2007年09月01日

2007夏・沖縄旅行D初日深夜の闘い

   『2007夏・沖縄旅行D初日深夜の闘い』

 りっかりっか湯をご機嫌な気分で出て、再びモノレールの三重橋駅へ向かう。途中、コンビニに寄る。
 飲み物やバナナなどを買い、会計をしてると時計は22:50を指している。あれ、モノレールの終電って何時だ?店員に尋ねると
「確か、11時までだったと思います。今ならぎりぎり間に合います!」
というので、ダッシュで駅へ向かう。また軽く汗をかく。駅に着いて、急いで時刻表を見る。23時台はバンバン走ってて、終電は23:43
 あの店員・・、11時までと11時台まではあるじゃ全然意味が違うぞ。とりさん、ウチナンチューはほんとにいい加減だよwそれとも俺がまだこっちのテンポに慣れてないのか?そりゃ、まだ来て7時間ちょいだもんなあ。

 安ホテルに戻ったが、結局、今日はホテルー県庁前ー国際通りー美栄橋駅(モノレール)ーホテルというルートを2周してる。飯と風呂だけで合計4kmは歩いてる、やれやれ。
 さてクーラーつけて寝るかと思ったら、ここコインクーラーwそういえば、1時間100円だとかチェックインの時に言ってたな。試しに100円入れて1時間待つとやはり止まった。そうなると、朝まで大体600〜700円か。クーラー代を計算すると、普通にカプセルホテルと同じ値段になるが、どういう奴が泊まってるんだ?

 トイレに出たついでにすれ違った数人と挨拶を交わしながら、観察したが、どうやらここは、
・サーファー、ダイバーの長期滞在者用
・工事現場などの仕事での一時滞在用
がメインらしい。
 なにせ、彼らは節約のためかクーラーを使わないらしく、ドアのどころに何かを置いて空けて風を入れていた。それも1フロアで3部屋も。防犯とかそういう考えはあまりないらしいw

 さて、いよいよ寝ようと電気を消して気がついた。
この部屋の窓にはカーテンがない!そこそこ人出れるくらいの大きさの窓にカーテンがなく、開ければ向いのマンションの通路の灯りが爛々・・。
 俺はずっと遮光カーテンで、すき間まで衣類で詰めて真っ暗にして寝る習慣があるのに、まいったな。仕方ないので目のところにタオルを置いたり、Tシャツをかぶったり、寝る方向を変えたりしてみるが寝れない。クーラーの調節も家と違ってうまくいかない。それにやたら作動音が変にうるさい。

 ・・寝れねぇ。もう一回トイレに行って、やはりドアを開けてる連中はクーラーなしで寝てるのに驚きながら、戻ってきた。まずいな、寝れないとダイビングの8時の集合に間に合わない。なんとしても寝る!
 窓と頭の間に服のハンガーをかけて少しでも暗くし、クーラーもやっと調節が利いてうとうとし始めた。その時、
パーン!!パーン!!
と、まるで頭の1mちょい先のところで、手で一本締めの拍手を二回したような音がした。
 寝ながら考えてみたが、向いのマンションの住人かと思ったが、その後に音がしない。時間も2時半をまわってるはずだし、何か行動する時間ではない。あとはベランダにおかしい奴がきて、わざわざ俺が寝付く寸前まで隠れてて一本締め×2をしたのか?
そんなはずはない。叩いた後に足音もしなかった。

 つまり、ラップ音か!
 そういえば、クーラーの作動音が変にゴツンゴツンなると思ってたけど、あれもそうか。じゃあ、2時間ぐらいずっとラップ音がしてたのか?
 それとさっき気づいたんだが、トイレの側の壁からもドンドンと音がしたので、マナーの悪い客がいるなあ、トイレぐらい静かにしろよって思ってたけど、そのトイレは女子トイレで、このフロアは男子専用・・。
あれもそうか、ずっと鳴らしてたのを俺は完全に無視してたから、とうとう一本締め×2という人為的ラップ音に変えたのか。

 確かに怖いが、寝れなくてダイビングで睡眠不足で中止なんてほうが怖い。夏季休暇半分使って、飛行機代からダイビング代払って楽しめないなんてほうが怖いんじゃい!
それに俺は霊感はない(いらない)と決めている。だから相手にしない、寝る。(相手するっつても念仏唱えるぐらいしかないし)

 と、そのまま寝たふりのまま、またうとうとし始めた時、

パーン!!
 今度は一本締めか、また起こされた。
しかし、ラップ音相手に騒ぐわけにもいかないし、とりさんやY崎にSOSも出せない。出されても困るだけだw
もう、この後で何回パーン!パーン!と鳴ろうが寝るしかない。

 以前、本島南部のほうは沖縄戦で最後の激戦地になったため幽霊が出やすいと聞いてたが、那覇も戦場だったんだ・・。などと、思って再び寝た。もう疲れのほうがピークになってて、眠りに落ちた。


 ケータイの目覚ましが鳴る前に、カーテンなしの窓から差し込む明かりで目が覚めた。よかった、一応あれから熟睡できたみたいだ。
 まさかとは思うが、この部屋出るからカーテンつけてないのか?とにかく、もう宿を変えよう。フロントにタクシーの手配を頼んで、出発の準備をして1階に下りる。

 鍵を返してチェックアウトをする。タクシーで三重城(みいぐすく)港という最近できた新港に向かう。
 ショップの送迎が満車だったので、一番近い俺はタクシーで行くことに。当然、支払いはショップ持ち。トランクケースなど全ての荷物も載せていく、ショップの車か船に載せていいというのは昨夜聞いていたので、二度と来る必要がないようにしてラップ音ホテルから去った。


 2日目ダイビング編につづく。
2007夏・沖縄旅行E三重城港
http://cost-off.seesaa.net/article/53637834.html

〜〜〜〜
関連記事:人志松本のゾッとする話
http://cost-off.seesaa.net/article/124273386.html

【2015沖縄旅行1】ベッドが3つある部屋
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-711.html
『霊感?シリーズ2・天草廃墟病院』
http://cost-off.seesaa.net/article/48756926.html
S川話「市営住宅にまつわる怖い話」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-125.html

<沖縄旅行関連記事リンク>
【2015沖縄旅行2】沖縄すばのオススメ店「なかま食堂」「すばやーケンサン」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-713.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<関連記事>
2007夏・沖縄旅行@高知龍馬空港
http://cost-off.seesaa.net/article/52700173.html
2007夏・沖縄旅行Aノープランなスタート
http://cost-off.seesaa.net/article/52801742.html
2007夏・沖縄旅行B1日目の夕食
http://cost-off.seesaa.net/article/52955607.html
2007夏・沖縄旅行C銭湯まで何マイル?
http://cost-off.seesaa.net/article/53059308.html
2007夏・沖縄旅行D初日深夜の闘い
http://cost-off.seesaa.net/article/53456493.html
2007夏・沖縄旅行E三重城港
http://cost-off.seesaa.net/article/53637834.html


posted by コスト at 02:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄旅行・ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「慣れる・耐える・諦める」(^^;
Posted by とり at 2007年09月01日 08:58
こんなはっきりした拍手型のラップ音は初めてでした^^;
モノレールの定時運行とコンビニの24時間だけは、内地ルールで救われましたが、果して時間に追われてるだけが正しいのかな?という気も旅の後半してきました。
Posted by コスト at 2007年09月01日 11:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。