2006年07月29日

<七夕の秋葉 中編>再会の面々 その2

   <七夕の秋葉 中篇>再会の面々 その2

 ニコレンと組んでの対戦が終わって、落ち着いてオフ面々と挨拶。
さすがに七夕とあってか、大佐(隊砂)、コウさん、タツさんあたりの彼女がいる(いそうな)人は来てないか。そうだろうなあ・・。あ、グレートさんも来てない。
って、そんなことを思ってたら、
N 「おまえも彼女いない男の一人だにょー。俺はいるもーん、プゲラッw」

などとイニシャルN男が言ってくるが、人格者な俺は当然のごとく流す。

 俺が来てからもずっと連勝中のクゥさん&イッパソさんコンビ、10連勝してたので、すげえな〜とほめると、

Evilクゥ 「何言ってんすか、こんなゲーセン狩り場っすよ狩り場!練習機体で十分っすね。」

イッパソ(ネタver)「補正がなければ何勝でもいける。敵は補正システムなんだよ。
         ま、台の向こうにゃ敵はいねーな。いるとしたらプログラムの中だな。」


などと威勢のいいことをかましてきやがった。
そういう時は、イッパソに頭髪検査をかます!

俺 「コラー!!なんだこの茶髪に整髪料は!
    ああ!?色気づいてんじゃねえぞ!」

と、イッパソさんの髪をわし掴みにする。
ヤツは、連勝中のインターバルで逃げられず、
イッパソ(リアルver)「ひーーっ、やめてくださいよー。」
と、泣きが入ったので勘弁してやることに。わははは。

しかし強いな、あのコンビは。
だが、服装と髪型は実に対照的だ。
クゥさんは髪はいじらないが、服装は古着屋巡りが趣味というぐらい凝ってる。
イッパソさんは、髪に情熱を燃やして会うたびに髪だけ外人化(茶髪領域拡大)していくが、服装は髪ほどいじってこない。
まあ、ゲーセンオフの面々相手に服りぐっても(こだわっても)仕方ないしな。
俺もゲーセン仕様の手抜きファッションで、ゲーセン以外どこへも行けそうにない格好だしなw。

他のレギュラーな面々にも三ヶ月ぶりなので挨拶して回る。

 その時、何人か野良の人が我々の列の間に入ってて、邪魔だなって思ってたら新人さんだった。
俺が忙しくて、オフどころか掲示板も見れなかった時期に来た人だった。
タツさん以降の新しく来た人は、全然面識なしなのでタケミツさんに聞く。

一瞬、葉巻吸ってるのか!?と、吸ってた黒いタバコを勘違いしてしまった初対面のヒロミツさん
タケミツさんに紹介してもらって挨拶。
その後、一戦組んでもらって一回勝利、ホッ。

で、黒いタバコの正体を聞くと、
ヒロミツ「これ?ガラムインターナショナル。タール32ミリという鬼のようなタバコです。
     俺ぐらいヘビーになると、30ミリ以下は吸った気がしませんよ、ハハッ。」


生まれてこのかたタバコをくわえたこともない俺からしたら、正気を疑う行為だ。
だが、実はこれヒロミツさん一流のジョークで、ほんとはブラックデビル・ココナッツミルクというタバコだった。
箱を見せてもらうが、表にも裏にも明石家さんまのイメージは一切なかった。
なんども言うが、タバコ会社もたまにはボケろや・・。

ただ、このタバコ煙の臭いのがデビルだった。(葉巻と勘違いしたのはそこから)


つづく。


posted by コスト at 03:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 連ザ オフ観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!いつも楽しく拝見しております!
良かったら僕のブログにも遊びに来て下さいな!
Posted by バスコ at 2006年07月29日 17:51
めんそーれ、バスコさん。
今後ともよろしくです。
バスコさんのブログも今度チェックしてみますよー。
Posted by コスト at 2006年07月30日 01:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。