2007年03月24日

大佐の宴・幹事レポート5

    大佐の宴・幹事レポート5

  『着席』

 さて、残りの8人が8階に上がってきて着席しょうとするが、主賓の大佐が中央の上座に座ろうとしない。なぜか一番下座の入り口から近い端っこの席に座ろうとする。座席の位置までは決めてなかったんだったが、
俺 「大佐は主賓だから、真ん中だよ。そこだと人の出入りもあるし、端っこで話づらいじゃん。」
大佐「う〜ん、大佐はトイレに行きやすいからここでいいんだけど・・。」
俺 「そう何回もトイレ行かないでしょ。主賓はこっち!他は各自自由に座ってー。」

 大佐の宴だと言うのに、大佐はなぜか気配りをしてる。どむさんだったら、
どむ「ハイハーイ!主賓のどむさまは当然上座ですよー!」
と、先頭切って上座に座るんだが、大佐の人柄だなあ。
 俺が端っこに座ろうとしたら、皆が大佐の対面の真ん中を幹事用に譲ってくれたんで(ありがとう)、結局こうなった↓。

     クゥタツ大佐コウ男爵
←入口 マータケ 俺 クマケイ


 いよいよ、乾杯の音頭を取ることになったんだが、俺はてっきり簡単な主賓の挨拶があるかなと思ったんだが、
大佐「え〜では・・、おつかれさま〜。」
一同「カンパ〜イ。」
えーー、普通の週末の飲み会と同じじゃんw
でもこれでいいか。今日で大佐がいなくなるわけじゃないし、大佐はやはり照れ屋なのだ。
 

   『注文』 

 飲み物とコース以外の分の料理を頼むんだが、ここの店員は日本語が結構微妙で、普通のメニューを頼んでも、しつこく「コースマダマニアウヨ。」とコース用メニューしか持って来ず、少々キレ気味に「普通のメニュー持って来て下さい!」というと持ってきた。
 で、店員の質が・・と思っていると、
コウ「東十条店はもっと店員のクォリティ悪いよw」
俺 「え?ここも日本語微妙だよ。」
コウ「いや、あっちはね、なんていうか客商売してるって感じがしないw接客がもうね接客じゃない、すごいよw」
男爵「そうだよw安いけどね。」
どんな対応なんだろう?w

 普通用のメニューが来て、店選びで迷った東十条店との値段の違いを男爵にチェックしてもらう。
男爵「う〜ん、同じ値段のもあるけど、やっぱオススメの半額メニューがない。あと飲み物がちょっとだけ高い。」
なるほど、やっぱ上野と東十条の違いが出たか。
 まあ、食べ物はコース料理の量でほとんどお腹膨れると思うから、コースの様子みながら、注文することに。
 
 で、飲み物の注文で大佐がビールを注文したんだが、他の梅酒や杏酒(シンルチュー)、ウーロン茶は来たんだが、ビールが来ない。
 温和な大佐もビールが来ないとなると、少々気になり、
大佐「日本語じゃないからビールだけ来ないのか、すいませーん、ビール!」
俺 「いや大佐、ビールも外来語で日本語だよ。」(発音はビァ-だから)
 
 すると、大佐の元に中ジョッキビールが2本運ばれてきた(笑)。ほんと日本語微妙だw

 ふと、『サザエさん(4コマ漫画のほう)』で、波平が店に入ってカレーライスを注文するが、返事がないので、さらに2回「カレーライス!」と叫ぶとカレーライスが3つ来て、店主に
「なに1つ?だったら一度言やぁいいんだ。」
って言われる話を思い出したw

 宴はやっと始まった。

                     つづく

posted by コスト at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 宴シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

大佐の宴・幹事レポート4

大佐の宴・幹事レポート4

  『大佐合流』

 どうにか、上野の合流ポイントABAB前のマックにたどり着いた。が、やはり後続のほうは遅れているので、先行して待っていたタツさんに、マック2階で待っている大佐とコウさんを呼んで来てと頼んだ。
 その間俺は、後続との集合目印としてマック前で待つことに。
 
 遅れてきた後続部隊も到着し、移動組8人がそろった。しかし、予約の19:30になったというのに大佐達が降りて来ない。皆、寒い中待たせされてるため、
「大佐は?2階?なんで降りてこないの?」
「PSPやってるんじゃない?コウさんと。」
「えーっマックで?それはちょっと・・。秋葉ならともかくさあ。」
「俺なんか、秋葉以外のマックでPSPやってたら、注意されて出たよ。」

 段々、大佐達への批判が出始める。まずいな、今日は大佐のための宴なのに。呼びに行ったタツさんは何してんだ?
仕方ない、呼びに行くか。
 
 マックの2階へ上がると、大佐とコウさんはPSPでモンハンに熱中しており、さらにタツさんは、
「あ、これ何ですか?へぇー。」
などと盛り上がっていた。一緒に遊んでるんじゃないよ!まったく。近づいて、大佐に全員そろっていることを伝えるが、
大佐&コウ「うん、もー終わるー。」
ネタな幹事「もう予約の19:30でして・・。下々の者が外で御大の出馬を寒い中待っておりますので、そろそろ・・。」
ネタな大佐「うむ、幹事大儀。よし、終わった。」

 やっと大佐も重い腰を上げ、下で10人合流して、横断歩道を渡って、香○亭のあるビルへ。


   『入店』

 エレベーターは他の客もいたので、まずタツさんと男爵と俺が先に乗って、露払い役として店に入る。
 予約と名前をいい、予約席に案内してもらうが6人テーブルだった。予約時に10人全員すぐ来ないので、まず6人(コース料理)で予約していたので、席が足らない。で、他の客に移動してもらって10人(予備1人)のテーブルを確保。

 なぜ、10人なのに6人はコース料理で、他4人は普通に注文する形にしたかというと、
・コース以外の単品の値段がネットじゃわかない
・値段がわかる定額コースのほうがいい人がいる
・飲むだけの人やあまり食べない人にはコースは損
・コース料理は予約制で、欠席者が出るとまずい

 などの条件を予約前に大佐と相談した結果、大佐は幹事の勘に任せるとの指令(丸投げw)を出したので、俺は直感で6人はコース料理で、4人は遅れて来るから普通に注文するという形にしたのだ。
 実際、ネットで調べるとコース料理は余るぐらい来るとあったので、ギリギリまで考えたが勘(直感)を信じて、6人分コースで決定したのだ。

 つづく
posted by コスト at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 宴シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

大佐の宴・幹事レポート3

  大佐の宴・幹事レポート3

  『移動U』

 やっと上野に向かって移動を始めた我々8人。しかし、俺は山手線の東側(城東地区)は不案内だ。秋葉だって、地下鉄から来た時は迷ってしまうほどだ。
 秋葉〜上野間を歩くことは考えてなかったし、いきなり地図も見ないで歩き出して、こっちで方向あってるのか?遅刻者誘導用にポケット地図を持ってきてたので、ケイさんに地図を見せて方向を確認してもらって再び歩きだした。

俺 「そういやケイさん、久しぶりだよね。全然来なかったじゃん。」
ケイ「ずっと卒論仕上げてたよ。」
俺 「4年だったよね。進路決まったの?」
ケイ「院に進学しますよ。」
俺 「そっか、よかったよかった。2ヶ月ぐらい書き込みなかったから、遊び過ぎで留年とかもめてるのかと思ったよw」

 などと、和やかに会話していたが、ふと気づいたら、我々のキャラバンは先頭から後ろまで25m以上も離れてしまっている。先頭が次のブロックの信号を渡る時に、後ろは同じブロックに入ったばかりという間延びした状態になっている。
 なぜ間に25mプールがすっぽり入る状態になっているんだ?

 とりあえず、一人先頭でガンガン歩いているタツさんのところまで行き、
俺 「タツさん、ちょっと待ってよ。後ろめっちゃ遅れてるから。」
タツ「俺、あんなにゆっくり歩けないですよ。ほら、足が長いから。」
と、非常に疑問な台詞を吐いて、一人で信号を渡ってしまった。
 まったくもう、薄着だから寒くて動いて温まりたいのか、後ろを見ない末っ子育ちだからわからないが、タツさんはとっとと先に行ってしまった。

先頭:タツさん
中間(良識派):男爵、ケイさん、クマ、マー君、俺
最後尾:タケミツさん、クゥさん

 とりあえず、中間の集団に戻り歩くスピードについて協議。
俺 「やばいな、後ろのスピードに合わすと19:30までに上野に着けそうにない。クマ、今何時だ?」
クマ「19:20前です。間に合いませんよw」
俺 「あ、地下鉄だ。地下鉄で上野って行ける?」
ケイ「仲御徒町から一駅で上野ですよ。でもそれだとかえって高くなりますよ。」
俺 「そっか、初乗りが高いんだよな。寒い中歩いたあげく、160円払うんじゃ意味がない。」
ケイ「それに、後ろのスピードで歩くほうが返って疲れますよ。」

 で、その最後尾のタケミツさんとクゥさんだが、春からの社会人の心得でも話してるのか、かなりゆっくりだ。クゥさんは、あの長い足(身長が一番高いから)で、あの牛歩戦術は一体何なんだ?仕事関係の帰りでスーツ姿で寒いせいか?

これがもしわざとだとしたら、EVilクゥさんだな。
E.クゥ「タケミツさん、幹事困らせるためにゆっくり歩きましょうよ。」
タケ 「おまえ悪いヤツだなぁw」
E.クゥ「タケミツさんなら、コストさんも文句言いづらいでしょうからね、ケケケッ。」

てな、会話してるんじゃないだろうな。
仕方ない、声出して誘導するか。コース料理注文してる以上遅れるとうるさいからな。
俺 「皆さーん、もう少し急いでくださーい。はい、ピッチあげてー。」
なぜ俺は、ツアーガイドのようなことまでしているんだろうか・・。

                    つづく

続きを読む
posted by コスト at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宴シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

大佐の宴・幹事レポート2

大佐の宴・幹事レポート2

   『集合』
 2007/02/24 18:30秋葉ゲーセン着。19:00に移動開始と書いておいたが、主賓がいない。メールするとすでに上野の会場前のマックに陣取ってるとのこと、さすが大佐。そうなると秋葉に集合した連中は俺一人で引率か。皆大人だからまあ、問題ないだろう。

 ハチ(けろ)さんは、予定通りゲーセンまでで用事があるとして、ペパッチ(ぺちに)は欠席のはずなのに来てるので誘ったが、20時から飲み会が2連発とか言っている。仕方ない奥の手を出すか。

___[ネタ(小説)バージョン]_____________
俺 「そっちのデートだが用事だかを早めに切り上げて合流してくれねぇか?」
ペパ「無理だな、2つもあるんだぜ。しかも宴よりも先に約束したからな。」
俺 「そうか、仕方ねえな。ほら。」
ペパッチに大佐鍋の写真を渡す。少なくとも彼女には見せられない写真だ。
ペパ「い、いつの間に・・。」
俺 「伊達に重ったりぃ一眼レフを持っていってないぜ。
   今はネット社会だ、クリック一つで情報発信できる時代だ。言いたいことわかるな?」
ペパ「脅しかよ・・。」
俺 「普通の飲み会ならこんなことまではしねえがな、今日は大佐の宴だ。ラスト30分でいいんだ、頼む。」
ペパ「・・約束はできねえ。ただ、どこにいるかは知らせてといてくれ。」
俺 「わかった。待ってるぜ。」
こういう返事の時のヤツは、今まで外したことがない。つまり来るという意味だ。

ゲーセンにペパッチとハチさんを残して、移動する8人で外へ出る。
________________________________

  『移動T』

 秋葉から上野へ移動するメンバーは、タケミツさん、クゥさん、マー君、男爵、ケイさん、クマ(イッパソ)、俺の8人。

 俺はてっきり電車で移動だと思って駅に行こうとすると、歩いて行こうという意見が出た。確かに2駅だし、無理すれば歩けないこともない距離だ。しかし、この寒さとコース予約した以上30分で確実つかないとまずい。
 しかし、学生が半分いるし、130円でも往復考えたら節約したいのもわかる。ただ、彼らはゲーム代にその何倍も使っているのだが。
 そこへ、タケミツさんが
タケ「タクシーでも初乗りでいけるぞ。4人ずつ乗れば、電車と変わらないぞ。駅まで行かなくてもいいぞ。」
 と、意見を出した。
 皆の意見聞いてたら、まったくまとまらないし、しまいにはクゥんだかマー君だかが、
「じゃあ、幹事の奢りでタクシーで!」
 などと無意味に引っ掻き回すこと言い出しやがって、それを封じるのにまた一悶着だ。くそっ、大佐はうまいこと先に現地着いてるし、俺は幹事だけど、別にリーダーシップがあってやってるわけじゃないんだ。
 歩くにしてもここで時間食ってたらダメだろうに。とか言い合ってるそばから、2人ほど勝手に上野に向かって歩き出した。なし崩しに歩くことに。まあ、いいか、動き出したんなら○だ。

 100の意見よりも1の行動だな。

 つづく

posted by コスト at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 宴シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

大佐の宴・幹事レポート1

   大佐の宴・幹事レポート1

 大佐には、鍋をはじめとして色々借りがあるので、俺企画で宴を計画し、幹事をやることになった。

 『店チョイス』
 一年前のどむさんの宴では、俺が出席担当、大佐が店担当と分担して幹事したが、それでもややこしかった。まあ、今回は永く続いてる仲間だから問題なかったが、店はやはりすんなりとはいかなかった。

 大佐は、皆の懐具合も考えて、好きな食べ物ではなく「安いとこ近いとこ」をリクエストした。
 大佐は酒豪なので、秋葉周辺で呑み放題付き三千円の店を2件ほど、ネットで数時間かかって探して提案したんだが、

85.[大佐]02/24(土)03:38
大佐は(十条の)香港亭がいいお^^
安くてお腹いっぱい^^

86.[大佐]i*02/24(土)07:03
香港亭…(´・ω・`)

との書き込みがあった。調べてみると、条件の「安いとこ近いとこ」に当てはまらないが、大佐の宴である以上、大佐の言葉絶対だ。
 実は、俺の提案した2件では二千円〜三千円のクーポンがあったので、それで大佐の分はタダになるだろうと計算していたんだが、大佐が食べたい物のほうがいいだろう思い、急遽香港亭に変更した。

 しかし、十条では中央総武線方面からの参加者(タケミツさん、クゥさん、マー君、タツさん、クマ、俺)にとっては、遠くて終電が早くなるので、上野店にした。予約する前に大佐に電話して上野店でいいかと聞いて決定したんだが、大佐は寝ぼけて電話をとったらしく後で、「いつ香港店に確定したんですか?」
などと言ってた。ちょっともぅw

 問題は値段が店によってどう違うのかネットではわからないので、電話で聞いたが、日本語が微妙な店員が
「ソンナニカワラナイョ。ホトンドイッショヨ。」
と言うので、不安ながら信用することにした。

 が、他参加者から「はあ、8時30分?遅っ」(タツさん)、「俺の名前が参加名簿にないです、俺は用無しですか(泣)」(クマ)などなど、注文が相次いだ。
 それもよく調べてみると、欠席予定(後に参加表明)のタツさんの書き込みだったりと、大佐の宴は幹事いじめOKみたいは雰囲気が漂いだした。

      つづく

続きを読む→
posted by コスト at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 宴シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

大佐の宴・速報レポ(ver.3)

   大佐の宴・速報レポ(ver.3)

 大佐の宴は、ハチさんとペパッチは秋葉で別れたが、ほぼ予定全員出席の上7時に上野に向かって歩き出した。電車・タクシー(4人で割れば安い)の選択肢もあったが、どむさんの宴の時も大久保から西新宿まで歩いたように、我々は歩き出した。
 ペパッチ@「幹事きらいw」は、終盤の0時前に2つの飲み会を乗り越えて、真っ赤にできあがってた顔で参戦してくれた。これで今日は、住人のほぼ全員の顔がそろった。(名古屋のどむさん除く)

 上野のABABの向いのマックで大佐とコウさんと合流、計10人となる。主賓の大佐だが、マックでPSPに興じておりなかなか腰を上げない。仕方なく、
俺 「御大、下々の者が外で待機しておりますので、そろそろ・・。」
大佐「うむ、じき終わる。」
その間外では、
下々の者「秋葉じゃないんだから、マックでPSPはちょっと・・。」
 で、19:30予約の時間ちょい過ぎに入店。

 が、1次会がグダグダで、大佐に申し訳なかった。

<原因>
1.盛り上げ役A級のN(ニコレン)とペパッチがいなかった。
2.上野の香○亭の中華の味が、あまり日本人向けでなかった。もろ中国本場の油っこい、味の濃い、ご飯でなく水が進むという味であった。
 要するに全般的に辛い!ご飯なしではきつい(コースでは後半にチャーハンが来る)。俺はエビチリを食うのに30分かかった。バイキングでありがちな濃い味で水で腹を膨らます方法か?男爵とタツさんが結構食べてくれて助かった、ご両人乙。
3.写真撮ろうとして俺にブーイングの嵐、ちっ。
4.帰りのエレベーターで10人目で俺が乗ろうとしたらブー!!、俺一人乗れず降りた。誰一人一緒に降りなかった・・。次を待ってると置いてかれそうなので、8階から階段走って降りた。え?幹事いじめ?

<いい点・言い訳>
1.値段は安くすんだ(コースの人数と量は大体計算どおり。それでも後半は、味のせいで箸が止まり余った)。
2.味は俺の責任じゃないです。(行ったことない店だから)
3.マー君とクゥさんが対面で座り、クゥさんがマー君の集中口撃を一身に受けておもしろかったwクゥさん乙。

 1次会後は、上野のゲーセンで種1セットを占領して身内対戦。ここで、10時頃N合流、タツさん撤退。Nは金色カラーのチャリを「マイ・暁!」(暁:金色のモビルスーツ)などと言ってたwサービス残業後の合流乙。(今度女紹介してくれ。)
 
 身内戦は、やはりコウさんが一番強かった。
俺は、Nとクマと組んだ時に各1勝の2勝5敗。

 23:30でゲーセンが閉まり、上野駅に移動。タケミツさんとケイさんが撤退。0時頃、ベロンベロンの真っ赤な顔をしたペパッチがホーム上で合流。最後のゲスト出揃う。

 大佐達は男爵の地元に行くことに、俺はクマの人生相談(就活相談)のため一緒に電車で帰ることに。幹事が先に帰ってすまそ。
 
 俺は楽しかったけど、大佐鍋の借りが十分返せなかった。申し訳ない。できれば、大佐がいる間に麻雀でもやりたいと思う。
posted by コスト at 01:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 宴シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

大佐の宴 本日開催!

 本日、大佐の宴開催〜

 出席者:大佐、タケミツさん、コウさん、マー君、クゥさん、男爵、グレート(はぐれ)さん、俺、ケイさん、クマ(一次会のみ10時前まで)、タツさん、N(9時ぐらいから合流予定)、ハチ(けろ)さん(7時まで参加)

 1次会は中華で夕食、2次会(あれば)は居酒屋で呑みです。
配布物は、大佐鍋の時の写真など。
 
 祝福される人は、卒業・就職・サヨナラ東京の大佐と、同じく卒業就職の決まったクゥさん、はぐれ(グレート)さん。


 幹事とは、出席者のわがままの集中砲火を浴びるものだとよくわかった。
今回の集中砲火は、
・店は安いとこ!近いとこ!(この辺はいい)
・提案した店が「微妙に遠い→却下、再考を」(この辺もまだいい)
・開催時間がおせーよ!明日用事なんで早めにして〜
・結局、中華の○○亭がいいー(先に言ってください・・)
・出席表に俺の名前がねえ・・俺は用無しですか?←単なる書き忘れです(汗)
・欠席理由が「幹事がきらいw」←すごくショック(冗談です^^)


 俺の人生で次の幹事は無さそうです。



posted by コスト at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 宴シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

大佐の宴日程決定!

 大佐の宴の日程は2/24(土)に決定

 大佐は、3月は部屋探しで名古屋との往復などでほとんどいないそうなので、皆出席でよろしく。

 現在の出席予定者は、大佐、タケミツさん、コウさん、マー君、クゥさん、男爵、グレート(はぐれ)さん、俺、ケイさん

微妙:ペパっち←無理から出席要請中
仕事(学校)終わって夜から合流:N、クマ(イッパソ)、ハチさん(顔出し程度)

店は、大佐が安いとこにしょうと言ってるんで、安いとこを予定。
posted by コスト at 14:57| Comment(8) | TrackBack(0) | 宴シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

大佐の宴日程連絡

  大佐の宴の日程予定です。
大佐からの連絡によると来週以降ということなので、2月24日の土曜日を予定。一応3月3日は予備日。
 出欠はここにコメントを書くか、メールで連絡を。

 
posted by コスト at 21:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 宴シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

大佐の宴&卒業就職組飲み会告知@

   大佐の宴&卒業就職飲み会告知@

 我らの大佐が東京撤退する日が近づいてます。
みんな大佐には世話になったと思うんで、大佐の宴の開催を提案します。
併せて同時期に学校を卒業就職組(クゥさん、コウさん、はぐれ(グレートさん)他)飲み会も一緒にやっちゃいましょう。

現時点での予定は、
時期:2月後半〜3月中の大佐と卒業就職組の都合がつく日(大佐の連絡待ち)
曜日時間:社会人も出席しやすい土曜か祝日前
内容:大佐の食べたい物(前回のどむさんの宴は寿司食べ放題)
店担当:タケミツさんに依頼予定
出席担当:俺、このブログに書き込みで出席表明
 
 現在の卒業就職活動の状況は、
大佐・・・卒論発表中、就職活動は内定済み
クゥさん・・・内定済み、3月から研修予定
コウさん・・・就活中(ガンバッ!)
はぐれ(グレート)さん・・・卒論関係と就活ともに完了?

予定や出席者が決まっていけば、大佐の宴Aの記事で書いていきまーす。
posted by コスト at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 宴シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

2006忘年会 その4『祭りの後』

  <2006忘年会 その4>

 翌朝、2006年大晦日。午前10時過ぎ。
 部屋のテレビ側の壁際で、寝袋並みの分厚いコートと布団に包まって寝ていた俺は、騒がしさで目が覚めた。やっとアルコールが抜けてきた。
 部屋ではまだ家庭版連ザUの対戦が続いていた。みんな寝ずにやってたのか?
確か、昨夜2時半ぐらいに俺は酒と食べすぎで眠りについた。
その前に凍死を防ぐため分厚いコートで来たし、大佐にも「布団くれ!」と主張して掛け布団を確保。おかげで、壁際で窓からくる寒さを乗り切った。

 俺が寝付く同じぐらいの時間に、テーブルの向い側のどむさんも慣れた我が家のよう寝る体勢へ。
どむ「俺、普段平日は11時ぐらいに寝てるんだ。いや、仕事はフレックスタイム制だし、コアタイムを計算すれば午後からでもいいんだけど、新人だからな。」
 いや、どむさん、徹夜しなくていいんだよ。皆疲れて順に寝るんだから。そのどむさんはすでに起きていて、騒いでる。すげーなw 

 周りをみると、男爵、大佐、タケミツさんが死亡してる(寝てる)。
シャッターちゃ〜んす!
 すやすや寝顔の男爵と、なぜか腕組みして体を右側に傾けて寝る大佐を激写!重い一眼レフ持ってきたかいがあった。タケミツさんは角度的に撮りづらいアングルで撮れなかった。

 ペパっちは起きてる。俺は酒を出すために、夜中時々トイレに起きてたが、ペパっちはずっと起きてたはず、寝なくていいのか?
 と、思ったら、俺が起きて場所が空いた途端寝始めた。

 俺は午後から用事なので、撤退すると伝えて先に帰ることに。


 玄関のドアを閉めて、思った。
「来年の春には、大佐はもういないんだよな。この部屋も。・・まあ、まだ時間はある。」
 俺はレインボーブリッジを踏破する約束があって、大佐宅を後にして、お台場へ向かった。

 その後、残った8人は秋葉に繰り出して散々遊んだらしい。

___________________________________________________

   『祭りの後』

 大晦日の夜、片付けたとはいえ、散らかった部屋に大佐と東京で年越しするどむさんだけが残った。

どむ「散らかったな。」
大佐「いつものことだ。」
どむ「もういいだろう。まさか、俺が名古屋からどんちゃん騒ぎしにきたわけじゃないのはわかってるな。」
大佐「ああ、わかってる。」
どむ「卒業するんだな?」
大佐「するさ。来年の春は、名古屋だ。」
どむ「去年一緒に卒業のはずが、俺だけ名古屋行きくらったからな。」
大佐「すまねぇ、今年は大丈夫だ。」
どむ「みんな知ってるのか?」
大佐「まあ、勘のいい数人はな。」
どむ「俺の時みたいに宴やらないのか?」
大佐「二番煎じは好きじゃねぇ。それにガラでもねえ。」
どむ「俺がガキみたいってことかよ。ほんとは俺様ほど人望ねえから、開いてもらわえないじゃねえの?(笑)。」
大佐「キャラクターだよ。大体テレくせえんだよ、名古屋行くぐらいで。
   それに会社もおまえと同じとこじゃねえか。つくづく腐れ縁だな。」  
どむ「高校からだから、いい加減長いな。」
苦笑する二人。 
大佐「春からどむ先輩かw」
どむ「先輩じゃねえ、上司だ!(笑)会社組織をなめんなw」
大佐「ハハッ、おまえ係長になったんだったな(笑)。」

どむ「まあでも、黙って行くにもわけいかんだろう。
   いくら連ザで知り合ったと連中とはいえ、1年以上の付き合いだ。
   こっそり引き払って、名古屋から報告だけなんてさすがに怒るぜ。」

大佐「・・しめっぽいのは嫌なんだ。おまえの時みたいに東京駅まで見送りなんてありえねぇよ。」  
どむ「ちょっwおまえ、やっぱ俺バカにしてるだろ?」
大佐「ハハハw。」


そんな会話があったかもしれない。

   いつまでも あると思うな 大佐と鍋


posted by コスト at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 宴シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

2006年忘年会の風景 その3簡易版

   <2006年忘年会の風景 その3簡易版>

  『タケミツさんの蟹』

 遅刻して来た者は食べれなかったが、スタートは寿司の大パックから食べ始めた。
 次に大佐が作った三段の鍋。うまかったのは憶えているが、中身はアルコールが入ってよく記憶があやふやで描写できない。
 で、空になっていった鍋に対して、遅刻してきた物が買ってきた食材さえも食い尽くしてきたので、買出し部隊が編成されることになった。
俺は、この夜中に外は何度だと思ってるんだ?食い意地張って凍傷になっても知らねえぞ。と、待機組に。

 タケミツさんを中心とする買出し部隊が、夜中寒空の中出発。
で、高級牛肉、普通肉、豚肉、蟹とともに戻ってきた。

 再び鍋戦線再開。その時の鍋奉行はタケミツさん。
俺は、腹の容量がすでにオーバーしていたが、セーブしつつ戦線を維持。

タケ「ほら、おまえら安い肉先に食ってろ!
   豚で腹を膨らませろ!
   俺は高級和牛を食うんだ。」
などと、指揮を執っている。
そして、蟹のところで会話を聞くと、どうも蟹購入の際にそうとうブーイングがあったらしく、
タケ「ほらみろ、俺が蟹がいいっていった時は反対しやがって!
   反対したヤツには食わせねえ、肉肉いいやがって。」

推測するに、
「蟹なんて殻ばっかで食べるのめんどうだよ。」
「身なんて肉より少ないよー。」
「フォビドゥンは食べられません!」
などと、反対意見があがったのだろう。

しかし、反対意見を押しのけて買った蟹はスマッシュヒット!肉に飽きた皆が殺到する。
俺は蟹が好きなので、当然食う。
う、うまい。
タケ「蟹は味つけなくてもうめえよ。」
さらにそれをダシにして蟹だしうどんを食った、透明なスープに味付けはないのにおそろっしいほどのダシが強烈に出てて新鮮な味だった。
北海道人はこんなものしょっちゅう食ってんのか、ちょっと北の国に嫉妬。


  『元気のないマーさん』

 来た当初、マーさんにブログの出演許可を取ったが、
俺 「マーさん、今度ブログに出てよ。」
マー「まぁ、そうですね・・。」
と、まったく普段の攻撃的スタイルのマー君でなく、鍋パーティーなのに元気がない。
俺 「なんだよー、元気ねえなー。」
ペパ「あー、マー君はさっきどむさんにビルダーで4連敗したから、元気ないんだよw」
 まさか、最年少のマーさん相手に名古屋で一人ビルダー神となったどむさんが本気で4回も叩きのめしたというのか?
どむさんをチラッとみると、
どむさんは、不敵に笑った。

お、大人げなさすぎるw


______________________________________

2006忘年会(どむさま祭り)の写真は、2〜3月の大佐の宴にて焼き増しして渡します。内容は、
・高級山盛り肉を抱えて笑うどむさん&男爵&俺の3ショット(コウさん撮影)
・撮られてるとも知らず、ミニプラを作るペパッち他3人
・翌朝疲れてすやすや寝る男爵、なぜか腕を組み苦悶しながら寝る大佐
etc

続きを読む→その1、2
posted by コスト at 20:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 宴シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

2006年忘年会の風景 その2

   <2006年忘年会の風景 その2>

    『どむ係長の華麗な皿洗い』


 なぜ、名古屋に行ったはずのどむさんがここにいるかというと、名古屋での仕事納めの後、そのまま新幹線に乗って上京してきたからだ。
よって、今日の忘年会は「どむさま祭り」になってしまった。

 この春から名古屋に行ったどむさんだが、日々の掲示板への書き込みや夏の名古屋遠征(俺は帰省してて欠席)などで連絡はしてはいたが、会っていないので俺は例によって顔を忘れ、大佐宅に入ってコートを脱ぎながら、気づくまで5分ほど迷っていた。

 あれっ?知らない人がいる。誰だ?でもどこかで・・
俺 「ああっ!どむさんじゃないか!」

どむ「そうだよー、どむさんだよ〜。」

 そんなどむさんだが、係長に昇進した(ただし給料はダウン)時の書き込みを紹介した
( 『笑いの選択を その2』:http://cost-off.seesaa.net/article/29439632.html
それについて社会人でトーク。
男爵「どむさん、係長に昇進したんだよね?」
どむ「そうだよ〜、なのに給料はダウン〜。」
俺 「ええー、おかしいよー。役職手当てとかつくはずだよー。」
男爵「それに基本給とかで上がっていくはずだよ。」
どむ「うちの会社は、昇進すればするほど補正がかかってくるんだよw」
 などと、連ザやってない人にはさっぱりわからない説明をしていたが、連ザオフなので納得。
昇進で傷心かw

 そんな中で鍋は進み、気づけば汚れた食器の山がたまっていた。
そう、我々は大佐に料理の全てをまかせ、料理が出ればハゲタカのようにがっつき、終われば
「大佐ぁ、鍋の続きまだ〜。もう鍋空っぽだよ〜。」
と、チンチンと食器を箸で叩いて要求はするが、全然手伝わず連ザ対戦、マンガ、果てはミニのプラモを作り出すとやりたい放題やっていたのだ。
 
 さすがに、鍋でラストの蟹のだしうどんを食った後は、鍋と食器を片付けることになり、
大佐「ほらほら野郎ども片付けるんだよ〜、どこまで俺だけ働かせるんだ。」
まったくごもっとも。
皆で片付けに手をつける。皿が流しにたまっていく。手が汚れるので皆食器洗いは敬遠している。
大佐「ほら、どむ洗って洗って。」
どむ「なっ。名古屋から来たこのどむさまが皿洗いぃ?
   ヒラとは違うんだよ!ヒラとは!」

男爵&俺「でも給料ダウン〜。」
大佐「いいから、どむ洗うの!ほら!」
どむ「チクショー、係長昇進の皿洗い見せてやる!ドンドン持ってこいー!ヒラとは違う皿洗い見せてやる!」
俺 「うわーい、係長どむさんの皿洗いだーw」

そう、ここでは部下のいる係長であろうと関係ないのだw

 どむさんは、2006年2〜3月のどむさんの宴(名古屋行きの別れの宴)で、
どむ「4月から社会人だ、もうゲーセン行かないぞ。社会人だぞ、学生とは違うんだ。」
ペパ「ぜったい足洗えっこねぇよw。」
 などと、カッコつけて話していたが、今、大佐宅で自ら「どむさま祭り」で召集をかけ、一人皿を洗ってるw
 さすがに仕事あるし、名古屋だともう会えないと思ってたどむさんが来て、騒ぎまくってるw

 どむさん、新幹線での上京、乙。 


続きを読む→その2のあとがき
posted by コスト at 00:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 宴シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

2006年忘年会の風景 その1

  <2006年忘年会の風景 その1>

 2006年12月30日 大佐宅にて
大佐プレゼンツの鍋中心の忘年会(「どむさま祭り」)が決行された。
参加メンバーは、大佐、どむさま(名古屋から参戦)、タケミツさん、ペパさん、コウさん、マーさん、男爵、クゥさん、俺の9人。

酒を飲んでしまったため、時間を追っての記事は書けないので、記憶の断片からエピソードを再現。


  『通信ボタンどれ?』

 当然ながら、連ザオフの忘年会なので、連ザUの家庭版が持ち込まれプレイ。
 俺は、イッパソ(クマ)さんから一週間ほど家庭借りてやったが、二人でIルート(一人だと難しいルート)をやるのは初めてだったので、コントローラーのボタンを確認しながら、
俺 「あれ?通信ボタンってどれ?」
と、うっかり尋ねてしまった。その瞬間!
ペパ「おめー画面の端っこ見れねえのか!wハイッ地雷ーw」
と、ツッコまれた。その間約0.89秒!

 くっ、そうだった。家庭版は二人プレイでも画面2分割なので、味方(敵)の体力や状態は画面の端っこを見ればわかる。俺としたことが、久々に天然やっちまったぜ。
 それをすかさず、それも1秒たたないうちに、しかも組んでるコウさんよりも早く、後方からペパっちの厳しいツッコミが飛んできやがった。

 ちっ、ペパっちめ。人の天然的おちゃめなミスをここまで大きく広げやがって、気づいてなかった人まで笑ってやがる・・。おぼえてろ!(冗談です^^)
 

  
   『欠席者裁判』

 9人というなかなかの出席率ながら、常連で来てない者への欠席裁判が当然開催された。
タケ「二コレは女で欠席だ。」
俺 「あれ?クゥさんは16:30ぐらいに大佐宅向かうって書いてあったのに来てないな。」
どむ「呼び出してやる!どむさま祭りを何だと思って・・」
電話をかけるどむさん。
どむ「ハイハーイ!どむさまでーす。早く来ないとヤバイよーw。etc(以下自粛w)。」

大佐「あれ、イッパソさんも来てないね。」
コウ「鍋嫌いなんじゃない?前も来てなかったよ。」
大佐「好き嫌いでもあるんじゃないかな?」
俺 「好き嫌いあるのケイさんじゃない?食べれないのあるから。」
大佐「ケイさんは前の鍋とか来てたよー。」
コウ「大佐の鍋で来てないってのは良くないなー。それか人の部屋来るの嫌いとか他の理由あるんじゃない?汚い部屋は嫌だとか。」
大佐「失敬な!ちゃんと掃除してますよ!」
俺 「ああー、育ちいいからそうかもなあ。まったくクマは・・。etc(以下自粛w)。」


ちなみに、クゥさんは大遅刻して参戦。
そのため皆に
皆 「V○Pに1日中張り付いてるんじゃねえぞw」
クゥ「張り付いてなんかないっすよ、デマ流さないで下さい(困)。」
などとからかわれていたw
ま、大遅刻したんだから仕方ないな。


posted by コスト at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宴シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする