2008年03月10日

【移植】ヨーグルト氏【転載】

 【移植】【転載】は、mix○のほうで書いていた記事の移植です。mix○の運営者がmix○内の日記の著作権を認めないで、勝手に使う(本にするなど)ということなので、ブログに移植します。
----------------------------------------------------

  『ヨーグルト氏@』(2007/03/01アップ)

 オフ会とかに出ると色々変な人に会うんだが、自分が意図したオフ会は釣りで、同じく釣られたRさんが即席で人を集めて飲み会を開いてくれたことがあった。
 つまり、元々のオフ集団がわからず、どっから流れてきたのかわからない人達と飲むことになった。

 ほとんどは、おもしろいいい人達ばかりであったが、中にはすでに酔っ払ってる状態でやってきて、延々次元の違うことをしゃべってる人がいた。ここではヨーグルト氏(仮)としておこう。
 
 ヨーグルト氏は、相手の会話をさえぎって、延々独演会を始め、生い立ちから自分の大物ぶり、酒豪さを自慢していた。 さらに俺といっしょに釣られた初対面の人に対しても「おまえとは10年来の知り合いだ」みたいな口調で話しかけきた。
 念のため、「お知り合いですか?」と釣られた人に聞いてみたが、「まったくの初対面です」との答えが返ってきた。
 
 俺はほとんど酒を飲まないので、酔っ払いの気持ちはあまりわからないのだが、アルコールぐらいでこんなにハイになれるはずはないと思い、ヨーグルト氏をちょっと観察してみた。
 
 ヨーグルト氏の延々続く独演会に、顔見知りはまともに相手にせず、軽く手でハイハイとあしらってる。それがあまりに自然で笑ってしまった。でもこっちに話しかけてこられると、半分何言ってるかわからないので、Rさんの後ろに隠れていた。が、Rさんがトイレにいってる時はまいった。初対面とかそんなの関係なしに話しかけてくる。それもすごいテンションで。

 途中で、なにかアッパー系のモノでもキメてるんじゃないか?と勘ぐり、さらに観察を続けた。

 そして独演会を途中で、顔見知りに「ちょっと黙ってて」と遮られた時の行動はほんとに噴いた!
 遮られ、話すこと封じられたヨーグルト氏は、その場で昇竜拳ダンスをかましたのだ!しかも一人で天に向かって!!(笑)まるで、話せないもどかしさを体で表現するかのうように。

 俺大爆笑(笑)。酔っ払いは嫌いだが、このパフォーマンスは一生忘れないだろう。

------------------------------------

    『ヨーグルト氏A』

 前回の記事の「何を言ってるのか半分わからなかった」の部分で、解読可能(会話がぎりぎり成立していた)な部分をピックアップ。

 話してる言葉は、酔っ払ってベロンベロンだが日本語だった。問題は内容のつじつまが合わない(人間的に)。個人特定されないように関西弁に変換して再現。

ヨーグルト「ワイめっちゃ本読むねん。ほら、今もこんなに持ってんねん。」
荷物の本を見せる。確かにいっぱい持ってた。意識ははっきりしているようだ。
ヨグ「自分〜、どんな本読んでんの?」
俺 「(え?俺かよ・・)えーっ、まあ色々と読んでます。」
ヨグ「色々ってなんやねん!好きな作家はぁ?」
答える必要があるのか、はなはだ疑問であったが、実は読んでないだろう的な視線が嫌だったので。無難なところで、
俺 「え、司馬遼太郎とか。」
ヨグ「司馬遼太郎とか歴史物嫌いなんだよ!」
 どうやら自分の趣味と合わなかったらしく、捨て台詞を吐いて会話終了。 普通、初対面でそういうこと言うものなんだろうか・・。

さらに、順番に初対面の人に
ヨグ「ワレどこに住んでんねん?」
と聞いてまわってきた。
適当にはぐらかしそうかとも思ったが、順番だから聞いてるだけで攻撃的意志はないと思い、正直に答えた。
俺「杉並。」
それを聞いて?マークな顔をしたので、駅名を言ってみた。
が、通常、俺のホーム駅は略称で言われるので、それでさらに??マークな顔をしていたので、正式名称で答えた。
しかし、
ヨグ「あぁ?どこやねんそれ。何線や?」
俺 「(めんどくさくなりつつ)中央線。」
ヨグ「あーっ、わかった!吉祥寺から国分寺の間のまぎらわしい駅名のとこやろ。」
 全然違う。何がわかったんだろう?
 杉並って言ってるのになんで、東京市部の吉祥寺(武蔵野市)以西になってるんだ。どういう脳内地図持ってるんだ?俺は住んでる街がすごく気にってるので、正直、コイツ、ケンカウッテルノカ?と思ったが、酔っ払いは法律的にも罪が軽くなるので、堪えた。
 一言でいうとマンガみたいな人だったw

-------------------------------------

    『ヨーグルト氏B』(@の続き)

 ヨーグルト氏の天に向かって放たれた昇竜拳を見て、俺は大爆笑したんだが、確か昇竜拳は横にスライドしながら上昇するパターン(ケン型?)があったことを思い出した。
 そして、さっきからあからさまに嫌がってる態度をしてる俺は、あの昇竜拳のえじきになるんじゃないかという恐怖を覚えた。
 なにせ、あれほどのべろんべろん酔っ払いだ。心神喪失状態を言い訳に刑法をまぬがれることも計算して、昇竜拳(ケン型)を撃ってくるかもしれない。
昇竜拳なんか食らった日には、俺のやわなアゴは砕けちまう。
・・やばい、帰ろう。

 しかし、釣りですっぽかしを食った後、わざわざ人数を集めてくれたR氏に、
「そこの酔っ払い(の昇竜拳)が怖いので帰ります。」
とは、とても言えない。一緒に来た他の人はまだ残ってるし。 
 そうだ、確か上野がテリトリーの知り合いがいたはず。そいつにメールで迎えに来てくれと頼むと、近くにいるのに面倒くさがって来ない。
 仕方ないので、ピーー(放送禁止用語)な酔っ払いがいて昇竜拳でアゴが砕かれるetc・・と、事情を説明した。すると、
「そりゃあ、(集まってるメンツが)濃いなあw」
と、面白がってチャリで来てくれることになった。

 呼びつけた手前、多少酒を奢って帰ろうと催促するが、知り合いは顔見知りがいるらしくなかなか帰ろうとしない。
 昇竜拳の恐怖が迫っているというのに、目の前のピーーが怖くないのか?鈍いのか?オールドタイプなのか?仕方ないので呑み終わるまで待つことに。
 
 とりあえず、知り合いの影に隠れて息をひそめてやり過ごす。
「あれ、完全にピーーじゃねえかよ。絶対、酔ってるからってだけじゃねえ。」
「おまえなあ、言葉選べよ。言葉の通り魔じゃねえかよ。」
バカヤロ、通り魔になりそうなのはあっちだ。さっきまでの絡み方見てないもんだから、そう思うんだよ。まったく。
俺が認めてるアル中&ジャンキーは中島らも(故人)だけだ。
「とっとと帰ろうぜ。そのために呼んだんだぞ。」

 やっと出口へ移動することになった。その時ヨーグルト氏がこっちに向かって来た!
やられる!!
 俺はとっさに知り合いを盾にして、殴るならまずこいつからやってくれっとディフィンスの体勢を取った。
 が、どうやら、ヨーグルト氏は知り合いとメアドの交換するために来たようだ。助かった。知り合いは誰とでも友好的なヤツで良かった。
 知り合いはメアドを交換したが、俺は当然しない。命がおしいからだ。臆病者と呼ばれてもかまわない。相手は法律外の状態なのだから。
最後に機嫌が良くなったヨーグルト氏は、
「これ土産に持っていきや〜。ほな、あんじょうやりや〜。」
と、なぜか梨をくれたので、これは素直にもらった(断ってややこしくなるとまずいから)。

 脱出した時に、俺は汗だくになっていた。


----------------------------------------------
   『ヨーグルト氏番外・ある知り合いの話』

 ヨーグルト氏をネタにすると抗議が来そうなので、ヨーグルト事件の際に俺を迎えに来た知り合いの話。

 俺のSOSメールでやっと迎えに来た知り合いだったが、この飲み会の仲間の人達にはちょっとした顔らしく、
「あー、○○○さん。久しぶりー!」
「なんで最近来ないの?」
などとチヤホヤされてやがった。
しかもRさんまで、
「なんだ、○○○さんの知り合いだったのか?そっかそっか。」
などと言ってる。
?○○○だと?コイツは○○○○だぞ(もしくは○○)。(武士の情けで名前伏せる)
 コイツ、別ハンドルで女漁りでもしてやがったのか。
しかも目立ってやがる。ちっ、おもしろくない。
計画では、
「すいません、迎えが来たんで失礼します。」
と、ヨーグルト氏の昇竜拳から逃げるために呼んだのに、全員が話しかけてきやがる。
さっきから俺が
「離脱ーりだつー!×3」
と言って引っ張ってるのに、動かねえ。
「ここはデンジャラスゾーンだ、早く引き上げて秋葉の皆のとこへ合流を・・。」
と、耳打ちするもチヤホヤ加減にのぼせやがって聞きやしない。

・・コイツ、身内掲示板が移転した時、連絡網が回ってこなくて拗ねてるとこを俺が掲示板の管理人に連絡するよう頼んだ恩を忘れやがって。こんな奴、アドレス教えるんじゃなかった。

 かなりの時間をチヤホヤされて満足した知り合いは、やっと出口に移動し始めた。
そこへヨーグルトが強襲!!
 バカ、だからとっとと離脱しようって言ったのに、と戦闘態勢に入った俺だが、知り合いはメアド交換を始めた。
 コイツ、完全にこの状況がわかってない。戦場だったら真っ先に流れ弾で死ぬタイプだ。もういい、止めない。ここでヨ○グルト危険性を説いてもわかるまい。恨むなよ・・、自己責任だ。

 メアド交換の間暇なので、退路を確保しつつ、探りを入れてみた。
俺   「なんか二人似てるよねえ。両方暴れ系で。」
知り合い「いえ、似てません。暴れません。」
いつも俺達といる時には見せない猫かぶり加減がますますイラつく。
俺   「暴れてただろ!渋谷に皆で中華食いに行った時、マルキューで暴れてただろ!」
知り合い「いえ、暴れてません。何言ってるの?」
ちっ、猫かぶりめ。
言っとくが、おまえは「友達」じゃなくて「知り合い」だからな。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
知り合いの暴れぶりは→『飯会・渋谷中華バイキング その3?』を参照。
http://cost-off.seesaa.net/article/23150278.html
コラム・ブログ人物編カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/2974048-1.html


posted by コスト at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム・人物編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。