2007年11月10日

龍馬役&『竜馬におまかせ!』

 「龍馬役&『竜馬におまかせ!』」

 坂本龍馬の役は、解釈の幅が広いので、誰がどんな風に演じてもOKだと思う。結局、その人の中の龍馬像がそうということなので、別に歴史上の龍馬とどう違おうとノープロブレムだ。
 龍馬ファンで知られる武田鉄也が演じる武田龍馬と、『竜馬におまかせ!』の浜田雅功(ダウンタウン)が演じる関西弁でやる気のない浜ちゃん龍馬であっても、それはどっちも正しい。
 演技は確実に武田龍馬がうまいが、個人的には浜ちゃん龍馬のほうが好きだw

 『竜馬におまかせ!』は、ビデオ・DVD化されていないが、実家に当時のビデオがほとんどある(数話欠けてる)。
 これもNHK大河『新撰組!』と同じく三谷幸喜脚本作品だが、後半グダグダになるところもまったく同じ。前半は、幕末キャラと歴史事件を使った青春コメディドラマで面白いんだが、真面目な龍馬ファンには「龍馬を馬鹿にするな!」とそっぽを向かれ、低視聴率だった。
 後半は、バンドをやりだしたり、終盤は強引に歴史通りに倒幕の話に向かったために、話が破綻してきてつまらない展開になる。でも、トータルでは好きな作品。
 しかも竜馬は暗殺事件を小千葉道場手製の防具とケチャップで乗り切り、その後も生き続けているという設定だった。当時はしょうもないオチと思ったが、今考えると斬新だ。あのノリで普通に暗殺で終わるのは違和感だし、竜馬が暗殺されないパターンはこの作品ぐらいだと思う。

 ちなみに最終回のゲストは、徳川家茂役で山崎邦正
「ガキの使い」で浜田は、「山崎は1シーン(1分ちょい)なのに、何回もNG出しやがった」と言っていたwまた、三谷の脚本が上がるのが非常に遅く満足に収録できなかったとの噂もあり、そのせいか9話以降に公式のサブタイトルがない。

 他に面白い役として、岡田以蔵役の反町隆史(ポイズン)がいる。台詞のほとんどが「〜の乙女ねえやん?」だったwだけど、必ずピンチを救うキャラ。
 近藤勇は嫌いな人物だが、『竜馬におまかせ!』に出てくる近藤勇(阿南健治)は、就職試験に落ちまくったりセコかったりして憎めないキャラで、唯一気に入ってる。

 話はそれるが、司馬遼太郎の『竜馬がゆく』は歴史小説であって、フィクションなのに、どっかの歴史対談本で歴史研究家だかなんだかの人が「司馬さんが『竜馬がゆく』でそう書いたから誤解されてる」みたいなことを発言していたが、馬鹿じゃなかろうか?と思った。
 小説はフィクションなので、どう解釈して書こうが自由なのに、司馬作品をまるで歴史書の如く勘違いしてて、史実と違うことが書かれてると真剣に言ってるのだ。いくら歴史上の人物が出て、膨大な資料を使おうと、「これはフィクションです」と最後に書いてあれば、それで小説=ウソとわかるのに何をいってるんだ?
 大体、あとがきでも龍馬を竜馬と書いてるのは「司馬龍馬」という意味だと書いてあるんだが、どこを読んでいるんだろう、この歴史研究家は。

 時々、歴史研究家で「龍馬の北辰一刀流剣術免許は剣ではなく、ナギナタだ!新発見!」とか、細かいことを新発見!新発見!というが、言ってるヤツは本当に何がしたいのだろう。あさっての方向に、一人で勘違いして走ってるとしかいいようがない。
 そういう人は、幕末ドラマにフランケンシュタイン(輪島大士)を出した『竜馬におまかせ!』を観ろ!と言いたい。

〜〜〜〜
関連記事:『大河ドラマの釣り&龍馬伝』
http://cost-off.seesaa.net/article/105831130.html
『くどいほどに龍馬』
http://cost-off.seesaa.net/article/26810222.html
『龍馬伝』主演
http://cost-off.seesaa.net/article/109239321.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<参考>Wiki:竜馬におまかせ!
NTV,1996年4月10日〜6月26日放送
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%9C%E9%A6%AC%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%BE%E3%81%8B%E3%81%9B!

坂本竜馬:浜田雅功
なぜか関西弁をしゃべる。清河八郎に関西弁を指摘され、近藤長次郎が「それは言っちゃいけないのに〜」と述べるやりとりがある)。歴史でも知られているが、番組途中からシークレットブーツをはくようになる。

近藤長次郎(饅頭屋):北原雅樹
岡田以蔵:反町隆史
バンドではウッドベースに武蔵丸と名づける。

千葉貞吉:伊東四朗
小千葉道場の道場主。大の発明オタク。
千葉重太郎:別所哲也
「同士(師匠)と呼ばせてください」「竜さん、助けてよ〜」が口癖。
千葉さな:緒川たまき

清河八郎:西村雅彦
金儲けの事ばかり考えている志士。何か企む時は、必ず顔に出て「悪い顔」になる。
勝海舟:内藤剛志
自宅の表札に『ビクトリー(victory、日本語訳は「勝つ」)』と書いている外国かぶれの軍艦奉行並。大雑把で大らかな性格。

夢路:とよた真帆
勝が贔屓にしている遊郭「相模屋」の遊女。
和宮:とよた真帆(二役)

近藤勇:阿南健治
後の新選組局長。口がデカイ。全く金を持っていない。ダンスが異様に上手い。自分の顔を鏡で見るのが怖い。
沖田総司:梶原善
後の新選組隊員で、一番隊組長。第3話にて、おだいと筆下ろしを果たした際に結核を移される。が、本人は「風邪が長引いてる」と思い込んでいるので、咳止めドロップを愛用している。何故かとてもモテ、多くの女性ファンがいる。後に以蔵にファンを奪われる。

黒駒の勝蔵:相島一之
歴史に名を残すお尋ね者だが、ひょんなことから竜馬と飲み友達になった。

ゲスト出演
高杉晋作:寺脇康文(第3話・第4話・第7話)
攘夷派のリーダー格で、爆弾を使い英国大使館の爆破を目論むが、竜馬達の活躍により阻止される。その後、打首にされた師・吉田松陰を甦らせようと再び竜馬の前に現れる。竜馬と上海で出会ったことがあり、上海を別の場所だと勘違いしていた竜馬を気に入る。のち沖田に風邪をうつされ、それが原因で亡くなった。

千葉道三郎:緒方幹太(第5話)
昔は「みっちゃん」と呼ばれていた。雷が大の苦手。
秀島藤之助:伊藤俊人(第5話)
清河に騙されて破損寸前のアームストロング砲を買う。しかし破損したアームストロング砲から改良を重ね和製アームストロング砲を作る。
下岡蓮杖:佐藤B作(第6話)
竜馬、重太郎、以蔵、饅頭屋が就職した写真館の店主。

フランケンシュタイン:輪島大士(第7話)
北方より漂流してくる。改造人間で持っている帳面には人間を蘇生させる方法が記してある。竜馬曰く、姉・坂本乙女に似ているらしい。以蔵と同様、紙切りが得意。勝海舟の助言によりメリケンに密航した。

吉田松陰:小林隆(第7話)
フランケンシュタインと一緒に流れ着いた蘇生法を使い、高杉らの手によって生き返るも、過去のことを何も覚えておらず、不憫に思った竜馬たちの手で、フランケンシュタインと一緒にメリケンに密航した。

村田蔵六:増田由紀夫(第7話)
桂小五郎:軌保白井博光(第7話)
富田俊之:本多俊之(番組音楽担当者・友情出演)(第8話)

大野弁吉(夢路の父):柳生博(第9話)
加賀国の発明家。竜馬のバンドのピアノの製作者である。彼の家にはビリヤード、コーヒー、タバコ、電話の設計図などがある。

西郷吉之助:小倉久寛(第11話)
さなに一目惚れし、縁談をもちかけるが断られる。竜馬たちが天誅を下されようとした際に、「薩摩藩が手を打った」と嘘を言い、救った。お礼に楽器を渡されるが、それが原因となり、島流しされる。後の西郷隆盛。

武市半平太:池田成志(第11話)
以蔵と主従関係を結んでいたが、清河にうながされた以蔵に殺されはしないものの、峰打ちで気絶させられる。とにかく口が臭いらしい。

徳川家茂:山崎邦正(第12話)
竜馬たちのバンドに魅せられ攘夷を中止。作品中では沖田総司に結核をうつされた。
小島四郎:宮川一朗太
小栗上野介:石丸謙二郎
荒木三太夫:桑野信義
江戸城の蔵番をしていたが、以蔵達に倒され、責任をとるために切腹させられそうになるが、勝に命を救われる。後に竜馬たちを指導するバンマス(バンドマスター)となる。本人もそうであるように、トランペットが大得意。
町娘:松本人志(友情出演)(第1・2話)
町娘:華原朋美

関連記事:【2010年大河】龍馬伝キャスト発表【福山雅治】
http://cost-off.seesaa.net/article/123522208.html
CMツッコミ、『龍馬伝』1,2話感想(画像追加)
http://cost-off.seesaa.net/article/138129397.html
『龍馬伝』6話感想「生瀬松陰」
http://cost-off.seesaa.net/article/140677932.html
龍馬伝8話感想「香川弥太郎」&『猛き黄金の国』
http://cost-off.seesaa.net/article/142027136.html

こっさんめーる46「サッとはいつくばって、べろーん」&「Friends」
http://cost-off.seesaa.net/article/153858021.html

歴史&高知カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/2869212-1.html
【目次】歴史&高知カテゴリー【龍馬関連記事】
http://cost-off.seesaa.net/article/136899351.html
posted by コスト at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史&高知(龍馬伝など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65577479

この記事へのトラックバック