2011年04月13日

【人間観察】恫喝する障害者

 今日、京王線に乗って空いていたので優先席(車両の端っこ)に座った。
すると、空いているのに車両の端の席の俺の前に立ち、俺の組んでいた足にぶつかったごつい男(推定身長177cm、骨太ゴリラ体型)がいた。
 わざわざ車両の端っこに来るのも変だなと思ったが、足を元に戻し、スマートフォンをいじっていると、
「ここでは携帯電話のスイッチを切ってくださーい!」
と、大声でアナウンス風の声が聞こえた。
 顔を上げると目の前に立ったごつい男が、視線を車両の中心に向けてまるで車内アナウンスのように言っていた。
 なるほど、確かに京王線の優先席では「携帯の電源を切ってください」と張られている。ルールなので素直にスイッチを切った。
 なにしろ、以前、同じく京王線でガラガラの車内を変な人物が巡回しながら
「優先席では携帯の電源を切ってくださーい」
と、わめきながら歩いてるのを目撃したことがあり、ときどきDQNが出るのは知っていたからだ。

 そして、スイッチを切った俺はちょっと面白そうに思えたので、目の前のケータイ禁止男の行動の観察を始めた。
 俺の反対側の座席には大学生風の若い女の子(20歳ぐらい)が、ビシッとセンスのいいファッションで座ってて、イヤホンで音楽を聴きながらケータイをいじっていた。
 すると、ごつい男はなにやら免許のような物を荷物から取り出し、首からかけた自分の折りたたみのケータイをなにやら確認し、再度、
「ここは優先席ですよ。ケータイやめてください!」
と、若い子に向かって顔を近づけて言った。

 その時点でいくら障害者にせよ、ちょっとやりすぎな感じがしていたが、よく見るとさっき男が取り出したのは障害者手帳だとわかった。免許にしては少々サイズがでかいと思ったが、障害者手帳を出した意味はなんだろう?と思っていると、女の子のケータイが震えたのか取り出して、なにやら拭いたりして始めた。

 その瞬間、ごつい男は座っている女の子に顔を20cmの距離に近づけて、車内中に聞こえるほどのはっきりとした声で
「ここは優先席ですよ!ケータイやめてください!
 私の言ってることがわかりませんか!?それとも日本語わかりませんか!」

と怒鳴った。

 最後の「日本語わかりませんか」なんてあきらかに侮辱だろうし、完全に公衆の面前でという侮辱罪の用件も満たしてる。
 それも何の障害者か知らないが、一見すると180cm近い身長のごつい男が顔を近づけて座ってる女の子に恫喝してるようにしか見えない。こいつマジかよ。

 俺の組んでいた足にぶつかった時に感じ悪いなと思ったが、それはやりすぎだろ。顔も近すぎるし。
すると、女の子は髪をかきあげ、イヤホンを外し、
「なんですか?」
と、うざったそうに答えた。至極、当然な対応だ。
 すると、ごつい男はまたまた「ここは優先席だ、携帯電話の電源を切れ」と言っていた。
女の子は呆れて黙って席を立って車両の中を歩いて行った。
 いくらルールとはいえ、別に法律でも何でもない京王線の車内ルールだぜ。これが男なら絶対にただじゃ済まないような挑発的な言い方で、他で言ったら手出されてると思う。俺も周りもこの暴走男を止めに入りそうな雰囲気だった。

 いくらルールとはいえ、別に法律でも何でもない車内ルールでそこまで言うほど、心臓にペースメーカーでも付けてるのか?と思っていると、この男は女の子の席に当然のように座り、二つ隣の席のおっさんから
「携帯電話が体に危ないの?」
と聞かれたら
「いえ、関係ないですけど、ここ優先席で僕は障害者なんで、もし文句言われたら障害者手帳見せようと思って」
と答えていた。
 はああ?おまえ、ケータイ関係ないのかよ。席をどかすための口実にケータイケータイって大声で騒いでいたのかよ(驚)。

 マスクをつけたままだったが、内心、俺の口はあんぐりと開いた。
しかもそいつは、体格がごついのであきらかに1.2人分のスペースをとり、隣のおばさんを圧迫していた。
 大声でわめいたり、スペース取ったり、障害者だろうが何だろうがおめーのほうが迷惑だろうに、と思い、そいつを観察していると俺だけでなく車内中の人が一連の騒動の聞き耳を立てていたらしくみんなの視線が集まってきた。
 そしたら、その障害手帳の男はなんと全員にガンを飛ばしてまわった。俺にもにらみつけきた。俺は893と基地外は相手にしないので、チキンと呼ばれようが即目をそらしたwだってこんなごついのまともに戦ったら勝てないよw
 
 はじめは、大災害でみんなピリピリしてるのかなと思っていたら、こいつは真性だ(笑)。
で、次の明大前駅で俺は降りたが、結局、こいつの障害とは一体なんだったのか?という謎が残った。
 わざわざ、見せろとも言われてもない障害者手帳まで準備してチラつかせて、何も水戸黄門の印籠じゃあるまいし、ただで電車バスが乗れるからって優先席までそれでどかそうとしたのか?
 でも、別に足腰は松葉杖でも車椅子でもないし、体格的にも恵まれている感じだったし、一体何のハンデキャッパー(handicapped)なんだよ〜。

 俺は、福祉政策は詳しくなく、幸い健康体なのでそう意識したこともないが、ここまで障害者の権利や手帳を振りかざす奴は初めて見た。ケータイの電源オフはルールだが、それをてこに席をどかすってのはやりすぎだろう。
 しかも、相手は若い女の子だよ。自分のケータイ禁止アナウンスが無視されたからってなあ、もともと電車はその印籠のようにチラつかせている手帳でフリーパスで乗れているんだろう。席譲る譲らないはあくまで善意の自由行動で、障害者専用席じゃないし、権利主張の戦闘スタイルはとても障害者っていう社会的弱者のそれではない。ちょっと間違えたら障害を盾にした恫喝に見える。

 その後の席に座った態度たるや、健常者よりもマナーが悪かった。両隣へのスペースの圧迫しすぎだろう。ほんと、最後に印籠代わりに使ってる障害者手帳見せてもらえばよかった。
「お宝をちょっと拝見させてください」とかいってw
ほんと、どこが障害認定されてるのだろう?あれだけ元気な奴ってそういないぜw

〜〜〜〜
関連記事:『小ネタ集 人間観察記(東京編)』
http://cost-off.seesaa.net/article/20229619.html
『人間観察記(子供編)ver.2』
http://cost-off.seesaa.net/article/44230146.html
『気が襲ってきた』
http://cost-off.seesaa.net/article/103199604.html
【人間観察】「中央線のエスカレーター」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-450.html

S川話「免停者短縮講習」
http://cost-off.seesaa.net/article/172255660.html
S川話「ウンコテロ」(ver.1.2)
http://cost-off.seesaa.net/article/174270236.html
S川話「コンビニLの事件簿」
http://cost-off.seesaa.net/article/174402520.html
S川話「腕に傷を持つ男」
http://cost-off.seesaa.net/article/172265136.html

【目次】コラム人物編目次part1
http://cost-off.seesaa.net/article/107966008.html
まとめて読む→コラム人物話カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2974048-1.html
コラム・人物編カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html 
コラム・レポカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/1226367-1.html


posted by コスト at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム・人物編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。