2007年03月08日

岡元(仮)さんB・『数学科』(完全版)

   岡元(仮)さんB・『数学科』(完全版)

 前回、ドラマ『やまとなでしこ』について岡元(仮)さんとトークした話を書いたが(『岡元(仮)さんA・「やまとなでしこ」』http://cost-off.seesaa.net/article/34669807.html)、その関連話。

岡元「でも、数学できる人いいわよね。頭良くて。」
(注:『やまとなでしこ』では、堤真一が最後に数学者になる)
また、岡元さんは自分の知らない業界だとすぐドラマに影響されるなあ、と思い、反論した。

俺 「現実はそうよくないよ。数学科出たって仕事は教師ぐらいしかないよ。
   高校の頃の担任が数学科出身だったから、よく言ってたよ。」
岡元「えっ、そうなの?」
俺 「だって、大学でやる高等数学なんてまず仕事じゃ使わないし、つぶし効かないよ。
   高校の同級生が2、3人数学科入ったけど、どうなったか聞かないよ。単純に入試とかで点が取れたからで入ったら、えらい目に遭うよ。入試とか高校レベルの数学と、大学の高等数学は通訳と中学英語ぐらいの違いがある。ついていけない学生が一番多い学科なんじゃないかな。
   うちだって、数学科が一番追試に張り出されてる人数多いじゃん。」

岡元「そうなの?他の学科の追試表なんていちいち見ないわよ。」 
(注:岡元さんと俺はともに理学部で、学科は違うが知り合い。)

俺 「だってさ、俺の高校の同級生で数学科行ったヤツだって、めちゃめちゃ数学できたよ。微積なんて俺が2ページぐらい展開式書いて解いてるのに、そいつは頭の中で途中の式を省略して、半ページも書かないで解いてたよ。
   しかも楽しそうに数式解いてたもん。正直、これは同じ土俵で闘ったらダメだと思ったよ。
   そんな奴らが数学科入って、あれだけの追試や落第くらってるんだよ。だから高校の数学が得意とかで入ったらえらい目に遭うって。」

岡元「ふ〜ん。ドラマの中じゃ神様のルールとかって、色々格好よかったわよ。」
俺 「だから、ドラマは現実伝えてないんだよ。役者と脚本家の力だよ、すごいのは。
   高等数学を活かした職業なんて、学者か教師ぐらいじゃない?教師は活かしてはいないけど。それに教師でもできるヤツほど省略するから、教えるの下手だと思うよ。高校の担任下手だったもん。」
岡元「ふうん。」

俺 「まあ数学と物理はもろセンスだから、教えなくてもわかるヤツは一人で教科書先に読んで理解できると思うよ。物理なんか、100点か赤点の両極だったよ。60点とかが一番人数すくなかった。それもさぼっての60点じゃなくて、努力して60点のほうだよ。」
岡元「そうなんだ。私は選択だったから。」


 俺が見た数学科の追試表に張り出された人数は、12〜15人。1学科30〜40人+去年落とした人数なので、3割強の追試率である。しかも必修って書いてあったように思う。
 そもそも数学科って、他の理科系と違って実験もないし、単位のほとんどがペーパー試験かせいぜいレポートだろう。しかも文型みたいに評価基準色々でなくて、結果はもう数字や証明ででてるからなあ。そりゃあ、落第率高くもなるわ。

 高校の同級生で数学科に進学したヤツとは、出席番号が1番違いだった。俺が1番でソイツが2番だったのと、名前が「○平」でまるでカップ麺みたいな名前だったからよく憶えていた。
 高校のやつらは、以上に濃い奴らばかりだったのでそう目立たなかったが、受験の時に、
一平「俺、大学落ちたらパチンコ屋で働きながら、家の前の海で一生サーフィンやって過ごすぜ。だから今年が勝負だ!」
 大学受験ぐらいで極端なこというヤツだな、と思ってたが見事合格してた。今なにやってんだろ?

 ちなみに俺も岡元さんも、結局大学の学科とは関係のないとこへ就職した。俺は単なる挫折w元々、理学部は趣味の学科だから、あれはあれでよかったと思ってる。

〜〜〜〜〜〜〜
完全版で後半の文章追加しました。


posted by コスト at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム・人物編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。