2008年01月22日

S川と再会A〜麻薬中毒者の実態〜

S川と再会@(http://cost-off.seesaa.net/article/74980676.html)のつづき。

   『S川と再会A〜麻薬中毒者の実態〜』

 S川の車で木曽大橋を渡って名古屋に入ったが、ファミレスは見つからない。仕方ないので大きめのジャスコがあったので入ることに。
 レストランフロアで店を選んでいると、3,800円のパフェがメニューあった。さすが名古屋の食文化w
名古屋のジャスコ、加工.jpg
キャッツカフェ最大のパフェ「アンビリーバブル」

 結局、中華食べ放題の店に入る。一人980円(2時間制)だが、都内だったら絶対1,800円以上取られるほど充実した内容だった。名古屋って意外に物価安いのか、東京はやっぱ物価高いんだなあ。

 食べながらトークを再開。
俺 「三田○子の次男(以下、三田次男)がまた覚醒剤で捕まったな。これで3回目だろ?ボンボンのバカは治らないな」

S川「シャブなんか若いうちからやってたら、もう頭ボロボロたい。高校とか成長期から手出してたら完全にアウトたい」

俺 「あー、たぶん高校ぐらいからやってそうだよ。週刊誌に小遣い月70万って載ってたし、しかも二十歳(ハタチ)越えた今ももらっててて、言った台詞が「高校から小遣い上がらないんだよ〜」だぜw根本的に駄目たいw
   しかも、車欲しいつったら70万とは別枠で翌日ベンツが届くんだぜ。もうコントばいw」

S川「でも、あれはある意味かわいそうたいね。なんか頑張って自分で獲得する喜びとか楽しみとかがないたい。親が金で何でもしてくれるから、自力で得る楽しみないからシャブで現実逃避したのかもしれんばい」

俺 「まあなあ、例えば俺らが免許取るっつたら親に頭下げて自動車学校代30万借りて、教官に文句言われながら取るわけだろ?それも親に借りてだから嫌になってもやめるとか絶対できないから、少々嫌な教官でも我慢するし、ミスったらさらに5千円とか講習代で取られるから必死なってやる。だから取れた時は嬉しいもんだよな」

S川「そうそう、それが三田の息子にはないたい。逆に気いらないなかったら、金あるからいつでもやめて別のとこいけばいいけん、免許に価値持てんばい」

俺 「でもなあ、前に捕まった時に親が保釈金すぐ払って外に出れて、劇団に入って更正するって言ってたけど、結果、六本木の高級マンションからタクシーで通って、数ヶ月で逃亡してるんだぜ。
   本気で役者目指してて、食うや食わずで場所借りて練習して劇団やってる人に対して、ヤク中の更正施設代わりに劇団入るなんて失礼たい。劇団を馬鹿にしとうよ。

S川「だからよ、更正するのに生活スタイルは変えないってのはおかしいばい。つらくなって、またシャブに手出すパターンたいw
  俺らが、初の鹿児島遠征で12月の真冬に原付で、熊本から200km先の桜島目指して出発してきつかったけど、あれが一番おもしろかったばい。車使って行けるようになってもたい、初めの原付で行った遠征が一番良かったろ?三田次男はそういうのが一切ないとたい。
  親が苦労して得るって楽しみ奪ってとうから、ある意味親が芸能人の犠牲者ばい。友達だって、『コイツら、俺が金持ってるから近寄ってるんじゃないか』とか思い出したらもう心許せんばい」

俺 「芸能人が親だとメリットデメリットあるけど、それでも芸能人にもならず、つまりメリットも使わず、シャブにも手を出さず、普通に暮らしてる人も多いから、三田次男が被害者とは思えないが、俺達の遠征みたいな楽しみは一生味わえないだろうな。
   初の遠征は、季節的にも移動手段も原付できつかったが、寒い中コンビニ見つけては休憩して、道の駅の障害者用トイレ占拠して寝袋で寝たりして面白かった。未だに、コンビニで休憩してる時に外で缶コーヒー飲んで、S川が梅のかりっとする駄菓子みたいなの買ってたことまで覚えてるもんな。それぐらい移動すらも楽しんでた。

 他に手段もないし、金も時間もないから必死に考えて、原付で出発して、トイレ占拠して寝たり、南極でも使えるっていう登山用バーナーで暖を取ったり、面白かったなあ。あのバーナー勢いすげえのな(笑)
 正直、条件考えたら行けるとこまでいいと思ってたし、けどあれで最後まで行けたから次から楽になったな」
___

俺 「まあ、でもそりゃあ東京にシャブの売人はいるんだろうけど、実際やってる奴とか中毒患者とか見たことないからな。TVのドキュメンタリーぐらいだ。見たことあるか?」

S川「警○の頃にバンバン見たばいwもう、あれ見たらシャブなんか手出そうなんか思わんばいw」

俺 「そうか、警○も会うか。病院関係者か弁護士ぐらいかと思ってたけど、警○もだなあ。」

S川「俺が留○所勤務の時たい、シャブ中が拘留されてきたばい。
   そしたら、
 シャブ患者が『看守さーん!ここはもうからくり部屋ですね(笑)』 
   ってやけにテンションの高い声で半笑いで言うとたい。
  で、『なにがからくり部屋とや?何も仕掛けはないけん、もう寝んさい』って言ってやったら、
 
 『寝たら、布団に自分の体が体重で沈んでいくとです。
  そこへ壁のヒビからシャブ入りのションベンが噴き出してきて、どんどん水がたまっていって息できんようになったばってん、ずっと息ば止めとったですよwここはからくり部屋ですねw』

 ってニヤニヤしながら言うたい」      

俺、大爆笑ww

俺 「それでそいつどうしたん?(笑)」

S川「いや、もう文句多いけん、部屋を変えてやったたい。
   そしたら今度も消灯時間になっても寝ないで、布団の上に正座しとうけん、寝んさいって言ってたら、
  シャブは『いや〜、自分は毛深いばってん、寝たらスネ毛ば落ちて看守さんに迷惑かけるけん、寝ないで正座しとります』って言い出したとよ」

俺 「へ?スネ毛?スネ毛なんか普通に生活してたら落ちるだろ?何か問題なん?」

S川「だから、問題じゃないけん、意味わからんたいw何回もそんなことは気にせんでよかけん、もう寝んさいって言っても、『いや〜迷惑かけるけん』ってそればっかたい。だから、もうね、シャブなんかやって十分警○には迷惑かけとうけん、スネ毛ぐらいはもうよかって言って、もうほうっといたばい」
俺、爆笑w

S川「で、翌朝たい。朝飯持っていったたら、看守さーん!!って呼ぶたい。なんね?って聞くと、
  『ここは、こんな蛆(うじ)虫入りのご飯ば出すとですか!?』って大声で怒ってんの」

俺 「蛆虫って何か虫でも入ってたの?もしかして麦飯とかか?」

S川「いやなんも入っとらん普通のご飯たい。だから、何も入っとらんよって言ったばい。したら、『じゃあ、看守さん食べてみてください!この蛆虫入りご飯を!!』って言いだしてきかんけん、『じゃあ、俺が食べたら文句いわんと食べるね』っていって一口食べたばい」

俺 「当然、普通のご飯なんだろ?それで?」

S川「ただのご飯たい。そしたら、空いた口が塞がらんほど驚いて、
  『国家権力の陰謀だ!!』
って言ったまま、俺と二度と口聞かんようになったばい(笑)」

俺 「あははw蛆虫食った狂った看守だと見えてるんだろう、そいつには(笑)。
   まったく別の世界が見えてるんだな。同じ空間にいながらw」

S川「シャブ中の話は尽きんたい。
   他にも留置所に来た奴で、誰もおらん俺の後ろの空間に向かって、
  『○○子、こんなとこまで来たのか』とか話しかけ出した奴とかおったばい」

俺 「何のホラーだよwwこえーよw」

『S川と再会B〜沖縄と北海道〜』につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/80113889.html

〜〜〜〜
関連記事:【脱法ハーブ?】電車内でパンツ一丁男
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-355.html
『ゲリラ豪雨とのりP事件』
http://cost-off.seesaa.net/article/125349553.html

『鹿児島・桜島』
http://cost-off.seesaa.net/article/16818453.html
『霊感?シリーズ2・天草廃墟病院』
http://cost-off.seesaa.net/article/48756926.html
旅行記・九州話カテゴリーまとめ
http://cost-off.seesaa.net/category/1573114-1.html

S川話「市営住宅にまつわる怖い話」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-125.html
S川話「軍事衛星が狙ってる」
http://cost-off.seesaa.net/article/100447961.html

S川話「尊き人、沖縄県知事 島田叡」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-953.html
S川話「市営住宅にまつわる怖い話」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-125.html

S川話「きのこの山VSたけのこの里」
http://cost-off.seesaa.net/article/109282137.html
S川話「S川の鈴鹿時代の同僚」
http://cost-off.seesaa.net/article/171434603.html
S川話「腕に傷を持つ男」
http://cost-off.seesaa.net/article/172265136.html

【目次】コラム人物編目次part1
http://cost-off.seesaa.net/article/107966008.html
まとめて読む→コラム人物話カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2974048-1.html
コラム・人物編カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html 


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「三田次男初公判」
 三田次男(28)は、2008年1月21日に初公判で起訴事実を認め、検察側は懲役2年を求刑した。
ニュースでは、裁判の中で
「職業は?」
「歌手をやってました」
「やってましたというのは?今は?」
「今はやってないんですけど、でもまだ一応歌手という事でお願いします」

というやり取りが報道されていた。
 また、一部で「月70万円」と報じられた小遣いについては「多く見積もって20万円(別の報道では40万)。本や遊びの金と、 うそをついてもらっていた」と、答えていた。
 前回2000年の公判に続き、証言台に立った父・康夫さん(NHK役員)によれば、両親も2006年末から “再犯”を認識。
入院、海外滞在で被告の交友関係の断絶をはかり、夫婦でセミナーにも 参加。「私自身、悔しい」と逮捕がなければ、4日後に再び強制入院の予定だったというが、 検察側には「両親の監督による更生は、もはや期待できない」と片づけられた。

〜〜〜〜
高橋○也被告に懲役1年6月の実刑判決
 女優、三田○子(66)の二男で、覚せい剤取締法違反の罪に問われた歌手、高橋○也被告(28)の判決公判が28日、東京地裁であり、秋葉康弘裁判官は「覚せい剤に依存する傾向はかなり根深く、社会的責任感、自立心が弱く、再犯が懸念される」と断罪、懲役1年6月(求刑懲役2年)の実刑判決を言い渡した。
 弁護側は「病院での治療を続けたい」として即日控訴保釈を請求し、保証金600万円を納めて○也被告は保釈された。

 判決理由で、秋葉裁判官は、○也被告が過去に2度、覚せい剤事件で逮捕された点を指摘。「(執行猶予付き有罪となり)社会内で覚せい剤を断ち切る機会を与えられ、両親が親身に助力を重ねたのに、裏切った」と厳しく言い放った。

 一方で、大女優の息子として常に世間の目にさらされてきた境遇には「親が有名で世間体を気にしなければならないことが障害になったかもしれない」と理解を示した上で、「現実にあなたが立っているのはそういう立場。自分の力で乗り越えていかなければならない」と諭した。

 とはいえ、求刑より軽い判決を受けながら600万円という大金を積み、保釈されたことで、“反省なし”との非難を受ける可能性もある。

 傍聴席で判決を見守った被告の父で元NHKディレクターの高橋○夫氏(66)は、この日夜、マスコミ各社にファクスを送り、「担当医からすぐに服役することは治療上好ましくなく、しばらく治療の継続が必要だと強く指導された。入院させるためのやむを得ない申し立てだった」などと説明。○也被告は保釈後、都内近郊の病院に直行した。

〜〜〜〜
関連記事:『S川の北海道レポート(ver.1.2)』
http://cost-off.seesaa.net/article/50746346.html
S川話「マグロなウ○ルコム」
http://cost-off.seesaa.net/article/101285310.html
S川話「軍事衛星が狙ってる」
http://cost-off.seesaa.net/article/100447961.html
S川話「殺人事件狂騒曲」
http://cost-off.seesaa.net/article/101794742.html

S川話「ドコモの料金通知」
http://cost-off.seesaa.net/article/105235869.html
S川話「カポエイラ」
http://cost-off.seesaa.net/article/109150420.html
S川話「転校生の成人式」
http://cost-off.seesaa.net/article/109579509.html

S川話「固定概念」
http://cost-off.seesaa.net/article/110962382.html
S川話「セクパブのフリーザ」
http://cost-off.seesaa.net/article/111168873.html

こっさんめーる4「つんくCM」「結局BYE×3」「ラブ論」
http://cost-off.seesaa.net/article/137479768.html
【薬物逮捕】2010田代砲発射!【コカインなさい】
http://cost-off.seesaa.net/article/162848556.html
この記事へのコメント
子供の頃は、小遣いの多い友人が単純に羨ましかったのですが・・・。
多過ぎてもこうなっちゃうとなぁ。うーむ。

アンビリーバブル すげー!(@Д@)
コレ何人分??
Posted by とり at 2008年01月23日 07:09
確かにこづかいは多い友達はうらやましかったですね〜^^
アンビリーバブルは小さい鍋ぐらいの直径だったし、たぶん5人以上で食べる物だと思いますよ。僕は砂糖食べないんで、見てるだけでかゆくなりますよw
Posted by コスト at 2008年01月23日 16:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック