2008年03月19日

ネット回復、更新再開

 ネットの回線回復しました。原因は旅行中に起こったらしい停電と、建物内の配線でした。N○Tの修理が来て、古い配線を換えて直りました。これで更新再開できます。

 しかし、毎度N○Tのサポートとは相性が悪い。
まず、前日に明日指定の時間に電話すると言ったのがかかってこない。こちらから電話をかけるとちゃんと引継ぎしてないことが判明。
 ネットの回線が朝はつながったが、昼はつながらなかったので再び電話すると、堂々とN○T光のサポートセンターではなく、建物の配線に問題があるから建物管理会社に苦情を言ってくださいと言い出す。普通それはおかしいし、本当に管理会社に連絡したのかを聞くと、管理会社のコールセンターにしか電話してなかったことが判明して呆れる。
 昨日から3人目の担当者になるが、もうめんどうなので、
「午前中(朝)はつながったけど、昼はつながらなかったから、夕方修理に来てください。」
というと、色々やり取りがあって、
「わかりました。修理部門と話しましたので、至急伺います。」
「至急って何時に来るんですか?あなたの考えてる至急とこっちの考えてる至急は違うでしょう?
 至急って近所にいるわけじゃないんだから、具体的に何時に来るとか言ってもらわないと待ちようがないですよ。」
「わかりました、では修理部門と話してみます。」
「あのさあ、さっき何を修理部門と話したの?始めから来れる時間決めてから電話してよ。宅配便でも何でも家に来る時は、普通時間指定するでしょうが。一回一回こっちが条件指定しないと修理部門と話しないの?
 普通、来るんだったら時間決めてから連絡するもんじゃないの?」

 実際はこの5倍ぐらいの説明を要してやっと、部屋に修理担当が来た。修理で外回ってる人は、技術職だけあって説明も作業も無駄がなく的確だった。さすがに外で前線で仕事してる人は違う。
 それに対して、受付部門って仕事を減らすのと言い訳・ごまかしのマニュアルだけは立派な感じだ。まあ、そんなもん通じないけどね。
 中でもすごいのは、対応に関しての苦情先聞いても、ありませんと言ってきたので、お客様相談センターがあるはずというとやっと白状。徹底してるなあw


posted by コスト at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記&更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。