2007年03月11日

警視庁から手紙

 警視庁○川署から手紙が来て、えっ?と思って裏のピ−ポ君のシールをはがすと、拾得物変換通知書だった。
 3/7に財布拾って窓口に届けてて、落とし主のおばあさんが翌日現れてお礼の電話があった、あれか。
(参照:http://cost-off.seesaa.net/article/35459560.html

 なるほど、表の差出欄も会計厚生係とある。
ふうん、こういう通知が来るのか。お礼の電話で終了と思ってたけど、
 「遺失物法により、あなたは、落とした方から遺失物件の価格の100分の5以上100分の20以内(乗り物や建物内で拾得された場合はその2分の1)のお礼(報労金の支払い)を受け取ることができます。」
 「落とした方からは、あなたにお礼を支払う無ねの確約を得ておりますので、落とした方からご連絡があった場合は、お話し合いの上お礼を受け取ってください。」

 とある。だけど、そのパーセンテージと財布の中身かけると交通費で赤字になる(笑)。大体、仕事でもないのに江東区まで行く時間ねえよ。お礼の電話でそんな話なかったし、成金ならともかく、おばあさんなら仕方ない(俺はおばあちゃん子だった)。



 出かけた日はブログ書かないつもりなのに、なぜかネタがポストに入ってた。
 旅行や出かけてる時は、休みか前日に書き溜め分です。


posted by コスト at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム・レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいことしましたね(^^)b
お礼金の比率の幅は当事者間に任せるのですね。

話は変わりますが、
今日は龍馬空港の名が全国に流れましたね。
何事もなく無事でなによりでした。

Posted by とり at 2007年03月13日 16:32
>>とりさん この事故ですね。↓

「8:50ごろ、大阪(伊丹)発高知行き全日空1603便(ボンバルディア DHC8―Q400型機、乗客56人、乗員4人)が、高知空港へ着陸しようとしたところ、 3本ある車輪のうち前輪が出ないトラブルが起きた。
 同機は通常の着陸を断念し、上空を約2時間旋回した後、午前10時54分、後輪だけで
着地、機体前部を滑走路(2500m)にこすりつけて胴体着陸した。
 乗客・乗員にけが人などはなかった。トラブルの原因は不明。」

 今日1日高知龍馬空港は閉鎖してたらしいですね。全国で59便欠航らしいですね。高松や松山に振り替え便しても着いてから高知までバスで3時間^^;
 高知は交通が空路に頼ってますから、影響でかいっす。しかも、このボンバルディア DHC8―Q400って、高知ー大阪のメイン機種・・(1日12往復、1時間1便)。
 俺も何回も乗ってるんですが、中距離までならジェット機とそう時間も変わらず、プロペラ機ですがかなり静かな機体だったんですが、事故多発機って、う〜ん。
 
Posted by コスト at 2007年03月13日 22:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。