2010年05月31日

龍馬伝21回の感想「泰造の近藤勇」ver.1.6

龍馬伝16,17回感想「武田海舟、ジョン万のトータス松本」&土佐弁の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/148500534.html

  
    龍馬伝21回の感想「泰造の近藤勇」

 第18〜20回の感想と21回の土佐勤皇党(武市ら)の弾圧は後日別記事アップで、とりあえず昨日の21回「龍という女」の岡田以蔵(佐藤健)の逃亡部分とお龍の初登場の感想。

 以蔵逃亡中で、新撰組の三人が二回目の登場。センターマン原田泰造(ネプチューン)による近藤勇は、香取慎吾よりよっぽど近藤っぽい。NHKは『篤姫』で大久保一蔵(利通)に配役してるが、原田泰造に役者の才能があるって誰が発見してきたのだろう?
 『笑う犬』のコントだと「センターマン」を見て、こいつ役者に向いてるって思う人がいたら、そいつは名スカウトってレベルじゃねえよw
TheCenterman.jpg
『笑う犬』のコント「センターマン」の原田泰造
センターマンは好きなコントで新作が見たいと思ってる。
「それでほんとに五分と五分か?」って台詞は、平等じゃないぜっていう訴えなんだろうけど、爆笑だったw

 そうして、今回も泰造のみ台詞がもらえるという優遇ぶりw
龍馬とサシで真剣で闘うシーン(殺陣)っておそらくそう何シーンもないはず、寺田屋襲撃はピストル使うし、捕り物集団対龍馬・三吉でサシじゃないから、かなりのいいシーンもらってることになる。

 泰三の台詞は「おまえはーっ!引けー」って言うのは、おまえはまともに斬り合おうとしないし、獲物は以蔵だから相手にしてられないということで退却だという意味だと思う。
 龍馬は以蔵を逃がすのが目的で、新撰組に斬りあいしても無用な敵を作るだけだから、物で道をふさいだりしてるから、泰三も勝手が違う相手だということで「おまえは何じゃ!?」ということだろう。龍馬伝は全体的に説明が少なめで、わかる人にはわかる演出が多い。

 新撰組の他の二人は顔もはっきり写ってないし、名前のテロップすら表示がないから、どっちがどっちかわからないwオープニングで役名と役者を確認して推測するか、沖田の髪型で識別するしかない。

 ちなみに、新撰組は1:1という形ではなく、基本複数で相手にかかる戦法を取る。
 市街地戦で、相手が少数の場合は非常に有効な戦法であるが、鳥羽伏見戦以降の軍隊単位の集団戦で、かつ刀の斬り合いではなくなると当然通用しなくなり、新撰組(最大時で200人)は敗走を続けることになる。

 それ以前にあの画面だと、新撰組の衣装って浮くなあ。周りは汚れたユニフォームで高校野球の県予選に出てるのに、新撰組だけおろし立ての白いユニフォームで甲子園を行進してるぐらい見慣れない白さだ。
 
 長州を政変で追い落として、21回の時点では幕府・会津・薩摩が権力を握っているが、第二次長州征伐(四境戦争)で長州が幕軍を追い返してから、流れは薩長に来る。
 それまでは新撰組が京を仕切ってて、長州(禁門の変以後は京都に藩邸がなく、逃げ場がない)、土佐(土佐勤皇党弾圧で藩邸に逃げ込めない)のみならず脱藩浪士を斬りまくって手柄としていく。

 そこへ龍馬暗殺時に近藤勇が「坂本が斬られたか、愉快愉快w」とか酒屋で騒いでるのが目撃され、以後ずっと暗殺犯の嫌疑を持たれて、流山で降伏した際に官軍の土佐藩によって切腹ではなく斬首にされる。切腹は武士としての扱いで、斬首は罪人扱い。
 官軍の中でも近藤の処遇には意見が分かれたが、龍馬の暗殺現場にかけつけた土佐藩の上士・谷干城が強硬に斬首を主張した。谷は近藤が龍馬暗殺の犯人だと思っていた。
 ついでに海援隊が龍馬の仇討ち事件を起こした時も、新撰組は狙われた紀州藩(海援隊とはいろは丸事件で争った)の依頼を受けて護衛についてる。
 当初、新撰組を正規の藩士としてではなく、バイトのような「会津藩預かり」という身分(藩士として採用してない)で雇っていた会津藩は、新撰組が活躍(人斬り)して恨みを貯めた分、その報いで会津戦争も悲惨なものとなった(長州側が会津藩の降伏をなかなか認めなかったし、会津側も武装を解かず、出頭しての謝罪を拒否したため)。それを考えれば、徳川慶喜はうまく切り抜けたといえる。

 お龍の初登場だけど、ネットのニュースで色気がないと書かれたけど、なんか違和感が先にたったのかあまり印象に残らなかった。
というか、5両が今のお金に換算していくらなのかがパッとわからないんだよなあ。
 1両=12〜15万ぐらいだろうか。15万なら5両だから75万とかそれぐらいかなあ。数字は勘。でも1両5万とするなら25万だしなあ、その辺がひっかかった。

お龍の写真は→『大河ドラマの釣り&龍馬伝&お龍写真』
http://cost-off.seesaa.net/article/105831130.html

 それ以外の感想は、大泉洋の土佐弁は一瞬ちょっとうまかったけど、ちょっと気を抜くと「水曜どうでしょう」の口調に戻ってるw今にもサイコロ振りそうだよw
 でも、第一部の頃よりはましになっている。元はまんじゅう屋で町人って設定だからああいう口調なのか、単に北海道出身だから土佐弁(方言の系統が遠い)が言いづらいからか。
 本当はまんじゅう屋で「偽侍」って言い方は後々の伏線だが、偽侍が大泉への「偽俳優」っぽく思えてならないwだって、『水曜どうでしょう』だとお笑い芸人でしょwそれを考えるとすごい配役だ。大泉洋がある番組でお笑い側でしょ?と言われて、「僕はアクター(俳優)」と返したのは最高のギャグだったw

龍馬伝23-24回の感想「泰造の近藤勇2&池田屋事件」につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/153262420.html
龍馬伝「土佐勤皇党弾圧その一」&年表1
http://cost-off.seesaa.net/article/155404495.html
龍馬伝30,32,33回感想「主役を食う配役・伊勢谷の高杉晋作、泰造の近藤勇」
http://cost-off.seesaa.net/article/159672183.html

〜〜〜〜
関連記事:【2010年大河】龍馬伝キャスト発表【福山雅治】
http://cost-off.seesaa.net/article/123522208.html
まとめて読む→歴史&高知カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2869212-1.html
歴史&高知(龍馬伝など)カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-10.html

<同カテゴリー過去記事リンク>
CMツッコミ、『龍馬伝』1,2話感想(画像追加)
http://cost-off.seesaa.net/article/138129397.html
『龍馬伝』6話感想「生瀬松陰」
http://cost-off.seesaa.net/article/140677932.html
龍馬伝8話感想「香川弥太郎」&『猛き黄金の国』
http://cost-off.seesaa.net/article/142027136.html
『龍馬伝9,10話感想&名前に動物の漢字』
http://cost-off.seesaa.net/article/143092204.html

『龍馬伝』主要キャストの扱われ方
http://cost-off.seesaa.net/article/146190664.html
龍馬伝11,12話感想「東洋と武市、容堂」
http://cost-off.seesaa.net/article/144434284.html
龍馬伝16,17回感想「武田海舟、ジョン万のトータス松本」&土佐弁
http://cost-off.seesaa.net/article/148500534.html

『龍馬伝』視聴率(4/19-25)
http://cost-off.seesaa.net/article/150524787.html

龍馬伝21回の感想「泰造の近藤勇」
http://cost-off.seesaa.net/article/151701763.html
龍馬伝23-24回の感想「泰造の近藤勇2&池田屋事件」
http://cost-off.seesaa.net/article/153262420.html

龍馬伝20-27回「土佐勤皇党弾圧その一」&年表1
http://cost-off.seesaa.net/article/155404495.html
龍馬伝28回感想「武市の夢・土佐勤皇党弾圧その二」
http://cost-off.seesaa.net/article/156757432.html

龍馬伝30,32,33回感想「主役を食う配役・伊勢谷の高杉晋作、泰造の近藤勇3」
http://cost-off.seesaa.net/article/159672183.html
龍馬伝34,35,36,37回感想「大泉長次郎退場、薩長同盟〜寺田屋騒動、妙ににやけた西郷」
http://cost-off.seesaa.net/article/162404433.html
龍馬伝38,39,40回感想「霧島ハネムーン、小倉口の戦い、青木の後藤象二郎」
http://cost-off.seesaa.net/article/165264603.html
龍馬伝41回感想「さらば伊勢谷晋作」
http://cost-off.seesaa.net/article/165729086.html

龍馬伝関連「中岡慎太郎(前編)、天誅組の変」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-228.html
龍馬伝関連「中岡慎太郎(中編)、池田屋の変、野根山二十三士殉節」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-338.html

『龍馬伝』主演は福山
http://cost-off.seesaa.net/article/109239321.html
龍馬役&『竜馬におまかせ!』
http://cost-off.seesaa.net/article/65577479.html
『大河ドラマの釣り&龍馬伝&お龍写真』
http://cost-off.seesaa.net/article/105831130.html
『江口龍馬(新撰組!より)』
http://cost-off.seesaa.net/article/24169325.html

『くどいほどに龍馬』
http://cost-off.seesaa.net/article/26810222.html
『ジョン万次郎』
http://cost-off.seesaa.net/article/120717341.html
『土佐弁「指詰めた」「ひやい」「ちゃがまる」』
http://cost-off.seesaa.net/article/105286845.html

『幕末の人間ドラマベスト5』
http://cost-off.seesaa.net/article/141454441.html
『印象に残った台詞・幕末編1』
http://cost-off.seesaa.net/article/108750408.html
『司馬遼太郎の高知関連作品一覧』
http://cost-off.seesaa.net/article/145028388.html

【写真シリーズ】高知・桂浜
http://cost-off.seesaa.net/article/111974030.html
『龍馬伝ジェット(とりさん画像追加)』
http://cost-off.seesaa.net/article/148500534.html


ラベル:龍馬伝
posted by コスト at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史&高知(龍馬伝など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。