2011年03月21日

Mさん話「巨人の星Aオズマの最期」ver.1.2

Mさん話「巨人の星@」の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/189624266.html


    Mさん話「巨人の星Aオズマの最期」

 以前、Mさん話「原作付きアニメ化」(http://cost-off.seesaa.net/article/100823059.html)で、アメリカに帰ったオズマ(中日の助っ人外人で黒人)がアニメでは戦争に行って、戦場で負傷して日本経由でアメリカに帰る際に星飛雄馬とこっそり対決し、その後、アメリカで戦争の傷が元で死ぬ話があって、それはアニメオリジナルの話で原作の漫画では描かれなかったオズマの最期が描かれているとの話題が出てくる。

 その時にMさんは、「子ども向けの野球アニメで黒人差別や戦争などを描いちゃうんだからすごいよ」と話していてずっと気になっていたが、2011年に再放送でやっと見れた。

 その辺の会話から。
「再放送で途中から観たんで、なんで飛雄馬はクリスマスパーティーを開いて、花形と左門を招待して誰も来なかったりとか意味不明なことしてるんだろうって思ってたら、オズマに『おまえは俺と同じ野球ロボットだ』とか言われたからなんですね」

「オズマも子どもの頃に親から球団(カージナルス)のスカウトに買われて、球団の施設で野球ロボットになるように育てられたから、飛雄馬におまえも同じだって言ったんだよ」

「だから飛雄馬は『俺は野球人形じゃない、父ちゃんの操り人形じゃない』とか言って、クリスマスパーティー開いてみたり、アイドルと付き合ったりしてたんですね」

 その後、オズマの最期を描いた第171話「かえってきたオズマ」と172話「オズマの死」を観た。
 簡単に説明すると、漫画版ではメジャー球団との契約の関係でアメリカに帰ったとしか描かれていないオズマが、アニメ版では帰国後にメジャーで新人として三冠王を取るなど活躍し、その後、徴兵で戦争(たぶんベトナム戦争)に行き、負傷して日本経由で帰る際に大リーグボール3号で活躍している飛雄馬と再会するところから始まる。

・軍服姿のオズマは、星とバーで飲みながらアメリカに帰国してからの活躍を話す。
アメリカに帰国し、幼馴染の黒人のジェニーと結婚、メジャーで三冠王を獲得し、その祝福パーティーの席で徴兵の兵役カードが送られてくる。

・ジェニーは兵役に行かないように言い、オズマの育ったスラム街の住人たちも
「兵役に行くな、オズマ。俺たちの元にも兵役カードが来た。俺たちは戦争には行かない!
 俺たちには黒人の魂がある。俺は教会で人を殺してはいけないと教えられた。教会の教えは守らなければならない。もし、とがめられても裁判で堂々と主張すればいいのだ。
 オズマ、行くのはやめろ。おまえにはわからないのか、おまえのような有名人が戦争にいけば、それだけで戦争に行きたくない黒人が行くことになるんだ」


・しかし、オズマは
「いやだ、おれは戦争に行く!せっかく苦労して三冠王を取り、今や一流のアメリカ人なのだ。
 黒人も白人もない、今や俺は一人のアメリカ人だ。三冠王のおかげで俺は今一流のアメリカ人なのだ、この俺は。それが証拠には黒人の子どもたちからも好かれ、白人たちからも何の偏見もなく、尊敬すらされている」

・ジェニーは
「でも、黒人の大人たちは魂を売ってしまったあなたのことを許してはいないわ」

・オズマは
「あの時は仮に売ったのだっ。そうしなければ、俺は親父のようにボロ切れのようになって死んでいただろう。今の俺はアメリカ人としての魂を持っている。だから、アメリカ人として課せられた義務を果たすんだ」
 しかし、スラム街の住人はオズマに冷たい視線を向ける。

・戦地への出発の時にオズマは
「死んでたまるか。生きてきっと帰ってくる。もう一度、野球人としての栄光をつかむんだ。一度つかんだ栄光を失ってなるものか。栄光を通してこそ俺はロボットではなく、一流のアメリカ人になれるんだ」

 その後、戦争で勲章を二つもらうほどの活躍をして、新聞に「アメリカの英雄オズマ」と書かれるが、負傷して日本経由で帰国することになる。
その話を聞いた飛雄馬は、
「野球だけしていればいい俺たちと違って大変な苦労をしてきたんだな。
 野球人間からアメリカの英雄か、確かにオズマはロボットを脱しただろう。しかし、俺にはオズマが新たなロボットになった気がする。栄光という名のロボットに
との感想を持つ。

 オズマは、アメリカで三冠王を取ったが心残りは消える魔球(大リーグボール2号)と対戦できなかったことだといい、大リーグボール3号に挑戦を願い出る。
 翌朝の対決では飛雄馬の勝利となるが、対戦の途中で見えないスイングをしようするオズマは戦場での傷が痛み出す。キャンプで飛雄馬がアメリカに来た時に再度対決しようと言って別れる。

 飛雄馬は、最初の対決でバットに当てたのはさすがだと言い、オズマが去った後に
「オズマ、もう一度三冠王を目指して頑張ってくれ。君が戦場で得た勲章は少しもうれしくない。
 君の胸に燦然と輝くものは、バットで与えられる物ただ一つだ。その時こそまた挑戦を受けよう」
 と、思う。

 帰国したオズマは、アメリカの英雄としてパレードが行われる。
 オズマは、
「アメリカの英雄、誇りとして今俺はこの街、この国の誰からも仰ぎ見られている。もうスラム街の黒人ではない。英雄、誇りなのだ」
と胸を張る。
 しかし一方で、妻のジェニーの兄にも勲章が贈られたが戦死していた。

 メジャーの試合に戻ったオズマは戦場での傷の痛みを感じながらも活躍する。
監督から
「戦場のヒーローとグラウンドのヒーローのダブルヒーローを目指すんだ」
と言われて、痛みを押して頑張るオズマだったが、傷のある背中にデットボールが当たり入院する。
 監督が医者に呼ばれ、オズマの状態が説明され、背中の傷の中に戦場での砲弾の破片が残っていることが検査で分かり、もう手術でも取り除けず、選手としては再起不能で命は取り留めても半身不随になると言われる。

 オズマは球団から贈られた車椅子(イス)で退院するが、家には球団から解雇通告が届く。
オズマは車椅子で球団事務所の監督のところへ行き、解雇の説明を求める。
 監督は傷の状態を説明し、
「君はもう野球ができない体なのだ。球団は慈善団体ではないのだ、わかってくれ。
 球団は飲んだくれ父親から君を買い取り、ようやく銭の取れる選手に育て上げた。投下した資本を回収し、これから利益を上げようという時に君は倒れた。球団の役員会で私は莫大な赤字だとつるし上げられた。君をこのままにしておけば球団の損失は大きくなるばかりだ。わかったら帰ってくれ」


 帰り際にオズマは振り返って聞く。
「ボス、この車椅子は球団が買ったのか?」
「・・私のポケットマネーだ」
「グッバイ、ボス・・」

 家に帰る途中から容態が悪化し、オズマは生まれた街・スラム街へ帰るといい、実家でオズマは白人街である高層ビルを見ながら
「あの明かり、白人街の明かりを求め続けてきた。子どもの頃は腹いっぱいに食べることが夢だった」
と話して、オズマの人生の回想が始まる。

 アメリカの黒人スラムで生まれ、パンを盗んだりして生活していたオズマはスカウトに目を付けられ、お金で親から買う形で球団がオズマを連れて行き、球団の施設で野球ロボットとして鍛えられる。

「俺は必死になって頑張った。得意な野球でパンが食える。スターになれる。スターになって俺を買い取った白人たちを見返してやる。そう自分に言い聞かせて頑張ってきた。そして、グランドでも戦場でもヒーローに、俺はダブルヒーローになりつつあった。だが、今はもう飛雄馬・星、君との約束は果たせなくなった。俺の分も頑張って巨人の星になってくれ。
 ジェニー、俺があの明かりの中で手に入れたのは、結局、これ(勲章)だけだった。得た物はこれだけだった」
 と言って亡くなる。

 その内容が、ジェニーから世界でただ一人の親友の飛雄馬に手紙とともに、大リーグボール養成ギブスが送り返され、飛雄馬は泣きながら手紙を読み、「オズマよ、俺は必ず巨人の星になる」と誓う。

※大リーグボール養成ギブスは、中日のコーチとなった星一徹(飛雄馬の父ちゃん)により大リーグボール2号打倒の特訓ために来日したオズマに与えられていた。しかし、カージナルスが日本でのオズマの活躍を聞き、野球留学を切り上げさせメジャーに呼び戻した際に持って帰っていた。

 という内容で、どう見ても子ども向け野球アニメの内容ではなかった。
とくに、黒人の誇り=良心的兵役拒否なんて絶対子どもは知らないし、まず理解できないと思う。高校の世界史とか公民で習う内容だよ。
Wiki「良心的兵役拒否」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%89%AF%E5%BF%83%E7%9A%84%E5%85%B5%E5%BD%B9%E6%8B%92%E5%90%A6

 ほかにも、ジェニーが三冠王パーティーに遠慮して行かないのは黒人差別の婉曲表現でもあるし、お金でスカウトが子どもを買っていく話も「一流のアメリカ人」という考えもアメリカの人種差別の歴史を知らないと分からないだろう。

 ベトナム戦争という言葉は出てこないけど、放送された年代と戦場で負傷して日本を経由して帰国するってのはベトナム戦争当時、日本は米軍の兵站基地として機能していたことからもわかるんだけど、実にリアルだ。

 投資した資本の回収や「球団は慈善団体ではない」とか、最期の監督(ボス)のポケットマネーで車椅子を買う=球団はもう一切オズマに金は出さない、だけど監督は個人的には同情しているってとこなんかもほんとこれは大人向けの内容だなあwこんなにシリアスな回とは思ってもみなかった。
小学生には慈善団体や役員会、ポケットマネーは通じないと思うw

 なるほど、Mさんが印象に残って「昔のアニメのドラマはすごい」ってのはこういう話を観てたからなんだなあ。それも原作にはないアニメオリジナルでこの内容、脚本マジすげえ。

 でも、前に聞いた話では脚本でちょっとでも難しい単語や表現を使うと、
「今はその表現だと視聴者に通じない人がいるので簡単なのに変えてください」
とクレームが入るということがあるそうだが、昔は野球アニメでこの内容でOKだったんだなあ。すごいな。

 ちなみに、『巨人の星』は全182話(3年半以上放送!)で、最高視聴率は第94話(1970年1月10日放送)の36.7%(アニメ歴代5位)。再放送でも、1980年2月19日放送分において28.2%(歴代25位)を記録している。
参照:Wiki「巨人の星(アニメ)」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A8%E4%BA%BA%E3%81%AE%E6%98%9F_%28%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%29#.E8.A6.96.E8.81.B4.E7.8E.87

 補足の話はコメントのほうで説明あり。
<コメント欄からの抜粋>
 印象深いのは、飛雄馬が大リーグボール2号を打たれた後に川上監督にシーズンの残りの給料を返してシーズン途中で引退しようとしたら、
監督は
「金の話をするなら給料を返してもらうだけでは足らない。シーズン途中で辞めるのなら違約金が発生する。
 金の話ではなく腹を割って話そう。
 大リーグボール2号が打たれたから引退という、君の全てかゼロかの考えではなく、人生は3本勝負で1本取られても残りの2本を取るという考えを持てないのか。
 大リーグボール2号が打たれた後にオールスターのファン投票で君の順位が上がったのは、ファンは君がどう立ち上がってくるかをみたいと思ったからではないのか。投票してくれたファンの気持ちを裏切るのか。
 君の背番号をかつて付けていた男は、そういう状況でも這い上がってきたが、私の見込み違いだったようだ」
と、川上監督が星に自分がつけていた背番号16(永久欠番)を飛雄馬につけさせている(入団時も川上監督)意味を説明するとか、ちゃんと背番号にも意味があるとか、説教の内容もすごくいいんですよ。

『巨人の星』の話はこれで終了。

2015年6月に巨人の星のフィルムを入手。
Mさん話「掘り出し物・『巨人の星』の劇場用フィルム」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-696.html
Mさん話「タイガーマスクのミスターX〜中間管理職の哀愁〜」2015/11/4.アップ
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-787.html

Mさん話「出ア統監督」【追悼】につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/196495749.html
Mさん話「ジブリの後継者問題」
http://cost-off.seesaa.net/article/199375068.html

〜〜〜〜
関連記事:「ガンダム創世」大和田秀樹著
http://cost-off.seesaa.net/article/116268683.html
Mさん話「宝島」
http://cost-off.seesaa.net/article/106218441.html
Mさん話「視聴率・壱」
http://cost-off.seesaa.net/article/116620802.html
Mさん話「視聴率・弐」
http://cost-off.seesaa.net/article/116626243.html
【ドラマ】リーガル・ハイの長台詞
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-378.html

まとめて読む→アニメ業界話・作品話(Mさん話)カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/8611452-1.html
アニメ業界話・作品話(Mさん話)カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-5.html



<Mさん関連記事リンク一覧>
・Mさん話「アニメーターと演出」
http://cost-off.seesaa.net/article/104815245.html
・Mさん話「映画の文法、表現の方程式」
http://cost-off.seesaa.net/article/103435242.html
・Mさん話「映画とディレクターズカット」
http://cost-off.seesaa.net/article/98197272.html
・Mさん話「江頭2:50とお笑い」
http://cost-off.seesaa.net/article/97482630.html

・Mさん話「原作付きアニメ化」
http://cost-off.seesaa.net/article/100823059.html
・Mさん話「演出と脚本」
http://cost-off.seesaa.net/article/97360336.html
・Mさん話「才能�」
http://cost-off.seesaa.net/article/100309680.html

・Mさん話「宮崎監督作品」
http://cost-off.seesaa.net/article/103052906.html
・Mさん話「宝島」
http://cost-off.seesaa.net/article/106218441.html
・Mさん話「緑ルパン」
http://cost-off.seesaa.net/article/106965438.html

・Mさん話「作監」「茄子 アンダルシアの夏」
http://cost-off.seesaa.net/article/107494745.html
・Mさん話「高畑監督」
http://cost-off.seesaa.net/article/108836115.html
・Mさん話「絵コンテ」
http://cost-off.seesaa.net/article/110040206.html

・Mさん話「ガンダムとエヴァ�」
http://cost-off.seesaa.net/article/112749838.html
・Mさん話「ガンダムとエヴァ�スポンサー」
http://cost-off.seesaa.net/article/113010701.html
・Mさん話「ガンダムとエヴァ�続・スポンサー」
http://cost-off.seesaa.net/article/113203782.html
・Mさん話「ガンダムとエヴァ�音楽と切り貼り」
http://cost-off.seesaa.net/article/114118669.html
・Mさん話「ガンダムとエヴァ�モチベーション」
http://cost-off.seesaa.net/article/115749045.html

・Mさん話「視聴率・壱」
http://cost-off.seesaa.net/article/116620802.html
・Mさん話「視聴率・弐」
http://cost-off.seesaa.net/article/116626243.html
・Mさん話「視聴率・参」
http://cost-off.seesaa.net/article/117772707.html
・Mさん話「視聴率・肆(四)」
http://cost-off.seesaa.net/article/117820281.html

・Mさん話「DVD化前編」
http://cost-off.seesaa.net/article/119673798.html
・Mさん話「DVD化後編」
http://cost-off.seesaa.net/article/112749838.html
・Mさん話「DAICON4(庵野監督)」
http://cost-off.seesaa.net/article/120560117.html

・Mさん話「映画談義」
http://cost-off.seesaa.net/article/121491208.html
・Mさん話「映画談義2・ヤッターマン」
http://cost-off.seesaa.net/article/121959079.html
・Mさん話「映画談義3・ゲゲゲの鬼太郎」
http://cost-off.seesaa.net/article/123288136.html

・Mさん話「最近の打ち合わせ事情」
http://cost-off.seesaa.net/article/124937613.html
・Mさん話「演出の役割1」
http://cost-off.seesaa.net/article/125503014.html
・Mさん話「演出の役割2」
http://cost-off.seesaa.net/article/128998219.html
・Mさん話「演出の役割3−1」
http://cost-off.seesaa.net/article/129065805.html
・Mさん話「演出の役割3−2」
http://cost-off.seesaa.net/article/131951152.html
・Mさん話「演出の役割3−3」
http://cost-off.seesaa.net/article/133608985.html

・Mさん話「魚眼レンズ効果」
http://cost-off.seesaa.net/article/139810859.html
・Mさん話「ニルスのふしぎな旅」(前編)
http://cost-off.seesaa.net/article/148843794.html
・Mさん話「ニルスのふしぎな旅」(後編)
http://cost-off.seesaa.net/article/149157135.html

・Mさん話「宇宙戦艦ヤマトの影響」
http://cost-off.seesaa.net/article/159421895.html
・Mさん話番外「沖縄旅行・おきなわワールド」
http://cost-off.seesaa.net/article/178895416.html

・Mさん話「ユニコーンガンダム�景気とクオリティー」
http://cost-off.seesaa.net/article/183814843.html
・Mさん話「ユニコーンガンダム�宇宙世紀と富野監督」
http://cost-off.seesaa.net/article/184354549.html
・Mさん話「ユニコーンガンダム�ファースト打ち切り、安彦良和、SEEDの設定」
http://cost-off.seesaa.net/article/186083087.html

・Mさん話「巨人の星�」
http://cost-off.seesaa.net/article/189624266.html
・Mさん話「巨人の星�オズマの最期」
http://cost-off.seesaa.net/article/191717021.html

・Mさん話「出蕪搖ト督」【追悼】
http://cost-off.seesaa.net/article/196495749.html
・Mさん話「ジブリの後継者問題」
http://cost-off.seesaa.net/article/199375068.html
・Mさん話「ジブリの後継者問題(後編)『アリエッティ』『ゲド戦記』」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-69.html
http://cost-off.seesaa.net/article/215438791.html

・Mさん話「爆発職人のアニメーター」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-70.html
http://cost-off.seesaa.net/article/215623118.html
・Mさん話「太い線の作画監督(1stガンダム)・中村一夫」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-92.html
http://cost-off.seesaa.net/article/220131966.html

・Mさん話「失われる技術・撮取り」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-160.html
http://cost-off.seesaa.net/article/230842329.html
・Mさん話「失われる技術・撮取り2、セルアニメ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-170.html
http://cost-off.seesaa.net/article/232860166.html
・Mさん話「失われる技術・撮取り3、流出する技術と知識」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-176.html
http://cost-off.seesaa.net/article/233890233.html
・Mさん話「失われる技術・撮取り4、都条例」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-214.html
http://cost-off.seesaa.net/article/241393361.html

・Mさん話「アニメ映画はヤマトから始まった&ガンダム劇場版」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-216.html
http://cost-off.seesaa.net/article/241581870.html
・Mさん話「年末の打ち合わせ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-230.html
・Mさん話「ジブリ作品の協力会社」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-303.html
http://cost-off.seesaa.net/article/259786329.html

・Mさん話「海外のセル画コレクター」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-334.html
http://cost-off.seesaa.net/article/267879982.html
・Mさん話「出負縁o、モンタージュ理論」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-359.html
http://cost-off.seesaa.net/article/273322181.html
・Mさん話(閑話休題)「Mさんのオススメ、タイガーマスク」ver1.2
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-387.html

・アニメーターのギャラ(Mさん話5)修正版
http://cost-off.seesaa.net/article/96287580.html

「ガンダム創世」大和田秀樹著
http://cost-off.seesaa.net/article/116268683.html
アメリカンな実写版ガンダム・ケツ顎シャア「GUNDAM 0079 The War For Earth」
http://cost-off.seesaa.net/article/148768078.html

『秋葉の偶然(Mさん夫妻)』
http://cost-off.seesaa.net/article/119077793.html
『大人の事情(皆殺しの監督)』
http://cost-off.seesaa.net/article/92528294.html
【訃報】飯田 馬之介【ガンダム第08MS小隊監督】
http://cost-off.seesaa.net/article/171716787.html
【訃報】出崎統監督死去【アニメ監督】
http://cost-off.seesaa.net/article/196477011.html

実写版「ヤッターマン」
http://cost-off.seesaa.net/article/129274245.html
『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』
http://cost-off.seesaa.net/article/165393700.html
機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)3話「ラプラスの亡霊」
http://cost-off.seesaa.net/article/189438439.html
「ガンダムAGE・・」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-161.html

『お台場18mガンダムpart1』
http://cost-off.seesaa.net/article/127347795.html
「普通日記09/08/29-30(G画像追加)」
http://cost-off.seesaa.net/article/126914941.html
『通常の3倍の・・電気代&静岡ガンダム』
http://cost-off.seesaa.net/article/182767124.html
『三鷹の森 ジブリ美術館』
http://cost-off.seesaa.net/article/113118633.html

『休日とガンダム産業と経済学賞』
http://cost-off.seesaa.net/article/113515216.html
議長話「異次元ワープと脚本」
http://cost-off.seesaa.net/article/113864254.html
京都アトム『アトム誕生の秘密』『イワンの惑星』
http://cost-off.seesaa.net/article/110902530.html

『EVA新劇場版:序』
http://cost-off.seesaa.net/article/54652392.html
『EVA新劇場版:破(ネタバレなし)』
http://cost-off.seesaa.net/article/123027223.html
『2009年映画興行収入ランキング』
http://cost-off.seesaa.net/article/140163753.html
『2010年映画興行収入ランキング』
http://cost-off.seesaa.net/article/184955148.html

普通日記(09/05/31)&アクセス解析「台湾」
http://cost-off.seesaa.net/article/120580540.html
「キャプテン翼芸人」&書店専務との会話
http://cost-off.seesaa.net/article/141660472.html
K合さん話「ジブリの美術監督」&『海がきこえる』
http://cost-off.seesaa.net/article/159056951.html
【映画】『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』 【初日舞台あいさつ】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-320.html
【ドラマ】リーガル・ハイの長台詞
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-378.html

まとめて読む→アニメ業界話・作品話(Mさん話)カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/8611452-1.html
アニメ業界話・作品話(Mさん話)カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-5.html
ラベル:巨人の星 オズマ
この記事へのコメント
こんばんは。このたびの東日本大震災、コストさんがご無事で何よりです。私の方も大丈夫でした。大変な国難ですが、みんなで乗り越えていきたいですね。

さて、今回も「巨人の星」のお話ですが、いやはや…なんとも暗く重たいストーリーですね…。オズマの画はすぐ頭に浮かぶのですが、こんなにシリアスなバックボーンがあるとは知りませんでした。私は映画ファンなので、1980〜90年代にアメリカで大量に制作・公開されたベトナム映画をずいぶん観たものですが、脚本の重さ・深さではまったくひけをとりませんね。

劇中で使われる単語や表現に関しては、今のTV、特に地上波では厳しいでしょうね。今の視聴者は噛み砕いて噛み砕いてシンプルにしないと、すぐにチャンネルを変えてしまいますし、差別表現に至っては、“言葉狩り”という言葉があるぐらいで、市民団体から抗議が1件でも入ろうものなら、即打ち切りの危機ですからね。再放送ということですが、地方U局かCSでなければ、当時のオリジナルをそのまま放送できないでしょうね。

あと、飛雄馬のひとりぼっちのクリスマスパーティやゴーゴーダンスはつい最近までコラだと思ってました。まさか本物だったとは…(笑)。
Posted by Randal at 2011年03月21日 21:32
Randalさん、コメントありがとうございます^^
Randalさんもご無事でよかったです。
ほんと力を合わせて乗り越えていかないといけないですね。
 Mさん話はいろんな話題が出るので、ガンダム関係ばかりではないですが、紹介ありがとうございますm(__)m

 『巨人の星』のオズマの話は、全182話の中でMさんがもっとも評価していた話だけあってすごい内容でした。
 本文では対戦シーンや戦場のシーンなどは省いて簡略にアップしたのですが、
今のアニメだったら最終回ぐらいでしかやらないような内容の濃さでした。
 確かに、野球アニメというよりアメリカのベトナム戦争映画に感覚が近いです。それを狙ったのかもしれません。
 『巨人の星』では、たまに本筋の飛雄馬の話以外に「大投手金田の引退」(133話)や審判の話などがあって大人向けの内容もあって、視聴率が30%超えたのもビデオが普及してなかったからだけではなく、内容もよかったからなんだと見直しました。

>シンプルにしないと、すぐにチャンネルを変えられる
う〜む、そうだったんですか。
時々、視聴者のレベルをかなり下に合わせて作ってるなあと思うことがありますが、実際そういうケースもあるんですね。
 差別表現などはハリウッド映画でも難しいと聞きます。組織での人種の配置は、必ず黒人を上司に配置するとか気を使うそうです。

>飛雄馬のクリスマスパーティやゴーゴーダンスはコラだと思ってました。
 ははは(笑)、そうなんですよ、実際の放送内容を見ないとなんでそうなったのかがわからないんですよw
 前の記事(Mさん話「巨人の星@」)で「試合以外の話も多い」と書いてるのはその説明なんですよ。
 今は、ゴーゴーダンスのシーンはクイズ番組で「ウソかホントか?」の問題になってますからね^^確かに踊ってましたw

 ちなみに最終回のエンディングの後に、飛雄馬やレギュラーが「三年半にわたって応援ありがとうございました。今日の放送をもって『巨人の星』は終了です」とあいさつするのも見ましたw
 本文にちょっと説明足しました。
Posted by コスト at 2011年03月22日 20:11
コストさんの説明が上手で話が非常に分かりやすいです。
以前に少しお聞きしましたが、改めて重いアニメなのだと痛感しました。
こういう社会問題に真正面から向き合うのはすごいですね。
今はこういう問題に関して自分の主義主張を声高に叫ぶのはタブー視する人がオイラを含めて多いと思うのですが、こういうことに関してきちんと自分の意見を表明できない人を「ノンポリ」と蔑む時代背景も関係しているのかしらん。と思いました。
Posted by とり at 2011年03月22日 21:30
とりさん、コメントありがとうございます。
>説明分かりやすい
僕も観る前にMさんから話を聞いてるのもあると思います^^
それとやっぱり大人になって観たので意味がわかりやすかったのと伏線がちゃんといきてるんですよ。
「戦争に行きたくない黒人が行くことになる」があって、妻のジェニーの兄は戦死してるにつながるし。

 主義主張もそうですが、ゴールデンタイムのアニメでメジャーの実名球団(カージナルス)が野球ロボットを養成したってのも今は放送できないと思いますよw

>重いアニメ
単純に野球で活躍するアニメというわけではないのに僕も驚きました。
最終回も巨人の星になれたけど、ハッピーエンドではないですし。

 印象深いのは、飛雄馬が大リーグボール2号を打たれた後に
川上監督にシーズンの残りの給料を返してシーズン途中で引退しようとしたら
「金の話をするなら給料を返してもらうだけでは足らない。
シーズン途中で辞めるのなら違約金が発生する。金の話ではなく腹を割って話そう。
 大リーグボール2号が打たれたから引退という、君の全てかゼロかの考えではなく、人生は3本勝負で1本取られても残りの2本を取るという考えを持てないのか。
 大リーグボール2号が打たれた後にオールスターのファン投票で君の順位が上がったのは、ファンは君がどう立ち上がってくるかをみたいと思ったからではないのか。投票してくれたファンの気持ちを裏切るのか。
 君の背番号をかつて付けていた男は、そういう状況でも這い上がってきたが、私の見込み違いだったようだ」
と、川上監督が星に自分がつけていた背番号16(永久欠番)を飛雄馬につけさせている(入団時も川上監督)意味を説明するとか、
ちゃんと背番号にも意味があるとか、説教の内容もすごくいいんですよ^^

 あと、花形満が高校生でスポーツカーを乗り回してた理由は、
父親は花形モータースの会社の社長で、花形は御曹司だったからだと判明しました(笑)。
Posted by コスト at 2011年03月23日 02:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック