2007年06月20日

都電荒川線制覇その2

  『都電荒川線制覇その2』

 その1(http://cost-off.seesaa.net/article/45229141.html)の続き。

 熊野前電停から再び三ノ輪橋行きに乗る。滑るようなゆるやかな加速で、路面電車は東へ向かう。
 町屋を通過し、区役所まで徒歩5〜6分はかかるのに荒川区役所前という電停に疑問を持ちつつも通過(『荒○区』参照http://cost-off.seesaa.net/article/36388705.html)。
 線路沿いの道路では祭りをやってるらしく、御輿をかついでるのが見えた。
 次の電停で、御輿を担いでた人が数人乗り込んできた。
「最近は若い担ぎ手がいないのよねえ。」
などと、話してる。そうだろうなあ、今時やんないよなあ。
1.JPG
祭りの人々(あきらかに定員オーバー)

 次は荒川一中前だけど、なぜか車内の路線図には(ジョイフル三ノ輪前)とある。ジョイフル三ノ輪って何だ?熊本ならジョイフルってのはファミレスの名前なんだが。気になるが、その次が終点だから歩いて戻ることにして、いよいよ終点三ノ輪橋へ。

Om4.JPG
結構、好きかもこの感じ。
Om2.JPG
てっきり早稲田電停みたくあっさりした終点だと思ってたら、なんかいい感じの街になってる。
これか、区のHPで5月26日に三ノ輪橋駅を昭和レトロ風に整備したって言ってたのは。(注:仕事で自治体のHPは見ることがある。)
Om323.jpg
当然ながら、カメラを持った鉄っちゃん(鉄オタ)が数人いました。
Om12.JPG
関東の駅百選に選ばれてると掲示板にあった。
で、気になってたジョイフル三ノ輪だけど、隣接するアーケード商店街だった。
WCtOm.JPG
路面電車と商店街が一緒にあるって、確かどっかで読んだなあ・・、あ『夢の木坂分岐点』(筒井 康隆著)だ。
しかし、やっぱ下町なのか密集して家が建ってるなあ。仕事で、
「この事業で道路の拡幅も行われるんですね。現況、区域は密集してるんですか?」と聞いたら、
「というか、○○区は全体的に密集してるんです。」
と、見事に言い返されたことがあったが、なるほどだw

y.JPG
近くにあった謎のアパート?
玄関になぜ観音像を?

070603b.jpg
帰りはバスで浅草に寄った。完


________________________________________________
『夢の木坂分岐点』筒井康隆著
谷崎潤一郎賞受賞作品

当ブログの関連ページ:
『都電町屋電停』
http://cost-off.seesaa.net/article/37310039.html
『荒○区』
http://cost-off.seesaa.net/article/36388705.html

<三ノ輪橋駅>
■開業 1911(明治44)年8月1日
■関東の駅百選の選定理由
 春には見事なバラが咲き揃う都内唯一の都電が走る停留所

 都電の最盛期にも都電のネットワークから外れて運行されていたが、道路上を走行する区間の短さにより都電全廃計画をくぐり抜けて、現在まで存続することとなった。
(参考:http://makkou-hyakusen.hp.infoseek.co.jp/009.htm


posted by コスト at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京&関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。