2006年06月14日

高知龍馬空港&土佐人(ver.1.2)

  『高知龍馬空港&土佐人』 県民性シリーズ その2

高知県南国市にある、第二種空港。愛称は高知龍馬空港(こうちりょうまくうこう)。日本で初めて人名を冠した空港である。

2003年11月15日(龍馬の誕生日) 「高知龍馬空港」に愛称化

そう、問題はここである。
人名を冠したという点と、なぜ龍馬であるか。

当時(2003年)高知県内では、この高知空港の愛称化について大論争が起こった。

知事など賛成派意見
・署名も7万人を超えております
・龍馬は、やはり多くの国民にとってちょっと特別な存在、今、一番会いたい人アンケートで、1番は小泉総理大臣、 2番は坂本龍馬、3番が織田信長になっていて知名度は申し分ない。

・世界には、シャルル・ドゴール空港だとか、ジョン・F・ケネディ空港だとか、個人の名前をつけた空港というのは、いっぱいある。
日本ではまだ個人の名前を付けた空港というのはありません。そういう意味でも、インパクトというか、アピール効果がある。

反対派の意見
・龍馬を好きでもないのに押し付けるな。なんでもかんでも龍馬かよ。
・人気があるなら、鹿児島なら西郷空港でいいのか?そういうやり方は、恥ずかしくないのか?
・予算はどうするんだ、税金の無駄。知事のパフォーマンス。


問題の内容よりそれ以上に、ここの県民性は酒以上に議論が好きで、
議論を肴に酒を呑む人々といってもいい県民性だ。

(県外に出てから、高知県民というより土佐人という言い方が好きになった。
 高知県民という日本の端っこのワンパーツというニュアンスの言い方より、歴史を感じる土佐人のほうが誇りに思う。
 この感覚は、薩摩隼人、長州男児という言い方と同じだ。)

 年間日照時間が全国トップクラスで、年間降水量もトップクラスという、晴れか大雨という気候が、曇りのどっちつかずが少なく、白黒をはっきりつけたがる気候風土がもろに影響している。

koutikennzei.jpg
高知県勢指標(2000年5月高知県発表)
JJJさん 高知の面白いページ 
http://www.kcb-net.ne.jp/jjjsss/


さらに日本語は論文を書く時や英訳する時に、言語特性としての曖昧さがあり、わかりづらいと指摘されるが、その日本語の中で土佐弁という極めてそういう点で他の方言と比べても優秀であると、司馬遼太郎がほめていたw

 土佐弁は、イントネーションは上方方言(関西弁など)と同じで、『竜馬がゆく』の作者の司馬遼太郎さんは大阪出身のせいか、読んでてこっちが惚れ惚れするほど見事に書かれている。
 もう俺は県外に出て長いので段々使いづらくなっている。

ちなみに、司馬遼太郎氏はたった2人しかいない「名誉高知県人」。1996年2月12日死去。享年72歳。


 話を高知空港に戻す。
完全なる私見であるが、これは堅物といわれる橋本知事の最初で最後のウケ狙いのボケなのではないかと解釈している

橋本知事=橋本大二郎は、東京都出身の元NHKキャスターで実兄が元首相の橋本龍太郎。
高知に縁もゆかりないパラシュート候補で、酒呑みの多い南国高知にあって堅物のイメージがある。

その堅物知事は、2001年1月8日、高知市が開催した成人式での挨拶の際、騒ぐ新成人を「静かにしろ!」「帰れ!」と一喝した
この模様はTVで放送され、成人式崩壊の中で世間の喝采をあびた。なお翌年以降の成人式は全て欠席している。

また飲酒運転をした県庁職員はクビ!(懲戒免職)を提言し、しかもそのたった一ヵ月後に飲酒運転で捕まり、実際に懲戒免職を食らった中堅職員もいた。知事カンカンw。」
無論、この時も知事の人事権乱用だ!との論争が勃発した。
(関連記事:『酒の話』http://cost-off.seesaa.net/article/114700604.html

俺も高3の時に、受験前だがなんだかで体育館で知事の講演を聞いた。
内容は、
「私も実は浪人してます。高3の頃は、バンド活動などをしてあまり勉強してなくて、それで行きたい大学だけ受験して、当然落ちてしまいまして。2年目からはちゃんと勉強して、他も受けました。だから皆さんも目標をもって頑張ってください。」
てな内容で、へー、浪人してたんだ。
って思ってたら、教室に帰って担任のスクールウォーズ山下(あだ名)が、
「みんな、知事が現役の時に受けた大学は東大だ。だから落ちても恥ずかしくないんだ。みんなは真似すんな!いいか、真に受けるんじゃないぞ!」
と、即否定してたのを覚えている。

この担任のスクールウォーズ山下は、高校時代に様々な伝説を作っているが、それはまた別の機会に語る。


まあ、知事の話は置いておいて、問題は高知龍馬空港だが、
堅物知事の一世一代のボケなら、失敗だろうと成功だろうとそれでいいじゃないか。だってボケなんだもんwと思う。

任期が終わり、他の業績は忘れられても、
「あのネタみたいな空港名誰がつけたの?」
「いやあ、昔県外出身の橋本大二郎っていう堅物知事がいてさ。そりゃ県民は、そのセンスを疑って反対論争も起こしてさ・・・。」
って、話題になって酒の肴になればいいじゃないか。

実際、県内でも普段話題がない人とも話がしやすいオールマイティな話題だった。
合併問題などと違って利害関係が発生しにくく、賛成反対どっちについてもあとくされない話題だった。

だから経済効果とかアピール効果とか、そんなもんは小さいことだ。
もし、これで失敗して日本の人名空港が一つだけになっても、唯一の人名空港だし、2番目ができても二番煎じ、うちのパクリかよって言えるし、いいじゃないか。

例えば、お笑いでウケを狙って外しても、それは小さいことだ。
大事なのは、舞台に上がって挑戦すること、挑むことだ。

今は過疎でジリ貧の県だけど、戦国時代にも四国を制覇し、幕末も多くの犠牲払いながらも挑み続けてきた。
そんな歴史を持つ以上、初の人名空港=龍馬空港というお笑いに知事がチャレンジしたことを、結果よりも日本で最初で先がけてやったということを評価したい。

だって、俺は高知空港に着陸前の機内アナウンスで機長が
「まもなく、高知龍馬空港、気温は・・、天候は・・。」
って、真面目に言ってるの聞くと、プッ、やりやがったな大二郎wっていつも笑っちゃうもんw


何を根拠にボケかって?
kaiken-kuukou.jpg
この知事の発表時の顔、ちょっとニヤけて笑いをこらえてるでしょ?
ヤツは、狙ってたんだよー!!!(MMRキバヤシ風にw)



<追伸>
この愛称というパターンは、高知ではもう一回あった。

第3セクター土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線(これも愛称?正式には阿佐線)の後免駅の次の駅「後免町駅」は、まぎらわしいということで、「ごめん」の次は「ありがとう」ということで、愛称が「ありがとう駅」と決まった

tenohira302.jpg
ありがとう駅(後免町駅)にある愛称のプレート
やなせたかしは、アンパンマンの作者で高知出身。ごめんなはり線の駅キャラクターのデザインを担当。(確かノーギャラで引き受けたような・・。)

〜〜〜〜
参照:ありがとう駅(後免町駅)
http://www5.ocn.ne.jp/~shiokaze/tenohirawo3001.htm
関連記事:『ごめん駅(後免駅)』
http://cost-off.seesaa.net/article/109034163.html
『ケンミンSHOW高知編』
http://cost-off.seesaa.net/article/125641390.html
『くどいほどに龍馬』
http://cost-off.seesaa.net/article/26810222.html
『ジョン万次郎』
http://cost-off.seesaa.net/article/120717341.html
歴史&高知カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/2869212-1.html



人名のついた空港名
アメリカ
 ニューヨーク ジョン・F・ケネディ−空港
 ワシントン  ワシントン ロナルド・レーガン空港(ナショナル空港)

フランス パリ シャルル・ド・ゴール空港

イギリス リヴァプール ジョン・レノン空港

イタリア ローマ レオナルド・ダ・ビンチ空港

台湾 台北 蒋介石国際空港 (中正空港の名称でも呼ばれるのが一般的)

ベングリオン国際空港(イスラエル、テル・アビブ・ヤフォ)
アタチュルク国際空港(トルコ、アンカラ)
レスター・B・ピアソン国際空港(カナダ、トロント)
シモン・ボリバル空港(ベネズエラ、カラカス)
サダム国際空港(イラク、バクダッド)



<あとがき>
とりさんの『空港探索』にインスパイアされて、先に記事にされないうちにあせって書きました。
しかし、内容的にまったく『空港探索』になっていませんw

だって俺、ここで1万マイル以上は今まで離発着してるけど、空港内の歴史のコーナーとか、JFK空港からの認定証が展示されてるとことか、地元なんで意識して見なかった。なんか恥ずかしいんですよ、観光客じゃないから。

展望台は普通、でも南が海だから眺めよかったように思う。ほかに展望台行ってないので比較できないが。
普段は有料だけど行った時はイベントで開放されていた。
飛行機の滑走路への進入が南の海側から。
一応、とりさんに捧ぐw

とりさんのブログ『空港探索』
http://cost-off.seesaa.net/article/18777763.html
http://blog.so-net.ne.jp/1901rjtt-to-roah/


<参考資料>
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「高知空港」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E7%9F%A5%E7%A9%BA%E6%B8%AF

知事の記者会見(高知龍馬空港について)
http://www.pref.kochi.jp/~hisho/chiji/kaiken-15_8_7.html

坂本誠さんの方丈徒草子「高知龍馬空港」
http://blog.makoto.ne.jp/archives/000235.html
許可ありがとうございます☆

しおかぜのぺーじ ありがとう駅(後免町駅)
http://www5.ocn.ne.jp/~shiokaze/tenohirawo3001.htm
リンク許可ありがとうございます☆

JJJさん 高知の面白いページ 
http://www.kcb-net.ne.jp/jjjsss/
画像使用許可ありがとうございます☆


posted by コスト at 05:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 歴史&高知(龍馬伝など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは面白いです!土地の人ならではの濃い話ですね。コストさんの文章うまいです。
全国に先駆けての挑戦、坂本竜馬が生きていたら、大賛成だったのでは?

この空港は今年中に行けるかどうか(天気次第)なのですが、楽しみになりました。
Posted by とり at 2006年06月14日 17:50
とりさん、コメントどもです。面白いと言ってもらえてうれしいです☆
高知空港は、なかなか田舎なんで行く機会は少ないと思いますが、もし行ったら『空港探索』のレポ書いてくださーい。期待してます。

あと、坂本「龍馬」は歴史上の人物ですが、「竜馬」だと司馬遼太郎の小説の「竜馬がゆく」の竜馬と思われるんで、注意してください。
Posted by コスト at 2006年06月14日 23:17
あ・・・竜馬だって。(///Д///)
や、やだなぁ、えーと、つまりその、あれだ、そう!
ボ、ボケに決まってるぢゃなななないですか!

高知龍馬空港、行ったらレポしまーす!
Posted by とり at 2006年06月14日 23:53
むむっ、ボケでしたかーw
スイマセン、気づきませんでしたw
高知空港(地元民は、呼び方まず変えない)は幕末の歴史コーナーとかがちょっと他とちがってありますんで、いつか行けたらレポ頼みまーす。
Posted by コスト at 2006年06月15日 12:25
リンクについて連絡ありがとうございます。
高知龍馬空港の愛称問題で議論百出した件は、まさに高知の県民性が表れてましたね。
それにしても、愛称発表時の知事の表情、面白いですねえ。
Posted by まこと at 2006年06月15日 17:44
まことさん、初めまして。
観に来てくれてありがとうございます☆
県民性は、うちでもシリーズ化していくつもりですが、県外出たら意識しますねー。
うちの地元だけ変わってたんだって思いました。

知事の発表の写真は、なんでわざわざアレを採用したんでしょうかね(笑)
今後もたまには来てくださいー
Posted by コスト at 2006年06月15日 21:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。