2008年02月16日

2007夏・沖縄旅行[29]海中道路その3

『2007夏・沖縄旅行[28]海中道路その2』のつづき
http://cost-off.seesaa.net/article/83716760.html


   『2007夏・沖縄旅行[29]海中道路その3』

DSC00547.JPG 
橋を渡り、さらに歩く
海中道路追加.jpg
向こうに平安座島が見える
もっと進むと↓なのが見えてきた。
DSC00550.JPG
展望所?
 そこからは海水浴場みたいになっていて、親子づれやら人が大勢泳いでいた。伊計ビーチまで行かなくても、もうここでも十分泳げるほどきれいだから、ここにしょうかと思い、ロッカーやシャワーの場所を聞くと先の建物の辺りだと言う。

 で、建物を目指してまた歩くが、結構この海水浴場っぽいとこは長い。途中に「毒クラゲ?注意!刺されても責任負いません」との立て札があった。
 えっ!?ここってそんなにデンジャーなのか?小さい子供も泳いでるのに怖くないのか?ううむ、泳ぐか迷う。
15:07、建物に着いた。そこは「海の駅あやはし館」だった。
DSC00551.JPG
海の駅あやはし館
沖縄県うるま市与那城字屋平4番地
(HP:http://www2.ocn.ne.jp/~ayahashi/
あやはし・・・琉球最古の歌謡集「おもろそうし」の中に出てくる言葉で「美しい橋」を表す、「あやはし」に由来。

 道の駅は田舎によくあるけど、海の駅ってあるんだ。初めて見た。
とりあえず暑いので中に入り、帰りのバスの時刻を聞こうと事務所に行くと、ここもまた「よくわからないからレジのとこに時刻表あるから聞いて。」と言う。沖縄はテキトーが徹底してるなあw
 グァバ茶500mlを買い、レジに並んでバスの時刻を聞く。幸い時刻表が張ってあり、あと30分ぐらいで来るとわかった。バスなので多少遅れるにしても、時刻表なら信じても大丈夫だろう。
 さて、30分じゃ泳ぐには足らないので、とりあえず飯を食おうと外のベンチへ行く。延々歩いてきただけに日陰だけでも涼しい。海中道路に入る前に買った弁当を出して食べる。空腹だけにうまい。が、このグァバ茶ってのはなんだ?地元の味にチャレンジしたつもりが大失敗。微妙にまずい、合わない。でも喉が渇いてるので飲んだ。

 ふと見ると、BLUE SEAL(ブルーシール)のアイス屋があった。那覇もそうだったけど、こっちでサーティーワンとかあまりなくて、ほとんどBLUE SEALの店だ。ほんと多い。メニューの「おっぱソフトクリーム」(260円)の「おっぱ」の由来が謎だった。牛の乳=おっぱいか?

 食事が終わって土産物コーナーを見る。レジで帰りのバス停の場所を聞くとわかりにくいと説明を始めた。
レジの人曰く、
・バス停は道路が膨らんだあたりでバス停の標識はない
・それも来るのは普通のバスでなく、ワゴン車だから注意して見ないといけない
・来たら乗りたいとアピールしないといけない
・アピールしないと気づかれなくて通過されてしまう


 客がアピールしないと乗れないって、どんなバスだよw沖縄の内地の常識破りは続くなあ。
 陸橋(横断歩道)を渡り、バス停に向かうが雲行きがあやしくなってきた。
海中道路ラスト.jpg
陸橋の向こう側から
海中道路あやはし館バス停.jpg
標識がまったくないバス停

 とうとうバスを待つ間にスコールの雨が降り出した。陸橋の下に雨宿りする場所はあるが、これではバスにアピールできない。乗りたいの通過されたら、次は2時間後だ。必死の形相で道路のほうをにらみ、ワゴンを親の仇のように探す。たかが、バスに乗るだけなのにこのスリル!沖縄おそるべしw

 結局、バスは数分の遅れで来た。最後は雨の中バス(ワゴン)に近づき、乗りたいとアピールして乗り込んだ。

 つづく

〜〜〜〜〜〜〜
続き→『2007夏・沖縄旅行[30]コザの街その1』
http://cost-off.seesaa.net/article/87040893.html
過去記事→『2007夏・沖縄旅行リンクまとめ2』
http://cost-off.seesaa.net/article/79923213.html
沖縄旅行・ダイビングカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/4165836-1.html


posted by コスト at 19:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄旅行・ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

2007夏・沖縄旅行[28]海中道路その2

『2007夏・沖縄旅行[27]海中道路その1』のつづき
http://cost-off.seesaa.net/article/83515891.html


   『2007夏・沖縄旅行[28]海中道路その2』

 海中道路入り口に向かって歩く。少し行くと、道路の右側にうるま市役所与那城庁舎があった。
与那城庁舎.JPG
うるま市役所与那城庁舎

海中道路入口2加工.jpg
海中道路入り口

 海中道路はほんと道路以外が海で、なんて開放感があるんだ。すごく気持ちいい風が吹いている。湿気が少ないせいなんだろうか、ほんとに31℃とは思えない。東京より全然涼しい。
海中道路1.JPG
道路の北側方向は金武湾が広がる

干潮で寝る男.JPG
干潮で寝る男
近くに母娘がいたので、家族サービスで着ていた父親らしい。

海中道路4.JPG
橋っぽいのが見えて来た。
海中道路橋の手前加工.jpg
さらに前進する。

 海中道路の入り口からここまでで約1.2kmぐらいだろうか。引き返そうにも前も後ろも海中道路で、とりあえず次のバス停まで行くしかない。
 暑くはないんだが、皮膚がジリジリ焼けていくのがわかる。日焼け止めクリームを午前中のバスの中で塗りまくったから心配はないが、こんな短時間で焼けてくるのが実感するってのは、さすが沖縄だ。
 
 ヒッチハイクは一回試みたが、恥ずかしいので行けるとこまで歩くことにした。だが、普段こんなに歩かないから靴が小さく感じだして痛くなって来た。う〜ん、ビーチサンダル買ってくればよかったとちょっと後悔していると、なぜか目の前に黒いビーチサンダルが落ちていた。
 ウソっ、しかもほぼ新品。これって車に乗り込む時に脱いだんだか、捨てたんだろう。周囲には誰もいない。どうみても捨てたんだろう。うん、天の恵み〜以下略〜。
 
 それにしてもここはいいな、すばらしい。歩いて気持ちがいい場所ってそんなに多くないんだろうけど、ここはそのうちの一つに認定だ。 

   つづく

〜〜〜〜〜〜〜
続き→『2007夏・沖縄旅行[29]海中道路その3』
http://cost-off.seesaa.net/article/84300200.html
過去記事→『2007夏・沖縄旅行リンクまとめ2』
http://cost-off.seesaa.net/article/79923213.html
沖縄旅行・ダイビングカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/4165836-1.html
posted by コスト at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄旅行・ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

2007夏・沖縄旅行[27]海中道路その1(ver.1.2画像追加)

『2007夏・沖縄旅行[26]勝連城址その3』のつづき
http://cost-off.seesaa.net/article/80817471.html


  『2007夏・沖縄旅行[27]海中道路その1』

 勝連城址休憩場に置いてあるうるま市の観光マップを取って、海中道路の場所を確認したが、海中道路を渡ってその先の平安座島や伊計島へのバス路線がない。
 休憩所の案内コーナーのおばちゃんに交通手段を聞くと、海中道路の手前のJA前のバス停から伊計ビーチ行きの地元コミュニティバスがでていると教えてくれた。
 コミュニティバスの時刻表を調べてもらったら、14:00発があるという。14:00までにコミュニティバス乗り場に着けばいいのだが、俺の持っているバス路線図は、島全域のもので全てのバス停が載っておらず、コミュニティバス乗り場=JA前のバス停は載っていない。
 おばちゃんにバスの路線図を見せて、どのあたりに役場前があるのか聞いていると、30代後半の別の男の職員がやってきて、
「もうJA前というバス停はない。今は名前が変わって役場前だ!」
と、強く主張してきた。
 たぶん、市町村合併の影響とかでバス停の名前が変わったりしたんだろうが、親切に教えてくれてるおばちゃんにたかがバス停の名前ぐらいで鬼の首を獲ったように言わなくてもいいのに。
 おばちゃんは「そうだったかな?」と腑に落ちない顔をしていたが、たかがバス停の名前ぐらいでと反論せず、コミュニティバス乗り場があるバス停までの行き方を教えてくれた。
 方法は3つ。
@来る時に乗った路線で行く
Aタクシー
B徒歩で便の多いバス路線がある道路まで出て、バスで行く

 @は、バス停の勝連団地前まで距離があり、便が少ないので14:00に間に合わない。Aは、料金がいくらかかるかわからない上、呼んでもすぐ来ないことがあり、高い金払って間に合わないリスクがある。よって消去法と便の多さにかけてBに決定。

 男職員に便の多いバス路線までの道順を聞くと、休憩所前の道路を道沿いに行って、三叉路を左に曲がると150mくらいでバス停があるとのことだった。もし、コミュニティバスに乗り遅れたらと聞くと、
「これだよ、これ!」
と、右手親指を突き立ててヒッチハイクすればいいと言う。えっ?猿岩石かよwと内心思いつつ、礼を言って休憩所を出た。

 真夏の沖縄の田舎道を歩くのは、ほんと前の中城城の帰り道以来だ。途中、「本場北海道直送 ジンギスカン」との看板の店「はま家一」があったが、ジンギスカンの本場はモンゴルじゃないのか?北海道直送ってのも絶対嘘くせー(笑)ってツッコミいれながら歩いた。
はま一.JPG
「はま家一」
謎の演歌歌手のポスターが笑えて仕方がなかったw

 20分ほど歩くと、説明の通り三叉路に出たので、指示通り左に曲がってさらに5分ほど歩いた。が、バス停は見つからない。らしき物さえない。あるのはつぶれたレストランぐらいだ。

 さては、また沖縄特有のてーげー説明だったのか?と思い、コンビにもないので近くの家具屋(赤峰家具)に入ってバス停の場所を聞いた。
 案の定、さっきの三叉路を左ではなく右に行くとバス停があるとの答え。さっきの男職員は、何を根拠に自信たっぷりに左に150mと教えたのだろうか?俺もここ数日で、こっちの地元民のいいかげんな説明やバス停通過事件が身にしみて、疑ってかかるようになったので、何回も右か左か確認したのに、やはり今回もテキトーな説明だったのか。この天気で午後2時前って一番暑い時間なのに無駄に歩かされたのか・・。

 しかも市営休憩所ってことは、あの間違い教えた職員は公務員か嘱託だろう。税金でやって案内所で嘘教えるって、勘弁してくれよ。案内できる人置いてくれよー。
それでついイラっとして、
「さっきの休憩所の人、逆教えてますよ。戻って文句言ってやりたいですよ。沖縄の人はほんといい加減ですねー。」
と、家具屋の人に言ってしまい、
「私に当たらないでくださいよー。」
と言われた。確かに。
 それにこの人、訛りがない。内地からの移住組みの人か、それならバス停の場所は正確だろう。

 礼を言って、来た道を戻って10分ちょいで目的のバス停に着いて、時刻表を見たが、すでに14:00にはコミュニティバス乗り場に着けそうにない。が、バスは遅れる可能性があるので、とりあえず来たバスに乗った。
バスの運転手に
「海中道路のほうに行くコミュニティバスが出てるバス停で降りたいんですが。」
と聞くと、
「それならJA前だよ。」
との返事。
あの男職員、えらそーにおばちゃんに言ってたわりにバス停の名前も間違ってるじゃねえか。アイツ一個も言ってることあってねえな、逆パーフェクトかよw 

 JA前のバス停で下車。すでに時刻は14:20、コミュニティバスは出てしまっている。
 バス停に隣接している薬局兼コンビにみたいな店(Aコープ?)に入り、昼食を買う。弁当類が300円と安い。
 レジの店員に海中道路から伊計ビーチのほうへ行く方法を聞く。
「う〜ん、次のバスは16時過ぎだし、16時に乗っても向こうから帰る便が着いて15分ぐらいで出ちゃうから、もうタクシーぐらいかなあ。
 ヒッチハイク?やってる人見たことないですねえ。
 歩く?ビーチまで15kmぐらいありますよ。」
15km!?そんなにあるのか・・。とにかく歩いてみて、途中で14:00に出たコミュニティバスの折り返しに乗って帰るかと思い、海中道路への道順を聞いて店を出た。


   つづく

〜〜〜〜〜〜〜
続き→『2007夏・沖縄旅行[27]海中道路その2』
http://cost-off.seesaa.net/article/83716760.html
過去記事→『2007夏・沖縄旅行リンクまとめ2』
http://cost-off.seesaa.net/article/79923213.html
2010夏・沖縄旅行記画像2「斎場御嶽からの久高島」
http://cost-off.seesaa.net/article/194277265.html
2010夏・沖縄旅行記画像テスト(一時アップ)
http://cost-off.seesaa.net/article/167842423.html
『2010夏・沖縄旅行、ビーチの人々1』
http://cost-off.seesaa.net/article/162666570.html
2010沖縄旅行・番外「興南高校春夏連覇フィーバー」
http://cost-off.seesaa.net/article/161642744.html

2011夏・沖縄旅行画像「古宇利島、大橋側のビーチ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-127.html

2011沖縄旅行「万座毛」(先行画像版)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-119.html
『古宇利大橋の犬』
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-113.html

沖縄旅行・ダイビングカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/4165836-1.html
沖縄旅行・ダイビングカテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-7.html
posted by コスト at 17:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 沖縄旅行・ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

2007夏・沖縄旅行[26]勝連城址その3

 『2007夏・沖縄旅行[25]勝連城址その2』のつづき
http://cost-off.seesaa.net/article/79910133.html


   『2007夏・沖縄旅行[26]勝連城址その3』

 頂上で写真を撮りながら、風景や雰囲気を楽しんでいると、
「Hey,boy!」
と、声をかけられて振り返ると黒人とイスパニッシュ系のガールフレンドがいて、どうやらカメラのシャッターを押してくれと英語で言ってきた。俺はもうとっくに社会人なんだが、黒人にとってはまだBoyの範疇に入るのかw
思わず、
「Are you army?from kadena base?」
と、嘉手納基地の米兵か?と聞きそうになったが、言わずに飲み込んでカメラを受け取り、
「オーケイ?」
と、シャッターを押した。
 すると、ポーズを変えて何枚か撮ってくれと言うのだが、やっぱ外人は違うなあ、人にシャッター頼んでおいて抱きついたポーズとかとるんだもんなあwここは一応、グスクで聖域なんだけどなあ。
 サンキューと礼を言われて、黒人とそのガールフレンドは去ったが、俺のカメラでも写真撮ればよかったと後悔したが、英語で撮る理由を説明できないのにすぐ気づいた。
 だけど、あのキャラはブログに画像アップしたかったので、ちょっと追っかけて、崖で海を見てる二人をショット。
勝連アーミー加工.jpg
湾の中の船を指差す黒人とガールフレンド。
意外にいい写真が撮れたので気いってる。

 そのほか、観光客や自転車で旅行中の4人組学生やら、無料で世界遺産に入れるとあって、中城城跡よりやたら人が来る。
 う〜ん、世界遺産登録後に観光地化して、逆に荒らされるという記事を読んだが、世界各地で起こってるのもわかるなあ。2000年の登録前に来た中城城跡はすごく静かだったのに。
(参照:『沖縄・中城城跡』http://cost-off.seesaa.net/article/21980643.html

 予定では、さらに北上して東シナ海側にある座喜味城跡へ向かう予定なんだが、この頂上から海中道路の景色が見えてすごくきれいだったので、予定変更して海中道路とその先のビーチを目指すことに。
勝連30−海中道路.jpg
勝連城頂上から海中道路方面
那覇はビルばっかだったから、南国のこういう景色見たかった。

降りながら写真を撮る。
勝連城、ウシヌジガマ.jpg
ウシヌジガマ
ウシヌジとは、敵に攻められ、危険なときに身を凌ぐ場所との意味。
勝連32.jpg
ガジュマル?

勝連35樹.jpg
ワンモア樹

 かなりいい場所でオススメ。でも日よけがない場所で、天気よかったので暑くて一旦休憩所に戻ることに。
(注;書いてる今は1月で東京の真冬ですが、当時は8月の沖縄で31℃でした。)
勝連33休憩所.jpg
茶色の屋根が市営の勝連城址休憩所

この休憩所でもまた沖縄のテーゲー説明をくらうことになる。

   つづく

※画像は現在のサムネイルからクリックしていくと→最大化→画面サイズに切り替わります。

〜〜〜〜
関連記事:2007夏・沖縄旅行[23]完全なるオーバーラン
http://cost-off.seesaa.net/article/72873931.html
2007夏・沖縄旅行[24]勝連城址その1
http://cost-off.seesaa.net/article/74471420.html
2007夏・沖縄旅行[25]勝連城址その2
http://cost-off.seesaa.net/article/79910133.html

『水上バス(お台場ー日の出桟橋)前編』
http://cost-off.seesaa.net/article/136804283.html
普通日記「卒業式と童顔」(2010/03/24)
http://cost-off.seesaa.net/article/144651473.html

『2007夏・沖縄旅行リンクまとめ2』
http://cost-off.seesaa.net/article/79923213.html
沖縄旅行・ダイビングカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/4165836-1.html

banner_03.gif

2008年01月21日

『2007夏・沖縄旅行[25]勝連城址その2』(画像追加)

『2007夏・沖縄旅行[24]勝連城址その1』のつづき
http://cost-off.seesaa.net/article/74471420.html


  『2007夏・沖縄旅行[25]勝連城址その2』

 勝連城址など琉球のグスクには思いいれがあって、歴史群像のバックナンバーの1993年4月号(特集は真田幸村、司馬懿仲達)の中に「戦乱の琉球に煙る城(グスク)の実像」という数ページの記事があって、それを読んで以来ずっと行ってみたかった場所だった。
 1993年当時の記事には、現在、発掘調査中でその後に史跡公園として整備するあったけど、2000年11月に世界遺産登録されるとは思ってもいなかっただろう。

勝連城地図.JPG
看板

勝連12b.jpg

2007勝連階段.jpg
階段を上がる
勝連2.jpg

勝連33.jpg 
すぐ裏が海になっていて、海洋貿易拠点として成立してたのも納得。
ほんとに碧い海だ。

勝連5.jpg
山河在りの樹
勝連6.jpg

勝連、頂上いりぐち.jpg
頂上入口
勝連4.jpg
頂上(標高約100m)
勝連9.jpg

勝連11.jpg
玉ノミノミウヂ御嶽
祈りを捧げる聖域

見晴らしは素晴らしいし、夏の南国の雰囲気って最高だ。


「勝連城の歴史」
 琉球王国の王権が安定していく過程で、国王に最後まで抵抗した有力按司、阿麻和利が住んだ城。日本本土の京都や鎌倉にたとえられるほど繁栄していたとあり、阿麻和利も「千年もこの勝連をおさめよ、勝連の名高き王」と讃えられている。
 阿麻和利は、国王の重臣で中城に居城した護佐丸を1458年に滅ぼし(首里の尚王朝が交易上の利権を争っていた護佐丸と阿麻和利を戦わせた説あり)、さらに王権の奪取をめざして国王の居城である首里城を攻めようと企むが、気づかれて王府軍に攻められて勝連城に篭城する。果敢な抵抗をする勝連城に対して、王府軍の鬼大城(うにうふぐすく)という勝連城にいたことがある人物が石垣を越えて進入し、阿麻和利を暗殺したため勝連城は降伏する。
 阿麻和利が滅ぼされたことによって、首里城を中心とする中山の王権は一段と安定した。

勝連城の場所は沖縄県うるま市勝連南風原。
入城無料。

  つづく

※画像は現在のサムネイルからクリックしていくと→最大化→画面サイズに切り替わります。

〜〜〜〜〜〜
続き→『2007夏・沖縄旅行[26]勝連城址その3』
http://cost-off.seesaa.net/article/80817471.html
過去記事→『2007夏・沖縄旅行リンクまとめ2』
http://cost-off.seesaa.net/article/79923213.html


続きを読む→沖縄旅行関連記事一覧
posted by コスト at 19:12| Comment(2) | TrackBack(1) | 沖縄旅行・ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007夏・沖縄旅行の記事リンクまとめ2

 2007年夏・沖縄旅行の過去記事リンクのまとめです。ここに順次追加していきます。2008年1/21時点でまだ日程の半分までしかアップしてませんが、冬の間には終わる予定です。

2007夏・沖縄旅行@高知龍馬空港
http://cost-off.seesaa.net/article/52700173.html
2007夏・沖縄旅行Aノープランなスタート
http://cost-off.seesaa.net/article/52801742.html
2007夏・沖縄旅行B1日目の夕食
http://cost-off.seesaa.net/article/52955607.html
2007夏・沖縄旅行C銭湯まで何マイル?
http://cost-off.seesaa.net/article/53059308.html
2007夏・沖縄旅行D初日深夜の闘い
http://cost-off.seesaa.net/article/53456493.html
2007夏・沖縄旅行E三重城港
http://cost-off.seesaa.net/article/53637834.html
2007夏・沖縄旅行F北谷・砂辺
http://cost-off.seesaa.net/article/54219656.html
2007夏・沖縄旅行Gファンダイブ1本目その1
http://cost-off.seesaa.net/article/56175010.html
2007夏・沖縄旅行Hファンダイブ1本目その2
http://cost-off.seesaa.net/article/56941781.html
2007夏・沖縄旅行Iインターバル・トーク1
http://cost-off.seesaa.net/article/59858988.html
2007夏・沖縄旅行Jインターバル・トーク2
http://cost-off.seesaa.net/article/61967232.html
2007夏・沖縄旅行Kインターバル・トーク3
http://cost-off.seesaa.net/article/62097363.html
2007夏・沖縄旅行Lファンダイブ2本目
http://cost-off.seesaa.net/article/62631019.html
2007夏・沖縄旅行M帰港トーク1
http://cost-off.seesaa.net/article/63980462.html
2007夏・沖縄旅行N帰港トーク2
http://cost-off.seesaa.net/article/64215234.html
2007夏・沖縄旅行O帰港トーク3
http://cost-off.seesaa.net/article/64754429.html
2007夏・沖縄旅行P集合写真とホテル探し
http://cost-off.seesaa.net/article/65575082.html
2007夏・沖縄旅行Qゴッパチ沿いのホテル(完全版)
http://cost-off.seesaa.net/article/66334713.html
2007夏・沖縄旅行R夕食の問題再び その1
http://cost-off.seesaa.net/article/68170089.html
2007夏・沖縄旅行S夕食の問題再び その2
http://cost-off.seesaa.net/article/68704022.html
2007夏・沖縄旅行[21]8月17日夜の国際通り
http://cost-off.seesaa.net/article/69442300.html
2007夏・沖縄旅行[22]3日目、グスク編スタート
http://cost-off.seesaa.net/article/71909219.html
2007夏・沖縄旅行[23]完全なるオーバーラン
http://cost-off.seesaa.net/article/72873931.html
2007夏・沖縄旅行[24]勝連城址その1
http://cost-off.seesaa.net/article/74471420.html
2007夏・沖縄旅行[25]勝連城址その2
http://cost-off.seesaa.net/article/79910133.html
2007夏・沖縄旅行[26]勝連城址その3
http://cost-off.seesaa.net/article/80817471.html
2007夏・沖縄旅行[27]海中道路その1
http://cost-off.seesaa.net/article/83515891.html
2007夏・沖縄旅行[28]海中道路その2
http://cost-off.seesaa.net/article/83716760.html
2007夏・沖縄旅行[29]海中道路その3
http://cost-off.seesaa.net/article/84300200.html
2007夏・沖縄旅行[30]コザの街その1
http://cost-off.seesaa.net/article/87040893.html
2007夏・沖縄旅行[31]コザの街その2
http://cost-off.seesaa.net/article/87416998.html
2007夏・沖縄旅行[32]コザの街その3
http://cost-off.seesaa.net/article/87757358.html
2007夏・沖縄旅行[33]コザの街その4胡屋
http://cost-off.seesaa.net/article/88132712.html
2007夏・沖縄旅行[34]コザの街その5ヒストリート
http://cost-off.seesaa.net/article/88167157.html
2007夏・沖縄旅行[35]コザの中心で連ザ狩り
http://cost-off.seesaa.net/article/88519683.html
2007夏・沖縄旅行[36]3日目の夜
http://cost-off.seesaa.net/article/88900034.html
2007夏・沖縄旅行[37]最終日、俗物観光編スタート
http://cost-off.seesaa.net/article/89176404.html
2007夏・沖縄旅行[38]今日からマイク?
http://cost-off.seesaa.net/article/89551881.html
2007夏・沖縄旅行[39]一瞬の基地進入
http://cost-off.seesaa.net/article/90445357.html
2007夏・沖縄旅行[40]伊計ビーチその1
http://cost-off.seesaa.net/article/90849818.html
2007夏・沖縄旅行[41]伊計ビーチその2
http://cost-off.seesaa.net/article/91022608.html
2007夏・沖縄旅行[42]おまけ画像集1
http://cost-off.seesaa.net/article/91261291.html
2007夏・沖縄旅行[43]3人の昼食その1、ソーキそばの惨劇
http://cost-off.seesaa.net/article/91544293.html
2007夏・沖縄旅行[44]3人の昼食その2
http://cost-off.seesaa.net/article/92042626.html
2007夏・沖縄旅行[45]3人の昼食その3
http://cost-off.seesaa.net/article/92574953.html
2007夏・沖縄旅行[46]3人の昼食その4、ダイビングのすすめ
http://cost-off.seesaa.net/article/92943064.html
2007夏・沖縄旅行[46.5]米軍基地フリマ情報
http://cost-off.seesaa.net/article/95984643.html
2007夏・沖縄旅行[47]本島南部へ
http://cost-off.seesaa.net/article/96144691.html
2007夏・沖縄旅行[48]おきなわワールドその1、エイサー
http://cost-off.seesaa.net/article/96735504.html
2007夏・沖縄旅行[49]おきなわワールドその2、ヘビとマングース
http://cost-off.seesaa.net/article/97287937.html
2007夏・沖縄旅行[50]おきなわワールドその3玉泉洞A
http://cost-off.seesaa.net/article/98083531.html
2007夏・沖縄旅行[51]おきなわワールドその4玉泉洞B
http://cost-off.seesaa.net/article/98591005.html
2007夏・沖縄旅行[52]おきなわワールドその5熱帯フルーツ園
http://cost-off.seesaa.net/article/98599463.html
2007夏・沖縄旅行[53]おきなわワールドその6王国村
http://cost-off.seesaa.net/article/99115448.html
2007夏・沖縄旅行[54]バイバイ沖縄
http://cost-off.seesaa.net/article/99177913.html

<関連記事>
まとめて読む→沖縄旅行・ダイビングカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/4165836-1.html
『沖縄・中城城跡』
http://cost-off.seesaa.net/article/21980643.html
「高知龍馬空港&土佐人」
http://cost-off.seesaa.net/article/18778528.html
posted by コスト at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄旅行・ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

『2007夏・沖縄旅行[24]勝連城址その1』

『2007夏・沖縄旅行[23]完全なるオーバーラン』のつづき
http://cost-off.seesaa.net/article/72873931.html

 
  『2007夏・沖縄旅行[24]勝連城址その1』

 2007/08/18.11:30。勝連城址前でバスを降りて、とりあえずトイレのために城址前にある休憩所(うるま市営)に入る。
 高速バスじゃなくて、路線バスで1時間半以上(料金は1130円)も乗るなんて初めてのような気がする。深夜特急っぽいけど、あれはできないなあ、俺は。
 
 この休憩所には、テーブルと座敷があるんで、先に昼飯を食べていくことにする。バスに乗る前に買った食料(納豆巻きなど)買っておいてよかった。納豆巻きは、炭水化物(ご飯)、タンパク質・カルシウム(納豆)がまとめて取れるので好きだ。
 昼飯を食べながら、ケータイに実況版(『勝連城着』http://cost-off.seesaa.net/article/51797908.html)をアップし、ついでにコンセントでケータイとデジカメを充電をする。サイバーショットは薄くくて軽いけど、バッテリーが1時間ぐらいしか持たないのが弱点だ。

 休憩を終えて、いよいよ道路を渡って勝連城へ向かう。
勝連城址スタート2.jpg

勝連城1M1.jpg
ずっと立ちたかった場所
勝連城址、後ろ姿加工22.jpg


『2007夏・沖縄旅行[25]勝連城址その2』へつづく
http://cost-off.seesaa.net/article/79910133.html

〜〜〜〜〜〜〜〜
過去記事→『2007夏・沖縄旅行リンクまとめ』
http://cost-off.seesaa.net/article/59862708.html

続きを読む→沖縄旅行記関連記事リンク一覧
posted by コスト at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄旅行・ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

2007夏・沖縄旅行[23]完全なるオーバーラン(画像追加)

 『2007夏・沖縄旅行[22]3日目、グスク編スタート』の続き
http://cost-off.seesaa.net/article/71909219.html


   『2007夏・沖縄旅行[23]完全なるオーバーラン』

 勢いよくホテルに荷物を預けて、58号線に出たが目的のバス停「農林中金前」の場所がわからない。とりあえず、58号線を渡ってファミマで買い物ついでに聞いてみた。
 結果は今朝のホテル同様、店員は50mも離れてないバス停すらよくわからないとのことだった。まったく、全員県外出身なのかと疑うほどまともな情報が得られない。しかもこれが今日何回かあるとは思ってもみなかった。

 結局、地図を取り出して見ながら歩くとすぐに見つかった。しかもバスはすぐ来た!勝連城(勝連団地前)へ乗り換え無しで行くのは便数が少なくて、次は1時間半待ちだったのでラッキーと乗り込む。乗車時刻は9:52。

 前から2列目の左側の窓際に座る。土曜なのでガラガラだ。ホテルで聞いた話では1時間半はかかるというので、荷物を横の席に広げる。荷物から空港の観光バス案内所でもらったバス路線図を出す。
 空港について真っ先に勝連城と座間味城への行き方を聞いといいたのだ。。空港のバス案内所は観光の最前線だけあって、応対してくれたおばちゃんはテキパキとバス停、所要時間、乗り換え場所、さらに料金まで丁寧に教えてくれた。かなり優秀だ。ほんとホテルのフロントやコンビニの店員もあれぐらい教えてくれたら助かるんだがw

 バスは、52番の路線を一つ一つバス停に停まって客を乗り降りさせながら進む。東京だったら、たぶん遅いっ!思うんだろうが、初めて見る景色や沖縄のペースに段々馴染んできたせいか、文句はない。心地いいくらいだ。
 那覇の中心部を離れるに従って、段々、全国展開してる内地的な店が減っていく。段々、街並みから派手な極彩色から灰色で台風で少し文字が剥げた建物が目に付いてくる。こっちが沖縄ローカルの建物っぽい。やっぱ、那覇って観光用に化粧した部分が多かったんだなあ。
勝連城行きバスから.jpg
郊外の一般住宅、コンクリートが結構剥げてる。潮や台風の影響か?

 途中、数年前に行った普天間宮の前を通過し、同じく道路の両側に米軍基地や米軍住宅が見える道を走る。変わってないな。フェンスの向こうの米軍住宅は、1家庭に1軒庭付きで配置されてるようだ。子供用自転車とかがあった。子供はこのフェンスをどう思ってるんだろう。
米軍住宅加工.jpg
フェンスの向こうの米軍住宅
米軍住宅シャープ加工.jpg

 1時間ほどして、路線図をまた見てると「ポタッ」と音がして路線図に書き込んだ文字がにじんだ。えっ!?と思って見上げると、バスのクーラーから水漏れ。どこのアジアの国なんですか、ここはw一瞬、赤のインクがにじんだのを血が落ちてきたのかと思った。スプラッタだw

 乗車して1時間半以上経った。いよいよ、目的の「勝連団地前」バス停は次だ。こんな距離を通しで乗ってる客は俺だけで、もう20分くらい乗客は俺一人。貸切みたいで気分がいい。
 「次は勝連団地前ー、勝連団地前」と、アナウンスがある。乗る時に、「これ勝連城行きますか?」と聞いてるから、100%俺のためのアナウンスだな、と一人ごちて降車ボタンを押す。「次止まります」の表示が点灯。

 が、バスは1分ほどして左手に見える「勝連団地前」らしきバス停を見事に通過した!
 あぁっ!?いやいや、アナウンスあって、降車ボタン押して、停車表示も付いている。なのにアクセル全開!?完全なるオーバーランだw
 おいおい、どこ連れて行くんだよ?佐賀のバスジ○ックの逆じゃねえんだから。慌てて、
「あのー!停車ボタン押したんですが!!」と、運転手に声をかける。
「あ!すいません!!今、バックします。」
 いやいや、いくら空いてる道でも公道でバスがバックなんかしちゃまずいだろw
「勝連団地に行くんですよね?」
「いや、団地というか、勝連城址に行きたいんですよ。」
 乗る前にも同じこと言ったんだが。
「あ、城址ね。だったらこの先の城址の入口で止めますよ。バス停からだとちょっと離れてるんで」
 おおっ、ついてる。オーバーランのネタももらって、歩く手間も省けた。そうなんだよなあ、何かトラブッても最後にはうまくいくようにできてるんだよ。今まで何回もこういうがあった。そういう意味では強運だ。
 結局、勝連城址の前で降ろしてもらった。こういう融通が利くのが田舎のいいとこだ。東京でオーバーランやバス停以外で客降ろしてたら問題にされるだろうが、ここははるか南の島だ。それに当事者は運転手と俺だけだ、ノープロブレムw

 バスを降りると、真夏のジリジリとした日差しが元気に降り注いできた。到着時刻は11:30。

  
『2007夏・沖縄旅行[24]勝連城址その1』につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/74471420.html
〜〜〜〜
関連記事:まとめて読む→沖縄旅行・ダイビングのカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/4165836-1.html
過去記事→『2007夏・沖縄旅行リンクまとめ』
http://cost-off.seesaa.net/article/59862708.html

続きを読む→ケータイ実況版「勝連城跡着」
posted by コスト at 01:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 沖縄旅行・ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

2007夏・沖縄旅行[22]3日目、グスク編スタート

『2007夏・沖縄旅行[21]8月17日夜の国際通り』の続き
http://cost-off.seesaa.net/article/69442300.html
  
   『2007夏・沖縄旅行[22]3日目、グスク編スタート』

 2007年8月18日、沖縄旅行3日目。朝7時10分、信じられないほど爽快な気分で目覚めた。東京に行ってからは、休みの日に1度も朝7時代にこんないい気分で起きたことはなかったのになあ。
 自然テンションも上がっているが、誰かに電話するには時間帯が早すぎる。というわけで、朝っぱらからブログのケータイ実況版をアップ。
(参照『沖縄本島を北上』http://cost-off.seesaa.net/article/51779335.html)。

 さて、朝食は食べないんだが、代わりに野菜ジュースと水を飲むので、着替えてコンビニへ行く。1階のロビーで鍵を渡す時に新聞があったので読む。

 沖縄タ○ムスの記事で、
「耐震偽装問題を受けた改正建築基準法の施行後で、着工数が前年の105件から9件に急減!下落幅は過去最大。
 改正法は耐震偽装防止のため、手続きの厳格化と罰則強化を打ち出した。〜省略〜、構造計算用の新ソフトが完成すれば回復するだろうか」というのがあった。
 これかあ、高円寺の親方が言ってたのは。
 姉○事件が発端で、偽装を防ぐように法を厳しくしたんで、てっきりいいことだと思ってたけど、100件以上から1桁って減りすぎだろうw建設関係者は仕事なくなってんじゃないの?
 その後、東京に帰って親方にあって聞いたところ、改正法は後からまた後から変更が繰り返され、大変な状態だそうだ。さらに11月には、また偽装事件が発覚し、無関係な親方の会社(設計関係)も問い合わせの電話が鳴りっぱなしになったそうだ。姉○はある意味社会を変えたw

 あと、スポーツ新聞も読んだが、これが薄い!広告が少なくて、競馬とか競輪とかギャンブル系の記事もないからページが少ない。そっかあ、地理的にどうしても沖縄県内(主に本島)だけの内容だとそうなるか。しかも広告のほとんどが航空券販売か旅行の記事だw

 コンビニから部屋に戻って、今日の世界遺産の古城=グスク巡りの交通手段を考えてると、免許を東京に忘れているの気づく。あっちゃー、やっちった。ダイビングのCカードに気を取られていて忘れたんだ。でもCカードなんて全然チェックされなかった。
 車はペーパーなんで、原付でもレンタルしょうかと思ってたのに、バス一択になった。まあ、いいや。最大の敵、台風さえ乗り切ったんだから。なんくるないさー。

 フロントでチャックアウトをしながら、JALのチケットプラザは近くにないか聞くと、フロントの人は旅行代理店ならあるがJALのはないと言われた。
 代理店だと株主優待は使えない。普通、街の中心部にJALカウンターがあるはず、高知もはりまや橋のとこにANA,JALのカウンターが並んである。しかも、航空機が交通手段のメインの沖縄でないはずがない。しかし、フロントの人は見たことがないという、買う人は空港で買うと言い張る。う〜ん、ここで地図を広げて討論しても仕方ない。時間の無駄なので、礼を行ってチャックアウトして出た。

 さて、今日のホテルは昨日迷ってやめた県庁前駅近くのホテルサンワ。先に荷物を預けに行く。一駅の距離なので、58号線沿いを南へ歩く。
 すると、朝8時代なのにフルメイクアップしたキャバ嬢とすれ違う。これが西条さんの行ってた朝9時からやってるキャバクラなのだろうかw
 15分ほど歩いて、久茂地交差点を右折して58号線を2本内側に入ったとこにホテルサンワはあった。あー、ここなら静かそうだ。
 しかも1階は、熊本時代に散々行ったファミレス『ジョイフル』だwうわー、懐かしい。沖縄に進出してたんだあ。
ジョイフル.JPG
ジョイフル久米店、ホテルサンワの1階に併設
九州話によく出てくるジョイフルは、俺的に最高のファミレス。

 中へ入って、チェックインして荷物を渡す。一応、「昨夜58号線で族がうるさかったんで(実際は平気だった)静かな部屋をお願いします」と、頼んでおく。
 そして、勝連城行きのバス停を聞いて、いよいよ出発だ!

 つづく

〜〜〜〜〜〜〜〜
続き→『2007夏・沖縄旅行[23]完全なるオーバーラン』
http://cost-off.seesaa.net/article/72873931.html
過去記事→『2007夏・沖縄旅行リンクまとめ』
http://cost-off.seesaa.net/article/59862708.html

続きを読む→ホテルサンワの地図
posted by コスト at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄旅行・ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

2007夏・沖縄旅行[21]8月17日夜の国際通り

 『2007夏・沖縄旅行S夕食の問題再び その2』
http://cost-off.seesaa.net/article/68704022.html)のつづき。


  『2007夏・沖縄旅行[21]8月17日夜の国際通り』
 
 サータアンダキーを食べながら、夜の国際通りを県庁方面に向かってぷらつく。
 流石に土産物屋と観光客が多い。そんな中ド派手なシャツ(タンクトップ)が売られてた。
2007夏国際通りTシャツ.jpg
うーむ、旅行・夏・沖縄とテンションが上がった状態だと買っちゃいそうになるんだろうが、絶対帰って後悔するなw内地のどこでこれを着るんだ?コンビニにも行けないってw真っ赤じゃん。
2007夏国際通りシーサー.jpg
シーサーがいっぱい。
圧倒されるほどのバリエーション。でも、実家に数年前に買ったシーサーと「石厳當(いしがんつぅ)」あるから、いいや。
ローソンを過ぎて、ちょっと行ったところでストリートミュージシャンが歌ってた。
2007夏国際通りストリートミュージシャン.jpg
熱唱
国際通りストリートミュージシャン2.jpg
名前はわからなかった。後ろは工事用のフェンス。
なんとなく、この島出たいんだって感じが伝わる。俺も田舎にいた頃は早く出て行きたかったもんなあ。早く東京来れるといいね。
 国際プラザホテルをちょっと行ったところで、反対側に渡って折り返して、また沖映通りからホテルへ戻る。

 23:30。部屋に戻って風呂に入った。明日の世界遺産のグスク巡りに備えて、荷物を整理する。まだ体力的には余裕あるんだが、TV番組はいいのがなかったし、ネットのオフ会は深夜1時にカラオケ集合とか無茶いうなって時間設定だったので、パスして早め寝ることに。

 深夜1:30ぐらいだろうか、遠くのほうでバイクの騒音が聞こえる・・、あ、58号線を族(珍走団)が走ってるのか。よかった、9階で道路の反対側の部屋で。下界で少々馬鹿が暴走しても気にならない。
 でも、ほんと馬鹿だよなあ。だってここ島だぜ。本気で飛ばせるとこも少ないし、走ったところでぐるっと島を回ってくるだけだなのに。カゴの中のハムスターがオモチャで走るのを連想。
 その点、本土は走ろうと思えば鹿児島から青森までいけるもんなあ。沖縄にいるならマリンスポーツでもやればいいのに・・、と考えてる間に深い眠りについた。今夜はラップ音はしなかった。2日目終了。
  
   つづく

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
続き→『2007夏・沖縄旅行[22]3日目、グスク編スタート』 http://cost-off.seesaa.net/article/71909219.html
過去記事→『2007夏・沖縄旅行リンクまとめ』
http://cost-off.seesaa.net/article/59862708.html

続きを読む→沖縄旅行記関連記事リンク一覧
posted by コスト at 22:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄旅行・ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

2007夏・沖縄旅行S夕食の問題再び その2

『2007夏・沖縄旅行R夕食の問題再び その1』
http://cost-off.seesaa.net/article/68170089.html)のつづき


    『2007夏・沖縄旅行S夕食の問題再び その2』

 沖映通りを歩いてむつみ橋交差点まで来た。
那覇、むつみ橋交差点.jpg
交差点の向こうに牧志市場がある市場本通り(アーケード街)の入り口が見える。

 交差点を渡って、右折して数分でTacos-yaに着く。似たような店が近くにもあってちょっとまぎらわしい。表の看板に19時過ぎてるのにランチセット(650円)がまだやってるw那覇は夜遅いからな。
 しかし、狭い店内(テーブル5つぐらい)は誰もいない・・。都会だとガラガラ=まずいのイメージがあるので少々不安になったが、突入。先にカウンターで注文と支払いをする。
 バイトの女の子はかわいいが、小声で早口だ。ドリンクは何?と聞いてるのが、一瞬わからず聞き返した。どうにも、標準語、関西弁、土佐弁、九州弁以外は聞き取りづらい。つっかえる感じだ。
タコス屋、那覇国際通り.jpg
店内から国際通りを見る

 少し待って、ランチセット(タコス1P、タコライス、オニオンリング、アイスティー)が来た。ここで初めて気づいた。タコライスはタコ飯ではないということをw
tacos-ya_tacos1_360_225.jpg
タコス2P(画像は拾い物)
tacos-ya_tacorice3_360_225.jpg
タコライス(画像は拾い物)
タコスの具である挽肉・チーズ・レタス・トマトを米飯の上に載せた沖縄料理。

 タコス・タコライスのセットを食べる。多少辛いが、辛いのが苦手な俺でも食べれるとのでそんなに辛くはないと思う。まずければ残すつもりでいたが、全部食った。ただオニオンの衣は油なので残した。
 味は初めて食べたので比較対象がないが、まあまあだと思う。ただ、夕食にするには量は少ないので、75点ぐらい。店の雰囲気や店員がかわいかったので、Tacos-yaの総合は80点といったところか。俺以外客が誰もいなかったが、食べてる途中から段々混んできた。
 後で知ったんだが、タコスは当然メキシコ料理だが、タコライスは沖縄で発祥した料理だった。食べてよかったので、店を教えてくれたとりさんに感想とお礼のメールを送る。
 
 食事を終えて外に出た。まだ食い足らないので、市場本通りのアーケードへ行って、サーターアンダーキーを買って食べた。流石に本場だけあって、紅芋味、マンゴー味などバリエーションがいっぱいある。京都で八橋が抹茶味、チョコ味などのバリエーションがあるのに似ているw
 しかし、「サーターアンダーキー」って「さあアンタ、ギャー!!」と読んでしまって、どうにも叫び声のように思えるw本当の意味は何なんだ?サンピン茶はとりさんのコメントによって解明されたが、サーターアンダーキーは未だに謎だ。

 つづく

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
続き→『2007夏・沖縄旅行[21]8月17日夜の国際通り』
過去記事→『2007夏・沖縄旅行リンクまとめ』
http://cost-off.seesaa.net/article/59862708.html

続きを読む→タコライスWiki
posted by コスト at 04:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄旅行・ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

『2007夏・沖縄旅行R夕食の問題再び その1』

 『2007夏・沖縄旅行Qゴッパチ沿いのホテル(完全版)』
http://cost-off.seesaa.net/article/66334713.html)の続き。


  『2007夏・沖縄旅行R夕食の問題再び その1』

 お湯がたまったユニットバスに浸かってやっと海の潮を流す。船にも真水のシャワーがあったけど、顔しか洗ってなかった。ふと、昨夜のりっかりっか湯(スーパー銭湯)から、ダイビング2本、今ホテルの風呂、そんで寝る前にもまた入るから、なんだか水(湯)に浸かってばかりだなw明日以降もきれいなビーチがあれば突撃するから、海パンは洗って部屋に干しておく。

 風呂から上がって時計をみると、18時前。夕食どうすっかなぁ。沖縄料理は、「ソーキそばの惨劇」(『2007夏・沖縄旅行[43]3人の昼食その1、ソーキそばの惨劇』
http://cost-off.seesaa.net/article/91544293.html)以来どうしても用心してしまうんだよなあ。
昨日は、牧志市場の2階でヘチマ食わされたし(参照:『2007夏・沖縄旅行B1日目の夕食』
http://cost-off.seesaa.net/article/52955607.html)、かといって本土にあるようなチェーン店の食堂ってのは、歩いた感じじゃ見当たらなかった。

 俺は、朝(午前中)は飲み物しか摂らないので、ほとんど昼と夕の2食しか食べないから夕食はきっちり取りたい。う〜ん、仕方ない、またとりさんに聞くか。仕事中とかで返事が来なかったらそれまでとしょう。
 いい飯の店知りませんか?という内容のメールを送信して、ベッドの上でタオルで髪を拭いていると、すぐ返事が来た。今は家にいるのでネットで調べてくれるというので、昨夜の銭湯事件に続いてまた頼んだ。

 国際通りの繁華街が近いが(というかそこしか知らない)、とりさんは地元なので観光客向けの国際通りはあまり行かないそうだ。こっちの注文としては、「るるぶ」に載ってるような沖縄料理に数千円だしてハズレだったらリスクがでかいので、それ以外の物を調べてもらった。よく考えたら、無茶なこと言ってるなあwいや、チェーン店でご飯物があればそれでいいんだが。
 しょうがない、好き嫌いは少ないが口に合わないと苦痛だし、ステーキとか食べて体調悪くしたら、旅行が台無しになるしなあ。

 10分後、とりさんからメールが来た。
「いかにもな沖縄料理は口に合わないとのことですが
 タコライスは如何でしょう?オキナワンフードの中では、あまり違和感ないと思いますよ」
 タコライス・・。食べたことはないが、食べてみたいな。ライスなら、麺類よりいいし。「よし、それでお願いします」、とメールを返すと、さっそく店情報がメールされてきた。
「了解です。それではタコライス屋さんをご紹介します。
 三越前から国際通りを旭橋駅方向に向かって百メートル進んで、通りの反対側にTacos-yaという店があります。
 ココは安くてオススメですよ。」
 ほんと、持つべきものは友達である。お礼のメールを返す。よし、情報入手完了、ターゲットロックオン!着替えて、ホテルを出る。それにしてもタコス屋の名前がTacos-yaか、なんというわかりやすいネーミングw

 58号線を国際通りに向かって渡り、モノレールの高架をくぐって、沖映通りを歩いていく。
那覇沖映通りの建物.jpg
沖映通り沿いにある建物
 あ、この建物は前に来た時も写真撮ってる。ここにあったのか。そういえば、その時は確か、那覇の大綱祭りの日で、綱をもらって帰ったっけ。そうか!あの時、大綱祭りをやってたでっかい道路って58号線だったのか!うわー、数年たって初めて気づいた。ユーレカ、そうだったのか。(当時は地図とか持たずに行ってた。ほとんどダイビングだけだったから。)
 記憶と知識がつながっていくのって面白いな。あの時はモノレールできてなかったから、街の目印となるものがなかったんだよなあ、ビルって数多いとまるで目印にならない。

那覇、沖映通りの建物2.jpg
沖映通り沿いから見える建物2
これは謎のままだった。後ろに三越のマークが見える。

   つづく
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
続き→『2007夏・沖縄旅行S夕食の問題再び その2』
http://cost-off.seesaa.net/article/68704022.html
まとめて読む→沖縄旅行・ダイビングカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/4165836-1.html
過去記事→『2007夏・沖縄旅行リンクまとめ2』
http://cost-off.seesaa.net/article/79923213.html
posted by コスト at 23:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 沖縄旅行・ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

『2007夏・沖縄旅行Qゴッパチ沿いのホテル(完全版)』

 沖縄旅行P集合写真とホテル探し(http://cost-off.seesaa.net/article/65575082.html)の続き


   『2007夏・沖縄旅行Qゴッパチ沿いのホテル(完全版)』

 旅行サイトの「じゃらん」で検索。距離と値段で絞って、残った候補は3つ。
・那覇ワシントンホテルで、隣にマンションが建設され、景色ほとんど見えませんとのいわく付きの部屋→5000円
・県庁前駅近く、ホテルサンワのデザート付きプラン→4000円
・美栄橋駅近く、9階以上の高層階プラン→4200円
うーむ、都内のいい場所だとラブホのご休憩の値段だw
 さらに「じゃらん」は、前回の宿泊料金の5%還元のポイントがつくので、数百円引きになる。この値段知ってれば、初日からこっちに泊まって、クーラー代別やわざわざスーパー銭湯に行かないで済んだものを・・、まあ、ネタになったからいいか。
 ワシントンホテルの窓を開ければ、隣のマンションの壁という部屋も行ってみたかったが、結局、美栄橋駅近くのホテルにした。58号線沿いでも9階なら静かだろうし、それに名前がどっかで聞いたことあるような・・。

 籠ってたトイレを出て、モノレールのホームに上がって首里行きに乗る。2駅乗って、美栄橋駅で降りる。
 再び熱いアスファルトの上を58号線(ゴッパチ)目指して歩く。7〜8分も歩いただろうか、いい加減キャリーバッグが重いなと感じ始めた時、目的のホテルに着いた。

 あっ、ここかいっ。思わず声が出た。
 このホテルは、初めて沖縄に来た時に泊まって、2回目に来た時も最終日の宿が決まってなくて(昔から全部決めてこないw)、ショップに紹介してもらったとこで、今日泊まったら4泊目だw那覇にいくつホテルあると思ってるんだ?
 たぶん、値段と港やショップに近くて58号線沿いで迎えに行き易いから、ダイビングで来たら条件的にここになってしまうんだろうなあ。内心またかと思いつつ、中へ入る。

 チェックインの際に、キーと部屋の説明で「当ホテルは初めてですか?」と聞かれ、思わず
「何回も来てますよw」と半笑いで言ってしまったw
「そうなんですかwじゃあ、もう操作方法はわかってますね?」
「あ、でも泊まったのは改装前ですよ」
と、答えると一通りの説明を受けて、後ろのエレベーターへ向かう。
 エレベーター待ちの間、懐かしいので周りを見るとダイビングとサーファーの客のでかい荷物が置いてあり、外米のくっそまずい朝食を出したレストラン(この部分を書くためにホテル名は伏せた)が1階にある。中の配置は変わってない。

 エレベーターが降りてきて乗り込む。9階の自分の部屋に入って、やっと人心地ついた。さっそく、ユニットバスに湯を入れる。
 部屋全体は、構造はまったく同じで、まさか数年前もこの部屋に泊まったんじゃないだろうな?と勘ぐるが、同じく端の部屋だったこと以外の階数などは思い出せなかった。でも以前より改装しただけあってきれいになってる。

ホテルサンシー9階、58号線.JPG
ホテルの部屋から58号線側を見る

  つづく

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
続き→『2007夏・沖縄旅行R夕食の問題再び その1』
http://cost-off.seesaa.net/article/68170089.html
過去記事→『2007夏・沖縄旅行リンクまとめ』
http://cost-off.seesaa.net/article/59862708.html

続きを読む→ケータイ実況版
posted by コスト at 22:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄旅行・ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

2007夏・沖縄旅行P集合写真とホテル探し(ver.1.2)

沖縄旅行O帰港トーク3(http://cost-off.seesaa.net/article/64754429.html)の続き

  
 『2007夏・沖縄旅行P集合写真とホテル探し』

 そういえば、まだログ付けしてないんだが、しないのか?どうやら港解散でショップには行かないみたいだし、西条さんはここはつけないことがあるとか言ってたな。
 西条さんみたく600本以上潜ってたら、どうでもよくなってるだろうが、俺はまだ30本未満だし、記事の資料になるからログ付けは必要だ。
 ショップの人にログ付けの件を聞いてみると、「おーい、トモゾー、ログ付け!」とファンダイブのインストラクターがトモゾーさんが呼ばれて、今日の2本分書いてもらう。水深は19mだったのか、思ってたより深かったな。
その時、トモゾーさんがログブックの過去ページを見て、
「あ、ナガンヌ南とか慶良間も潜ってるですね。次回はきっと慶良間行きましょう。」
 と、言った。もちろん、次回もこのショップにするので、「はい、次は慶良間で。」と返した。

 さてログ付けが終わって、顔(名前も)をあまり覚えないタチなので、写真を撮っておこうと思って、西条さんに
「写真撮っていいですか?」と聞く。
「えっ、なんで?」
「え、思い出作りw」
「あははwじゃあ、みんなで撮りましょう。」
 ショップの人にデジカメ(サイバーショット)を渡して、俺、西条さん、Aさん、Bさん、そしてボートを操縦してたブラザートム似のキャプテンが入って、集合写真を2枚撮影。トム・キャプテンはいいポーズをしてくれてるw(注:トム・キャプテンは俺がつけたあだ名。日本人。サングラス着用。)
常連のBさんが
「キャプテンが写真入ってくれるなんて初めてよ!今まで何回も来てるけど、一回も入ってくれたことないのに〜。」
そうなのか、トム・キャプテンはいい人だ。マリンクラブセピアック沖縄はいいショップだ。次回もここにしょうと思う。

 おつかれさまーっと挨拶をして順次解散していく。各自、ホテルへ送迎されて行き、俺はモノレール旭橋駅まで運んでもらう。
 さて、今日のホテルを決めねばらないが、とりあえず駅のトイレに向かう。しかし、陸に戻った途端に暑さを実感する。アスファルトの地面はこんなに暑いのか・・。キャリーバッグを引きながら、改札まで数十m歩いただけで汗だくだ。

 駅のトイレに入って、とりあえず船で着替えてなかった海パンをはき替えて、そのままホテル探しを始める。
 昨夜のように安すぎるとこ(2,000円台、クーラー代別)は、シャワーしかなかったりとリスクがでかいし、俺には先輩がユーラシア大陸を旅行した時のような猿岩石方法は無理だとわかったので、普通のホテルを探すことにした。昨夜安いとこに泊まったので、飛行機で株主雄太いが使えなかった分ももう取り返したし、今日ももうゆっくり寝れるとこを探す。

 よく考えたらケータイからでも「じゃらん」(旅行サイト)が使えるのを思い出した。やっぱ、過密スケジュールだったから、頭回ってなかったんだな。
 で、じゃらんに接続した。8月中旬のピーク期だから空いてるのか不安だったが、ガンガン空いてるwさすが観光県、高知みたいに国体やったら、ホテル不足で選手が収容しきれないとかそんなことはないんだな。
 しかも、普通のビジネスホテル4,000円台からあって、全体的に安い。そうか、沖縄の物価自体が安いんだった。これなら近場でありそうだ。
 
  つづく 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
続き→『2007夏・沖縄旅行Qゴッパチ沿いのホテル(完全版)』
http://cost-off.seesaa.net/article/66334713.html
過去記事→『2007夏・沖縄旅行リンクまとめ』
http://cost-off.seesaa.net/article/59862708.html

続きを読む→ブラザートム
posted by コスト at 17:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄旅行・ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。