2010年07月05日

【ニュース】郵便事故、「ゆうパック」で約26→32→34.4万個の遅配(ver.3)

 新カテゴリー。ブログの記事に関連している時事ネタやニュースを紹介。

『Twitter&普通日記(2010/05/21)、郵便屋の態度(ver.2)』の関連ニュース。
http://cost-off.seesaa.net/article/150669142.html

  「郵便事故、「ゆうパック」で約26→32万個の遅配」

 先月の郵便局の糞態度をアップしたが、やはり毎年の恒例行事の大型郵便事故が発生。
 いつもは配達員が「配達めんどさい。配達したくない」と大量の郵便物を捨てるなどの犯罪が二年に一回の頻度(俺カウントによる)で発覚するが(発覚して報道されてる事例だけで!)、今回はもっとスケールがでかくゆうパックで、しかも26万個もまとめて遅配事故が発生。
(追加、5日の時点では遅配が1日から5日まで累計で32万個程度拡大)
<さらに追加>
郵便事業会社は6日、新たに約2万4000個の遅れが判明し、遅配の総数は計34万4000個に上ると発表した。

 遅配というか、例をあげると通常は翌日とか中1日配達なのに、7月1日に都内で引き受けた物が7月3日になっても同じ郵便局内をぐるぐる通過しているのだwで、配達されたのは4日とからしい。生ものならアウトだ。

 当然だが、指定した配達日時も間に合わせるのも契約のうち、料金のうち。新幹線でも在来線特急でも2時間以上遅れた場合は、特急料金をみどりの窓口でちゃんと払い戻す。
(ただ、JRの場合はアナウンスでは一切教えない。知らないほうが悪い、請求がない以上は払い戻ししないという態度は新幹線でも在来線でも同じ。無知は損をする)。
 どうも、郵政はトップからして配達なんて数日遅れても問題ないとでも思っているんじゃないだろうか。規定の国内離島などを除いては中二日を、早くしたければ速達料金払え、事故でなくされたくないなら配達記録付けろとかそれいう案内ばっかりで、普通郵便の中二日はどうでもいいと思ってる感じだ。
 それか普通郵便はダイレクトメール並みの価値しかない手紙ばっかりと思ってるのだろう。

 ちなみに、俺はここ5年で田舎から送ったゆうパックで日数が遅れたことが2回、配達指定時間を守らなかったことが3回ある。普通郵便にいたっては、ここ10年でわかっただけでも紛失されたことが相当ある。 
 無論、そのつど事故調査を依頼してきたが出てきたことがない。おそらく、「普通郵便は、法律で補償対象外だから出てこなくても損害賠償しなくていいんだから」とたかをくくって、ろくに調査してないのだろう。
 ひどい時には、郵便局の配達担当部署は調査しますといって30分もかからずに
「集配局に電話しましたが、原因はわかりませんでした」
との返答だけが来たがあった。遅配や紛失の原因を調べるのが調査だろうに。
 こっちは郵便局まで行って、調査依頼書類書いてるんだからちゃんと調査して文書で回答しろって。指示しないと電話だけですまそうとすることが多い。

<追加>配達員の態度
 指定配達時間も守らないから、いちいち出かける時間ずらして待ったが、それでも来ないから郵便局に連絡することがある。2時間遅れてるとか事情を説明するのも手間だし、こうしょっちゅうだと電話代だって馬鹿にならない。
 それでやっと2時間以上遅れて配達してもろくに謝らずに、「ちょっと遅れたけどいいよね」的な態度だ。あまりの態度に呆れて受け取りのサインをしたが、15分してまたチャイムが鳴って、謝りに戻ったのかと思いきや、
「さっき、荷物といっしょに車のキーを渡してないですか?」
と言ってきた。当然、キーなんか見てもいない。すると
「おっかしいなあ。キーがないんですよ」
と言いながら帰っていった。その後、郵便の車は移動していたのでキーはよそで見つかったのだろう。
 ほんとになんなんだ、この配達員は。配達遅れで2時間も待たされて、仕方なくこっちが連絡してやっと配達に来たのに、謝らずに二回もチャイム鳴らしてキーを渡してないかとか、どういう指導を受けてるんだ?

 年金機構同様、いつまでもお役人仕事で責任を取ったことがないのだろう。ロ○アじゃねーんだから、ちゃんと運べよ。
 というわけで、今回のニュースを紹介。以下、ネットから引用。

「日本郵政グループの郵便事業会社の鍋倉真一社長は7月4日、記者会見し、同社の宅配便事業『ゆうパック』で今月1日以降、約26万個の荷物の配送が遅れたと発表した。

 郵便事業会社と日本通運の共同出資会社が手掛けていた『ペリカン便』を統合し、1日から配送業務を一体化したところ、取り扱い個数が一気に増え、機械が停止するなどのトラブルが発生し、配送トラックが遅れたことが原因だ。

 鍋倉社長によると、2日早朝に、新東京支店(東京都江東区)など最大で8都府県計10拠点で荷物が集中する事態が起きた。この結果、東京、大阪、愛知を中心に1日あたり平均約6万6000個、全荷物の約7%が指定の配達日時よりも半日から2日遅れた。4日午後の時点でも大阪、愛知、千葉の3府県3拠点で混乱が続いており、遅配は完全に解消されていない。
 完全に期日指定通りに配送できるようになるのは、今週前半の見込みという。中元シーズンの遅配で、同社には1日平均約1000件の苦情が入っており、生ものなど損害が生じた荷物については賠償に応じるとしている。

 百貨店などは、ほかの宅配便業者へ乗り換える動きが出ている。大丸と松坂屋を傘下に持つJ・フロントリテイリングや、東武百貨店は、期日指定配達の一部をゆうパックから他の業者に切り替えて対応している。イトーヨーカ堂は3日から、各店舗に対して、ゆうパック扱いのお中元を購入した顧客に配達に遅れが出ていることを説明するように連絡した」
(2010年7月4日)

yu-pack.jpg
ネットでひろった画像、時間かかりすぎw
どんだけ同じ局内を通過してるんだよ。

<追加>続報
「ゆうパック遅配、32万個に拡大」
 日本郵政グループの宅配便「ゆうパック」の大規模な遅配問題で、郵便事業会社は5日、遅配が1日から5日まで累計で32万個程度になったと明らかにした。前日までの26万個からさらに増えた。監督官庁の総務省は、郵便事業会社に対し再発防止策を求める行政処分を出すかどうか検討している。
(7月5日)
<さらに追加>
 郵便事業会社は6日、新たに約2万4000個の遅れが判明し、遅配の総数は計34万4000個に上ると発表した。
 浜俊之・宅配便推進本部長が記者会見し、遅配の大きな発生要因として、ペリカン便を運営するJPエクスプレスから引き継いだ拠点施設で仕分けに手間取り、荷物が滞留したこととしている。混乱が生じていた大阪、千葉、埼玉の3府県の拠点施設計3か所のうち、大阪では遅れがほぼ解消した。千葉、埼玉の施設を経由する荷物は、両施設で1日に取り扱う計113万個の2・2%にあたる約2万4000個の配達が半日から1日程度遅れているが、7日午前中にはほぼ回復する見通しという。
 一方、同社のコールセンターには5日までに1日1000件の苦情が寄せられており、そのうち半数が遅配に関するもの。
(7月6日)

<さらに追加>
 遅配に加えて、7月1日から10日までの間に荷物の紛失(所在不明)が101個以上あると公表した。また、7月1日から10日の間の苦情の電話が1万件を超えた。
 公表した(判明した)分だけで101個以上なら実数はすごい数になるだろう。ちゃんと「以上」ってついてるから相当な数を無くしたのだろう。昔のほんとロシアのような仕事ぶり。
(7月11日)

『大量遅延事故中のゆうパック配達員の態度』につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/155706600.html
『ミスドの割引券と郵便屋の計りミス』
http://cost-off.seesaa.net/article/186745872.html
『郵便屋「川島けんぞう」の態度の悪さ(2010/10/29)ver.4(S川メール追加)』
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-169.html
『総務省に苦情を入れると日本郵便がブログをチェックしてきた(2011/11/05)』
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-175.html

『悪質郵便屋・川島堅造事件クライマックス(ver.2)』
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-184.html
【ニュース】年賀状投棄&現金書留の現金盗む
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-245.html
『馬鹿ほど脳内ルールをでっち上げる&郵便屋詐欺』
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-331.html

〜〜〜〜
関連記事:『郵便屋の計りミス→配達拒否(ver.1.2)』
http://cost-off.seesaa.net/article/186745872.html
「残念な年金機構(旧社会保険庁)」&やすしくん画像(ver.2)
http://cost-off.seesaa.net/article/154246628.html
【薬物逮捕】2010田代砲発射!【コカインなさい】
http://cost-off.seesaa.net/article/162848556.html


posted by コスト at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
随分郵便事故に遭遇してるんですね(@_@)
「ご一緒にポテトもいかがですか?」的なノリで書留を勧めてくるあたりに、そもそも郵便事故がどんだけ大迷惑なことかわかってるの????
と感じます。
Posted by とり at 2010年07月05日 06:21
とりさん、コメントありがとうございます。
>随分郵便事故に遭遇
ここ5年とかでの数字で、僕が出した分だけでなくて、
親から僕宛とかほかから送った分も入れてですから。
 実家の親が送ってくるダンボールの野菜とか、
帰省した時の荷物以外に、毎週のように何か出してるので、事故に合う確率も高いのでしょう。
 それでも10年ぐらい前に、老人ホームからおばあちゃんが送った郵便物が届いてなくて、
電話でおばあちゃんが届いたか心配してかけてきて、事故が発覚とか杜撰(ずさん)もいいとこでしたよ。
 老人ホームの場合は、体力的に自分でポストに投函できないので、職員に渡すのですが、
その職員がなくした可能性も出てくるのでやっかいな問題になったことがありますが、結局は郵便事故でした。

>ご一緒にポテト
ほんとそうですよ。普通郵便で間に合う日数なのに
「ご心配なら」といって速達や書留すすめてきますね。
今回の大規模遅配事故は、配達の記録が残るゆうパックで、
しかも二日ぐらい遅れてるのに放置ですからね。
税金で、郵便局(特定局のぞく)やポストや設備投資してこれですからね。
出したら届いたかはなるべく相手に確認してますよ。
Posted by コスト at 2010年07月05日 19:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。