2006年06月22日

東京リアル

『東京リアル』

東京に住む前と、住んでからだと随分イメージが変わった。
旅行と断片のメディアの情報だけで構成されていたイメージのbeforeと住んでからのafterを書く。

<before>
歌舞伎町は『新宿24時』のように、毎夜毎夜ヤクザやマフィアの戦場と化し、銃撃戦の弾丸が飛び交っている。カタギは当然進入不可。

<after>
意外と治安が良く、夜でも女性一人が歩いている。
大阪のほうがよっぽど怖い。姉が住んでいたが、夜は駅からタクシー一択!


<before>
満員電車には、一両に一人はスリがいて、眠ると即盗まれる。
真鍋かをり(愛媛出身)は、初めて東京に来た時にブラに万札を隠してたそうだが、俺も靴下の中に隠していた。(マジで)

<after>
その計算でいくと、東京中のスリの数が何百人(最大時の車両の数)となってしまう。
いたとしても、泥酔のサラリーマンの胸ポケットの財布を狙うそうだ。
わざわざ俺をターゲットにはしないだろう、こんなに人がいるんだから。



<before>
池袋は当然IWGPのカラーギャング渋谷はチーマーが常にいると思っていた。
ひょっとすると「ブクロさいこー!」って叫んでる奴がいるかもと思ってた。

<after>
すでに絶滅。ドラマの見すぎw


<before>
・浅草は、キレイなモデル的観光地だと思っていた。

<after>
裏にまわれば、場外馬券場に浮浪者がいっぱい。
下町のアレさに免疫がなかった。亀有の両さんの漫画はよく描き過ぎだ。実際は・・・。


<before>
東京人は、皆語尾に「〜でさー。」「〜じゃんー。」と言っているやつばかりだと思っていた。

<after>
歳いってるおばさんまで言ってるのには驚いたが、東京が地元でもイッパンさんは普通に話していたので、事情を聞いてみると
イッパソ「そういう言い方、東京生まれの人あまりしないよー。
     東京じゃない人が都会っぽく見せるために言ってんだよ。」
との回答。
なるほど、オフのメンバーでも東京の人多かったが「〜さー」や「〜じゃん」なんて言ってる奴はあまりいなかったな。常識人以外と多いのだ。
以後、「さー、〜じゃん」口癖の奴は色眼鏡で見ている。


たぶんにメディアに情報操作されて、ほとんどが誤解と偏見であったんだが、やはり来てよかった、ネタ満載(笑)。
63722.jpg
日々が妖怪大戦争のワンダーランド。


posted by コスト at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京&関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。