2007年04月08日

チャーハン・チャーハン

   『チャーハン・チャーハン』

 2007/03/24(土)、高円寺でタニさん達と深夜2時から駅前に中華を食べに行った。メンバーはタニさん、トンボさん、ノシさん、親方、カシワギ、モッピさん(後から合流)、俺。
座席配置
   親方 カシ トン
モピ 俺  タニ ノシ 入口←


 タニさん曰く、この店は安くて量も多いが、味のあたりの日と外れの日がある。料理ごとに当たり外れがあるんじゃなくて、日によってチャーハンがうまかったり、まったく塩気がなかったりする。つまりシェフによって味が違う、ということだった。

 で、オススメは料理に300円プラスでセット(定食化)がいいとのことだったので、俺は鶏肉と豆の甘辛味噌炒めのセット(880円)にした。

 皆それぞれ注文していくが、トンボさんはチャーハンを頼むのに迷っていた。結局、
「よし、卵チャーハンとレタス入り卵チャーハンで!」
ええっ?と皆がツッコんだ!
メニューの写真を見ても、レタスの量が増えただけで後はどうみても同じなのだ。だって隣あってあるんだよ。
 トンボさんは店に行きながら、チャーハンならいくらでも食べれますよ!とグッと親指を立てて豪語していたが、いくらなんでもパフォーマンスにしてはチャーハン×2+同じ味×2はきついだろう。

「トンボさん、それほとんど同じ味ですよwどっちか親方の豚肉なんたらチャーハンとかにしたらどうですか?ほぼ2杯分の卵チャーハンですよ。」
「大丈夫、チャーハンならいくらでも食べられます!!」
再びグッと親指を突き出してガッツポーズするトンボさん。
「今日のシェフが味が薄かったら最悪ですよ?」
「大丈夫、この塩とコショーで自分で調整します。」
テーブルの上の塩とコショーを指差す。ほんとに大丈夫なのだろうか、残すと思うけどなあ。

 以前、チャーハン・ライスというのを本で読んだことがあるが、チャーハンをおかずにライスを食うというやつだ。あれは、オチで白飯が大好きという話だったんだが、果してトンボさんのチャーハン・チャーハンはどうなるか。 

 食事が運ばれて来た。なるほど、タニさんのいう通り量が多い。セットもスープ・サラダ・ミニ餃子にデザートまである。これならお得だ。ただスープに関しては、
タニ「スープはどぶスープだ。どぶの味がするから、常連はだれも飲まない。」
飲んでみた。確かに変な味だったw
 でもまあ、メイン料理とさらにご飯のお代わりも自由ということで俺は満足していた。

 一方、ちょっと席が離れていたトンボさんを見ると、すっかり平らげていた。確か、一口目で味が薄いって言ってたのに、2皿ともすっかり空になっている。京都出身のトンボさんが薄いってことは確実に味がしないんだろうけど(京料理は薄味)、自分で塩ふって調整してチャーハン・チャーハンを食べていた。すげえなw
「トンボさん、食べましたねーw味同じだったしょ?」
「言ったじゃないですか、チャーハンならいくらでも食べられるって!」
お見事☆

 が、これでもトンボさんは量をセーブしていた(驚)。ほんとはもっと食べれるが、お金がかかるから我慢していたそうだ。以前、親方と食べに行った時は、この4倍(この量が1/4)は食べたことがあると言っていた。念のため言っておくけど、トンボさんは痩せてるほうだ。どこに入るの?胃袋ブラックホール??

 一方俺は、カシワギがうまそうに飲んでいたココナッツミルク(180円)が安かったので追加注文した。
 が、これが大外れ・・、なんじゃこりゃ粉ジュースか?しかも味がまったくしない・・。白く絵の具を溶かして香料ふっただけじゃないのか?カシワギはうまいですよ〜、っていってるが、ゆとり教育で味覚までπ=およそ3になってるんじゃねえか?
 カシワギはゆとり教育世代なので、うっかりボケたことを言うと、
タニ「これだからゆとり教育世代はw」
親方「なにせ円周率がおよそ3ですからねw」
と、からかわれる。文部科学省のツケは高円寺にまで及んでいたw
 一応、モッピさんにココナッツミルクを回して飲んでもらうが
「これ味しないよw」
だった。やっぱな。
 結局、4時前ぐらいまで居座ってたが、文句言われなかった。だって、隣のテーブルの人は料理が来ても、ずっと寝てたもんw
でもまあ、いい店だった。




 この食事中に親方からサバイバルゲームが提案され、高円寺常連組でチームを組んでどっかの山中で打ち合うことになりそうだ。当たれば結構痛いそうだ。

高円寺・タニさん達のカテゴリーはこちら↓
http://cost-off.seesaa.net/category/2920043-1.html


posted by コスト at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 高円寺(連ザなど) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。