2009年03月19日

大津祭part1「曳山」

 2007/10/6の大津祭の宵宮の画像。
以前、『2007秋、大津・京都旅行(簡易版)』(http://cost-off.seesaa.net/article/59680119.html)で簡単にしか紹介してなかった大津祭の完全版です。

大津祭2007A.jpg
大津三大祭の一つ、大津祭の宵山
大津祭2007B2.jpg
こういう曳山が13個ある。
大津祭2007E.jpg
コンコンチキチン♪コンチキチン、祭囃子が響く
大津祭りC2.jpg

大津祭宵山A.jpg

大津祭りR.jpg
曳山のドラゴン模様
大津祭り曳山3.jpg
なぜか聖書風の模様。
重要文化財指定で年代物。かなり古い時代に伝わっていた?
大津祭りH.jpg

大津祭り2007C.jpg
手前の人の腕の動きがw

大津祭は天孫神社の秋祭りです。
曳山は一旦天孫神社に集合してから大津の街中を移動します。
天孫神社も街中にありますが、なぜか神社の周りは歩いてるのに神社に気づかず、中に入ったことがありませんw
神社、どこ?

part1は朱色の写真をまとめてみました。
それぞれの曳山の説明は下記URL参照
大津祭「曳山」http://www.otsu-matsuri.jp/guide/hikiyama.html
 
『大津祭part2からくり人形・所望』(http://cost-off.seesaa.net/article/115947054.html)につづく

〜〜〜〜
関連記事:『絵金の屏風絵』
http://cost-off.seesaa.net/article/111039493.html
【目次】旅行記・九州話【記事リンク一覧】
http://cost-off.seesaa.net/article/107431847.html
まとめて読む→旅行記カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/1573114-1.html

続きを読む→おまけ画像


2009年03月05日

愛知観光(渥美半島・恋路ヶ浜)

 2008年3月にS川と行った愛知の渥美半島の写真。
熊本時代に九州各地を制覇したように、S川が鈴鹿にいたので中部地方も回ってフラッグを立ていく。
 浜名湖でS川の車と合流し、愛知県田原市の渥美半島へ。
渥美半島への道.jpg
渥美半島の先端に近づくと、S川が
「段々ジェラシックパークみたいになって来るばい」
というように、段々木が茂ってくる。
亜熱帯っぽい種類の木が混じってくると、鹿児島の佐多岬や高知の室戸岬を思い出す。

伊良湖フェリーターミナルA.jpg
伊良湖フェリーターミナル(道の駅 伊良湖クリスタルボルト)
なぜクリスタルボルトなのかは謎のまま。

この後、恋路ヶ浜へ。
恋路ヶ浜は、伊良湖灯台から太平洋岸に面して日出の石門までの約1kmの湾曲した美しい砂浜。
渥美半島 恋路ヶ浜D.jpg

渥美半島 恋路ヶ浜E.jpg
お似合いの二人
渥美半島 恋路ヶ浜B.jpg
波打ち際ではしゃぐ子供
久々に太平洋の波を見れて気分がいい。桂浜にちょっと似てる。
渥美半島 恋路ヶ浜1.jpg
海と対峙する家族
渥美半島 恋路ヶ浜C.jpg
風光明媚
渥美半島 恋路ヶ浜 (3).JPG
天気のいい日
俺もS川も晴れ男なので、熊本の頃からS川と遠征するとほぼ晴れだ。

 この後、恋路ヶ浜近くの焼大あさりの店の前でキューティーハニーと遭遇した。
 本当はその写真を撮ってアップしたかったが、よもや数々の「日本の百選」に選ばれた地でどぎつい色のキューティーハニー(長髪タイプ)のコスプレをした長身美女が現れようとは思わず、サイバーショットを取り出す間もなく俺とS川は噴出すのをこらえ、じろじろ見て連れの男に絡まれないようにするのが精一杯だった。
 ハニーが浜のほうへ移動する後ろ姿を確認しながら、俺はS川をひじで知らせながら
「なあ、あれってキューティーハニー?だよなあw
 どピンクで、頭の飾りも合わせてたよなあ?」
「やろ?絶対そうばいw
 俺もう笑うのこらえとったけん、○○さんが腕でつっついた時に○○さんも気づいたねって、噴出しそうになったばいw」
「まさかこんな場所にハニーがいるとは考えもせんけん、カメラ出す間もなかったよw
 ほら、足元もブーツで完全にコスプレだよw
 さっきの(4枚目の写真)カップルはこの風景に合ってて、ほほえましいねって思ってたのに、いきなり今度はコスプレでキューティーハニーやもんw
 周りは緑と青い海の中にどピンクだよ、浮きまくりじゃんw
 でも男は革ジャンで普通なのなw」
 ハニーは全身は白っぽくポイントごとにピンク、肩などは露出していてセクシーはニーだったw
昔からS川と組むと流れ星二連発とか奇跡が起こるw
 けど、なんとかして遠目からでもこのコスプレ・キューティーハニーin恋路ヶ浜を撮っておけばよかった。
 
 このあと焼大あさりを食べた。
渥美半島、焼大あさりA.jpg
名物の焼大あさり
タバコの箱と比べるとハマグリぐらいの大きさとわかる。(注:俺は吸わない。)
味はよかった。値段は500円ぐらいだった。

大きな地図で見る
〜〜〜〜
関連記事:『名古屋城とシャチホコ(2010/04/30)』
http://cost-off.seesaa.net/article/148359521.html
『伊勢神宮・内宮』
http://cost-off.seesaa.net/article/100020018.html
『鈴鹿の朝日』
http://cost-off.seesaa.net/article/131545085.html

『鹿児島・桜島(桜島まで何マイル?)』
http://cost-off.seesaa.net/article/16818453.html
S川話「北海道レポート・日勝峠越え」
http://cost-off.seesaa.net/article/110764241.html
旅行記・九州話カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/1573114-1.html

2009年01月31日

奈良観光おまけ画像(ver.1.1)

 2008年3月に行った奈良観光のおまけ画像。本編ではカットした画像のリサイクル。

東大寺の門加工.jpg
奈良・東大寺の南大門の中
鎌倉時代の再建で天竺様式(大仏様)。奥に見えるのは金剛力士像・阿形(あぎょう)、運慶作。修学旅行生が説明を受けている。
手前の女の人もそうですが、観光客も関西に多い弥生系の顔の人が多かった。
奈良東大寺、大仏殿2bb.JPG
東大寺大仏殿前の空間
背後には大仏殿がある。
大仏せんべい加工.jpg
東大寺前にある大佛せんべい
看板には「元祖 奈良銘菓 大佛餅 大佛せんべい 大佛前 山○商店 団体様には特別御相談いたします」とある。
観光名所近くの土産物屋は、商売とはいえ俗っぽいなあw

東大寺 鏡池.jpg
東大寺・鏡池
奈良、若草山 (1)加工.jpg
カメラを意識して視線をくれる鹿、若草山の前にて。
JR奈良駅.jpg
JR奈良駅の旧駅舎
旧駅舎は和洋折衷様式の建物で解体されず、保存のため現駅舎の隣に移築された。
現駅舎は写真の左側にあるが高架事業に伴う仮設駅舎だった。

〜〜〜〜
<関連記事>
『奈良のストリートパフォーマー(奈良観光1)』
http://cost-off.seesaa.net/article/90149592.html
『鹿と金柑(奈良観光2)』
http://cost-off.seesaa.net/article/92427324.html
『鹿の苑(奈良観光3)』
http://cost-off.seesaa.net/article/101180744.html
『春日大社(奈良観光4)』
http://cost-off.seesaa.net/article/104230715.html
『奈良公園・興福寺(奈良観光5)』
http://cost-off.seesaa.net/article/104614238.html
【目次】旅行記・九州話【記事リンク一覧】
http://cost-off.seesaa.net/article/107431847.html
まとめて読む→旅行記・九州話
http://cost-off.seesaa.net/category/1573114-1.html

2008年12月12日

紅葉の京都A糺の森、河合神社

 2008/12/07に行った京都の下鴨神社・糺の森の紅葉です。
北野天満宮のもみじ苑の後に行ったので日がちょっと傾いてます。
史跡の森なので入場無料でした。画像メインで、クリックすると拡大します。

糺の森2.jpg
「糺(ただす)の森」は3万6千坪の広さの国史跡。
下鴨神社の森の北側に位置しており、参道はこの森の中を縦断している。
糺の森3.jpg

糾の森22.jpg

糺の森C.jpg

糺の森7.jpg

糺の森、参道.jpg

糺の森H.jpg

〜〜〜
関連記事:紅葉の京都@・北野天満宮もみじ苑
http://cost-off.seesaa.net/article/110983566.html
『ゆるキャラとの遭遇・やおいちゃん』
http://cost-off.seesaa.net/article/120011298.html
【目次】旅行記・九州話【記事リンク一覧】
http://cost-off.seesaa.net/article/107431847.html

続きを読む→おまけ河合神社

2008年12月10日

紅葉の京都@北野天満宮のもみじ苑

 2008/12/07に行った京都の北野天満宮のもみじ苑です。
きれいだったので画像メインです。クリックすると拡大します。
気温は低かったんですが、天気は快晴で良かったです。

北野天満宮もみじ苑1.jpg
京都・北野天満宮もみじ苑
入場料は600円(お茶菓子付き)。
北野天満宮もみじ苑2.jpg

北野天満宮もみじ苑3.jpg

北野天満宮もみじ4.jpg

北野天満宮もみじ苑6.jpg

北野天満宮もみじ苑8.jpg
 お茶席でお茶菓子をもらう。入口と出口が2箇所あるので、参道側から入ったのですぐにお茶席がありました。
 全体を回って写真を撮るなら1時間ぐらいみといたほうがいいです。
 おそらく12月第1週日曜まで夜間ライトアップ(夜8時まで)があります。今年は12/7まででした。
 ライトアップされた画像については、ブログの知り合いのKAZUさんの「西陣に住んでます」の「北野天満宮ライトアップ 京都紅葉便り2008」を観て下さい。
http://ameblo.jp/kazue-fujiwara/entry-10175149246.html
ほかにも京都の紅葉のきれいな写真が山のようにあり、オススメです。特に紅葉情報も秋の京都観光の参考になります。
 今回の2008年12月の京都旅行では、紅葉情報はKAZUさんから教えて頂きました。12月なのに無駄なく紅葉が楽しめました、ありがとうございましたm(__)m

〜〜〜
関連記事:『紅葉の京都A糺の森、河合神社』
http://cost-off.seesaa.net/article/111087429.html
【目次】旅行記・九州話【記事リンク一覧】
http://cost-off.seesaa.net/article/107431847.html
【ブログ紹介】西陣に住んでます【オススメ】
http://cost-off.seesaa.net/article/105649321.html

2008年11月30日

箱根の紅葉(08/11/10)

 08/11/10にS川と行った箱根の紅葉。
箱根1.jpg
ロープウェーの桃源台駅周辺
箱根2.jpg

 ロープウェーには乗らずに車でそのまま移動する。
箱根3.jpg

箱根4.jpg
芦ノ湖方面へ

箱根海賊船.jpg
箱根、芦ノ湖の海賊船
箱根海賊船2.jpg
海賊船と箱根神社の鳥居、そして富士山
S川「海賊船に捕らわれとった奴隷がぞろぞろ出てきよるばいw
   奴隷のわりにみんな明るい顔しとうねw」
俺 「おっ、あれなんか家族連れで海賊に捕まってたみたいだw
   親子で手をつないで奴隷になってたみたいだw」
11月初旬とはいえ、山なので気温は午後5時過ぎで5℃と寒かった。
箱根での会話は別記事でアップする予定。

箱根からの富士山1.jpg
箱根の山の展望台からの富士山
やはり日本一の山だ、ずば抜けてでかい。
 S川と遠征シリーズで山は、桜島、霧島、開門岳と来て九州外としては初の山は箱根になった。そして、いつかは富士山を制覇したい。

〜〜〜〜
関連記事:『鹿児島・桜島(桜島まで何マイル?)』
http://cost-off.seesaa.net/article/16818453.html
『愛知観光(渥美半島・恋路ヶ浜)』
http://cost-off.seesaa.net/article/115199358.html
「Hakone as Tokyo3」(エヴァ箱根オリジナル缶)
http://cost-off.seesaa.net/article/138831285.html
【目次】旅行記・九州話【記事リンク一覧】
http://cost-off.seesaa.net/article/107431847.html

2008年11月17日

二条城

去年、小さい頃(平成元年)に初めて京都に行った時以来、二度目の二条城に行ったので画像をアップ。小さい頃に来た時は、二の丸御殿など建物に入ってなかったので新鮮だった。また近いうちに京都へ行こうと思う。

二条城2.jpg

二条城1.jpg
唐門
二条城3.jpg
ここ二条城・二の丸御殿で、慶応3年10月14日(1867年11月9日)に大政奉還がなされた。
二条城4.jpg

二条城5.jpg

二条城6.jpg

二条城7.jpg

敷地も広くてオススメ。
入城料金は一般600円。市営地下鉄1日券の特典で100円引きになる。
公式HP;http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/index.html

二条城8.jpg

二条城9.jpg
天守閣跡
二条城10.jpg

二条城11.jpg
この二枚は意外と気にいってる。
二条城12.jpg

〜〜〜〜
関連記事:『京都で初雪&北緯35度線』
http://cost-off.seesaa.net/article/79371872.html
旅行記・九州話(熊本なる日々) カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/1573114-1.html
【目次】旅行記・九州話【記事リンク一覧】
http://cost-off.seesaa.net/article/107431847.html
『龍安寺A石庭』
http://cost-off.seesaa.net/article/102695101.html

2008年10月04日

2008夏・帰省旅行Eトックリ話&高知着

2008夏・帰省旅行Dトックリ話(普通話編)の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/107427433.html


   『2008夏・帰省旅行Eトックリ話&高知着』

引き続き、車中での会話。
車は大阪市内の高速道路を走る。
俺 「大阪市内か、明るいな。これならケータイのワンセグ(放送)入るな。
   トラックで寝る時はTV映るかえ?ワンセグか?」
トックリ「前は小型TV持ち込んでたが、ちょっと田舎とか山があると入らんから、今はHDDで録画して一週間分をDVD-RWに焼いて、DVDプレイヤーで観てるんじゃ。ラジオも入らんとこなら流して声だけ聞いて運転するんじゃ。」
俺 「DVD-RWなら何度も消したりできるか。考えたな。」
トク「今はHDDのTV欄からキーワードでぱっと番組検索できるから、ダウンタウンとか単語入れて選んで録画すれば簡単なんじゃ。
   けど、HDD買う時にダブル録画機能がないのを買ったから裏番組が撮れん。ケチるほどでもなかったが、まあいらんかなと思ったが家におらん時に裏番組が意外とかぶる。仕方ないから一つはビデオで録画してるんじゃ。」
俺 「それは俺もある。東京来てチャンネル増えたから、裏番組がけっこうダブルる。裏録はいる。」

トク「それより、トラックで寝る時は風呂に困るから、トラステ(トラックステーション)とか道の駅に温泉が付いてるとこは、チェックして地図にマーク付けてるんじゃ。」
地図を出すトックリ。
俺 「あのでかいのは、街中の駐車場には止めれんしなあ。コインパーキングとか入口からして入れんろう。だから、お台場の大江戸温泉の料金聞いてきたのか?」
トク「お台場なら止めるところ多いから、それでじゃ。
   ちなみに、その地図には走った道を全部塗ってあるんじゃ。
   でかい国道とか、四国は細い道まで制覇した。」
地図には、全国の主要国道がオレンジの蛍光ペンでかなり塗られていた。
俺 「わざわざ蛍光ペンで塗りおって。俺も仕事で行った路線塗ろうとしてるんじゃ。
   こんなに全国走ったがか。新潟とか上は福島まで行ってるのか。
   琵琶湖一周とかこしゃくなw山陰も制覇か。
   しかし九州なら俺も原付でかなり走った。う〜む、宮崎の田舎道とか長崎も走ってるのか。
   熊本も来たかえ?阿蘇走ってるけど。」
トク「それ、あんたの引越しの時じゃ。」
トックリには、俺が熊本に大学で行く時に別の仕事をしてた頃に引越しを手伝ってもらってる。
俺 「ああ、あの時か。(参照:http://cost-off.seesaa.net/article/107184778.html
   なにげなく昔の恩を言いおってw
   鹿児島と熊本県内なら俺の勝ちじゃ。」
トク「九州は鹿児島が一番少ない。市内までしか行ってないはず。」
俺 「俺は本土最南端の佐多岬まで行った。
   あそこは国立公園で二段階の観光有料道路で、夜はゲート閉まるから観光でないと行けんのじゃ!鹿児島と熊本は俺の勝ち!」
トク「ピンポイントで勝ったとか言いおってw」

 S川と行った当時は佐多岬は二段階料金制であったが、2007年4月25日をもって佐多岬ロードパークは廃止、翌26日より第1料金所から第2料金所までの約6kmの区間を町道として南大隅町へ移管。これにより全線が無料化し、道路法に基づく道路に昇格した。また、佐多岬ロードパークの無料化により、自転車や歩行者でも通行可となった。
 第二区間から先の入園時間は8:00から17:00まで有料300円。
 Wiki「佐多岬」より。
 ちなみに同じ漢字で佐多岬が二箇所あるが、「さた」と読めば鹿児島県、「さだ」だと愛媛県の佐多岬になる。

俺 「他に俺が行った場所で・・つくばの学園都市も行ってるかぁ。
   木曽山中のこまごました道も行ってるがなんでじゃ?」
トク「それ休みで下道走って移動するのにいつもの道じゃ飽きて走ったんじゃ。
   箱根も駅伝とか見たから一度は行くかと思って行ったが、ぐねぐね道でえらい目にあったんじゃw」
俺 「普通246(号線)やろうがw」
トク「距離だけなら箱根越えやけど、246のほうが距離は断然走りやすい。けど一回箱根走りたかったんじゃ。でも大型車で走るとこやないw」   
俺 「江田島とか瀬戸内の島も塗ってあるけど?」
トク「ああ、それは引越しの荷物じゃ。量が多いからトラックで運んだ。塗ってるのはフェリーの航路じゃ。フェリーも制覇してきてるんじゃ。」
俺 「俺も松山におった時にフェリーは結構乗ったんじゃ。離島行きはさすがにないが。
   でも熊本へ引っ越す時もあんたと八幡浜から佐伯行きのフェリー乗ったが、俺は慣れててすぐ寝たがあんたは慣れてなくて寝付けなかったはず。」
トク「昔のことを・・、今はトラックでもガンガン寝れてるんじゃ。
   あんたこそ、都会でぬくぬくおってホテルやないともう寝れんとか言い出しそうじゃ。」
俺 「誰が都会のもやしっ子じゃw都会に引きこもりみたいに言いおってw」

 そうこうしてるうちに車は山陽道姫路を過ぎて、24時間営業のレストランのあるSAで夕食休憩。
群馬の昭和ICから乗って、トイレ休憩以外は乗りっぱなしだったので、ちゃんとした休憩は久々。
 飯を食いながら、
トク「後は一気に瀬戸大橋を渡って高知に行くでぇ。かなり時間稼いだから2時とかぐらいには着きそうや。一気に行くとか言われたとか言うてトイレもらすなよ。」
俺 「誰がじゃ、トイレも言い出せんようやったら問題やかw
   漏らすほうが遅刻より手間かかるわw」

 再び車に乗り込み、山陽道倉敷JCTから瀬戸中央道方面へ左折し、瀬戸大橋へ向かう。
俺 「瀬戸大橋の上を走るのは10年ぶりぐらいや。いっつも下の電車やった。」
トク「こっちは上ばっかりじゃ。上は景色が見えるが、下は鉄骨が見えて景色さえぎるんじゃ。」
俺 「そうそう、ケータイで動画撮ったら柱が入ってしまう。」
トク「でも時々風が強いと止められるで。」
俺 「ああ、たまにJRも瀬戸大橋が強風で規制中とか出てるな。」
 瀬戸大橋は車は橋の上、内部を鉄道が走る。
久々に橋の上からの景色を楽しむ。
10分足らずで通過して、四国に上陸。

 四国に上陸後約1時間半で高知県の南国SAに到着し、最後の休憩。
南国SAは高知方面に向かう時しか入れず、俺は初めて来た。
俺 「もう南国か、高速だと速いなあ。
   特急だと川沿いうねって走るし、停車もあるから全然高速のほうが速いな。」
でも、地元の駅に着くので家までは東京と岡山の2回の乗り換えで着く。駅からは家まで徒歩10分もかからない。
トク「あんたが長時間のドライブで腰痛いとか文句言い出さんかこっちはヒヤヒヤやかw」
俺 「あぁ?夜行の高速バスは二度と乗りたくないが、車で友達と話せるなら全然楽勝じゃ。高速バスは本も読めんし、リクライニングはきかんし、電車と違って歩いたりもできんし地獄じゃ。
   乗せてもらって文句言うとかありえんのじゃ!どんな奴じゃw
   まぁ、今日はありがとう。」
トク「こっちも話し相手おってよかった。」
トイレ休憩後、高速を降りて一般道で実家に向かう。
俺 「群馬の昭和村を午後1時過ぎに出て、高知に1時過ぎなら12時間か、全然高速バスより速いな。」
トク「まあ、休憩取らんかったき、その分早く着いた。」
俺 「じゃあ、また明後日に。川行くために帰ってきたんじゃ。」

明後日の日○子行きを約束して解散した。

          完

〜〜〜〜〜
関連記事:『2008夏・帰省旅行@北関東、鑁阿寺(ばんなじ)』
http://cost-off.seesaa.net/article/105536227.html
『2008夏・帰省旅行A足利市』
http://cost-off.seesaa.net/article/106455527.html
『2008夏・帰省旅行B伊勢崎市境町〜長野』
http://cost-off.seesaa.net/article/106710903.html
『2008夏・帰省旅行Cトックリ話(馬鹿話編)』
http://cost-off.seesaa.net/article/107184778.html
『2008夏・帰省旅行Dトックリ話(普通話編)』
http://cost-off.seesaa.net/article/107427433.html
『トックリ話「酒、UFO」』
http://cost-off.seesaa.net/article/108371463.html
『ぐんまちゃん家』
http://cost-off.seesaa.net/article/127674776.html
旅行記・九州話(熊本なる日々) カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/1573114-1.html

2008年10月01日

2008夏・帰省旅行Dトックリ話(普通話編)

『2008夏・帰省旅行Cトックリ話(馬鹿話編)』の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/107184778.html


    『2008夏・帰省旅行Dトックリ話(普通話編)』

 引き続いて長野の中央自動車道を移動中。
俺 「普段、栃木や群馬に何の仕事で行くんだ?」
トックリ「野菜よ。」
俺 「高知も野菜作ってるだろう。高知の野菜をこっちに持ってくるのか?」
トク「それもあるが、レタスとかキャベツを高知に運ぶんじゃ。レタスとか高原野菜は、高知みたいに暑いとこでは作れん。」
俺 「仕事で知った知識で勝ったように言いおって。農協も補助金漬けと聞いちゅうんじゃ。
   でも確かに、高知のビニールハウスでレタスを作ってるとこなんか見たことないな。」
トク「東京なんか流通止まったら即飢え死にじゃ。」
俺 「千葉、埼玉は産地でガンガン供給しゆうんじゃ。東京なくなったら逆に農家も市場なくなって困るんじゃ。大体、流通止まる事態になったら日本全体アウトじゃw」

 高速は長野市から南下して松本市に近づいた。
俺は以前、冬の松本市に来たことがあって、それ以来だ。
俺 「高速から松本城見えんか?俺は松本城をすでに制覇してるんじゃ。」
トク「どうやろ?見えたことはないが。先にある諏訪湖なら車からも見える。
    観光で行ったらもう制覇とか子供かw」
俺 「あー、見えんなあ。行ってないよりかは行ったほうが上じゃ。0(ゼロ)と1の差はでかい!
   西日本の城はだいぶ制覇した。全国の城に制覇フラグ立てていくんじゃw
   前に来た時は最高気温2℃で、ほぼ常にマイナスで信じられんかったw雪降っててホテルからコンビニ行くのに、徒歩3分やのに出たら凍死するかと思って、15分も迷ってから命がけで行ったんじゃ。高知じゃ(プロ野球などが)キャンプやってる時期やったのに。
   標高が600mで、100m上がると気温は0.6℃下がるから自動的に3.6℃も下がるし、最高2℃って常に水が凍る温度なんてとても雪国には住めんと悟ったんじゃ。浅間温泉は良かったが、切り立った山脈の圧迫感があった。
   しかし、長野も長いなあ。東名の静岡みたいだ。」

 その後、岐阜県に入るが山また山の景色は変わらず、岐阜県恵那市の恵那峡サービスエリアで休憩した。
恵那峡SA.jpg
恵那峡サービスエリア

 トックリは、早く高知に着くために極力休憩時間を減らして移動するとしたため、以後は車中からの写真のみとなった。
俺 「仕事でもいつもこんなに急ぐのか?長距離(トラック)って一晩かけてのんびり行くもんやと思ってたが。」
トク「まあ、忙しい時は運転しながらコンビニのおにぎり食うとか、10分だけ仮眠して走らんと間に合わん時もあるが、いっつもやない。
   でも2時間おきに15分休憩とか規則があるけど、それきちんと守ってたら間に合わん。」
俺 「締め切りあるのか?」
トク「野菜とかは朝の市場に出すから、遅くても朝4時までに届けんといかんから夜通し走らんといかんのじゃ。」
俺 「ふーん、そこまで急ぐもんとは思わんかった。大変やなあ。」
トク「アンタがグーグー寝てる時にこっちは走って稼いでるんじゃ。」
俺 「なにィぃw人が馬鹿みたく寝てるように言うてw」

岐阜高速.jpg
夕暮れの高速道路
 小牧JCTで東名に合流して愛知県を通過していく。遠くに名古屋市内のビル群が見える。
 飯田市から岐阜〜愛知間の山国っぷりはすごく、本気の山国を見た。それでも人住んでて驚いた。東名しか走ったことがないので新鮮だった。

トク「会社も経費節約で、本州出ても明石海峡じゃなくて瀬戸大橋使えとか言ってくるでぇ。」
俺 「瀬戸大橋のほうが安いからか?」
トク「明石のほうは、橋の高速の料金が別に何回か払うけど、瀬戸大橋は一回で済むから安くあがる。でも、距離的には長くなるからドライバーには負担なんじゃ。
   愛媛ー広島間も、柳井の24時間フェリーは高いからしまなみ(街道)を勧められるが、しまなみは九州からだと柳井から100kmぐらい走るから結局ガソリン代でほとんど変わらんけど、できればしまなみでとか言われるんじゃ。」
俺 「しまなみは尾道からだから、山口の柳井からだと確かに100kmぐらいあるなあ。学生の頃、柳井ー松山のフェリー乗ったが料金までは覚えてないなあ。24時間だったのは覚えているが。」
トク「乗客だけやったらあまり変わらんが、大型車両や差が出て普通より高めや。でも距離考えたら体は楽や。
   でも、長距離の場合、走行距離で手当てが多くなるから稼ぎたいヤツはしまなみ走って稼いでる。でも、俺は家族おるわけでもないから、なるべくならフェリー使うんじゃ。」
俺 「そういえば柳井のは広島ー松山よりちょっと高かったが、広島まで戻る電車代考えたら変わらんし、24時間だから乗り遅れて次があるからと乗ったような気がする。車両だと差がでかいか。
   でもしまなみ走るより俺もフェリーやなあ、休んだほうが楽で安全やしなあ。」

夕暮れの高速道路.jpg
高速から見えた夕日

   『2008夏・帰省旅行Eトックリ話&高知着』につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/107581747.html

〜〜〜〜
関連記事:『2008夏・帰省旅行@北関東、鑁阿寺(ばんなじ)』
http://cost-off.seesaa.net/article/105536227.html
『2008夏・帰省旅行A足利市』
http://cost-off.seesaa.net/article/106455527.html
『2008夏・帰省旅行B伊勢崎市境町〜長野』
http://cost-off.seesaa.net/article/106710903.html
『職業話ショート集&Y松君話A』
http://cost-off.seesaa.net/article/108468155.html
『トックリin大宮』
http://cost-off.seesaa.net/article/102429517.html
旅行記・九州話(熊本なる日々) カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/1573114-1.html

2008年09月26日

2008夏・帰省旅行Cトックリ話(馬鹿話編)

『2008夏・帰省旅行B伊勢崎市境町〜長野』の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/106710903.html


    『2008夏・帰省旅行Cトックリ話(馬鹿話編)』

北関東ー長野高速.jpg
北関東〜長野の高速。赤城山なのか不明。

 車で移動しながら、トックリとトーク。(以下、部分的に土佐弁)
トックリ「パシャパシャ写真撮りおって、亀有の大原部長かw山秀かw
     目の前の光景をカメラではなく、俺のように心の記憶に焼き付けろ!
トックリとは、小学校からの付き合いで中学でもクラスと部活が一緒だったので遠慮なく文句を言い合えるが、いつになっても俺の写真趣味を理解せず、お約束のようにいつもいちゃもんをつけてくる。

 ちなみに山秀とは中学2、3年の担任で写真が趣味だった。職員室の自分の机に「女の写し方上達の手引き」という本を置いていて、生徒から失笑を買っていたw

俺 「あ〜?何が記憶じゃ、阿蘇山に行った時にあんた「おー、初めて来たー」とか感動してたが、アホか、中学の修学旅行で来ちゅうんじゃ!
   そんな記憶力で人の写真にケチつけて、ろくに記憶できんあんたのような人間のために写真があるんじゃ!」
トク「火口は初めてのはずじゃ。」
俺 「火口は、当時ガス規制で行けんかったが、草千里まで行って風が強くて記念撮影して、すぐ道路挟んだ隣の土産物屋と火山博物館が一緒になった建物に入ったんじゃ。中には草千里に馬乗り(乗馬)に行ったヤツもおったが、風が強くて砂が目に入ったりして写真撮る時、目を開けるのがつらかったんじゃ。
   俺はそこまで覚えている。しかし、あんたは草千里すら忘れて、初の阿蘇山みたいに言うて、中学最大のイベントの修学旅行すら忘れてる人間が何が記憶な、あんたの頭にICあるか?俺の頭にLSI!(電気グルーヴ)」

トク「細かいことを・・。
   しかし、阿蘇山の火口の火山ガス規制は俺が行った途端に解除された。俺が来たら目の前で規制のチェーンが外された。俺の火口に上がればこそ解けた、俺の力、パワー!ガス問題ないw」
俺 「まあ、確かにハラと行った時は、ガス規制にかかって火口に行けんかった。もっと下の昇り口ゲートで止められた。あんたの時は、目の前で規制がちょうど解けたがたまたまじゃw
   規制チェーンが外れてすぐ喜んで突入してたが、あれであんたが隠れた喘息持ちやったら、発作起こって俺があんたの両親に謝りにいくとこかや。ガスの危険性がわかってるとも思えんし、ヒヤヒヤやか。
   それに俺一人で20回以上行ってるが、一度もガス規制にかかったことないんじゃ。チェーンもあの時初めて見たわ。
   俺は沖縄行って台風どころ一日雨とかもないんじゃ、せいぜいスコールだけじゃ。俺のほうがすごいんじゃ!」

トク「早明浦ダムにバス釣りに行って、俺がゴムボートを一人で空気入れてる時に、あんた写真撮ってて全然手伝わんかって、空気読んでないのはそっちじゃw」
俺 「空気入れる所は、一箇所しかないし、空気入れも一つで手伝いようがなかったから、時間を有効活用したまでじゃw」
トク「4人乗りのボートを、一人で小さい空気入れで膨らますのは大変やった。足疲れた。写真問題大ありじゃ!」
俺 「あははh」


俺 「この前、俺が地震でやられるとかありえんメール送ってきて、最後の「ほら、言うたに」とか、俺がやられて白目向いて倒れてるようなシーンに想像して笑ったが、
   実際にそんな状況で病院とかでそんな台詞言うたら、周囲からボコられるぞw
   日本におったらどこでも一緒なんじゃ。俺は地震でやられん自信がある!」
トク「地震と自信かけたつもりかw
   そんなん周りの空気みて言うに決まってちゅうやか。家族がおるところで「ほらみろ!俺の言うた通りやろーが!」とか言うわけないわw」
(参照:トックリ話「地震じゃ」http://cost-off.seesaa.net/article/103525677.html

長野2.jpg
長野の田園風景

 まだまだ高知は遠く、トックリとの馬鹿話は続いていった。

『2008夏・帰省旅行Dトックリ話(普通話編)』につづく。
http://cost-off.seesaa.net/article/107427433.html

〜〜〜〜
関連記事:『2008夏・帰省旅行@北関東、鑁阿寺(ばんなじ)』
http://cost-off.seesaa.net/article/105536227.html
『2008夏・帰省旅行A足利市』
http://cost-off.seesaa.net/article/106455527.html
『トックリ話「酒、UFO」』
http://cost-off.seesaa.net/article/108371463.html
『トックリin大宮』
http://cost-off.seesaa.net/article/102429517.html
『トックリin大宮A&おばあちゃん話』
http://cost-off.seesaa.net/article/102541917.html
『バカの壁・超バカの壁』
http://cost-off.seesaa.net/article/106022313.html

2008年09月17日

『2008夏・帰省旅行B伊勢崎市境町〜長野』

『2008夏・帰省旅行A足利市』の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/106455527.html


    『2008夏・帰省旅行B伊勢崎市境町〜長野』

 2008/08/18.8:37.東武伊勢崎線足利駅から乗車し、境町駅に向かう。途中、太田駅で乗り換え。区間急行で伊勢崎線なのに伊勢崎まで直通しないのか、と思ってると太田駅 - 伊勢崎駅間は普通列車(ワンマン運転)のみと運行だとわかった。ちなみに足利市駅ー境町駅は約20km、300円。
 境町駅着。
東武境町駅.jpg
東武境町駅前
東武境町駅2.jpg

 最近合併したので伊勢崎市の端っこなんだけど、元々は境町という小さい町で、この旧境町役場でトックリと合流予定なので、駅員に市役所の支所で合併前の旧役場の場所は?と尋ねると
「えっ支所?旧役場?役場は役場だろ。」
と、どうやら合併して伊勢崎市になってるのを知らないとの返事。おいーw
「じゃあ、役場の場所を教えてださい。」
と言いなおして場所を聞いて歩き出した。徒歩10分ぐらいの距離で、てくてく歩くが、すげーのんびりした町でコンビニもあまりない感じだ。

 で、約束の9:30前に旧役場(伊勢崎市境支所)に着いたが、トックリから待ってろとのメールが来たので、仕方なく役場の町の歴史コーナーで座っていた。しかし、小さな役場でここは別に待ち合わせ場所でも休憩所でもないし、窓口からも見られる場所で居心地が悪い。
 荷物を持ってるので旅行者に見えるので、テロで通報とかはされないだろうが、「何か御用でしょうか?」と言われると面倒なので、観光課へ行って、
「すいません、周辺の観光地図ください。」
と、一応用を作って窓口で言った。
「地図って境町の?」
境町はもう存在しないだろうに、合併しても名前以外は仕事内容変わらないんだろうなあと思い、
「この周辺と、あれば伊勢崎市全体のもください。」
すると、観光案内も載ったパンフレット状の大きめの地図をくれた。
よし、これでこれ見ながらなら座ってても文句言われないなw
ふと地図を見て気づいた。
 伊勢崎市って「いせさきし」なんだ、「いせざき」じゃないんだ。濁らないのか。茨城が「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」と一緒のパターンかw初めて気づいたw濁るのは横浜のほうか。

 結局、1時間遅れでトックリと合流して、伊勢崎インターから高速道路に乗って、赤城山方面に向かう。車中から初めて赤城山を見たが、予想以上にでかいな。それまで、
「赤城山?知らんなあ。アカギって麻雀漫画のほうかと思った。」
とか会話してたぐらいだ。北関東はほんと初めて来る。
 昭和インターで一旦降りて、道の駅で休憩。
昭和村.jpg
昭和村の道の駅看板
昭和村道の駅.jpg
道の駅周辺
 車を降りると、高原らしく涼しい。
 道の駅には直販の店があるので、果物や野菜、饅頭などが売ってたので、野沢菜入りの饅頭(おやき)やら果物を買って昼飯に。
 外にテーブルなどの休憩所があるので、そこで食べることに。外でも木陰で涼しいし、外で食べるとよけいにうまい。実家の土産に桃やプラムも買った。
昭和村道の駅休憩所2.jpg
昭和村の道の駅の休憩所

 今後のルートを聞くと、またさっきの昭和インターから高速乗って、中央道を長野経由で走って一気に高知まで走るとのことだった。
 昼飯後、再び高速道路に乗って移動開始。
北関東高速.jpg
赤城山周辺の山
赤城周辺.jpg
が、地理感がないのでどの山なのかはよくわからない。

山を越えて長野側に入ると晴れてきた。
長野付近.jpg
長野県入り
人生2回目の長野入り。

 『2008夏・帰省旅行Cトックリ話(馬鹿話編)』につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/107184778.html
【長野旅行】蜂の子、イナゴ、蚕のさなぎ【名物虫シリーズ】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-664.html

〜〜〜
関連記事:『2008夏・帰省旅行@北関東、鑁阿寺(ばんなじ)』
http://cost-off.seesaa.net/article/105536227.html
『2008夏・帰省旅行Dトックリ話(普通話編)』
http://cost-off.seesaa.net/article/107427433.html

旅行記・九州話(熊本なる日々)カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/1573114-1.html
沖縄旅行・ダイビングカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/4165836-1.html
旅行記・観光カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-8.html

2008年09月12日

2008夏・帰省旅行A足利市

『2008夏・帰省旅行@北関東、鑁阿寺(ばんなじ)』
http://cost-off.seesaa.net/article/105536227.html)の続き。


     『2008夏・帰省旅行A足利市』

 翌朝8:15、対応のいいフロントの人に送られてホテルわかさを出る。
ばんな寺8.jpg 
鑁阿寺(ばんなじ)の楼門
ばんな寺石畳.jpg
大日大門通り、石畳の道
 駅やホテルでもらった観光パンフレットには、「相田みつを青春の道」と書かれていて相田みつをが若い頃に歩いた道だそうだ。涼しい朝とあってか、この辺の雰囲気は良かった。
ばんな寺石畳2.jpg

 ちょっと歩いた脇に突然、足利尊氏の像があった。
足利尊氏2.jpg
征夷大将軍足利尊氏像
足利尊氏3.jpg
 そんなに大きくはなかった。大河ドラマ太平記の後に立てられたのかどうかはわからなかったが、将軍の地元のわりに駅前とか城跡出なくて道端にあるのは驚いた。
 それにあれだけ戦い続けた将軍なのに。鎧姿ではなくこういう服装になってるのが違和感だった。
 歴史的にも後醍醐天皇や南朝側から逆賊扱いされてたし、幕府を開くってのは大変だ。

 そういえば、6〜7月はずっと南北朝物の本を読んでて、最後は『道誉なり』で佐々木道誉(高氏)と足利尊氏のダブル主人公の作品で締めくくったんだった。で、ここ足利市は足利氏の発祥の領地。う〜ん、縁なのだろうか。
(『道誉なり』北方謙三著:http://cost-off.seesaa.net/article/102078524.html

石畳うさぎ.jpg
石畳にあったうさぎのオブジェ
石畳うさぎ2.jpg

 石畳の道を抜けて東武足利市駅へ向かう。
 歴史的な観光地区を抜けたところに多少ビル街あったけど、街の中心部でないのかけっこう寂れてる。人口15万ってこんなものなのか?市役所は駅と反対方向だけどそっちが中心なのか?、と考えながら日曜の朝で人通りの少ない道を歩いた。
足利市、渡良瀬川2.jpg
渡良瀬川にかかる中橋
 ホテルのフロント以外の足利市の住民とは会話どころか発見もせずに足利市終了か?と思ってたら、学生が駅から来てすれ違った。足利市の高校生はかわいかった。かかあ天下ってのは群馬のほうだっけか?
 渡良瀬川は初めて見たけど、河川敷や中洲もあってけっこうでかかった。
足利市、渡良瀬川3.jpg
渡良瀬川
足利市、渡良瀬川5.jpg
↑向こうに歌で有名な渡良瀬橋が見える
足利市、渡良瀬川4.jpg

中橋を渡ると東武足利市駅
足利市駅.jpg
 ほんとは、昨夜行った鑁阿寺の境内や隣の足利学校、織姫神社も行きたかったんだけど、8:37発の電車に乗ってトックリとの合流地点へ向かわなければならず断念した。
 予定通り足利市駅から太田行きの電車に乗り込んだ。

『2008夏・帰省旅行B伊勢崎市境町〜長野』つづく
http://cost-off.seesaa.net/article/106710903.html

〜〜〜〜
関連記事:『北方謙三の南北朝物』
http://cost-off.seesaa.net/article/93562082.html
『破軍の星』『武王の門』
http://cost-off.seesaa.net/article/97577008.html
旅行記・九州話(熊本なる日々)カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/1573114-1.html
沖縄旅行・ダイビングカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/4165836-1.html

2008年08月27日

2008夏・帰省旅行@北関東、鑁阿寺

   『2008夏・帰省旅行@北関東、鑁阿寺(ばんなじ)』

 2008/08/17.今年の夏の帰省はお盆より一週間遅れで、田舎の友達(トックリ)の車で帰ることになった。
 月曜から高知に向けて出発する予定なのだが、北関東が見たかったので日曜から合流する。
 合流場所はさいたま市西区の三橋総合公園プール。帰省して川で泳ぐのに、すでに大宮から泳ぎ始める我々w
 このプールは、420円で時間制限なしなので先に着いたトックリが泳ぎながら待つ中、俺は杉並の部屋を出発。この日の東京は、最近の集中豪雨などの影響かやけに涼しく27℃程度で、荷物を持って駅に向かうにはちょうどいい。 
 JR大宮駅で下車して、バスに乗ろうと駅のインフォメーションコーナーで何番バスかと聞こうとして
俺 「みつはし公園のプールに行きたいのですが」
案内「みはしです!三橋総合公園プール。」
案内の人は、俺の地名読み間違いをすかさずかぶせてきた!
 俺の人生であと何回このプールに来ることがあるだろうか、それを考えるとそんなに必死になってかぶせてこなくてもいいのにな、と思ったが冷静にバス乗り場を聞く。
 
 7番乗り場からバスで三橋総合公園に着くが、二つあるバス停のうちプールから遠いバス停だった。詳しいのは読み方だけかいっw
 公園内をてくてく歩く。大きな木があって都心のビル群よりほっとする。入場券を買う時に受付の人に「コイツ、プールに来るのになんでこんなに荷物多いんだ?」という顔をされたが、でかい荷物は預けて更衣室へ。
  
 トックリとプールで合流。
水温は33℃とかなり高い(通常は30℃)。25m7コースだけのプールで、子供用プールもなく全体的にこじんまりとしてるが、全体の造りがドーム型でガラス張りが多く、外の緑も見えて日光も多く入って温室な感じがして実にいい感じだ。
 俺は城巡りや神社仏閣巡り、温泉巡りと並んでプール巡りも好きなのだ。杉並区だけでも3つのプールを回ってて、熊本では5ヶ所のプールを回っていた。高知はプールより海川なので3つ。
 そんな中でもここ三橋総合公園屋内プールは、コンパクトなわりに意外と点数が高い。水温が高いのも実にいい。シャワー設備は少ないけど、プール内に外の光が入って明るくて気分が良くなる。
 
 軽く45分ほど泳いでトックリの車で群馬に移動する。途中スコールに遭う。この夏の関東は実に集中豪雨が多い。

 車で走って景色は田舎になっても、平野ってのは変わらない。関東平野は実に広い、赤城山まで山がほぼない。しかし、海がないとアクセントがなく、貿易ができないなあって思った。
 小説で、関東移封になった家康が関東八州は「餡のない饅頭じゃ」という台詞があったが、石高はあっても西日本に比べて商業的な利益が少ないという意味だったが、わかる気がする。でも広いなあ、関東平野。関東騎馬軍団と言われたが、騎馬兵が鍛えるには十分すぎるほど広い。

 夕食を食って、明日の午前中まで仕事のトックリと竜舞駅で別れる。
19:50。東武小泉線竜舞駅(群馬県太田市龍舞町)からホテルを取ってる栃木県足利市へ向かうことに。
竜舞駅加工.jpg
無人駅の竜舞駅
竜舞駅2.jpg
群馬で初めて乗った駅。俺以外には客が一人。

 竜舞駅には切符の自販機がなく、代わりに乗降車駅証明書をボタンを押してもらう。
乗降車駅証明書.jpg
竜舞駅の乗降車駅証明書

 こういうシステムがあるのか。田舎の無人駅でも切符の自販機あるのに、ここは経費節約なのか、治安が悪いから置かないのかあと思って帰ってWikiで調べたら、PASMOまたはsuica乗降車駅証明書の機械で利用可能で、切符は駅前の工務店で発売する簡易委託してるとのことだった。

 便数は昼間は時間一本だが、19時台は2本あって10分も待たずに電車が来た。一駅で太田駅着。目的は足利市だが途中下車してみた。
 駅前はビルっぽいが夜8時でもう真っ暗でなにも見えない・・。観光案内所に入るが、イベントで留守番の人しかいなくて、ホテルのパンフだけもらって出た。
 もらったホテルのパンフにはご丁寧にも値段が書いてない。いちいちアドレスをケータイに打ち込んでアクセスしたが、ルートインとかチェーン店のトップページに飛ばされて、そこから関東→群馬県→太田市といちいちパケット代を払って移動したが、さほど安くもないので当初の予定通り足利市へ向かうことにして再び電車に乗った。
 なぜ、一発でわかるアドレスを書いてないのか不明だ。今後ルートインと聞くと、この事を思い出すことにする。

 3駅乗って東武伊勢崎線足利市駅着。初めて栃木県で下車する。初栃木だ。
小雨降る中、じゃらんで予約したホテルわかさを目指して傘を差して歩く。値段は朝食付き4599円、ここからポイントで400円引きになった。
 駅前の渡良瀬川を渡って徒歩10分で到着。
初の栃木で宿泊。なぜ宇都宮ではなく端っこの足利市だったのかは、縁だったのだと翌日わかった。

 雨が降ってるが観光に出る。なぜか、ホテルの目の前がライトアップされた鑁阿寺(ばんなじ)だったから。雨降ってるから翌朝にでもすればいいのだが、俺は朝が弱いから無理だ。それにライトアップされてるのは夜しか見えない。
 チェックイン後、荷物を置いてまた外に出る。でも目の前なのですぐ着いた。
ばんな寺7.jpg
ライトアップされた鑁阿寺
ばんな寺.jpg

ばんな寺3.jpg
楼門と反橋(そりはし)
ばんな寺2.jpg
参道の石畳
ばんな寺4.jpg
境内はライトアップされてなかった。

   『2008夏・帰省旅行A足利市』につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/106455527.html

〜〜〜〜〜
関連記事:『2008夏・帰省旅行B伊勢崎市境町〜長野』
http://cost-off.seesaa.net/article/106710903.html
『2008夏・帰省旅行Cトックリ話(馬鹿話編)』
http://cost-off.seesaa.net/article/107184778.html
旅行記・九州話(熊本なる日々)カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/1573114-1.html
沖縄旅行・ダイビングカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/4165836-1.html


続きを読む→おまけ画像

2008年08月12日

奈良公園・興福寺(奈良観光5)

『春日大社(奈良観光4)』の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/104230715.html

   『奈良公園・興福寺(奈良観光5)』

奈良春日大社入口 加工.jpg
春日大社を後にして、参道を進んでいく。
春日大社参道加工.jpg
樹木の茂る参道
春日大社参道2加工.jpg

奈良公園 (5)加工.jpg
どこでも鹿は健在
奈良公園 (9)加工.jpg
開けた公園部分に出る。
日曜なのでレジャーシートを広げて寝てる家族連れもいる。春のぽかぽか陽気。
奈良公園 (2)加工.jpg
きのこみたいな木
奈良公園追加.jpg
広い

興福寺 (2)加工.jpg
興福寺に到着
興福寺加工.jpg
敷地内に入るのに拝観料はいらない。
 東大寺〜春日大社〜奈良公園〜興福寺と、けっこう飛ばし飛ばしで回ったけど4時間ぐらいかかった。
 後半はハプニングが少なくて普通の観光になったけど、初の奈良はまあまあ。デートには奈良公園は広くていいと思う。
 2008年3月16日にいったけど、3月は2007年夏・沖縄旅行をアップしてたから、8月になってやっと奈良観光は完結。
 3/16は、三重・亀山駅までS川に車で送ってもらってから、関西本線で奈良へ。観光の後、新大阪の隣の東淀川駅のホテルまで移動し通しだった。楽しかった。 

 『奈良観光おまけ画像』につづく。
http://cost-off.seesaa.net/article/113469614.html

〜〜〜〜〜
関連記事:『奈良のストリートパフォーマー(奈良観光1)』
http://cost-off.seesaa.net/article/90149592.html
『鹿と金柑(奈良観光2)』
http://cost-off.seesaa.net/article/92427324.html
『鹿の苑(奈良観光3)』
http://cost-off.seesaa.net/article/101180744.html

〜〜〜〜
続きを読むをクリックすると追加画像が開きます→
続きを読む→追加画像
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。