2010年08月10日

K合さん話「ジブリの美術監督」&『海がきこえる』

 先日、同業者のK合さん(10歳ほど年上)から
「人生ってどうなるかわからないよ。
 俺の知り合いだって、30歳過ぎまでアニメの下請けの下請け会社で背景描いてて、給料が5万とか10万円いかないぐらいでやってたのが、ジブリにスカウトされてジブリ映画の美術担当(美術監督?)になったら年収2000万円だぜ。
 それまで実家暮らしだったのが、キャッシュでマンション買ったからね。
 ほんとそれまでは、下請けの下請けの制作会社で背景の絵とか描いてたのが、今じゃ映画のテロップに名前出るからね。
 で、映画が公開される年は2000万円で、それ以外の年は1500万円か1000万円の契約だって言ってたよ。
 昔はさ、いくら好きな絵だっていっても、下請けの下請けの会社で当時は一枚数百円で背景描いて、給料月5万とか多くても10万いかなったんだから、すごいよ。
 はじめ、給料の額聞いた時は、普通に別の仕事したほうがいいんじゃねえの?って思ったけど、今は2000万だもんなあ。サラリーマンでもそんなにもらえてるの少ないよ」

「じゃあ、僕もその人の名前をテロップで見てるかもしれないですね。
 2000万円っすか。会社の役員かプロ野球選手ぐらいですねえ、それだけもらってるのは。
 しかし、下請けの下請けって、ゼネコンの孫受けみたいですよw
 月5万ってそんな昔の話でもないのにそれはきついっすよ。絶対、実家じゃ肩身せまかったと思いますよ」
「だろうなあ。でも、絵が認められてジブリにスカウトされて美術一手にやってキャッシュででかいマンションだよw」
〜以下の会話は省略〜

 で、今日汗だくで帰宅してNHKのスタジオジブリのアニメ制作ドキュメンタリーを見てて、ジブリの宮崎駿・高畑勲の後継者として将来を期待されていた近藤喜文(『耳をすませば』の監督)が、解離性大動脈瘤で1998年1月に47歳の若さで死去していたと初めて知った。

 ついでに、ジブリ作品(ジブリの若手制作)で唯一高知が舞台となった『海がきこえる』(93年5月放送)の原作者の氷室冴子も2008年6月に肺癌で51歳で亡くなってたと知った。もう原作のUの続編は出ないのか・・。
 ちなみに原作の続編の『海がきこえるU』(徳間書店)は、武田真治主演で実写ドラマ化されたが、まあつまらなかったw

 武田真治は、映画っていうとどうしても『七人のおたく cult seven』のアイドル・車改造おたくの役のイメージが強いんだよなあw『七人のおたく』は、1992年12月公開、ウッチャンナンチャン主演のアクションコメディ映画で面白かった。
 武田真治は、あの役の演技はかなりうまく、笑えてしかも臨場感もあった。それ以後のドラマやバラエティでは、キザすぎたり、周りのいじりでなんとか笑いが取れてる感じで、七人のおたくを未だに超えてないと思う。(いいすぎかw)

 『海きこ』は、数年前にブログに出てくる友人のクゥさんが好きだと話題にしてくれて思い出した作品で、クゥさんとの話がなかったら永久に忘れてるところだった。
 原作所も死に、アニメの劇中に出てくる中央線のオレンジ色の電車も今年で完全に引退して消えてなくなるところに時の流れを感じる。



『海がきこえる』
『海がきこえる』(望月智充監督)・・・アニメ版は、日本テレビ開局40周年記念番組として1993年5月5日、テレビアニメとして日本テレビ系列で放映された。
 原作の挿絵を担当した作画監督の近藤勝也をはじめとした、スタジオジブリ内の若手作家を育成する目的で制作され、宮崎駿や高畑勲が全く関わらない初めての作品。夕方4時から放映されたが、この時間帯では異例の視聴率17.4%を記録した。

 近年スタジオジブリの作品が日本テレビ「金曜ロードショー」枠で放送されているが、本作品の放送の機会は他時間帯においても15年以上にわたって確認されていない。理由として以下の三点などが囁かれている。
1. 高校生・未成年者の飲酒・喫煙シーンがある
2. 72分という尺が短すぎて放送枠が無い
3. 宮崎駿が作品を認めていない

3の理由に爆笑wwやっぱそうかw

参照:Wiki「海がきこえる」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E3%81%8C%E3%81%8D%E3%81%93%E3%81%88%E3%82%8B

〜〜〜〜
関連記事:ハッピーバースディ・クマと『海きこ』
http://cost-off.seesaa.net/article/47256816.html
『同業他社のK林さん』
http://cost-off.seesaa.net/article/133511437.html
「キャパでも無理だぜ」(K林さん2)
http://cost-off.seesaa.net/article/166338665.html

・Mさん話「最近の打ち合わせ事情」
http://cost-off.seesaa.net/article/124937613.html
・ Mさん話「演出の役割1」
http://cost-off.seesaa.net/article/125503014.html
・ Mさん話「演出の役割2」
http://cost-off.seesaa.net/article/128998219.html
・ Mさん話「演出の役割3−1」
http://cost-off.seesaa.net/article/129065805.html
・ Mさん話「演出の役割3−1」
http://cost-off.seesaa.net/article/129065805.html
・ Mさん話「演出の役割3−3」
http://cost-off.seesaa.net/article/133608985.html

【訃報】飯田 馬之介【ガンダム第08MS小隊監督】
http://cost-off.seesaa.net/article/171716787.html
本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/3186948-1.html
アニメ業界・作品話(Mさん話)カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/8611452-1.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159056951

この記事へのトラックバック