2008年01月23日

S川と再会B〜沖縄と北海道〜

 『S川と再会A〜麻薬中毒者の実態〜』のつづき
(http://cost-off.seesaa.net/article/79954605.html

   『S川と再会B〜沖縄と北海道〜』

S川「あと、かわいそうやったのが、一般人でシャブやって新聞に報道された場合の家族たい。」
俺 「そうか、田代マ○シの家族みたいに離婚して名字変えて、慰謝料で引越しして暮らせばいいってわけにはいかないか。」
S川「田舎で、親がシャブやって捕まって新聞に載っても、子供が転校とかできん場合は絶対いじめに遭うばい。いじめじゃなくても学校はいたたまれんたい。」
俺 「それでも本人はシャブでわけわからん状態か。きっついなー。」

俺 「俺に言わしたら、月70万もらって使い道がシャブって、金の使い方知らんにもほどがあるたい。他に楽しみいくらでもあるのに、近場でシャブってバっカじゃねえか。
   8月に沖縄でダイビングしてきたけど、月70万あったら世界中どこでも潜れるばい。場所選びたい放題たい。あの水中世界にいたら、脳内麻薬出まくりで最高たい。俺はダイビング知ってるからドラッグなんか一生必要ないよ。世界中のダイビングスポット巡れたら、どんだけ幸せかわからんよ。透明度50mとかいつか潜りてーばい。
S川「でも、三田次男は金あるから、いつでもダイビングなんか行けるから価値見い出せんよ。」
俺 「・・そうか、俺もダイビング行くために金ためてやっとだったから、これで楽しくないわけがないって気持ちの分もあるのに、三田次男にはそういう気持ちは味わえないか。」

俺 「大体なあ、月70万ってサラリーマンなら20年以上勤めた役職付きの月給と一緒だよ。それが高校生の小遣いなわけだろ?こりゃ金銭感覚おかしくもなるたい。」
S川「やけん、次男もある意味被害者たい。」   

俺 「そういや、S川は夏に北海道行ってたんだろ?どうだった?」
S川「北海道はやっぱ本土とは違うたい。蝉も蝦夷蝉で鳴き声も違うし、道路の歩道の広さがこっちの車道ぐらいあるたい。」
俺 「蝦夷蝉は見たことないなー。スピード違反の件数は、全国トップだったのは聞いたことあるが。」
S川「あれは、スピード出すたい。距離感がおかしいたい。標識も次の街まで200kmとか表示されとうしw信号が横並びじゃなくて、縦に並んでるとたい。」
俺 「縦並び?」
S川「たぶんたい、雪の重みでつぶれるから縦並びになってるっぽいたい。中には横並びがあるけど、これは薄型の新型たい。発光ダイオードができたから、薄型を開発したみたい感じたい。」
俺 「なんだ、結局横並びのほうが見やすいんじゃん。縦並びってF1のスタートシグナルかと思ったよw。」

S川「とにかく何でもスケールがでかいったい。旭川なんて区画が全部正方形で道路はほとんど直角で、ブロックの単位がやけにでかいったい。それで交差点がロータリーみたいなってて、中央にシンボルタワーがあるとたいw」
俺 「土地が余ってるし、ゼロから開拓してるから都市計画しやすかったんだろう。でも交差点がロータリー?5差路とか6差路になってるのか?シンボルタワー?」
S川「そそ、6差路ぐらいなってて、ロータリーでぐるっと回って進みたいとこ入るたい。入れなかったらもう1周すればいいってロータリーみたいな交差点があるたいwで、その中央にシンボルタワーw」

(注:旭川市常盤通1丁目交差点のことらしい。)


  つづく


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。