2010年06月30日

ワールドカップ2010・パラグアイ戦

朝方の歓声(ワールドカップ 2010・デンマーク戦)の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/154482824.html

さっきまでパラグアイ戦を延長戦、PK戦と最後まで生放送で観た。
サッカーで喜んだことはあっても感動したの初めてだった。しかも負けたのに。
負けたのはくやしいが、死闘という言葉を使っても恥ずかしくない試合だった。
あんなにも動き続けてたとは。それも延長でもずっと。
PK戦が先に打ててればというところがあるが、それは誰の責任でもない。
この大会で、日本でもやれば出来るということがわかった。見直した。
ありがとうと言いたい。

〜〜〜〜
関連記事:『ワールドカップ・カメルーン戦勝利』
http://cost-off.seesaa.net/article/153367583.html
ひろいもの画像「ノーゴール」
http://cost-off.seesaa.net/article/154960002.html
『祝☆2009WBC・侍ジャパン優勝!』
http://cost-off.seesaa.net/article/116142917.html


posted by コスト at 01:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記&更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同感です。
これまで後半足が動かなくなって大量失点ってパターンが多かったですからね。
今後に期待が持てるいい試合でした。
Posted by とり at 2010年07月03日 08:10
とりさん、コメントありがとうございます。
>足が動かない
サッカーの後半は、けっこうFWは自分の近くのボールにしか反応しなくなるのを見ていたので、
最後まで動き続けていたパラグアイ戦は見ていて
必死さが伝わってくるいい試合でした^^
Posted by コスト at 2010年07月03日 11:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。