2010年04月10日

『龍馬伝』主要キャストの扱われ方(ver.1.2)

【2010年大河】龍馬伝キャスト発表【福山雅治】の関連記事。
http://cost-off.seesaa.net/article/123522208.html


 『龍馬伝』の第一部(1〜13話)の主要キャストと実在の人物との扱われ方(解釈)の比較。()内は俳優名。主要キャストなので、一回だけのゲストはのぞく。
↑・・・史実よりよく描かれてる。↓・・・史実の悪いほうの評価を採用してる。→史実に近い。

↑坂本龍馬(福山雅治)・・・福山龍馬は外見が格好良過ぎる。

↑岩崎弥太郎(香川照之)・・・そもそもスポットが当たってなかった人物なので、準主役かダブル主人公並みの扱いは大抜擢で◎。

↑吉田東洋(田中泯)・・・弥太郎の師というポジションもあって再評価された分と、武市の史実の名台詞を取ったりしてかなり上がってる。一部で暗殺され、退場。

↑岡田以蔵(佐藤健)・・・龍馬とは逆に暗殺者(人斬り)という元々人物の幅が小さいため、どうしても誰がよっても似たような感じになるので、内容的には→だが、佐藤健を配役した分でイメージが上がってる。龍馬伝なので土佐関係はこのパターンが多い。
メインの出番は2部で人斬り以蔵になってから。

→弥太郎の父・岩崎弥次郎(蟹江敬三)・・・史実通り、酒と博打が好きなダメ親父w
ほんとにいつの時代にもダメ親父っているんだなあっていう気持ちになるw
蟹江敬三が実にうまい。ドラゴンボールで例えるなら、セルゲーム編のミスター・サタンの役回り、次元の違うアホ役w


↓武市半平太(大森南朋)・・・龍馬と吉田東洋を上げるために一番割りを食ってる武市。今回は完全に器の小さいかませ犬役。ひどすぎるw脚本家に嫌われてるんじゃないかと思うぐらいw

↓後藤象二郎(青木崇高)・・・武市と同じく龍馬と東洋を上げるために下げられてしまった象二郎。これじゃただのボンボンな甥っ子だよw
 13話で伯父の東洋に「おまえは黙っちょれっ」と突き飛ばされるシーンはまるっきり子供扱いw
この時にはもう幡多奉行(高知県西南部、四万十川方面の行政官)なんだから、高知城下で東洋につきっきりなわけないだろうに、毎回東洋の付き人のような扱いだった。
 2,3部での主な活躍は、土佐勤王党弾圧(武市処刑)、龍馬と海援隊の土佐藩帰属への交渉、大政奉還関連など。実際はかなり大雑把な人物だった。

↓山内容堂(近藤正臣)・・・いくら老公とか大殿と呼ばれてても総白髪はやりすぎw実際の写真でも髪は黒いよ。
 そして、実際アル中気味だったのだが、1部では江戸で蟄居中なので出番が少なく、たまに出たと思ったら東洋が暗殺されて取り乱したシーンでは完全にアル中だったw酒をこぼしてるのか、小便をもらしてるか見直さないとわからなかったw狙って演出してるのか?
 蟄居・謹慎が解けた2部では巻き返してくるのか?


 基本的には、土佐関係はいい俳優を当ててもらってるので↑か→が多い中で、やはり武市の下がりっぷりは恨まれてるのでは?と疑ってしまうほどw
 弥太郎の妻・岩崎喜勢(マイコ)にしても、男爵にまでなる岩崎家をしっかり支えた女性だったであろうが、必要以上にきれいな俳優を回してもらっていい台詞も見せ場もあるというのに。たぶん、龍馬のお龍夫婦の対比として、しっかり者の嫁の役回りだろう。
 一部の主要キャスト以外の勝海舟(武田鉄矢)やジョン万次郎(トータス松本)、中岡慎太郎、西郷どん、高杉や長州関係など土佐以外の藩は、脱藩後の2部からが出番なので、2部が終了時に。 

〜〜〜〜
関連記事:【2010年大河】龍馬伝キャスト発表【福山雅治】
http://cost-off.seesaa.net/article/123522208.html
まとめて読む→歴史&高知カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2869212-1.html
歴史&高知(龍馬伝など)カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-10.html

<同カテゴリー過去記事リンク>
CMツッコミ、『龍馬伝』1,2話感想(画像追加)
http://cost-off.seesaa.net/article/138129397.html
『龍馬伝』6話感想「生瀬松陰」
http://cost-off.seesaa.net/article/140677932.html
龍馬伝8話感想「香川弥太郎」&『猛き黄金の国』
http://cost-off.seesaa.net/article/142027136.html
『龍馬伝9,10話感想&名前に動物の漢字』
http://cost-off.seesaa.net/article/143092204.html

龍馬伝11,12話感想「東洋と武市、容堂」
http://cost-off.seesaa.net/article/144434284.html
龍馬伝16,17回感想「武田海舟、トータス松本のジョン万」&土佐弁
http://cost-off.seesaa.net/article/148500534.html

龍馬伝21回の感想「泰造の近藤勇」
http://cost-off.seesaa.net/article/151701763.html
龍馬伝23-24回の感想「泰造の近藤勇2&池田屋事件」
http://cost-off.seesaa.net/article/153262420.html
龍馬伝20-27回感想「土佐勤皇党弾圧その一」&年表1
http://cost-off.seesaa.net/article/155404495.html
龍馬伝28回感想「武市の夢・土佐勤皇党弾圧その二」
http://cost-off.seesaa.net/article/156757432.html

龍馬伝30,32,33回感想「主役を食う配役・伊勢谷の高杉晋作、泰造の近藤勇3」
http://cost-off.seesaa.net/article/159672183.html
龍馬伝34,35,36,37回感想「大泉長次郎退場、薩長同盟〜寺田屋騒動、妙ににやけた西郷」
http://cost-off.seesaa.net/article/162404433.html
龍馬伝38,39,40回感想「霧島ハネムーン、小倉口の戦い、青木崇高の後藤象二郎」
http://cost-off.seesaa.net/article/165264603.html
龍馬伝41回感想「さらば伊勢谷晋作」
http://cost-off.seesaa.net/article/165729086.html

龍馬伝関連「中岡慎太郎(前編)、天誅組の変」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-228.html
龍馬伝関連「中岡慎太郎(中編)、池田屋の変、野根山二十三士殉節」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-338.html

『龍馬伝』主演は福山
http://cost-off.seesaa.net/article/109239321.html
龍馬役&『竜馬におまかせ!』
http://cost-off.seesaa.net/article/65577479.html
『ジョン万次郎』
http://cost-off.seesaa.net/article/120717341.html

【写真シリーズ】高知・桂浜
http://cost-off.seesaa.net/article/111974030.html
ドラゴンボールで例えるなら「スノボー編」
http://cost-off.seesaa.net/article/141539733.html


posted by コスト at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史&高知(龍馬伝など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。