2008年01月26日

N条との会話、『歌姫』の土佐弁

 年末年始(2008/12/30)に帰省してN城と会った時の会話。
(『N条(仮名)も再会』http://cost-off.seesaa.net/article/75549164.html

 温泉&プール(ながおか温泉)で泳ぎながら、中条とトーク。
俺 「『歌姫』はちゃんと土佐弁でやってたなあ。相武はやっぱ関西(兵庫)出身だからうまいのか。」
N条「あれのどっこが土佐弁な!こっちじゃ嘘の土佐弁やって言うてるぞ。「グッと来たぜよ」なんて言うかw聞いたことないろうが。」
俺 「それは言わんなw俺も思った。」
N条「大体、今どき「〜ぜよ」なんて言わんわ。」
俺 「だから元々、東京の人が想像で書いてるんだから、ある程度似てたらいいだろうがw
   もっとひどいインチキ土佐弁あるぞ。『海がきこえる』とか。
   それに設定が昭和30年代だから、今と違ってていいんだって。
   まあ、〜ぜよってのは幕末の時代劇で龍馬のイメージが強いんだよ。」

 俺も相手が方言で話してくれないと、段々忘れてくるから、知らない人があれだけうまく話せてたら全然いい思う。

 N条は、ずっとプールの間中「俺、肺ガンか胃ガンや。」と言ってたが、田舎のやつは7割以上ボケなので、テキトーに「なんで、タバコも吸わない奴がガンなんだwアホかw」と流してたら、足がプルプル震えるのだという。
 で、ちゃんと聞いてみたら家庭のゴタゴタで8kgほどやせて、筋肉が落ちたために運動すると軽く震えるのだろいう。まあ、鍼か接骨院でもいきゃあ簡単に治るレベル。
俺 「足とかつったりするか?」
と、聞いて見たら
N条「俺は、今まで生きてきて足がつったことは1回しかない。
  小学生の頃、野球で疲れて帰ってきてTVのチャンネルをリモコンが近くになかったから、足で変えようとしてつったことだけだ。
  ちなみに肩コリにもなったことがない。肩が凝る意味がわからない。
俺 「そりゃ、おまえ筋肉がしっかりついてるから、肩凝る以上に筋肉があるからだろう。それだけしっかりした体で何がガンなww」
N条「いや、もう俺ガンやwもう死ぬ〜」
俺 「死ぬかっ!ボケ!」
 

〜〜〜〜
関連記事:N条話「東京タワー@合流」
http://cost-off.seesaa.net/article/145903790.html
こっさんめーる番外編「N条編・あるガンオタ巨キチとのやりとり」
http://cost-off.seesaa.net/article/137599868.html
龍馬伝16,17回感想「武田海舟、ジョン万のトータス松本」&土佐弁
http://cost-off.seesaa.net/article/148500534.html

N条との会話、『歌姫』の土佐弁
http://cost-off.seesaa.net/article/80731050.html
N条話「巨人日本一と闘病」
http://cost-off.seesaa.net/article/133993064.html
『中条(仮名)話@』
http://cost-off.seesaa.net/article/28496122.html
N条話「黒髭と黒髪」(2008/05/29)
http://cost-off.seesaa.net/article/98448234.html

『ドラマ『歌姫』最終回』
http://cost-off.seesaa.net/article/75002633.html 
『土佐弁「指詰めた」「ひやい」「ちゃがまる」』
http://cost-off.seesaa.net/article/105286845.html
土佐弁講座「へご」
http://cost-off.seesaa.net/article/139072497.html
2008夏・帰省旅行Cトックリ話(馬鹿話編)
http://cost-off.seesaa.net/article/107184778.html


posted by コスト at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム・人物編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。