2009年10月16日

メモリ(短期記憶能力)なし人間

 ブログ復活の一発目がクレイマークレイマーで、しかも仕入れたてですw


    「メモリ(短期記憶能力)なし人間」

 今日の夜、帰り道にあるドラッグストア(ミネドラッグ)に寄って、120円のジュースを買った。
 財布には小銭が70円しかないので、千円札と20円を出した。
すると、返ってきたのは80円。
 小銭の数を見て千円札を出してるわけだし、数秒前なので出した千円札の末尾のほうの数字も覚えている。
まあ、レジのミスなんてよくあることなので、穏便に
「あのー、千円札出しませんでしたか?」
すると、レジの中年女は
「は?そうでしたか?覚えておりませんが」
とシラを切ってきた。

 面白い。あの千円札が幻なら俺は精神病院にでも入院しなければならない。
しかもレシート見ると、お釣りを出してるのにちょうどで払ったという形で処理してやがる。これも間違っている。
 別に正しい処理するなら現計処理でも問題ないが、今回は違う。
120円の買い物で1020円払って80円のお釣りというトンデモない処理の上、
「私はバーコード付きのレジを使ってるのに間違えるわけがない。イチャモンをつけるおかしな客だわ」
といわんばかりの目つきで、一向に非を認めないどころか段々と態度はエスカレート。

「そうでしたか?ちょっと覚えてないですねえ」
と再度言い、スルーして次の客にいこうとしたので、
「いや、小銭がないので千円札と20円出したんですよ」
と説明しても
「じゃあレジのお金を計算してみますから。あなたの言い分が正しければ900円近くの誤差が出るはずですから」
と、まったくこっちの話を信用しない。
そもそもこんな単純な話に言い分という単語が出る意味がわからない。
 単純に数秒前に出した金額を言っただけなのに、誤差とかそういうレベルの話ではない。

「いや、疑うなら監視カメラの映像でも確認してください。
 数秒前のことを間違うわけないですから」
といったが、いっこうに認めないうえに自分は数秒前のことも覚えないのに
「自分は正しい。このクレーマーめ、騙されないぞ」
と、完全に俺をクレーマーか釣り銭詐欺扱いしてきた。

 どういう頭してるんだ。自分が数秒前に受け取ったお金も覚えてなくて客を疑うって。大体、俺はポイントカードを出してるから住所などもさらしている。
 いいだろう、レジの金を数えて、どういう計算がレジで出るのか。見てやろう。
バーコードでレジの打ちミスなんてのはない状態に、ここまで客を疑ってどういう言い分があるのか聞いてやろう。
 そう思い、レジの計算を待っていると、なんとレジの現金全額を手で数え始めた。

 一枚一枚一円玉の数から一万円札までひっくり返すようにして現金を数え始めた。
 まさかこれで段々俺が自信を無くして主張を引っ込めるとでも思っているのか。

 俺は白黒をはっきりつける県の出身で、別に裁判所なんてのは利用する機関であると思っている。そして数秒の記憶を忘れるなんてことはない程度の記憶は十分ある。
 残念ながらそこらへんの気弱なゆとり育ちとは違う。
というか、そもそもなんで120円のジュースを1020円(お釣り80円)で買わねばならないんだ?この店のほうこそ詐欺だろうが。お釣りをごまかして利益を出しているのか。

 俺は黙って待っていたが、レジの金を一円単位まで全部計算するには時間がかかり、10分待っても終わらないので
「さっきの千円札を出してください。お札の数字を覚えてますので」
というと、
「そうですか」
といってレジ女は一番の上の千円札を出してきた。
 当然、見覚えある数字なので
「この数字です。僕が出した千円ですよ」
と言ったが、先に数字を言わなかったせいか
「はあ、そうですか」
と言って、またレジの現金を数え始めた。

 コイツ、もうすげえなあ。普通、そこまでするか。外人のバイトでも間違いを注意すれば謝って直すのに、客が監視カメラチェックしてもいいとまで言ってるのに、疑ってレジをひっくり返して数えるか?
 今まで数々の仕事したくない公務員やら悪質クリーニング屋と闘ってきたが、こいつは次元が違う。

 責任取りたくないからの言った言わないとかではなくて、数秒前のことを覚えていない、しかし客の言い分は信用しない、レジを全額数える、そのために客を15分以上も待たす。
 自分が間違ってたとわかってもまともに謝らない。自分が責任者で文句があるなら本部でどうぞという。
 それがまともな客商売なのか、このミネドラッグのチェーン店は。

 15分以上経過してやっとレジの現金を数え終わった。
すると誤差があるとわかったらしいが、まださっき俺が千円札の番号を覚えているといった時に出した千円札が数えてないので
「これ、私がレジから出した千円札ですか?」
・・コイツ、頭にメモリ(短期記憶能力)が搭載されてないのか?

 完全に俺はあきれながら、
「そうですよ。番号覚えているから出してと言ったじゃないですか。
 その時出したのにそれも疑うんですか?
 あなたさっきから自分が受け取ったお金と出したお金も覚えてないんですか?
 いい加減にしたらどうですか?私の計算で合ってたんでしょう?
 数秒前のことも覚えてないし、レジはちょうどで払ったと処理してるし、こっちは監視カメラで確認してもいいと言ってるのに、レジのお金を数えてまで客を疑うっておかしいでしょう!」

すると、さほど気にした様子もなく、
「すいません、ちょっとぼーっと間違えました」
と答えてきた。俺は20分近く待たされているのにである。

「あのね、ぼーっとして覚えてなかったら、外人がレジやってても客の言い分認めますよ。
 それをレジを現金ひっくり返して数えて疑って、さらにそれでも認めなくて、この千円はどっちのだっておかしいでしょうが。
 120円のものを買って1020円でお釣りが80円って、どう考えてもあんたが千円受け取ったのを200円と脳内処理したんでしょうが、違いますか?
 こっちは小銭が70円しかないから、千円出したって何度も言ってるのに、なんで疑ってこんなに待たすんですか?」

「ちょっと覚えてなかったので」
「数秒前のことが覚えてないってあるんですか?昨日の話じゃないですよ、たった今のことでしょう。僕は店の外にも出てないじゃないですか」

「・・とにかく、この千円は僕が出した千円でいいですね。
 計算ややこしいので、買うのやめて1020円返してください」
と言って俺もジュースとお釣りの80円を返した。
 普通の人間なら別にややこしい計算ではないのだが、一回目の計算もできてないのに、やり直しができるわけがない。
 差額のためにまたレジひっくり返えされても面倒だ。

 こちらの言い分が通ったが、あまりな対応に
「あなたに話しても仕方ないので店長さんか責任者呼んでください」
というと、
「私が店長で責任者です」 
という予想外の返事とネームプレートを見せつけてきた。

 ダメだ、このメモリなし店長と話してもラチが開かない。
「あなたバイトじゃないんですか?いつもいる中年男性は店長じゃないの?」
「違います、私が店長です。私より上となれば本部に電話してください」
 コイツ、まだ闘う気か。

「じゃあ、本部の番号教えてください」
「ポイントカードの裏に番号があります。こちらにかけてください」
 この言い方がほら、ここに載ってるだろうという言い方で、調べるまでもないという態度だった。
「わかっているなら今すぐかけてください」
「もう18時過ぎてて誰もいないです。
 留守電になりますから」
「かけろっ」
「・・かけますが、留守電にメッセージ残しますか?」
「本部からこっちに電話かけてくれるように言いますから」
といって、電話をすると本部につながったので代わったが、電話口から流れてきたのは
「月曜から金曜の9時から18時の営業時間中にかけてください」
とのメッセージで留守電にはつながらなかった。

「留守電にならないじゃないですか」
と言うと、またコイツはお決まりのパターンで、客を疑って電話をして留守電にならないのかどうか確認を始めた。
 コイツ、本当の馬鹿だ・・。人を怒らせる才能だけ満載してやがる。
ミ○ドラッグの店長はこの程度の知能の人でも務まるのか。


 たぶん、コイツの頭と現実世界はリンクしてないのだろう。
「あのね、本部から電話するようにしてください」
「月曜か平日、土曜なら来週になりますが」
「平日の9時ー18時は仕事していてかけられても困りますから、明日かけてください」
 もうこれ以上は口を利きたくないという口調でいうと、メモリなし人間はさすがに自分に非があるので承知した。

 世の中残念な人間は多いのだろうが、数秒前に受け取ったお金を覚えてない、さらに指摘した客を信用しないで、平気で15分以上待たせてレジの現金を数えだす、そんでもって本部は留守電だといってそれも間違いとどこまでもな人間で、それで店長ってw
 本部にはこれ以上のあぼーんがいっぱいいるのだろうか?

その後の話はコメント欄にちょっとあります。

〜〜〜〜
関連記事:関連記事:<コラム・クレイマークレイマーの記事>
『ホッチキスクリーニング屋との闘い』
http://cost-off.seesaa.net/article/127011663.html
『それ、気になりますかぁ?』
http://cost-off.seesaa.net/article/102028366.html
『狂ったケータイ(タッチクルーザー域拡大)』
http://cost-off.seesaa.net/article/115577072.html
『コピー無礼女、普通日記(09/10/30-11/1)』
http://cost-off.seesaa.net/article/131730880.html
コラム・クレイマークレイマーカテゴリー(まとめて読む)
http://cost-off.seesaa.net/category/3619315-1.html


この記事へのコメント
オイラも客商売なので
興味津津読ませてもらいました。

こんな店長いるんですね〜(@Д@)
Posted by とり at 2009年10月18日 19:26
とりさん、まったくですよね〜。
仕事帰りなのでスーツ姿でだったんですが、
ホームレスがお釣りをごまかしてるように見えたのかもしれませんw
だいぶ脳と現実がリンクしてない店長でしたからw

結局、翌日本部の部長が連絡してきて
「いや〜、最初店のほうから連絡が入った時はひどいミスだなあと思って聞いてまして、
 『で、あなたは従業員ですか?パートさんですか?』と聞いたら
 『店長の吉○です!』と言うんで、もうこっちも呆れるやらお詫びのしようがないやらで・・」
と謝ってました。
さすがに本部なのでしっかりした対応のできる部長さんでした。

Posted by コスト(善良市民) at 2009年10月18日 22:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。