2010年03月30日

司馬遼太郎の高知関連作品一覧

 司馬遼太郎は、どういうわけか高知県、というより土佐のことを気に入ってくれてて、『竜馬がゆく』の坂本龍馬以外にも長編、短編問わず多くの人物を小説の題材にしてくてくれている。
 当然、戦国時代などは秀吉、家康などの有名どころは当然作品になっているが、毛利元就は好きでなかったらしく、大河ドラマの原作になるような作品を書いてほしいと言われたが断っている。
 地方で人口が少ないわりにかなりの確率で題材にしてくれているので紹介。

<司馬遼太郎の高知関連作品一覧>()内は発表時期、-以後は主人公。年代順。

戦雲の夢(1961年8月、中編)−長宗我部盛親(元親の四男)、関ヶ原、大阪の陣

竜馬がゆく(1963 - 66年、長編)-坂本龍馬、中岡慎太郎

功名が辻(1965年6、7月、長編)−山内一豊とその妻千代

夏草の賦(1968年1月、長編)−長宗我部元親、戦国時代の土佐統一、四国制覇

以下、短編
土佐の夜雨(1963年12月)−吉田東洋暗殺事件、幕末の土佐。
 短編集『幕末』に収録。

人斬り以蔵(1964年4月)−岡田以蔵。幕末の土佐藩士。
短編集『幕末』に収録。

最後の攘夷志士-田中顕助。幕末の脱藩志士、中岡慎太郎の暗殺後に陸援隊を隊長になる。
短編集『幕末』に収録。

酔って候(1965年3月)−幕末の土佐藩主・山内容堂
短編集『酔って候』に収録。幕末期の四人の大名山内容堂、島津久光、伊達宗城、鍋島閑叟を描いた短編小説集の中の一編。

信九郎物語(1982年?)−長宗我部 康豊(ちょうそかべ やすとよ)、通称信九郎、長宗我部元親の末子、盛親の弟、大阪夏の陣以後も生存。
短編集『おれは権現』に収録。
参照:Wiki「長宗我部康豊」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%AE%97%E6%88%91%E9%83%A8%E5%BA%B7%E8%B1%8A

 『功名が辻』は厳密に言うと違うが、一応入れておく。最後のほうで山内の土佐入国(長宗我部遺臣の抵抗)が描かれている。
 戦国時代の長宗我部一族は、元親、盛親、康豊(信九郎)の親子三人を長編、中編、短編でそれぞれ描いてる。地方の僻地の武将にしては破格の扱いw

 司馬遼太郎は生前に名誉高知県民になり、1996年2月の死去後、3月に東大阪市名誉市民となっている。
だけど、『功名が辻』は故・山内豊秋公が「嫁ばかり持ち上げるな」と文句をいい、『夏草の賦』は出来が悪いと新聞の対談に書かれた。その辺がなあw

ちなみに、司馬遼太郎作品では
風神の門(1962年12月、長編)―真田十勇士の霧隠才蔵
(1968年10月、長編)-河井継之助、幕末の長岡藩
坂の上の雲(1969年4月−1972年9月、長編)-秋山好古、秋山真之兄弟、正岡子規、日露戦争。(TVドラマ版よりもはるかに面白い!)
花神(1972年8月、長編)− 大村益次郎、幕末〜明治維新の長州
世に棲む日日(1971年5−7月、長編)− 前半は吉田松陰が主人公、後半は高杉晋作が主人公。幕末の長州。
項羽と劉邦(1980年6月-8月、長編)−漢楚興亡
が面白くてオススメ。

参照:Wiki「司馬遼太郎」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B8%E9%A6%AC%E9%81%BC%E5%A4%AA%E9%83%8E

この記事をアップしたのは3/29 20:15。
〜〜〜〜
関連記事:【2010年大河】龍馬伝キャスト発表【福山雅治】
http://cost-off.seesaa.net/article/123522208.html
まとめて読む→歴史&高知カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2869212-1.html
歴史&高知(龍馬伝など)カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-10.html

<同カテゴリー過去記事リンク>
CMツッコミ、『龍馬伝』1,2話感想(画像追加)
http://cost-off.seesaa.net/article/138129397.html
『龍馬伝』6話感想「生瀬松陰」
http://cost-off.seesaa.net/article/140677932.html
龍馬伝8話感想「香川弥太郎」&『猛き黄金の国』
http://cost-off.seesaa.net/article/142027136.html

『龍馬伝』主要キャストの扱われ方
http://cost-off.seesaa.net/article/146190664.html
龍馬伝11,12話感想「東洋と武市、容堂」
http://cost-off.seesaa.net/article/144434284.html
龍馬伝16,17回感想「武田海舟、ジョン万のトータス松本」&土佐弁
http://cost-off.seesaa.net/article/148500534.html
『龍馬伝』視聴率(4/19-25)
http://cost-off.seesaa.net/article/150524787.html

龍馬伝21回感想「泰造の近藤勇」
http://cost-off.seesaa.net/article/151701763.html
龍馬伝23-24回感想「泰造の近藤勇2&池田屋事件」
http://cost-off.seesaa.net/article/153262420.html

龍馬伝20-27回感想「土佐勤皇党弾圧その一」&年表1
http://cost-off.seesaa.net/article/155404495.html
龍馬伝28回感想「武市の夢・土佐勤皇党弾圧その二」
http://cost-off.seesaa.net/article/156757432.html

龍馬伝30,32,33回感想「主役を食う配役・伊勢谷の高杉晋作、泰造の近藤勇3」
http://cost-off.seesaa.net/article/159672183.html
龍馬伝34,35,36,37回感想「大泉長次郎退場、薩長同盟〜寺田屋騒動、妙ににやけた西郷」
http://cost-off.seesaa.net/article/162404433.html
龍馬伝38,39,40回感想「霧島ハネムーン、小倉口の戦い、青木崇高の後藤象二郎」
http://cost-off.seesaa.net/article/165264603.html
龍馬伝41回感想「さらば伊勢谷晋作」
http://cost-off.seesaa.net/article/165729086.html

龍馬伝関連「中岡慎太郎(前編)、天誅組の変」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-228.html
龍馬伝関連「中岡慎太郎(中編)、池田屋の変、野根山二十三士殉節」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-338.html

龍馬役&『竜馬におまかせ!』
http://cost-off.seesaa.net/article/65577479.html
『大河ドラマの釣り&龍馬伝&お龍写真』
http://cost-off.seesaa.net/article/105831130.html
『江口龍馬(新撰組!より)』
http://cost-off.seesaa.net/article/24169325.html

『くどいほどに龍馬』
http://cost-off.seesaa.net/article/26810222.html
『ジョン万次郎』
http://cost-off.seesaa.net/article/120717341.html
『土佐弁「指詰めた」「ひやい」「ちゃがまる」』
http://cost-off.seesaa.net/article/105286845.html

『幕末の人間ドラマベスト5』
http://cost-off.seesaa.net/article/141454441.html
『印象に残った台詞・幕末編1』
http://cost-off.seesaa.net/article/108750408.html
『司馬遼太郎の高知関連作品一覧』
http://cost-off.seesaa.net/article/145028388.html

【写真シリーズ】高知・桂浜
http://cost-off.seesaa.net/article/111974030.html


posted by コスト at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史&高知(龍馬伝など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

龍馬伝11,12話感想「東洋と武市、容堂」(ver.1.3)

『龍馬伝9,10話感想&名前に動物の漢字』の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/143092204.html

 『龍馬伝』の11,12話の感想。
 龍馬役を誰がどんなふうに演じても人それぞれの解釈した龍馬になるのでOKだと、龍馬役&『竜馬におまかせ!』(http://cost-off.seesaa.net/article/65577479.html)で書いたけど、11,12話は脚本の福田靖の解釈で、龍馬は土佐を脱藩する前からできる男だったという評判があったとされている。

 そのため、おそらく吉田東洋は龍馬なんて名前を知らないまま暗殺されたであろうけど、なぜか上士に取り立てるほど高く買っていたことになってるし、史実では武市半平太は「龍馬は鈍い」と同時に「土佐ではあだたぬ(収まりきらない)男」と言っていたのに、「土佐にあだたぬ」の台詞は東洋に取られてて、さらにかませ役に拍車がかかってしょぼくなっている。
大体、暗殺をあんなに大声でいうはずがないw
 あれだと、土佐勤皇党が失脚してから武市切腹まで取調べにも口を割らなかった史実と矛盾するが、『龍馬伝』での武市は残念な役回りなので仕方ない。
ただ、ブラック武市はなかなか新しい演出だw

 ちなみに、武市が東洋と土佐藩主山内豊信(容堂)を過信してたのは本当で(そこが武市の甘いところ)、容堂が幕府よりなのは、12話で東洋が「関ヶ原云々で山内家が土佐一国をもらった」というよりも、
容堂自身の家督相続の際に前代の14代藩主・山内豊惇が藩主在職僅か12日という短さでの急死でし、断絶になるところを老中首座の阿部正弘に働きかけ、豊惇は病気のため隠居したという形をとって容堂が藩主になれたという経緯があるためといわれる。

 そのため、龍馬の「船中八策」を後藤(後藤は自分の考えと説明)から聞き、大政奉還を土佐藩論として徳川慶喜に進言、大政奉還後の小御所会議での徳川家処分についても徳川家擁護の論陣を張る。
 さらに、鳥羽伏見の戦いに関しても土佐軍の出兵を禁じるなど、個人としては頑張ってた殿様だが、結果は土佐にとっては大いに迷惑な殿様だった。
しかしながら、もともと容堂は馬鹿ではなく、土佐藩の中にも
大政奉還を中心としたグループ(龍馬ー後藤ー容堂)と、
薩摩(の武力倒幕派)と長州と組んで完全に武力倒幕に進むグループ(中岡慎太郎ー板垣退助ー谷干城)
の二つの派閥があった。
 ただし、同じ大政奉還を目指したにせよ、龍馬は日本の平和革命のため、容堂は徳川家のために動いてたという思惑の違いがある。

 薩土盟約は大政奉還を中心とした盟約といわれるが、一方で裏で密約ともいえる軍事同盟(薩土密約)が武力倒幕派の板垣退助や谷干城と西郷隆盛の間で結ばれている。
(参考資料:「谷干城遺稿」谷干城著、「未完の明治維新」坂野 潤治著)
nakaoka.JPG
武力倒幕派の中岡慎太郎
高知市の帯屋町内の銀行にある土佐の偉人の墨絵より(再アップ)
中岡慎太郎の薩長同盟、薩土密約については翔天隊のページ↓に詳しいです。
参考:http://www.shotentai.com/nakaoka/nakaoka-5.html

 そして、大政奉還は成立するものの、武力倒幕派の政治工作が成功し、戊辰戦争が勃発する。
その際、薩土の武力同盟(薩土密約)に従い、容堂の出兵禁止を無視して板垣退助が土佐軍を率いて戊辰戦争に参戦する。
 ただ、容堂の出兵禁止命令によって土佐軍の本体は鳥羽伏見の戦には参加できず(本体は土佐にいて間に合わず)、在京(京は京都)にいる一部の戦力のみ途中から参戦した。

 つまり、武力倒幕の流れに容堂は自分の考えを持って抵抗した数少ない殿様といえる。
(親藩や譜代の殿様でもあれほど徳川家擁護した者はいない。それどころか鳥羽伏見では、津・淀・彦根などの藩はあっさりと薩長側に寝返ったw)
 容堂の行動は、明治後の土佐派の権力のなさを考えれば、よけいなことをしたでしゃばりの殿様であり、まだ馬鹿な殿様のほうがましだったと言い切れるw
 周りのバカ殿に比べればはるかに賢いが、それは比べる対象の問題だと思う。維新後は天皇中心の政体になり、攘夷実行はともかく武市や土佐勤皇党の方針通りになって結局、統幕一本で進めたほうがよかった。
 山内家は数年前にも相続税対策で家宝を県に買い取らせてるし、昔から土佐の疫病神だ。

 ちなみに容堂は山内家の分家の育ちで、江戸で育ってない上、母は側室で山内家に出入りしていた大工の娘と言われている。山内の殿様のわりに土佐人っぽい人物なのはそういう事情による。
で、龍馬伝ではなんで総白髪なの?w

参照:Wiki「山内容堂」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%86%85%E5%AE%B9%E5%A0%82

 話を『龍馬伝』に戻す。
 個人的には、龍馬は脱藩して勝海舟に会って弟子入りするまでは、歴史通りもうちょっと鈍くてもいいと思う。
『竜馬におまかせ!』(ダウンタウンの浜田雅功主演)の浜ちゃん竜馬だと、
「えっ?脱藩って罪なん?」
と言うすっとぼけた台詞があるw
 そこまで鈍くなくてもいいが、龍馬の知名度が上がるのは土佐勤皇党の壊滅や吉村寅太郎らが天誅組の乱で死んで、生き残ってる土佐の奴で神戸の海軍塾の塾頭をやってる変り者がいるとか、そのあたり以後に評判になってきたように思う。

 まったく関係ないが、『竜馬におまかせ!』は前半が面白く、浜ちゃん竜馬の関西弁について清河八郎役の西村雅彦が
「君は土佐の出と言ったな。なんで関西弁なんだ?」
とツッコむシーンがあり、浜ちゃん竜馬は
「言うてはならんことをー!」
とツッコミ返してたのは笑ったw
 ちなみに『竜馬におまかせ!』の視聴率はかなり悪かった。龍馬ファンから総スカンを食らってた。
 
 後藤象二郎にいたっては、龍馬が脱藩後に東洋暗殺の容疑が出て初めて存在を知った程度の認識じゃなかったんじゃなかろうかと思うが、
龍馬伝12話のタイトル「暗殺指令」が、なんで「東洋暗殺指令」じゃないのかと思ったら、後藤が龍馬を意識しまくって暗殺指令を出していたという二つの暗殺指令にかかっていたとは驚いた。
 11,12話の一番の感想はそこぐらい。他は龍馬を立派に描きすぎって感じだった。

関連記事→龍馬伝関連「中岡慎太郎」(前編)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-228.html

 あと、生瀬松陰の処刑シーンはなく、久坂に語らせるだけだったとは、もう一度生瀬松陰を見たかっただけに残念。
松陰の処刑で長州の若手に攘夷熱に火がつき、倒幕姿勢を露にしていくポイントだけど、これ『龍馬伝』なのよね。
ryouma-den2.jpg
JR東日本の龍馬伝のポスター(中心部はフラッシュの反射)
行き先は伊豆下田。踊り子号かよw
ペリー下田〜。

『龍馬伝』主要キャストの扱われ方」につづく。
http://cost-off.seesaa.net/article/146190664.html
龍馬伝16,17回感想「武田海舟、ジョン万のトータス松本」&土佐弁
http://cost-off.seesaa.net/article/148500534.html
龍馬伝20-27回「土佐勤皇党弾圧その一」&年表1
http://cost-off.seesaa.net/article/155404495.html
龍馬伝28回感想「武市の夢・土佐勤皇党弾圧その二」
http://cost-off.seesaa.net/article/156757432.html


※画像はクリックすると現在の大きさ(小)→最大→画面サイズ(中くらい)に変わります。

〜〜〜〜
関連記事:【2010年大河】龍馬伝キャスト発表【福山雅治】
http://cost-off.seesaa.net/article/123522208.html
まとめて読む→歴史&高知カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2869212-1.html
歴史&高知(龍馬伝など)カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-10.html

<同カテゴリー過去記事リンク>
CMツッコミ、『龍馬伝』1,2話感想(画像追加)
http://cost-off.seesaa.net/article/138129397.html
『龍馬伝』6話感想「生瀬松陰」
http://cost-off.seesaa.net/article/140677932.html
龍馬伝8話感想「香川弥太郎」&『猛き黄金の国』
http://cost-off.seesaa.net/article/142027136.html
『龍馬伝9,10話感想&名前に動物の漢字』
http://cost-off.seesaa.net/article/143092204.html

『龍馬伝』主要キャストの扱われ方
http://cost-off.seesaa.net/article/146190664.html
龍馬伝11,12話感想「東洋と武市、容堂」
http://cost-off.seesaa.net/article/144434284.html
龍馬伝16,17回感想「武田海舟、ジョン万のトータス松本」&土佐弁
http://cost-off.seesaa.net/article/148500534.html
『龍馬伝』視聴率(4/19-25)
http://cost-off.seesaa.net/article/150524787.html

龍馬伝21回の感想「泰造の近藤勇」
http://cost-off.seesaa.net/article/151701763.html
龍馬伝23-24回の感想「泰造の近藤勇2&池田屋事件」
http://cost-off.seesaa.net/article/153262420.html

龍馬伝20-27回「土佐勤皇党弾圧その一」&年表1
http://cost-off.seesaa.net/article/155404495.html
龍馬伝28回感想「武市の夢・土佐勤皇党弾圧その二」
http://cost-off.seesaa.net/article/156757432.html

龍馬伝30,32,33回感想「主役を食う配役・伊勢谷の高杉晋作、泰造の近藤勇3」
http://cost-off.seesaa.net/article/159672183.html
龍馬伝34,35,36,37回感想「大泉長次郎退場、薩長同盟〜寺田屋騒動、妙ににやけた西郷」
http://cost-off.seesaa.net/article/162404433.html
龍馬伝38,39,40回感想「霧島ハネムーン、小倉口の戦い、青木の後藤象二郎」
http://cost-off.seesaa.net/article/165264603.html
龍馬伝41回感想「さらば伊勢谷晋作」
http://cost-off.seesaa.net/article/165729086.html

龍馬伝関連「中岡慎太郎」(前編)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-228.html
龍馬伝関連「中岡慎太郎(中編)、池田屋の変、野根山二十三士殉節」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-338.html

『龍馬伝』主演は福山
http://cost-off.seesaa.net/article/109239321.html
龍馬役&『竜馬におまかせ!』
http://cost-off.seesaa.net/article/65577479.html
『大河ドラマの釣り&龍馬伝&お龍写真』
http://cost-off.seesaa.net/article/105831130.html
『江口龍馬(新撰組!より)』
http://cost-off.seesaa.net/article/24169325.html

『くどいほどに龍馬』
http://cost-off.seesaa.net/article/26810222.html
『ジョン万次郎』
http://cost-off.seesaa.net/article/120717341.html
『土佐弁「指詰めた」「ひやい」「ちゃがまる」』
http://cost-off.seesaa.net/article/105286845.html

『幕末の人間ドラマベスト5』
http://cost-off.seesaa.net/article/141454441.html
『印象に残った台詞・幕末編1』
http://cost-off.seesaa.net/article/108750408.html
『司馬遼太郎の高知関連作品一覧』
http://cost-off.seesaa.net/article/145028388.html

【写真シリーズ】高知・桂浜
http://cost-off.seesaa.net/article/111974030.html
『龍馬伝ジェット(とりさん画像追加)』
http://cost-off.seesaa.net/article/148500534.html
posted by コスト at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史&高知(龍馬伝など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

龍馬伝9,10話感想&名前に動物の漢字(ver.2)

龍馬伝8話感想「香川弥太郎」&『猛き黄金の国』
http://cost-off.seesaa.net/article/142027136.html


  『龍馬伝9,10話感想』

 広末の演じる平井加尾は、ごく最近まで司馬遼太郎の小説のフィクションの人物だと思っていたが、東京に墓があるとNHKでやってて驚いた。
『竜馬がゆく』の序盤の数巻はなぜかつまらない気がして読んでなかった。

 9、10話で今回の武市はしょぼいかませ犬の役回りだと判明。
香川弥太郎が東洋門下に入ってるから、吉田東洋(田中泯)が再評価される影響もあって武市は踊らされる過激派扱いだけど、史実はもっと頑張ってるが、今回は仕方ない。ダブル主人公で弥太郎がいるから。
なるほど、大森南朋を配してるわけだ。

 だって、乙女姉やんのしょぼい夫(岡上樹庵)に温水洋一だよw
後で乙女は別れて出戻りになるにせよ、見るからにこりゃあ別れるなってわからせるためにしょぼい温水を当ててるだもん。どこの隠居かと思ったよw
 渡辺いっけいの千葉重太郎がまともに見えるほどの出オチw
あと、つまみ枝豆ってどこに出てたの?

 9話では、山本琢磨を逃がすことで救えたが、後半は武市ら土佐勤皇党だけでなく、海援隊士や長州の高杉など多くの者の死が描かれる。
 10話の冒頭千葉道場で別れのシーンがあるが、龍馬は脱藩後、勝に弟子入りする前まで居候しに戻る。
ryoma2.jpg
高知市の帯屋町内の銀行にある土佐の偉人の墨絵の龍馬(再アップ)

関連記事(うちのブログ内の記事に飛びます)
【2010年大河】龍馬伝キャスト発表【福山雅治】
http://cost-off.seesaa.net/article/123522208.html
画像はこっち→『くどいほどに龍馬』
http://cost-off.seesaa.net/article/26810222.html

 あと9話で出た方言の「いられじゃのー、武市さんは」の「いられ」はギリ通じてると思うけど、「せっかち」の意味。
せっかちですぐイライラする→イラレ
と理解してください。

関連記事:『土佐弁「指詰めた」「ひやい」「ちゃがまる」』
http://cost-off.seesaa.net/article/105286845.html
土佐弁講座「へご」
http://cost-off.seesaa.net/article/139072497.html
『用語説明3&方言解釈 コラム編』
http://cost-off.seesaa.net/article/21004622.html

kochi20100104.jpg
高知市内中心部(2010/01/04撮影)
信号機の横にある鳥のマークは、県の鳥の「ヤイロチョウ」
ちなみに県の魚は「カツオ」。そのまんまw
kochi20100104b.jpg
スタジオジブリ作品『海がきこえる』に出てくる校舎のモデルとなった高校(追手前高校)

龍馬伝11,12話感想「東洋と武市、容堂」につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/144434284.html


   『名前に動物』

 高知では昔、子供に動物の名前の漢字をつけると丈夫に育つという言い伝えがあって、龍馬伝の舞台となってる幕末や明治あたりまではよく名前に動物がつけられていた。
坂本龍馬→「龍」と「馬」
坂本春猪(龍馬の姪)→「猪」
後藤象二郎→「象」
安岡金馬(海援隊士)→「馬」
森田正馬(医学者、森田療法を創始)→「馬」

寺田寅彦→「寅」、ただし誕生日が寅年寅の日であったため。
Wiki「寺田寅彦」によると
「1878年(明治11年)11月28日、東京市麹町区(現在の千代田区)に高知県士族(旧足軽)寺田利正・亀夫妻の長男として誕生。寅年寅の日であったことから、寅彦と命名される。
 1881年(明治14年)、祖母、母、姉と共に郷里の高知市に転居」

 寺田寅彦は物理学者で、夏目漱石の弟子。熊本の五高時代に英語教授として赴任してきた夏目漱石に師事した。漱石の『三四郎』に出てくる野々宮さんのモデルとなった。
 でも、なぜか『帝都物語』(荒俣宏著)では、帝都東京破壊を目論む加藤保憲に科学者として闘っているwしかもけっこう出番があるw
 ついでに森田正馬(もりた まさたけ)も『帝都物語』の主要人物の一人。

 ちなみに和歌山では、名前に藤、熊、楠の字をつけることが多い。
これは熊野詣の入り口、“熊”野一の鳥居のある海南市の“藤”白神社の“楠”の大木にあやかっている。この大木には熊野神が宿っているとの信仰があり、そこから“藤、熊、楠の一字を授かって子供の名に付けると健やかに育つ”とのいわれがある。
 和歌山出身の南方熊楠も「熊」と「楠」が二つも入っている。

関連記事:『好きな日本人・南方熊楠』
http://cost-off.seesaa.net/article/77474271.html

※画像はクリックすると現在の大きさ(小)→最大→画面サイズ(中くらい)に変わります。

〜〜〜〜
関連記事:【2010年大河】龍馬伝キャスト発表【福山雅治】
http://cost-off.seesaa.net/article/123522208.html
まとめて読む→歴史&高知カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2869212-1.html
歴史&高知(龍馬伝など)カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-10.html

<同カテゴリー過去記事リンク>
CMツッコミ、『龍馬伝』1,2話感想(画像追加)
http://cost-off.seesaa.net/article/138129397.html
『龍馬伝』6話感想「生瀬松陰」
http://cost-off.seesaa.net/article/140677932.html
龍馬伝8話感想「香川弥太郎」&『猛き黄金の国』
http://cost-off.seesaa.net/article/142027136.html
『龍馬伝9,10話感想&名前に動物の漢字』
http://cost-off.seesaa.net/article/143092204.html

『龍馬伝』主要キャストの扱われ方
http://cost-off.seesaa.net/article/146190664.html
龍馬伝11,12話感想「東洋と武市、容堂」
http://cost-off.seesaa.net/article/144434284.html
龍馬伝16,17回感想「武田海舟、ジョン万のトータス松本」&土佐弁
http://cost-off.seesaa.net/article/148500534.html
龍馬伝21回の感想「泰造の近藤勇」
http://cost-off.seesaa.net/article/151701763.html

龍馬伝23-24回の感想「泰造の近藤勇2&池田屋事件」
http://cost-off.seesaa.net/article/153262420.html
龍馬伝20-27回感想「土佐勤皇党弾圧その一」&年表1
http://cost-off.seesaa.net/article/155404495.html
龍馬伝28回感想「武市の夢・土佐勤皇党弾圧その二」
http://cost-off.seesaa.net/article/156757432.html

龍馬伝30,32,33回感想「主役を食う配役・伊勢谷の高杉晋作、泰造の近藤勇」
http://cost-off.seesaa.net/article/159672183.html
龍馬伝34,35,36,37回感想「大泉長次郎退場、薩長同盟〜寺田屋騒動、妙ににやけた西郷」
http://cost-off.seesaa.net/article/162404433.html
龍馬伝38,39,40回感想「霧島ハネムーン、小倉口の戦い、青木の後藤象二郎」
http://cost-off.seesaa.net/article/165264603.html
龍馬伝41回感想「さらば伊勢谷晋作」
http://cost-off.seesaa.net/article/165729086.html

龍馬伝関連「中岡慎太郎(前編)、天誅組の変」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-228.html
龍馬伝関連「中岡慎太郎(中編)、池田屋の変、野根山二十三士殉節」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-338.html

龍馬役&『竜馬におまかせ!』
http://cost-off.seesaa.net/article/65577479.html
『大河ドラマの釣り&龍馬伝&お龍写真』
http://cost-off.seesaa.net/article/105831130.html

『ジョン万次郎』
http://cost-off.seesaa.net/article/120717341.html
『幕末の人間ドラマベスト5』
http://cost-off.seesaa.net/article/136899351.html
『司馬遼太郎の高知関連作品一覧』
http://cost-off.seesaa.net/article/145028388.html
【写真シリーズ】高知・桂浜
http://cost-off.seesaa.net/article/111974030.html
posted by コスト at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史&高知(龍馬伝など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

龍馬伝ジェット(とりさん画像追加)

元の記事は2010-01-03 11:30:08にアップ。
画像をとりさんからお借りしたので、追加して再アップ。

  『龍馬伝ジェット(とりさん画像追加)』

 NHKは9月まで大河ドラマ龍馬伝の宣伝のために、全日空・羽田ー高知565便など国内線に龍馬伝ジェットを飛ばす。

坂本龍馬の写真(2m×11m)を機体に貼付けてあり、去年9月から就航中。
NHKが番宣で航空機を使うのは初めて。

イメージ的にはポケモンジェットみたいなのか?
高知に帰省してるが空港行けそうにないんで、誰か写真提供求む。
おそらく一機しかないはず。

航空ファンのとりさんと歴史ファン向け情報。

<追加2010/02/27>
2月27日のとりさんのブログ「空港探索2」に、とりさんが撮影した画像をアップしてくれました。
ryouma-jet.jpg
龍馬伝ジェット(とりさん撮影)
とりさんのブログ「空港探索2」の「羽田・2」より
http://airfield-search2.blog.so-net.ne.jp/2010-02-27
ほかにも↑のページには、龍馬伝ジェットの写真数枚と、坂の上の雲ジェットの写真、そして珍しい龍馬と坂の上の雲のラッピングジェットのツーショット写真があります。

画像貸してくれてるとりさん、いつもありがとうございます。m(__)m

※画像は現在のサムネイルからクリックしていくと→最大化→画面サイズに切り替わります。

〜〜〜〜
関連記事(うちのブログ内の記事に飛びます)
【2010年大河】龍馬伝キャスト発表【福山雅治】
http://cost-off.seesaa.net/article/123522208.html
『大河ドラマの釣り&龍馬伝&お龍写真』
http://cost-off.seesaa.net/article/105831130.html
CMツッコミ、『龍馬伝』1,2話感想(画像追加)
http://cost-off.seesaa.net/article/138129397.html
『龍馬伝』6話感想「生瀬松陰」
http://cost-off.seesaa.net/article/140677932.html
龍馬伝8話感想「香川弥太郎」&『猛き黄金の国』
http://cost-off.seesaa.net/article/142027136.html

『悪意ある龍馬ポスター』
http://cost-off.seesaa.net/article/118670425.html

とりさんの高校生日記(旅行記)
http://cost-off.seesaa.net/article/97773017.html
【ブログ紹介】それがマニア・1【とりさんの空港探索】
http://cost-off.seesaa.net/article/133466147.html
【ブログ紹介】とりさんの空港探索「粟国島」
http://cost-off.seesaa.net/article/139984656.html
posted by コスト at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 歴史&高知(龍馬伝など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

龍馬伝8話感想「香川弥太郎」&『猛き黄金の国』(ver.1.2)

『龍馬伝』6話感想「生瀬松陰」の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/140677932.html


 龍馬伝第8話「弥太郎の涙」感想

 香川弥太郎は演技もうまいが、実に土佐弁もうまいなあ。感心する。
怒った時の台詞を方言でスラスラ言った上にあの演技はすごい。

 内容的には高知市内に住んでる龍馬とまんじゅう屋(大泉洋)と、約40km離れた安芸市の奉行所にすぐワープしてるのは地元民としてはちょっと違和感wだったが、ドラマじゃありがちだw
高知市内のまんじゅう屋が安芸までまんじゅう売りに行くのは変だろうw

taig-train.jpg
キャンプ地の安芸市へ向かうタイガース列車(2010/01/04撮影、高知駅)
以下、写真は正月帰省時に撮影。

 今後の展開を考えれば、あの龍馬ー弥太郎ー吉田東洋(傲慢暗殺フラグ)の絡ませ方はうまい。史実ではあの対面もない。
歴史物なのでネタバレも何もないが、史実通りの展開だと

龍馬脱藩→直後、吉田東洋は武市半平太率いる土佐勤皇党に暗殺される→脱藩した龍馬が疑われる→東洋の門下に入った弥太郎に捕縛命令が来るが拒否(ボイコットする)
〜途中省略〜
東洋の甥の後藤象二郎が土佐勤皇党弾圧時に武市らを処刑→そういう経緯があるものの、長崎で亀山社中の資金繰りに困った龍馬は土佐藩と組むことを決断し、亀山社中を土佐藩の外郭団体の海援隊とする。→龍馬、船中八策の中で大政奉還の案を後藤象二郎を託す。後藤は前土佐藩主の山内豊信(容堂)に進言して、土佐藩論として大政奉還を進める。

 ちなみに本筋ではないので大河では触れられないだろうが、
 東洋を暗殺したうちの一人(高見弥一)は薩摩を経て、若き薩摩群像(密航留学生)たちと英国へ密航し、ヨーロッパで宣教師(牧師)?として客死している。近年の調査で墓が発見された。
参考:「若き薩摩の群像を完成させる会」
http://www2.tky.3web.ne.jp/~kirino/2.html

 で、宮迫は初回から雰囲気に溶け込んでいるが、まったく溶け込まず独自の空気を出しているのが大泉洋ww
「水曜どうでしょう」と「ねずみ男」のイメージが強すぎるw
大泉が主役のドラマなら違和感はないのに、なぜか違和感バリバリw
 まんじゅう屋の最期はシリアスなのに、「ねずみ男」の雰囲気でやれるのか?
NHKはHTB(北海道のTV局)とは違うんだぞw
大泉は土佐弁をもうちょっと頑張ってくれよ、この先出番多いんだから。
 海援隊の隊士で死に様がエピソードになるのは、まんじゅう屋と池 内蔵太。

 映像的には、7、8回の撮影協力=ロケ地の高知市ってのは、たぶん土佐一宮の土佐神社。龍馬と広末が話してるシーン。
 夜祭のシーンできっちり幕末の土佐の絵師の絵金をちゃんと使ってる細かな配慮w
オープニングの資料提供で香南市赤岡町絵金蔵って出てる。
関連記事:『絵金の屏風絵』
http://cost-off.seesaa.net/article/111039493.html

itagaki.jpg
高知城と板垣退助像(2010/01/04撮影)
板垣(乾)の出番は後半だと思う。


  『猛き黄金の国』

 岩崎弥太郎が主人公の本宮ひろ志の漫画で、弥太郎がサラリーマン金太郎ばりに格好よく描かれていて、同じ弥太郎でも『お〜い!竜馬』(原作:武田鉄矢、作画:小山ゆう)とのギャップがすごいw
 けれど、幕末の作品にしては吉田東洋サイド(珍しく土佐勤皇党が悪役)だったり、小栗忠順(上野介)が有能な人物としてちゃんと画かれているなどなかなか面白い作品で、今年の大河も影響を受けてるように思える。

 8話で弥太郎が親父の問題で江戸から土佐に呼び戻されるが、『猛き黄金の国』では維新後に弥太郎の三菱に海難事故が発生して、社長の弥太郎に出頭命令が出ている時に、親父が大阪で死ぬ。弥太郎は出頭命令を無視して大阪に行き逮捕されるというシーンがあり、牢屋で弥太郎が
「オヤジ殿、あんたは江戸からわしを呼び戻しちゃあ牢屋に入れるのォ」
という台詞が出てくる。
(『猛き黄金の国』4巻55ページ)

 名台詞が多い『猛き黄金の国』だが、もう一つ名台詞をあげるなら三菱と共同運輸(三井、薩長藩閥政府)の海運業での熾烈な争いになった時(藩閥政府による三菱つぶし)に
「ここで三菱がつぶれるようなことがあったら・・今後 日本には私企業は絶対に育たん!!」
という台詞を吐き、文字通り弥太郎が死ぬまで三菱は徹底抗戦を貫く。
(『猛き黄金の国』4巻149ページ)
弥太郎の死後、共倒れを避けるため和解し、合併した日本郵船が誕生する。ここで三菱は海運業からは撤退。

 弥太郎は三菱を作るまで、幕末と維新のどさくさでかなりきわどいことをやっているが、侍の株すら売った地下浪人の家から這い上がったというのはすごいことだ。
 しかしながら、岩崎弥太郎はこれまで高知には龍馬や板垣退助、長宗我部元親といった有名な人物がいるのでほとんどスポットが当たったことがなかった。
 外見がそう良くない(スマートではない)のと、どうしても政治的な活動が少なかったせいかもしれない。
そして龍馬伝は、今後しばらく江戸編になるので香川弥太郎は語りのみになる。 
(追加2010/02/28、↑香川弥太郎は牢屋で学問から商業への転向の話で出番あった)

 次回第9話はお茶の水(神田駿河台)のニコライ堂の建設に尽力した日本人初の司祭、澤辺琢磨(山本琢磨)が出る。(予告編より)

kochi20100104.jpg
高知市内の風景(2010/01/04撮影)
高知はもろに太平洋気候なので、冬は晴れの日が多い。
一年を通して日照量も多いが、降る時はまさにバケツをひっくり返したような降り方で降水量も多い。
気候が白黒はっきりつけたがる県民性を生んでるのかもしれない。

『龍馬伝9,10話感想&名前に動物の漢字』に続く。
http://cost-off.seesaa.net/article/143092204.html

※画像は現在のサムネイルからクリックしていくと→最大化→画面サイズに切り替わります。

〜〜〜〜
関連記事:【2010年大河】龍馬伝キャスト発表【福山雅治】
http://cost-off.seesaa.net/article/123522208.html
まとめて読む→歴史&高知カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2869212-1.html
歴史&高知(龍馬伝など)カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-10.html

<同カテゴリー過去記事リンク>
CMツッコミ、『龍馬伝』1,2話感想(画像追加)
http://cost-off.seesaa.net/article/138129397.html
【2010年大河】龍馬伝キャスト発表【福山雅治】
http://cost-off.seesaa.net/article/123522208.html
『龍馬伝』主要キャストの扱われ方
http://cost-off.seesaa.net/article/146190664.html

龍馬伝11,12話感想「東洋と武市、容堂」
http://cost-off.seesaa.net/article/144434284.html
龍馬伝16,17回感想「武田海舟、ジョン万のトータス松本」&土佐弁
http://cost-off.seesaa.net/article/148500534.html
龍馬伝21回の感想「泰造の近藤勇」
http://cost-off.seesaa.net/article/151701763.html
龍馬伝23-24回の感想「泰造の近藤勇2&池田屋事件」
http://cost-off.seesaa.net/article/153262420.html

龍馬伝20-27回「土佐勤皇党弾圧その一」&年表1
http://cost-off.seesaa.net/article/155404495.html
龍馬伝28回感想「武市の夢・土佐勤皇党弾圧その二」
http://cost-off.seesaa.net/article/156757432.html

龍馬伝30,32,33回感想「主役を食う配役・伊勢谷の高杉晋作、泰造の近藤勇」
http://cost-off.seesaa.net/article/159672183.html
龍馬伝34,35,36,37回感想「大泉長次郎退場、薩長同盟〜寺田屋騒動、妙ににやけた西郷」
http://cost-off.seesaa.net/article/162404433.html
龍馬伝38,39,40回感想「霧島ハネムーン、小倉口の戦い、青木の後藤象二郎」
http://cost-off.seesaa.net/article/165264603.html
龍馬伝41回感想「さらば伊勢谷晋作」
http://cost-off.seesaa.net/article/165729086.html

龍馬伝関連「中岡慎太郎(前編)、天誅組の変」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-228.html
龍馬伝関連「中岡慎太郎(中編)、池田屋の変、野根山二十三士殉節」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-338.html

龍馬役&『竜馬におまかせ!』
http://cost-off.seesaa.net/article/65577479.html
『大河ドラマの釣り&龍馬伝&お龍写真』
http://cost-off.seesaa.net/article/105831130.html
『江口龍馬(新撰組!より)』
http://cost-off.seesaa.net/article/24169325.html

『くどいほどに龍馬』
http://cost-off.seesaa.net/article/26810222.html
『ジョン万次郎』
http://cost-off.seesaa.net/article/120717341.html
『幕末の人間ドラマベスト5』
http://cost-off.seesaa.net/article/136899351.html
TV雑記「水曜どうでしょう」ver.1.2
http://cost-off.seesaa.net/article/108615661.html
posted by コスト at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史&高知(龍馬伝など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

幕末の人間ドラマベスト5

 『龍馬伝』は幸い視聴率は24〜25%と、関東地区ではトップ(関西地区では2位)、ドラマ部門では当然トップらしくいい感じだ。
 幕末は人間ドラマの宝庫なので、個人的にベスト5点(戦を除く)を挙げると

「高杉晋作の功山寺決起(挙兵)」
 幕府と長州藩俗論派の二重の敵を相手に、禁門の変、朝敵とボロボロになった長州が再び倒幕に向かうターニングポイント。奇兵隊すら決起に応じない中、わずかに諸隊のうち伊藤俊輔(博文)率いる力士隊と石川小五郎率いる遊撃隊のわずか84人で立ち上がる。
元治元年12月15日(1865年1月12日)、長州・下関。

参考:Wiki「功山寺挙兵」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%9F%E5%B1%B1%E5%AF%BA%E6%8C%99%E5%85%B5

「薩長同盟」
 高杉のクーデター後の長州に再び幕府軍が迫る中、龍馬と中岡慎太郎らの斡旋で、木戸と西郷が藩のプライドと存亡をかけて京都で会談する。
有名なのでこれぐらいで。これも脚本家や演出家の解釈次第。
慶応2年1月21日(1866年3月7日)、京都・二本松薩摩藩邸。


「大政奉還〜鳥羽伏見の戦いへの流れ」
 異なる立場とそれぞれ思惑の中、高度な政治的な闘いの流れが面白い。
大政奉還は慶応3年10月14日(1867年11月9日)、京都・二条城。

「龍馬暗殺」
 維新後も新政府が捜査を行ったり、海援隊によるあだ討ち事件、未だに犯人探し、黒幕説、死ぬ前に俺が龍馬を斬ったと言い出す輩もいる。
 政治的には、大政奉還という企画力で一躍政治的にリードを取った土佐藩が龍馬・中岡という両輪を失い、薩長との倒幕の流れが一歩置いていかれることになる。
 また前土佐藩主の山内容堂の徳川擁護論や、鳥羽伏見の戦に当初土佐藩兵の出兵を禁じるなどにより、土佐藩は維新後の評価が薩長が各10万石の褒賞に対し、4万石の褒賞という扱いになった。
慶応3年(1867年)11月15日、京都・近江屋。

「五稜郭開城〜戊辰戦争終結」
 圧倒的な新政府軍に対して、死に場所を求めて戦う土方歳三、降伏を拒否していたが、幹部の服罪と引き換えに兵士たちの寛典を嘆願する榎本武揚、その榎本の才能を惜しみ助命に奔走する新政府軍参謀・黒田清隆など。
明治2年5月18日(1869年6月27日)、蝦夷地(北海道)函館・五稜郭。
参照:Wiki「箱館戦争」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AE%B1%E9%A4%A8%E6%88%A6%E4%BA%89
(順不同、年代順)

〜〜〜〜
関連記事:『印象に残った台詞・幕末編1』
http://cost-off.seesaa.net/article/108750408.html
『司馬遼太郎の高知関連作品一覧』
http://cost-off.seesaa.net/article/145028388.html

龍馬伝8話感想「香川弥太郎」&『猛き黄金の国』
http://cost-off.seesaa.net/article/142027136.html
龍馬伝16,17回感想「武田海舟、ジョン万のトータス松本」&土佐弁
http://cost-off.seesaa.net/article/148500534.html
【2010年大河】龍馬伝キャスト発表【福山雅治】
http://cost-off.seesaa.net/article/123522208.html

龍馬役&『竜馬におまかせ!』
http://cost-off.seesaa.net/article/65577479.html
こっさんめーる7「コロンブス、榎本武揚」
http://cost-off.seesaa.net/article/137982441.html

【目次】歴史&高知カテゴリー【龍馬関連記事】
http://cost-off.seesaa.net/article/136899351.html
まとめて読む→歴史&高知カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/2869212-1.html
posted by コスト at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史&高知(龍馬伝など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

『龍馬伝』6話感想「生瀬松陰」

CMツッコミ、『龍馬伝』1,2話感想(画像追加)の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/138129397.html


 『龍馬伝』6話感想「生瀬松陰」

 『龍馬伝』第6話(2010/02/07)を観た。1,2話の後、3〜5話は微妙だったが、6話は良かった☆
 特に生瀬勝久の吉田松陰は最高!
『トリック』の矢部(ハゲの刑事役)か、『ヤッターマン』のボヤッキーがすぐ頭に浮かんで生真面目な吉田松陰をどう演じるのか気になってたが、こんなに早く登場してあんなに魅力ある松陰になるとは思わなかった。

 はじめの黒船に行くために気合入れるしばき合いのシーンは、
「あ〜あ、『トリック』の矢部のまんまかよw」
と思ったもんだったが、もう完全にひっくり返された。実によかった。
 台詞もいいなあ。松陰のシーンは絶対にベスト10に入る。三回も観た。
そうだった、俺も東京来たくて来たんだった。五年前の上京した時思い出した。

 吉田松陰はてっきり処刑シーンぐらいのゲストかと思ってたのに、かなり重要な役回りだった。史実じゃ龍馬とは会ってないだろうけど、見事だった生瀬松陰!
もっと観たいけど、次出たら死んじゃうんだろうな・・。

<追加2010/03/27>
 生瀬松陰の処刑シーンはなく、12話で久坂に語らせるだけであっさり片付けられた。もう一度生瀬松陰を見たかっただけに残念。
松陰の処刑で長州の若手に攘夷熱に火がつき、倒幕姿勢を露にしていくはずだが、これ『龍馬伝』にはあまり関係ないのでカット。
 

 あと、白髪やりすぎの山内豊信(容堂、土佐藩主)役の近藤正臣と吉田東洋役の田中泯もすごい。二人だけ別次元w空気が全く違う。まるっきり大人と子供。超シリアス。ここも見所。
 最後に、香川弥太郎が江戸に行けるって話の配置と、映像的には要所要所に使うブルー効果(龍馬伝ブルー?)は海の青をイメージしてるのか知らないけど、月光まで青いけど、まあまあ好き。

 次回7話では、リリー・フランキーが河田小龍役で出る。(予告編より)

山内一豊像.JPG
高知城にある山内一豊像(2010/01/04撮影)
高知では圧倒的な不人気を誇る山内一豊。
嫁さんの千代の像は戦後すぐ再建されたが、一豊の像はなかなか再建されなかった。
桂浜の龍馬像は戦争中に金属類回収令が出ても、海軍の守り神として供出されなかった。

 山内の子孫の殿様(故・豊秋公)は、司馬遼太郎に『功名が辻』(山内一豊夫妻が主人公)で、「嫁さんのおかげで出世できたとはおかしい、一豊公は優秀だった」と文句を言ったことがあるw
あれだけ歴史小説(フィクション)と書いてるのに、文句をつける人はいるw
 厳密にいえば、一豊には子ができず、土佐山内家は一豊の弟の子が継いでいる。
豊秋公は生前よく地元紙に出てて、なかなかいいじいさんだった。

2010年1月高知市内.JPG
高知駅前の電車通りより(2010/01/01、トックリの車から撮影)
はりまや橋まで0.7kmの標識と画面右上に「土佐鶴」の看板が見える。

龍馬伝8話感想「香川弥太郎」&『猛き黄金の国』につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/142027136.html

※画像は現在のサムネイルからクリックしていくと→最大化→画面サイズに切り替わります。

〜〜〜〜
関連記事:【2010年大河】龍馬伝キャスト発表【福山雅治】
http://cost-off.seesaa.net/article/123522208.html
まとめて読む→歴史&高知カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2869212-1.html
歴史&高知(龍馬伝など)カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-10.html

<同カテゴリー過去記事リンク>
CMツッコミ、『龍馬伝』1,2話感想(画像追加)
http://cost-off.seesaa.net/article/138129397.html
『龍馬伝』6話感想「生瀬松陰」
http://cost-off.seesaa.net/article/140677932.html
龍馬伝8話感想「香川弥太郎」&『猛き黄金の国』
http://cost-off.seesaa.net/article/142027136.html
『龍馬伝9,10話感想&名前に動物の漢字』
http://cost-off.seesaa.net/article/143092204.html

『龍馬伝』主要キャストの扱われ方
http://cost-off.seesaa.net/article/146190664.html
龍馬伝11,12話感想「東洋と武市、容堂」
http://cost-off.seesaa.net/article/144434284.html
龍馬伝16,17回感想「武田海舟、ジョン万のトータス松本」&土佐弁
http://cost-off.seesaa.net/article/148500534.html
『龍馬伝』視聴率(4/19-25)
http://cost-off.seesaa.net/article/150524787.html

龍馬伝21回感想「泰造の近藤勇」
http://cost-off.seesaa.net/article/151701763.html
龍馬伝23-24回感想「泰造の近藤勇2&池田屋事件」
http://cost-off.seesaa.net/article/153262420.html

龍馬伝20-27回感想「土佐勤皇党弾圧その一」&年表1
http://cost-off.seesaa.net/article/155404495.html
龍馬伝28回感想「武市の夢・土佐勤皇党弾圧その二」
http://cost-off.seesaa.net/article/156757432.html

龍馬伝30,32,33回感想「主役を食う配役・伊勢谷の高杉晋作、泰造の近藤勇」
http://cost-off.seesaa.net/article/159672183.html
龍馬伝34,35,36,37回感想「大泉長次郎退場、薩長同盟〜寺田屋騒動、妙ににやけた西郷」
http://cost-off.seesaa.net/article/162404433.html
龍馬伝38,39,40回感想「霧島ハネムーン、小倉口の戦い、青木崇高の後藤象二郎」
http://cost-off.seesaa.net/article/165264603.html
龍馬伝41回感想「さらば伊勢谷晋作」
http://cost-off.seesaa.net/article/165729086.html

龍馬伝関連「中岡慎太郎(前編)、天誅組の変」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-228.html
龍馬伝関連「中岡慎太郎(中編)、池田屋の変、野根山二十三士殉節」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-338.html

龍馬役&『竜馬におまかせ!』
http://cost-off.seesaa.net/article/65577479.html
『大河ドラマの釣り&龍馬伝&お龍写真』
http://cost-off.seesaa.net/article/105831130.html
『江口龍馬(新撰組!より)』
http://cost-off.seesaa.net/article/24169325.html

『くどいほどに龍馬』
http://cost-off.seesaa.net/article/26810222.html
『ジョン万次郎』
http://cost-off.seesaa.net/article/120717341.html
『土佐弁「指詰めた」「ひやい」「ちゃがまる」』
http://cost-off.seesaa.net/article/105286845.html

『幕末の人間ドラマベスト5』
http://cost-off.seesaa.net/article/141454441.html
『印象に残った台詞・幕末編1』
http://cost-off.seesaa.net/article/108750408.html
『司馬遼太郎の高知関連作品一覧』
http://cost-off.seesaa.net/article/145028388.html

【写真シリーズ】高知・桂浜
http://cost-off.seesaa.net/article/111974030.html
posted by コスト at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史&高知(龍馬伝など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

土佐弁講座「へご」(ver.1.1)

 日ごろはすっかり標準語で、帰省時に親と友達にしか土佐弁は使わないので忘れていくのですが、『龍馬伝』とN条のおかげで時々思い出しすので忘れないように記事にアップ。

 「へご」は、形容詞で人に対して使う場合は「へごな奴」、「へごながぁ」(がぁ=おまえの意味、へごながぁが=へごな奴が)と言って、「根性が悪い」や、性格が悪いというよりも「意地くそが悪い」の意味で使う。
 物に対しては「へごなねえ」で「出来が悪いねえ」で、「へぼい」という意味にも近い。

 おそらく物の出来が悪い=「へご」を人間に当てはめて、人間性が悪い=心が悪い→意地くそが悪いというようなつながりだと思う。

 今日、N条にメールしていて、俺が
「変な奴っているよなあ、いい年して全然人間が練れてないというか」
と送ると、N条は
「世の中ヘゴな奴のほうが多い気がする」
と返信してきて、思わず
「そうそう!へゴな奴やwすっかり忘れちょった^^
 へゴながぁ(奴)や」
と、標準語だとピッタリ来る単語がなくてもってまわった説明になってたが、ちょうどいい表現が土佐弁にはあったので思わず懐かしくなった。ヘゴな奴と言いたかったのだw

 うちのおばあちゃんが、俺が小さい頃姉にいじわるされた時によく「(姉をさして)へゴながぁが、小さい子をいじめて」と言ってなぐさめてくれてた。

 そういえば、N条は東京で数年働いて生活していたのに、仕事中は標準語だが、それ以外は土佐弁で通してたらしく、当時から東京で会おうが高知で会おうがまったく口調は変わってなかった。
 逆に俺は九州にいくと、インチキ九州弁(土佐弁は通じないため)で、関西だと関西弁っぽく(土佐弁のイントネーションは上方)、で東京に来てからは標準語(わかりやすく便利ため)にしている。

 ちなみに土佐弁は、古い日本語らしく方言が古語辞典に似たような意味でよく載っている。
 アニメ『海がきこえる』では、「時代劇の言葉みたい」と馬鹿にされていた。確かにそうだw


〜〜〜〜
関連記事:土佐弁「指詰めた」「ひやい」「ちゃがまる」
http://cost-off.seesaa.net/article/105286845.html
土佐弁講座「のうが悪い」2016/5/11.up
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-884.html

N条との会話、『歌姫』の土佐弁
http://cost-off.seesaa.net/article/80731050.html
『モスにて(方言話)』
http://cost-off.seesaa.net/article/101943281.html
『毎日かあさん』&九州弁・土佐弁
http://cost-off.seesaa.net/article/124549925.html
『お笑い芸人・ドラゴンエマニエル(沖縄方言話)』
http://cost-off.seesaa.net/article/198052419.html

『ケンミンSHOW高知編』
http://cost-off.seesaa.net/article/125641390.html
歴史&高知カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2869212-1.html
歴史&高知カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-10.html
【目次】歴史&高知カテゴリー【龍馬関連記事】
http://cost-off.seesaa.net/article/136899351.html
posted by コスト at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史&高知(龍馬伝など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

CMツッコミ、『龍馬伝』1,2話感想(画像追加)

 SMAPの香取慎吾の「タント エグゼ」のCMを見るたびに、
「おまえは近藤だろ?」
とツッコミしていて実に面倒だ。
言わずにはおられない。あいつの言い方が一番変だし、あきらかにバカにしきってる。
新撰組での演技並みのレベル、ひどい。CM作った奴はセンスなし。

 『龍馬伝』のおかげで、CMや雑誌などやたら「〜ぜよ」を使ってるのには慣れたが、『新撰組!』で近藤勇をやった香取が言うのは勘弁ならない。
おまえは違うだろw

 ついでに世間で使われている「〜ぜよ」の3割がたは間違ってる。
そんなに頻繁に使わないし、別の訛り語尾のほうがしっくりのが多い。
さすがに方言指導してる『龍馬伝』ではかなり満足の土佐弁だ。
高知出身の人はほめるまでもないが、宮迫うますぎ。演技も土佐弁もうますぎw

 演技で一番うまかったのはいうまでもなく、香川照之の岩崎弥太郎。
香川は『坂の上の雲』でも正岡子規やってるけど、ほんと演技うまい。

 まだ1.2話は土佐だからといって、あんなに方言丸出しにして他県の人は意味がわかるのだろうか。もうちょっと標準語っぽくやってもいいと思ったけど、江戸や京都に行ったら標準語が増えるだろう。

 1,2話の内容的にも満足。子龍馬(子役の龍馬)の話を30分足らずでとっとと切り上げたのは正解。子役のところが長くやるのは梵天丸(独眼竜政宗の子供時代)の失明とか、野口英雄の手のケガとか特別なエピソードがある場合だけで十分。
 
 同じ幕末大河でも『新撰組!』だと、京都へなかなか行かず、江戸でうだうだファミリードラマを延々やってたが、『龍馬伝』はテンポ良く3話で江戸へ剣術修行出発とスピーディーだ。いい構成。
 というか、龍馬の人生の総移動距離考えたら、処理しなければならない話と登場人物多いから、11月中旬で終わることを考えたら中だるみはできないだろう。

20100104高知城.jpg
2010年1月4日の高知城と大手門
撮影機材:サイバーショット
帰省中に撮影。高知城を撮ることになるとは、高校時代はこの前はしょちゅう自転車で移動してたのに思いもしなかったw

日曜市看板.jpg
日曜市の看板
日曜市は、高知城の大手門の前の大通りで毎週日曜日に開かれる。『龍馬伝』第2回の最後のご当地紹介で出てた。
ひろめ市場(飲み食いする屋内施設)も隣接してある。

※画像は現在のサムネイルからクリックしていくと→最大化→画面サイズに切り替わります。


『龍馬伝』6話感想「生瀬松陰」につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/140677932.html

〜〜〜〜
関連記事:CMツッコミ、『龍馬伝』1,2話感想(画像追加)
http://cost-off.seesaa.net/article/138129397.html
『龍馬伝』6話感想「生瀬松陰」
http://cost-off.seesaa.net/article/140677932.html
龍馬伝8話感想「香川弥太郎」&『猛き黄金の国』
http://cost-off.seesaa.net/article/142027136.html
『龍馬伝9,10話感想&名前に動物の漢字』
http://cost-off.seesaa.net/article/143092204.html

『龍馬伝』主要キャストの扱われ方
http://cost-off.seesaa.net/article/146190664.html
龍馬伝11,12話感想「東洋と武市、容堂」
http://cost-off.seesaa.net/article/144434284.html
龍馬伝16,17回感想「武田海舟、ジョン万のトータス松本」&土佐弁
http://cost-off.seesaa.net/article/148500534.html
『龍馬伝』視聴率(4/19-25)
http://cost-off.seesaa.net/article/150524787.html

龍馬伝21回感想「泰造の近藤勇」
http://cost-off.seesaa.net/article/151701763.html
龍馬伝23-24回感想「泰造の近藤勇2&池田屋事件」
http://cost-off.seesaa.net/article/153262420.html

龍馬伝20-27回感想「土佐勤皇党弾圧その一」&年表1
http://cost-off.seesaa.net/article/155404495.html
龍馬伝28回感想「武市の夢・土佐勤皇党弾圧その二」
http://cost-off.seesaa.net/article/156757432.html

龍馬伝30,32,33回感想「主役を食う配役・伊勢谷の高杉晋作、泰造の近藤勇」
http://cost-off.seesaa.net/article/159672183.html

『龍馬伝』主演は福山
http://cost-off.seesaa.net/article/109239321.html
龍馬役&『竜馬におまかせ!』
http://cost-off.seesaa.net/article/65577479.html
『大河ドラマの釣り&龍馬伝&お龍写真』
http://cost-off.seesaa.net/article/105831130.html
『江口龍馬(新撰組!より)』
http://cost-off.seesaa.net/article/24169325.html

『くどいほどに龍馬』
http://cost-off.seesaa.net/article/26810222.html
『ジョン万次郎』
http://cost-off.seesaa.net/article/120717341.html
『土佐弁「指詰めた」「ひやい」「ちゃがまる」』
http://cost-off.seesaa.net/article/105286845.html


『幕末の人間ドラマベスト5』
http://cost-off.seesaa.net/article/141454441.html
『印象に残った台詞・幕末編1』
http://cost-off.seesaa.net/article/108750408.html
『司馬遼太郎の高知関連作品一覧』
http://cost-off.seesaa.net/article/145028388.html

【写真シリーズ】高知・桂浜
http://cost-off.seesaa.net/article/111974030.html
『龍馬伝ジェット(とりさん画像追加)』
http://cost-off.seesaa.net/article/148500534.html
歴史&高知カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/2869212-1.html
【目次】歴史&高知カテゴリー【龍馬関連記事】
http://cost-off.seesaa.net/article/136899351.html
posted by コスト at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史&高知(龍馬伝など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

【目次】歴史&高知カテゴリー【記事リンク】

 歴史&高知カテゴリーの過去記事の目次リンク集。
目次記事は普通よりもめんどくさいので、あまり作ってないのだが、来年の大河ドラマが『龍馬伝』ということで龍馬関連記事の目次用に作成。一部、他カテゴリーの関連記事含む。
記事のリンクは以後追加していきます。

まとめて読む→まとめて読む→歴史&高知カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2869212-1.html
歴史&高知(龍馬伝など)カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-10.html

<歴史・龍馬関連>
【2010年大河】龍馬伝キャスト発表【福山雅治】
http://cost-off.seesaa.net/article/123522208.html
CMツッコミ、『龍馬伝』1,2話感想(画像追加)
http://cost-off.seesaa.net/article/138129397.html
『龍馬伝』6話感想「生瀬松陰」
http://cost-off.seesaa.net/article/140677932.html
龍馬伝8話感想「香川弥太郎」&『猛き黄金の国』
http://cost-off.seesaa.net/article/142027136.html

『龍馬伝』主要キャストの扱われ方
http://cost-off.seesaa.net/article/146190664.html
龍馬伝11,12話感想「東洋と武市、容堂」
http://cost-off.seesaa.net/article/144434284.html
龍馬伝16,17回感想「武田海舟、ジョン万のトータス松本」&土佐弁
http://cost-off.seesaa.net/article/148500534.html
『龍馬伝』視聴率(4/19-25)
http://cost-off.seesaa.net/article/150524787.html

龍馬伝21回感想「泰造の近藤勇」
http://cost-off.seesaa.net/article/151701763.html
龍馬伝23-24回感想「泰造の近藤勇2&池田屋事件」
http://cost-off.seesaa.net/article/153262420.html

龍馬伝20-27回感想「土佐勤皇党弾圧その一」&年表1
http://cost-off.seesaa.net/article/155404495.html
龍馬伝28回感想「武市の夢・土佐勤皇党弾圧その二」
http://cost-off.seesaa.net/article/156757432.html

龍馬伝30,32,33回感想「主役を食う配役・伊勢谷の高杉晋作、泰造の近藤勇3」
http://cost-off.seesaa.net/article/159672183.html
龍馬伝34,35,36,37回感想「大泉長次郎退場、薩長同盟〜寺田屋騒動、妙ににやけた西郷」
http://cost-off.seesaa.net/article/162404433.html
龍馬伝38,39,40回感想「霧島ハネムーン、小倉口の戦い、青木崇高の後藤象二郎」
http://cost-off.seesaa.net/article/165264603.html
龍馬伝41回感想「さらば伊勢谷晋作」
http://cost-off.seesaa.net/article/165729086.html

龍馬伝関連「中岡慎太郎(前編)、天誅組の変」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-228.html
龍馬伝関連「中岡慎太郎(中編)、池田屋の変、野根山二十三士殉節」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-338.html

龍馬役&『竜馬におまかせ!』
http://cost-off.seesaa.net/article/65577479.html
『大河ドラマの釣り&龍馬伝&お龍写真』
http://cost-off.seesaa.net/article/105831130.html
『江口龍馬(新撰組!より)』
http://cost-off.seesaa.net/article/24169325.html

『くどいほどに龍馬』
http://cost-off.seesaa.net/article/26810222.html
『ジョン万次郎』
http://cost-off.seesaa.net/article/120717341.html
『土佐弁「指詰めた」「ひやい」「ちゃがまる」』
http://cost-off.seesaa.net/article/105286845.html

『幕末の人間ドラマベスト5』
http://cost-off.seesaa.net/article/141454441.html
『印象に残った台詞・幕末編1』
http://cost-off.seesaa.net/article/108750408.html
『司馬遼太郎の高知関連作品一覧』
http://cost-off.seesaa.net/article/145028388.html

【写真シリーズ】高知・桂浜
http://cost-off.seesaa.net/article/111974030.html

『ジョン万次郎』
http://cost-off.seesaa.net/article/120717341.htm
『くどいほどに龍馬』(画像系)
http://cost-off.seesaa.net/article/26810222.html
『悪意ある龍馬ポスター』
http://cost-off.seesaa.net/article/118670425.html
『NHKの四国ドラマシフト』
http://cost-off.seesaa.net/article/134002976.html

『大河になってほしい人物・島津義弘』
http://cost-off.seesaa.net/article/78025777.html
『アンチ大友宗麟』
http://cost-off.seesaa.net/article/112442149.html
『功名が辻 山内と土佐その1』
http://cost-off.seesaa.net/article/27625819.html
『印象に残った台詞・幕末編1』
http://cost-off.seesaa.net/article/108750408.html

『好きな日本人・南方熊楠』
http://cost-off.seesaa.net/article/77474271.html
『お国柄、130年?140年?』
http://cost-off.seesaa.net/article/52495058.html
こっさんめーる7「コロンブス、榎本武揚」
http://cost-off.seesaa.net/article/137982441.html
こっさんめーる9「小倉城」
http://cost-off.seesaa.net/article/138308830.html

<自然>
2009年9月S.W帰省「川」
http://cost-off.seesaa.net/article/129068653.html
『2009年9月S.W帰省旅行@』
http://cost-off.seesaa.net/article/129066558.html
『2009年9月S.W帰省旅行A』
http://cost-off.seesaa.net/article/133595594.html
【写真シリーズ】日ノ御子
http://cost-off.seesaa.net/article/110765445.html
『2007/8/15の仁淀川(画像フルバージョン)』
http://cost-off.seesaa.net/article/57945614.html


<街並み>
『ごめん駅(後免駅)』
http://cost-off.seesaa.net/article/109034163.html
『アンパンマンミュージアム(高知)』
http://cost-off.seesaa.net/article/133899586.html
『ばいきんまん像(バンソーコーver)』
http://cost-off.seesaa.net/article/133206503.html


<方言・土佐弁>
『土佐弁「指詰めた」「ひやい」「ちゃがまる」』
http://cost-off.seesaa.net/article/105286845.html
土佐弁講座「へご」
http://cost-off.seesaa.net/article/139072497.html
N条との会話、『歌姫』の土佐弁
http://cost-off.seesaa.net/article/80731050.html
『モスにて』
http://cost-off.seesaa.net/article/101943281.html
『毎日かあさん』&九州弁・土佐弁
http://cost-off.seesaa.net/article/124549925.html
2008夏・帰省旅行Cトックリ話(馬鹿話編)
http://cost-off.seesaa.net/article/107184778.html


<話題、テレビ番組>
『ケンミンSHOW高知編』
http://cost-off.seesaa.net/article/125641390.html
『ケンミンSHOW&普通日記(2008/10/23)』
http://cost-off.seesaa.net/article/108513324.html
『高知龍馬空港&土佐人』
http://cost-off.seesaa.net/article/18778528.html
『まんが甲子園(ブログ版)ver.2』
http://cost-off.seesaa.net/article/51398844.html
『核持ち込み拒否条例制定』
http://cost-off.seesaa.net/article/42383741.html

ハッピーバースディ・クマと『海きこ』
http://cost-off.seesaa.net/article/47256816.html
『エチカの鏡、サイバラとフジモン』
http://cost-off.seesaa.net/article/118133101.html
『ガンダムで例えるなら(高知編)ver.1.5』
http://cost-off.seesaa.net/article/104200701.html

『鮎のパック』
http://cost-off.seesaa.net/article/120268663.html
『鰹のたたき&八丁味噌プリッツ』
http://cost-off.seesaa.net/article/110185705.html
『おいしい食べ物が多い県』
http://cost-off.seesaa.net/article/50916348.html
『台風様々』
http://cost-off.seesaa.net/article/47869830.html

『お遍路さんインタビュー1』
http://cost-off.seesaa.net/article/111350575.html
『お遍路さんインタビュー2』
http://cost-off.seesaa.net/article/111911298.html
『お遍路さんインタビュー3』
http://cost-off.seesaa.net/article/112005966.html
『お遍路さんインタビュー4』
http://cost-off.seesaa.net/article/112054722.html


<ロケみつ>
【オススメ】『ロケみつ』桜・稲垣早希のブログ旅
http://cost-off.seesaa.net/article/142386109.html
【オススメ】『ロケみつ』稲垣早希のブログ旅・四国編【高知入り】
http://cost-off.seesaa.net/article/144907749.html
『ロケみつ』稲垣早希のブログ旅・四国編【高知・足摺岬】クジラどこ?
http://cost-off.seesaa.net/article/149341652.html
『ロケみつ』稲垣早希のブログ旅・四国編【高知県中村・須崎】
http://cost-off.seesaa.net/article/150104165.html
『ロケみつ』稲垣早希のブログ旅・四国編【高知市内@】
http://cost-off.seesaa.net/article/152398485.html


<写真シリーズ高知関連>
【写真シリーズ】高知・桂浜
http://cost-off.seesaa.net/article/111974030.html
【写真シリーズ】よさこい祭りA
http://cost-off.seesaa.net/article/111618060.html
【写真シリーズ】よさこい祭りB
http://cost-off.seesaa.net/article/111618060.html
『よさこい祭り、踊り子募集の張り紙』
http://cost-off.seesaa.net/article/41408557.html

【写真シリーズ】ある田舎の風景
http://cost-off.seesaa.net/article/114278997.html
『帰省と稲光』
http://cost-off.seesaa.net/article/104845189.html

【目次】画像関係記事【リンク】
http://cost-off.seesaa.net/article/111024578.html
【目次】コラム人物編目次part1
http://cost-off.seesaa.net/article/107966008.html
【目次】コラム・レポ目次T
http://cost-off.seesaa.net/article/105978819.html
【目次】旅行記九州話、連ザ人物話&高円寺話ランダム抜粋
http://cost-off.seesaa.net/article/110746590.html
『2007年夏・沖縄旅行記事リンク一覧』
http://cost-off.seesaa.net/article/99183410.html
posted by コスト at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史&高知(龍馬伝など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

アンパンマンミュージアム(高知)

 九月のシルバーウィークに帰省した時に、川に行く途中に通りがかったアンパンマンミュージアム。
 ごめん駅近くのばいきんまん像は角が壊されてしまいましたが、こっちにはでかいのがあります。
アンパンマンミュージアム1.jpg
高知県のアンパンマンミュージアム(2009/09/21撮影)
アンパンマンミュージアム2.jpg
アンパンマンミュージアムは香美市立やなせたかし記念館の一施設

 施設は、アンパンマンミュージアム、詩とメルヘン絵本館、やなせたかし記念館別館及びやなせたかし記念館公園で構成される。
アンパンマンの作者やなせたかしが自費で設立して、自分の故郷高知県香美市(旧香北町)に寄贈した。
 やなせたかしは「自分の墓のつもりで建てた。天才手塚治ですら生きてる時には自分の記念館は建てれなかったから、自分は幸せものだ」と著書で語っている。
 よって建設費などはゼロなので、田舎にあるのに黒字経営だそうだ。
 子供は当然楽しめるが、ギャラリーコーナーは油絵のでかいアンパンマンの絵が芸術性があって大人も楽しめる。

 建物の周囲に広い空間があり気持ちがいい。施設には道の駅やスパ施設が併設されていている。

住所は高知県香美市香北町美良布1224-2。
1996年7月に開館。開館した年に一回だけ行った。
入場料は大人700円、中学高校生500円、3歳〜小学生300円。
ただ、HPはもう少しよく作り直せないだろうか。
HP:http://www.anpanman-museum.net/

横浜にあるのは「横浜アンパンマンこどもミュージアム」。

〜〜〜〜
関連記事:『ばいきんまん像(バンソーコーver)』
http://cost-off.seesaa.net/article/133206503.html
2009年9月S.W帰省「川」
http://cost-off.seesaa.net/article/129068653.html
『ごめん駅(後免駅)』
http://cost-off.seesaa.net/article/109034163.html
『ケンミンSHOW高知編』
http://cost-off.seesaa.net/article/125641390.html
『くどいほどに龍馬』
http://cost-off.seesaa.net/article/26810222.html

歴史&高知カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/2869212-1.html
【目次】歴史&高知カテゴリー【龍馬関連記事】
http://cost-off.seesaa.net/article/136899351.html
posted by コスト at 22:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史&高知(龍馬伝など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

ばいきんまん像(バンソーコーver)

 2chで田舎のニュースが久々に上がってると思ったら、これw

「高知県南国市の後免(ごめん)町商店街に設置された「アンパンマン」のキャラクター「ばいきんまん」の石像(高さ約1.4m)の角の部分が何者かに折られていたことが16日分かった。
石像は、原作者の漫画家やなせたかしさんが小学校時代を同市で過ごしたのにちなみ、先月3日に商店街が設置した7体のうち1体。

 南国署によると、15日午前4時50分ごろ、硬い物をたたく音を複数回聞いた住民が110番。
 調べると、ばいきんまんの左側の角(長さ約30cm)が根元から折れて地面に転がっていた。
 近くにはコンクリート製の車止めブロックが落ちており、同署は何者かがばいきんまんをブロックで激しくたたいたとみている。」

ばいきんまん.jpg

     ___
    /     \     ________
   /   ∧ ∧ \  /
 ■■■■■■■■< ひでー奴がいたもんだな
  |     )●(  |  \________
  \     ー   ノ
    \____/

でもまあ、よくニュースであがる県と違ってほんと平和な田舎だw

<追加情報>
後日、新しいばいきんまん像が設置されました。

〜〜〜〜
関連記事:『アンパンマンミュージアム(高知)』
http://cost-off.seesaa.net/article/133899586.html
『ごめん駅(後免駅)』
http://cost-off.seesaa.net/article/109034163.html
『ケンミンSHOW高知編』
http://cost-off.seesaa.net/article/125641390.html
『くどいほどに龍馬』
http://cost-off.seesaa.net/article/26810222.html
歴史&高知カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/2869212-1.html
posted by コスト at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 歴史&高知(龍馬伝など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

2009年9月S.W帰省「田舎の川」

 2009/09/21.9月のシルバーウィーク(S.W)に帰省して泳いだ川。
20090921川.jpg
毎年恒例の川
20090921川3.jpg
道を下っていくと見える
20090921川2.jpg
四万十川でもなく、県内でも周辺の者ぐらいしか知らないが(これ程度の川はかなりある)家から車で25分ちょいでいけるし、気に入ってるホームの川。
20090921川4.jpg
雨が最近降ってないらしく、水量は少ないが澄んでいる。
といっても水深は深いとこだと3m以上はある。増水時はもっとある。
20090921川5.jpg
後ろ側
20090921川8.jpg
ビーチサンダルと蝶
20090920川空.jpg
飛行機雲の川空

 この日の気温は29℃まで上がったが、川に着いたのは10時ちょい過ぎで水温の低い川で泳ぐには寒かったので、30分泳いで引き上げて、温水プールと温泉のスパ(ながおか温泉)へ移動して泳いだ。
 元々、俺が「意地でも泳ぐ、浸かるだけでも行く!」と主張したから来たのだし、一緒に行ったトックリが夕方から仕事だからあっさり引き上げた。でも移動してプールで泳いだから同じ事だ。
 例年8月でも水温は低いとこだが、外が暑いので泳いではバーベキューしたりして休憩して、暑くなったらまた泳ぐのが本来の遊び方だが、でもこれで今年の夏のイベントクリア☆夏OK。


※画像は現在のサムネイルからクリックしていくと→最大化→画面サイズに切り替わります。

〜〜〜〜
関連記事:『2009年9月S.W帰省旅行@』
http://cost-off.seesaa.net/article/129066558.html
『2009年9月S.W帰省旅行A』
http://cost-off.seesaa.net/article/133595594.html
【写真シリーズ】田舎の川
http://cost-off.seesaa.net/article/110765445.html
『2007/8/15の仁淀川(画像フルバージョン)』
http://cost-off.seesaa.net/article/57945614.html

続きを読む→追加画像
posted by コスト at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史&高知(龍馬伝など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

ケンミンSHOW高知編

 先週と今週のケンミンSHOW(カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW)で、高知編が出たが、先週の
・昼間から酒を飲む
・それもかなりの量を飲む
・飲む理由を常に探してる
などアル中県と紹介されたが、まあ否定できない、おおむね当たっているw
俺は下戸だが、あの県は酒が飲めることが特技ですばらしいとか、飲むことが最上級の幸せだと勘違いしている。残念な我が故郷w

 明治維新の時に「長州は銭、薩摩は女、土佐は酒」と弱点を揶揄されたが、それから進歩がないw
でも一番健康的かもしれない。

 で、今週は驚いた。
ぼうしパンがよその県にはない
リープル(甘い乳酸菌飲料で、ビックルにちょい似てる。大人には甘過ぎる子供の飲み物)も県内でしか売ってない

うそぉ、そうだったのか!?
ぼうしパンは絶対に売ってると思ってた。
 耳のとこがビスケット?カステラ風?(パンの甘い部分の言い方の単語が出てこない)でうまいのだが、メロンパン並みにメジャーで全国区だと思ってたが違うのか・・。
 よく子供は耳だけ先に食べて後がつまらなくなるのだが、日本全国どこでもそういうことだと思ってたのに。
 言われたら、ここ数年見かけてない。都内じゃ売ってるのを見たことがなかった。
かじったリンゴが返品可能とか変なバレースカッシュは知らない。
鰹(カツオ)を年がら年中食べているのは事実で、昔は鯨もほかの県が食うのをやめても食べていた県だ。
 しっかし、ぼうしパンとリープルが県内でしか売ってなかったとは。

 あとひまわり乳業が県内の企業とは知らなかった。よその県で作ってると思ってた。
そしてHPにはすでに
8/13(木)午後9:00から日本テレビ系列にて放送中の「秘密のケンミンSHOW」で「リープル」が紹介されます!
とアップされていた。はやっ。

 でも、あんなに人口少ない(79万人台)県だけでよく商売が成り立つなあ。
 俺が小学校の頃に県の人口84万人と習ったのに、それから5万人も減ってる。
仕事がなくて若者が県外に出て行く上に、出生より死亡が多いという人口自然減の先進県。
テーマは「国民休暇県」(笑)。
何も無いからゆっくりする。帰省すると休むからエネルギーがたまって、こんなとこにいられるかいっとまた外でやっていく気力が生まれる。
それが毎年夏の帰省目的だったが、今年は東京で夏越し。一応明日から短い夏休み。
いつか金も休みも自由な身分になってやる。


『ケンミンSHOW&普通日記(2008/10/23)』につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/108513324.html

〜〜〜〜
関連記事:『ロケみつ』稲垣早希のブログ旅・四国編【高知市@】ぼうしパン〜高知駅
http://cost-off.seesaa.net/article/152398485.html
『高知龍馬空港&土佐人』
http://cost-off.seesaa.net/article/18778528.html
『くどいほどに龍馬』
http://cost-off.seesaa.net/article/26810222.html
【2010年大河】龍馬伝キャスト発表(ver.1.3)
http://cost-off.seesaa.net/article/123522208.html
『ごめん駅(後免駅)』
http://cost-off.seesaa.net/article/109034163.html

歴史&高知カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/2869212-1.html
【目次】歴史&高知カテゴリー【龍馬関連記事】
http://cost-off.seesaa.net/article/136899351.html
posted by コスト at 22:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 歴史&高知(龍馬伝など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。