2007年11月05日

『2007夏・沖縄旅行O帰港トーク3』(ver.1.3)

沖縄旅行N帰港トーク2(http://cost-off.seesaa.net/article/64215234.html)の続き

  
 『2007夏・沖縄旅行O帰港トーク3』』(ver.1.3)

 西条さんの話は続く。
「今は、こっちの友達の部屋に居候してバイトして生活してるんだけど、私は夜バイトして昼間寝て、友達は昼働いてるから見事にすれ違ってて、行ってきますとか挨拶しかしないのw
 でも車とか1台でも使う時間ずれてるから、二人とも使えるからいいかなって。
 でもね〜、やっぱ沖縄っておかしいよ。この前、昼間っからやってるキャバあったもん。9時開店で5時に閉まるとこ。」
「え?9時5時ぃ?それって観光客相手のお店なんじゃない?」
 公務員みたいな店だな。
「ううん、お客は地元の人ばっかり。体験入店で面接して1日行ってみたけど、地元の常連の人が朝から来てお酒飲んでるの。」
「ええ〜、何それぇ。いつ働いてんの?全員リッチマンなの?」
「わかんない、でも格好は普通のその辺にいる人だっけど。でも結局、1日行ってたら夜のバイトできなくなるし、昼夜両方だときついからやめちゃった。」
「ふぅ〜ん。沖縄は何でもありかw」
 う〜む、歌舞伎町ですら、午前中はどこもやってないぞ。南国は違うな、やっぱ。お水の人の話は、どの人の話もすごいな。酒飲まない→店行かない俺には別世界の話だ。

 沖縄が、内地の常識をぶち破るのはほんと多い。以前、ガソリンが内地でリッター(1L)100円、安いとこで89円になってた時に、沖縄ではリッター58円で営業してて、思わずタクシーの運転手に理由を聞いたことがある。
「米軍基地とかがある関係で安いんですか?」
「いやあ、違いますよ。隣の店をつぶすために値下げしてるんですよ。つぶれたら元の値段に戻しますよ。」
「えっ、そんな理由で58円にまでしてるの?これ周りの地区から文句言われないですか?」
「う〜ん、ウチナーは資本主義の競争激しいから。結局、体力ある店だけが残っていくわけです。」
 最後の説明は当たってるか怪しいが、内地の横並びの値段に対して、明らかに敵(競争店)をぶっつぶす、そのために儲け度外視・戦争価格で闘うガソスタ。ガソスタってそんなに競争激しい業種だったっけ?沖縄はすごいな。

 その他に、西条さんはダイビングの学校の終盤で、マッピング(地図作り)の話もしてた。マッピングは、もう同じポイントを60回ぐらい潜ってからやっとできるようになったとか、水中マッピングは本当に3次元をフルに認識しないといけないから、陸上で簡単に2次元地図を作るのとはわけが違う。
 逆にいえば、同じポイントでも簡単に憶えれないから飽きない。潮や夜、季節によって全然違うし。今日も2回同じ場所を回ったとこもあったそうなんだが、俺はあれっ?似てるなあぐらいで同じ場所とは気づかなかった。

 そうこう話してるうちに、波の上橋が左手に見ながら通過して、船は三重城港の岸壁の内側に入って行った。そうえいば、俺はウェットスーツを脱いでTシャツ着たけど、海パンはいたままだった。でも、もう乾いてるし、めんどくさいのでGパンを上から穿く。どうせ、ホテルですぐ風呂に入るだろうし。

 接岸。ダイビングで浄化されたので、ジャイアントステップで陸に移る。行く前より体が明らかに軽い。ストレスがないって素晴らしい。

帰港.JPG
帰港後、片付け中(写ってるのは全員ショップの人、乗ってたのは左側の2階がある船)
 写真撮ろうと思ったら、西条さんはタンクの片付けとか手伝ってる。お客なのにwでも、11月からは就職して仕事になるから経験として手伝ってるのか。

 つづく

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
続き→『2007夏・沖縄旅行P集合写真とホテル探し』
http://cost-off.seesaa.net/article/65575082.html
過去記事→『2007夏・沖縄旅行リンクまとめ』
http://cost-off.seesaa.net/article/59862708.html

<1/3のあとがき>
 これで、ログ付けが残ってるものの、ダイビング編はほぼ終わりです。でも、小刻みとはいえ16回まで書いて、時間的経過は1日と数時間、那覇空港についてからだと24時間ちょいです。
 日程は3泊4日なので、まだ全行程の1/3です。小刻みにどこまで書けるのか、根気と記憶力との勝負ですが、記憶は今回写真が多くあるのでだいぶ楽です。しかし、会話のアップは10%ぐらいだから、いかに人は普段話してるのか、書いててその膨大さに驚きます。実際の会話は、文章にするには無駄が多いんでしょうが、楽しかった印象に残った箇所をアップしました。


posted by コスト at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄旅行・ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オイラもお酒の世界は全然分かりませんが、
それにしてもすごい話だ・・・。

なんか真面目に働いてるのが馬鹿馬鹿しくなるような状況は時々お目にかかりますね。
Posted by とり at 2007年11月06日 19:07
>>とりさん ちょっと文章追加しました。
 朝9時から飲んでる人は、朝早い漁師なのかなとも思いましたが、高校時代に実家が室戸で漁師やってる同級生がいて、「漁師は一生やっても船一隻も買えない」と言ってましたから、そんなに儲からないんで違うでしょう。ちなみにそいつは、市役所に入りました。
ほんとに、朝から飲んでる人達は一体何の仕事してるんでしょうかね?
可能性として、地主で米軍基地から賃料が入る場合があります。国が補助してるので、相当な額の収入になるそうです(貸さないと言われたら国は困るので)。

 お水とか夜の世界はまったく縁がないんですが、時々そこで働いてる人の話聞くと、かなりおもしろいか、ドン引きかどっちか極端なんですよね^^;
 
Posted by コスト at 2007年11月06日 20:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。