2007年02月17日

大佐のレシピ2

     『大佐のレシピ2』

 前回『大佐のレシピ』(http://cost-off.seesaa.net/article/32613760.html)で大佐の料理スキルをほめまくったが、大佐はその料理スキルがゆえに死に直面したことがあるようだ。
 大佐日記によると、
_____________________________
<2007年01月30日 生存報告 天国と地獄変
3年前の夜:
パスタをゆでるため寸胴鍋にたっぷりのお水を入れて沸かしましたお湯が沸くまでヒマだったのでテレビを観つつ、そのままうとうと、、、

そのまま数時間寝入ってしまいました
その時枕元に死んだばあちゃんが現れました
正座してこっちを見て「早く起きなさいよ」みたいな顔してました

ふっと起きたらキッチンのほうが真っ赤になってる!
寸胴の金属部分が灼熱色になり、取っ手のプラスチックが溶けてるよ!!
慌てて火を止め寸胴を流しに放り込みました


いや〜、びっくりした、、、
それから俺はガスレンジを自動立ち消え機能があるやつに変えました
お湯を沸かすときも笛吹ケトルにしました

昨日の夜:
お茶を入れるため笛吹ケトルにお水を入れ、お湯を沸かしました
お湯が沸くまでヒマだったのでテレビを観つつ、そのままうとうと、、、

そのまま朝まで寝入ってしまいました
朝起きたらキッチンのほうが(略)

同じミスを繰り返してしまいました
自動立ち消え機能は働かず、笛吹ケトルは笛部分の蓋が開けっ放し、、、

とりあえず無事に生きています

これから一人暮らしをする皆様、くれぐれも火の元には気を付けて下され
_______________________________

そう、大佐はうっかり部屋ごと自分まで料理しかかっていたのだ!それも2回も!
 お、おそろしい話だ。昨日まで料理自慢してた大佐が自分を加熱調理寸前までいっていたとは(怖)。

 当然、これを読んだ俺は料理は自粛(サボリ)しょうと思った(笑)。




posted by コスト at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記・登場人物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。