20日頃メール送受信>

<こっさん往信>「テ○カン小松某の正体!」
 テ○カンの正体はカ○”アキだよ(笑)。奴は同じ部活だったよ。
中学一年か二年の頃、
「腕立て20回やれ!」
って、僕が言うと
「僕は病気だから20回もやったら泡吹いて倒れる〜」
って言っていた。それでもやってもらったが倒れなかった・・。

 後日、授業中に救急車の音がして何だろう?と思ってたら、テ○カンで倒れたカ○”アキを運んで行ったと知らされた。
 部活の時、誰かとカ○”アキがふざけて走り回っていた。僕達(多分君もいた)は、技術室(事件現場から10mほどの位置)の前で話をしていると突然
《ガシャン!!》
とデカイ音が理科室の方から聞こえ、何だ何だ!?と駆け付けるとそこには・・

<こっさん>「ボロボロのカークン!」
渡り廊下の間のボロい扉のガラスは飛び散り、血まみれのカ○”アキが、横たわっていた。
 その後、教師の車で病院行きか、またまた救急車が登場したのかは記憶に無いが、もし後者とすると余程、救急車好きである。
 
 そういえば中学一年の頃、カ○”アキはN村って女子に『カークン』と呼ばれ、いつもニコニコ自分に惚れていると思い込んで喜んでいたが、後日カークン宛には彼女からフラれる内容の手紙が渡されることとなる。奴から手紙を奪い取り、数人で便所で読んで可哀相になった記憶がある。
 親友のユウトには反対側に突き飛ばされ、女にはフラれ、ガラスには突入し散々である。

<こっさん>「カークンが頑張ったら!?」
 その後、図書室にてヒトラー、ナポレオン等、世界制服を目論んだ奴らは皆テ○カン持ちだったという本を読んだ僕は・・もしやカ○”アキも!!と思った物である。
 奴に牛耳られた世界・・皆、全身湿布を強要され、町にはドムのバズーカやらミサイルが接着剤で張りつけられたFCやPSが店頭に並び、「タツオ、タツオー」と毎日拝み、車は全て救急車
 実に嫌な世の中である。今も着々と野望の実現に向け頑張っているのだろうか!それとも共倒れ予備軍かな・・

※タツオとは、別クラスの生徒でカ○”アキと同程度の知能で、二人は仲が良かった。


<俺返信>「カ○”アキ人生」
 は、腹が痛すぎる!やはりカ○”アキ!またしてもカ○”アキ!
そうなんだよ、思い出したよ。
 僕と君やトックリで、技術室の前の中庭のところで話をしていたら、ガシャン!!って音がして、振り向くか駆けつけるかしたらすでに血まみれなんだよ!

 僕らが来た時点で血まれになって横たわっていたカ○”アキを救急車が来て乗せて行った後、完全に部活どころではなくなり、数人でなぜガラスに突っ込んだのか再現コントをやっていて、事情を知らない僕らはそれを見ていたよ。

 確か、鬼ごっこか何かでカ○”アキをちょっとからかっていたか遊んでいたかで、カ○”アキが相手を猛然と追いかけてきた。しかし、追われていた人は寸前でさっとかわした。すると、カ○”アキは勢いそのままにガラスに突入し、《ガシャン!!》となったのだ。やっと思い出せたよww

 血まみれの姿を見た時には、一瞬爆弾でも爆発したのか?と思ったよw技術室なだけに。
再現コントでは、割れたガラスに突っ込んだ時のカ○”アキの姿勢まで真似してて、めちゃウケタよwほんと音がした時には、またバカが騒いでるなと思ったけど、実際にはもっと大事(おおごと)になっていたし、バカではなくテ○カンが騒いでいたのだったのだ。

 祭りの後には血もガラス片も片付けられ、ガラスのないガラス戸が陽だまりの中に「つわものどもが夢のあと」のように残っていたよ。
 ほんと、おかしすぎるカ○”アキ人生w確かに病気だからとか言って腕立てできないとか言いそうだ(笑)。

 今、阿蘇山へ原付で向っているのだが、笑ってしまい足止めを食らってしまった(笑)。奴はいつ部活をやめたのだろう?一年の時かなりやめた奴の中にいたのか?
 しかし、そんなテ○カン持ちを子分にしていたユウトも馬鹿だ(笑)。笑えて仕方がない。たぶん今日は笑い続けるよ^^
ガシャーン!!で血まみれのテ○カン、これを笑わずにいられようか♪

※2001年当時は熊本在住で、11月の熊本はまだまだ暖かく、家から原付で小1時間で行ける阿蘇山にはよく行っていた。

こっさんめーる38「こっさん誕生日・傷だらけの金太郎」「ソニー製品の裏話」「時の狭間のドムバズーカ」につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/150315940.html

〜〜〜〜
関連記事:こっさんめーる27「カ○゛シ=ババロ」
http://cost-off.seesaa.net/article/142287753.html
こっさんめーる28「SCVとドラえもんの間には」
http://cost-off.seesaa.net/article/142434160.html
こっさんめーる33「リメンバー中山ミドリ、ヒゲ達の挽歌」
http://cost-off.seesaa.net/article/145146365.html
こっさんめーる34「ハゲとストレス」「谷○ことヤチ!」
http://cost-off.seesaa.net/article/146732720.html
こっさんめーる58「年越しジャンプとつくしボーダーライン(ハタケ山3)」」
http://cost-off.seesaa.net/article/165885669.html

こっさんめーる説明補足2
http://cost-off.seesaa.net/article/141449819.html
まとめて読む→こっさんメールカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/7471316-1.html





続きを読む→こっさんめーる関連記事リンク一覧
posted by コスト at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | こっさんメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

こっさんめーる36「ユウト伝説!」

こっさんめーる35「M・Sのストレス!」の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/147170970.html


  こっさんめーる35「ユウト伝説!」<2001年11月下旬メール送受信>

<俺往信>「ユウト伝説!」
 これはT岡氏からの情報を元にしたメールである。
ユウトこと西○ユウトは、中村市(現、四万十市)から引っ越してきた。
 奴は、(俺やこっさんとは別の小学校の)K目小に転校生特有の明るさで乱入し、それが空回りしてるとは気づかず、
「中村は都会だ!Y田は田舎だ!」
を連発し、反感を買ってるとは卒業まで全然気づかない馬鹿であった。
 奴に真の友達はなく、見下してる奴だけ子分として付き合うというやり方だったのだが、それが判明したのは、子分の小松某(ぼう、なにがし)というテ○カン持ちがテンカ○発作を起こした時に発覚する。

 日頃、友達(子分)として小松を引き連れていたユウトだが、授業中に隣りの席の子分・小松がテ○カンの発作を起こした!(これだけでも僕は大笑いしたよ!)
 泡を吹き、白目をむいて失神した小松は、隣りの席のユウトにもたれかかった。その時!ユウトのとった行動とは
「うわーっ!!」
と言って、そのもたれかかった来た小松を反対側に突き飛ばしたのだ!
日頃、友達と言っていた奴をである!


 テ○カン発作の上、ユウトに突き飛ばされた小松は完全に「あわわわ」の状態になり、救急車を呼ぶ事態にまで発展した。この時、クラスのみんなはユウトの本性を知ったという。
 奴に友達はなく見下した子分のみがいて、それが発作を起こすと真っ先に見捨てるのだと。
K目小時代から嫌われていたユウトだが、すごいのは中学時代も自分が嫌われているとはまったく考えないという点にある。

 小学校が同じだったT岡氏は、K目小時代からユウトのその無自覚が鼻につき、いつか「君は嫌われている」と教えてやろうと思っていたらしいが、ついに言わずじまいだったらしい。
 夏にO村T氏の家でT岡氏会った時は
「今からユウトの家に電話をかけて、君は皆から嫌われていたのだと教えてやってもいい!
と熱弁を奮い、馬鹿受けしたよww
 内容はだいぶ忘れてるし、T岡氏のしゃべりがあればメチャおもしろい話だったよ。

※中村市は、2005年4月10日に西土佐村と合併し「四万十市」となった。
※て○かん・・・急に発作を起こし、全身が痙攣し、口から泡を吹き意識不明になる病気。
※「あわわわ」・・・横山光輝の漫画『三国志』(横山三国志)で、曹操が叔父を相手にわざと「あわわわ」とテ○カン発作のまねした時に言った台詞。


<こっさん返信>「いや十分面白かったよ」
 何かユウトネタを思い出そうとするのだが、やっちゃんとケンカして負けたのと、授業中にしょっちゅう大声で言い合いしたぐらいしか思い出せないよ(笑)。
 しかし、卓球部で練習中にガラスに突っ込んで、FC(ファミコン)を改造しミサイルを取り付けて、それがカッコ良いというセンスを持っている、腕立て20回で泡吹く男がユウトの子分だったとは(笑)。この話は知らなかった。

 たぬき(こっさんはT岡氏をこう呼んでいた)は、確かにユウトは嫌いだと言ってた。まだまだ彼はユウトネタを懷に忍ばせてるでぇ(笑)。
僕も何か思い出したら続報として送るよ。
 最後のフェンスを飛べない谷○と親友のテ○カンを突き飛ばしたユウト、果たしてどちらに軍配が上がるのか?

※谷○については→こっさんめーる34「ハゲとストレス」「谷○ことヤチ!」を参照。
http://cost-off.seesaa.net/article/146732720.html


<俺返信>「テ○カン持ちのガラス突入で大爆笑!」
 昨日からメールで20回以上笑っているのだが、ユウトの子分でテ○カン持ちの小松某とは一体誰だい?
部活中にガラス戸のガラスに突っ込んだ奴は確かに記憶にあって、何回も笑えてしまう(笑)。記憶の奥に眠っていたよw

 腕立て20回で泡もおもしろいし、小松カ○”アキであろうか?
T岡氏は小松としか言っていないし、そもそも何故ガラスに突っ込んだのか謎だ。
しかし、確かに突っ込んだバカはいた!
 小松で変な奴といえば、CV(カセットビジョン)を自慢してた前歯縦生えの小松ジ○ンイチしか憶えてないし、記憶を探っても謎のままだ。

CVについては→こっさんめーる28「SCVとドラえもんの間には」を参照。
http://cost-off.seesaa.net/article/142434160.html

 ヤチのセンチメンタルカンガルーも笑ったよ(笑)。ほんとそう歌ってた!美里公認やね。
軍配は「痛み分け」どころか「共倒れ」になって欲しいものだ(笑)。

※ユウトとは中学校は同じだったが、クラスは一緒になったことはなく(当時は一学年7クラス)、口を利いたこともない。だが、こっさんたちから悪評をよく聞いていたキャラクター。
※「無人警察」・・・「テ○カ○協会対策」
僕は筒井康隆のように大物ではないので、伏せ字にしておきます。
差別反対!

こっさんめーる37「テ○カンの正体」「ボロボロのカークン!」につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/149564536.html
こっさんめーる38「こっさん誕生日・傷だらけの金太郎」「ソニー製品の裏話」「時の狭間のドムバズーカ」
http://cost-off.seesaa.net/article/150315940.html

〜〜〜〜
関連記事:こっさんめーる24「伝説のK中学編」「山ヒデVSケイちゃん」
http://cost-off.seesaa.net/article/141626469.html
こっさんめーる27「カ○゛シ=ババロ」
http://cost-off.seesaa.net/article/142287753.html
こっさんめーる33「リメンバー中山ミドリ、ヒゲ達の挽歌」
http://cost-off.seesaa.net/article/145146365.html
まとめて読む→こっさんメールカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/7471316-1.html

続きを読む→こっさんめーる関連記事リンク一覧
posted by コスト at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | こっさんメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。