2007年10月22日

『2007夏・沖縄旅行Jインターバル・トーク2』

『2007夏・沖縄旅行Iインターバル・トーク1』の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/59858988.html

  『2007夏・沖縄旅行Jインターバル・トーク2』
 皆でキャリアは何本だとかの話をしていて、西条さん(仮名)の600本以上(ログ付けしてないのが相当ある)が一番多かった。
俺 「もう何年もやってるんですか?」
西条「いえ、始めたのが1年半前で、その時からさっきみたいにほとんどエアが残ってて、それで向いてるんじゃないかって思って、インストラクターになろうって。で、宮古島で三ヶ月間のダイビングの学校行ってたんです。
   11月からタイのショップに就職していくんですよ。」
俺 「そうなんですか、1年ちょっとって展開早いですね〜。」
西条「ほんと、ダイビング始めてからは早かったです。それまで仕事も色んなことやってましたよ〜。」
 西条さんは23歳とか言ってたけど、いいな、見つけたんだ、自分のやりたいことを。俺はまだまだだなあ。それにしても、初回からあんなにエアの減りよかったのか、体質かなあ。俺も初回から結構残ってて向いてるとは思ったけど、日頃からプールで泳いでたからなんだろうなあ。

俺 「11月からタイって、タイ語とか英語できるんですか?」
西条「いえ、できないんですけど、ショップも日本人観光客相手の店なんで、日本語で大丈夫です。生活は身振り手振りでなんとかなるって、面接の時に聞いてたし、問題ないですよ〜」
A 「じゃあ、プーケット島とか向こうに行ったら会えますね。」
西条「あ、そうですね。日本人のやってる店なんで絶対わかりますよ。是非来てください!いいポイント案内しますよー」

 そんな話をしてたら、12時半になってランチの時間になった。
マリンセラピックのもう一隻のライセンス講習組の船を引き寄せて、弁当などを取りに行く。さすがに西条さんは船の乗り移りも慣れてるし、常連のBさんと一緒に僕らの分の弁当を取りに行った。俺は船の乗り移るのは慣れてないので待つことに。
 弁当が回ってきて、俺、西条さん、Aさん、Bさんの4人で、船の船首のほうへ行って食べることに、日よけがなくてさすがに日差しがきついが、夏のこの感じは好きだ。沖縄に来た!って感じがする。

 幸い、弁当はホカ弁のシャケ弁だった。よかった、内地と同じ味で。俺は初めてダイビングで沖縄に来た時、ホテルで弁当を用意してもらったんだが、これが最悪だった。
 一見でかくて豪華に見えるんだが、おかずのほとんど揚げ物だった!俺は、昔から油がそんなに受け付けないので、日頃から天ぷらやコロッケなど揚げ物の衣は剥いで食べているんだが、おかず全てが揚げ物でお手上げだった。しかも船酔いだった。
 その時は「なぜ、シャケの切り身まで揚げているんだ?食あたり防止か?意味わかんねーよっ」ってツッコミそうになった。当然、船の上では別のものを買いに行くわけにもいかず、船酔いの吐き気と闘いながら拷問のように食べた。ソーキそばといい、沖縄料理にはまったくいい思い出がない。田舎(高知)の飯はうまいんだなあって思った。
 それだけに今日のホカ弁のシャケ弁当は、安心して碧い水平線を見ながら食べた。うまかった☆

 つづく

〜〜〜〜〜〜〜〜
『2007夏・沖縄旅行リンクまとめ』
http://cost-off.seesaa.net/article/59862708.html


posted by コスト at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄旅行・ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、次はいよいよ海外ダイビングですか!
沖縄の弁当、茶色くて油ぎっててカロリー高いですよね。すっかり関東の食事に慣れきっているオイラもたまに沖縄に行くとビックリしますよ。^^;
Posted by とり at 2007年10月23日 18:55
思い出しました、この弁当の時は、慶良間までの船で1時間移動して船酔いしてたんで、印象に残ってたんですよ。
値段とか見た目だけなら豪華な弁当でしたが、受け付けずにご飯を漬物とかで食べてました。
ちくわも揚げてたを覚えてます^^
Posted by コスト at 2007年10月23日 20:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。