2008年05月16日

土門拳文化賞・奥田 彰人展(ver.2)

 昨日(5/15)、お昼に新宿にいたので、新宿ニコンサロン (新宿エルタワー28階)に寄って、第14回酒田市土門拳文化賞受賞作品展・奥田 彰人展を観てきた。

 [HAPPY PEOPLE]とのタイトルで、2004年9月から06年1月にかけて撮影した、熊本県水俣市とその近郊の人々をモチーフとしたモノクロ写真30枚で、戦争やら派手な写真はないのだけど、すごく良かった。
 熊本好きなので、熊本ってだけで点数は甘くなるんだけど、人がすごくいい表情してて、これは撮れないなあって思った。
 S川と鹿児島行った時に3号線で何回も水俣市を通ってて、写真の不知火海(八代海?)もどこか見ていてから懐かしい。それだけに写真に撮るような簡単な素材がある場所でないのも知ってるから、あの写真はすごいなと思った。水俣病を安直に結びつけるような写真は一枚もない。

 しかも、プロフィールに撮影のために水俣に1年4ヶ月も移り住んだとある、すげえなあ。だから撮れてるんだ。あの表情はパッといって撮れるもんじゃない。

 が、あの「南国少年パプワくん」に出てきそうな3人組の写真は、最後まで意味がわからなかったwあれは一体なんだ?本人?
okudaakito.jpg
南国少年パプワくん風の写真(ニコンサロンHPより)

ちなみに5/26まで写真展は開催中。入場無料。

<追加2008/06/17>
後日、来場者にお礼状が来た。そこにパプワくん風の写真が載ってたのでアップ。
おくだあきと。加工.jpg
写真はおくだあきと。さんのお礼状より

〜〜〜〜〜
参考:新宿ニコンサロンHP
http://www.nikon-image.com/jpn/activity/salon/exhibition/2008/05_shinjyuku-3.htm


posted by コスト at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・ドラマ等レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。