2006年07月22日

<七夕の秋葉 中編>再会の面々

   <七夕の秋葉 中編>再会の面々 その1

 そんなスッタモンダがあって、ニコレンとようやく合流。
やっと今日の戦場へ向かう。
途中、ニコレンが再び未練がましく
「あれっ、さっきいた子、俺のつきあってる子に似てる・・。」
などと言い出すが、
「だとしたら、アンタ無視って本命と待ち合わせ中なんじゃねえのwはい、終了!終了!」
と、話を打ち切り、戦場となる某ゲーセンへ。


 連ザUの稼動フロアへ突入。

 一瞬、オフの面々がわからなかったが、ニコレンが目の前にいるじゃん、と発見。半分以上が対戦中。
この時は、3月以来だから冬服のイメージから急に変わったからだからと思ったが、変わったのは服装だけではなかった。

俺がニコレンを引っ張ってきたが、ニコレンも数ヶ月ぶりで、しかも俺と違って連絡を全然取ってなかったらしく
「あれ、二コレじゃね?」
「あ、Nだ。Nが来てる。」
ざわ、ざわ、ざわ・・。

周囲が対戦のインターバルの間、皆がニコレンをチラ見してざわつき始めた。
そのざわつきに堪りかねたように、クゥさんが口火を切った。

クゥ「コストさん、お久しぶりです!寂しかったですよ〜。
   で、えーっと、この人は誰?新人さん?」

 
俺 「うーん、なんかね、ついてきちゃったんだよ。」
苦笑しながら答える俺。

N 「ちょっおまっwwちょおまっw」
クゥさんにツッコミをいれるリアルちゃんねらーN(笑)。

クゥさんナイス☆
ニコレンに大ダメージだw
俺は数ヶ月オフに来てなかったが、このブログやメールで連絡を取っていた。
しかし、このイニシャルN男は、彼女ならともかく、さっきまでパチンコのグランドオープンを最優先しょうとしていて、満席で仕方なく秋葉に流れてきたような奴だ。当然、連絡なんかしちゃあいない。
もっともっと叩いてやれ!ニコレンの増長を打ち砕け!

俺の中で、口火を切ってニコレンに一撃かましたクゥさんの株が急上昇↑。

ニコレンの禊(みそぎ)も済み、無事合流。いよいよ連ザU初めての対戦へ。
地元ゲーセン入荷してなく、友達と遠征してCPU戦しかしたことないので、Uになっての対戦は初めてだ。
(注:Uの稼動は6/29。)

 俺はオフに来れなかった間に、地元で友達とやっててステキャンはマスターしたが、Uになってステキャンゲーではなくなった上に、新しい感覚に慣れねばならない。まだ慣れてない状態で対戦になるとは・・。
そう考えながら、ニコレンと組んで座ると、

N 「コス太君は、ステ厨(ステップ厨房)は卒業したのかな?」

 俺が以前ステキャンできなかった事をしつこく憶えてて、嫌味を言ってきやがった。
コ、コイツ・・、さっきの挨拶を根に持ってやがるな。

さらに、対戦なので慎重にFインパルスを選択しょうとすると
N 「なんだよー、古い機体じゃねーかよー。新しいのを開拓しょうとチャレンジしろよー。プゲラッ。」

などと、負けたら文句言うくせにこの男は・・。
ともかくUでの初対戦開始。

何回か対戦をして、ニコレンは俺よりもうまく(こっそり練習してやがったな)、俺(運命)ーニコレン(ムラサメ)で5連勝ぐらいしたのがいいところ。
ただ相変わらずニコレンは、連携どころか戦闘中の残体力の声かけも通信すらもしてこない。変わらずの突っ走りプレイスタイルw
ニコレンと連ザやるのもドムさんの宴の3次会以来だったが、おもしろかった。

つづく





オフ観戦記の『七夕の秋葉』は、前編(未発表)−中篇その1−中篇その2−その3(未発表)−後編(すでに公開)
の順番で連作です。
アップは気長に待ってください。
また諸事情によりアップの順番がばらばらになっています。


posted by コスト at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 連ザ オフ観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。