2010年10月13日

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-(ver.1.1)

 10/10.日曜日に新宿で『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』を観た。
 結論から言うと全然よかった。90点越え☆
(以下、ネタバレあり)
ヤフーの映画評価レビューが2.95点と悪いのは、たぶんこれまでのガンダムの人と人との戦争というテーマからちょっと外れて、地球外生命体と戦うというトランフォーマーというか、ハリウッド映画のような感じになって拒否反応が出たのかもしれない。
 劇中の戦力比10000対1の戦いは、明らかに『マトリックス』の無数のマシン兵器VS人類だし、オチの対話は『エウレカセブン』と『マトリックス・レボリューションズ』のラストを彷彿としたけど、それでもなによりお腹いっぱいになるほどのハイレベルな戦闘シーンが多く(全体の6〜7割ぐらいあった気がする)、めちゃめちゃ盛り上がった。十分楽しめた☆

 ただ、エヴァの謎の台詞を影響されてるのか、わざわざ必要のない難しい用語を使いすぎ。
ガンダムの母艦のオペレーターの
「ダブルオーの発進のタイミングを刹那・F・セイエイに譲渡します」
って、そこは普通に「発進のタイミングは任せます」でいいだろう。そこはなんでもないシーンなんだから。
 譲渡って単語がすぐ出てくるシーンでもないし、複線でもない。しかも、観客は一発勝負の映画で、ビデオを見直すわけでもないのに変に難しい言葉を使ってる。こういうのは無駄だし、意味がすぐ出てこない時には引っかかる。
 テレビ版ではハロの残りトランダムは「1セカンド可能」って単語も、セカンド=secondで1秒だけ可能ってのが一瞬わからなかったという書き込みがけっこうあった。

 戦闘シーンがハイレベルで最後までハラハラさせる展開で納得なんだけど、エンドロールの後のエピローグを見ても、たぶん、ハッピーエンドでこういうことなんだろうなってのが想像はつくけど、はっきりと説明してない終わり方で、戦闘シーンの最後で刹那が敵の中心へ向かっていって宇宙に花が咲いて終わりだから、尺足らずな感はある。
 せめてエウレカセブンのオチであった「半分は(向こうの世界へ)連れて行く」っていう説明ぐらいあったほうがすっきりしたと思う。
 俺の後ろの女性客二人組みは
「最後一気に詰め込みすぎだよね?
 足らないとこは次で作るの?これで終わり?」
って、思い切り続編があると思っていたw
 上映時間の120分いっぱい使ってるけど、それでも入りきらないからどこかをカットしたのかしれないけど、DVDで追加シーンは欲しいところだ。考えオチはやめてほしい。

 当初、今上映中の映画で確実なのは『トイ・ストーリー3』だろうけど、そんな当たり前のを観て、「面白かったです、泣けます」って書いても意味ねーなwと思って、やはりここはガンダムにしたが、意外にも女性客も多かったのに驚いた。
 21;50から最終の回だけど、新宿で男女比6:4。4割は女性だった(カップル含む)。
劇場でもらえるカードはロックオンだった。
gundamuoo.jpg
劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
監督:水島精二
脚本:黒田洋介

Wiki「劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%87%E5%A0%B4%E7%89%88_%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A000_-A_wakening_of_the_Trailblazer-

〜〜〜〜
関連記事:機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)3話「ラプラスの亡霊」
http://cost-off.seesaa.net/article/189438439.html
『EVA新劇場版:破(ネタバレなし)』
http://cost-off.seesaa.net/article/123027223.html
『好きな作品(アニメ映画編)』
http://cost-off.seesaa.net/article/134453943.html
Mさん話「映画とディレクターズカット」
http://cost-off.seesaa.net/article/98197272.html
『2009年映画興行収入ランキング』
http://cost-off.seesaa.net/article/140163753.html
本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/3186948-1.html
posted by コスト at 20:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・映画・ドラマ等レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「ダブルオーの発進のタイミングを刹那・F・セイエイに譲渡します」
航空管制の場合、こういう時には、「パイロッツ・ディスクリション」(パイロットの『判断』で)という言い回しを使います。
この場合は、「発進のタイミングはパイロットの判断に任せます」という言い方ですね。
「譲渡」に相当する言い回しは少なくともオイラは知りません。
コストさん仰る通り、わざわざ難しくしてる感じがしますね^^;

もっとも、軍用航空管制用語はまた独特なので、直訳すると「譲渡」に相当する言い回しがあるのかもしれませんが。その辺は分かりません。
Posted by とり at 2010年10月16日 18:09
とりさん、コメントありがとうございます。
>わざわざ難しく
この脚本の性格なんでしょうね。
テレビシリーズでも無駄に難しい単語を使っていました。
録画できるテレビならそれでもいいんですけどねぇ。
譲渡も、たぶん「発進のタイミングを決定する権限を譲渡します」
ってことなんでしょうが、
戦況が逼迫してるクライマックスで
いちいち引っかかる言葉を出して、
上映中だと知り合いに聞くわけにもいかないし、
まあ無駄な書き方ですよね^^:
Posted by コスト at 2010年10月16日 22:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165393700

この記事へのトラックバック