2009年09月19日

イタリア大統領

『イタリア大統領』 

 ノリピー保釈会見の翌日の18日。なんとか前日からの仕事は完了、午後からは上野・国立西洋美術館へ。
 「古代ローマ帝国の遺産展」の仕事だったが、急に同僚に変わってもらったので(睡眠不足で厳しかったので)ナポリターノ・イタリア大統領夫妻が来るとは知らずに、
「大統領ってどこの大統領?イタリア?周辺の小国?」
って同業者に聞いたりした。

 こっちは仕事なので場所取りもしていたが、警護のSPがうろうろし始め、大使やらも来始めたが、どれが大物かさっぱりわからない。やはりアメリカほどTVが取り上げないからだろう。
 大統領の到着が遅れるとアナウンスが入り、やはりイタリアのお国柄だなと思う。ヨーロッパの中ではルーズな国民性。
 通路側に場所取っていて、いよいよSP通路の警護のポジションに入り、アナウンスも到着を告げた。
 そして拍手の中を大統領が開会式会場に入場。

 目の前を大統領が通った!
しかし、俺も仕事でよく会う同業者の人も誰が大統領なのかわからず、
「どれが?」
と顔を見合わせたw
無論、撮れてなかった。写ってたのはSPの背中w
 意外にも年がいってる大統領だった。大統領といえば、どうしてもオバマやアメリカの歴代大統領のイメージが強い。
 イタリアを代表してのスピーチは駐日大使とかがやっていた。
なによりイタリア勢は全員何を着ててもやはりオシャレだった。
ローマ帝国の遺産展.jpg
開会式でのイタリア勢、左端がイタリア共和国ジョルジョ・ナポリターノ大統領夫妻

 そして、テープカットでも司会のイタリア語で「私が『どうぞ』と言いましたら切ってください」とのアナウンスも無視して、大統領はフライングでテープカット!
 カメラマンの誰もが「えっ!?合図なかったよね、撮れた?撮れてない」と言い合ってる。
 だってフラッシュとかチャージ待ちがあるから連射できないから、合図待ってたのに、大統領はいきなり切るんだもんなあw仕方ないなあ。

 で、やっと終わったので玄関のクロークで荷物を出してもらって帰ろうとすると、
「ちょっと待ってください」
と、SPが俺をさえぎった。
なんだ?さっきの開会式で場所取り中に同業者の人と
「SP(日本人SP)ってわりに背はそんなに高くないよね。外人のほうがでかい人多いから盾にならないんじゃねえの?」
と身長173cmぐらいのSPのことを話してたのを聞かれてたのか?奥へ連れてかれるのか?
と勘ぐっていると、
「大統領がお帰りになるのでちょっと待ってください」
と、言われてホッとする。
 てことは、目の前で撮れるチャンスだな。ナイス情報ありがとうSP☆
イタリア大統領.jpg
ナポリターノ大統領(中央の老人)、手前の背中はSP
帰りの玄関前で撮ることに成功。
 結局、内覧会から3時間半以上かかって18時半に美術館を出た。
内覧会から間に待ち時間が1時間もあるんだもんなあ。場所取りからずっと立ちぱなっしできつかった。
同展は09年12月13日まで開催。

前日の日記は『如水会館(ver.2)』
http://cost-off.seesaa.net/article/128323171.html

〜〜〜〜
関連記事:『有名人との遭遇・清原和博』
http://cost-off.seesaa.net/article/121386203.html
『星野仙一講演』
http://cost-off.seesaa.net/article/70751657.html
『地獄の門(国立西洋美術館)』
http://cost-off.seesaa.net/article/129663764.html
【目次】コラム・レポ目次T
http://cost-off.seesaa.net/article/105978819.html


posted by コスト at 12:50| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム・レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおお、すごい人物を撮りましたね!
>フライング
これ、日本のお偉いさんがやったら叩かれるんだろな〜^^;
Posted by とり at 2009年09月21日 09:12
とりさん、コメントありがとうございます
イタリアが共和国で大統領がいたのは
この時初めて知りました。
帰りのショットは本当に偶然でした^^
テープカットは観客は笑ってましたが、
カメラマンなど仕事の人は呆然どころじゃなかったですが、
憎めない人柄・年柄の大統領でした。
日本だと「空気読めないやつ」で、プ○チンなら「独裁者」
と言われてたでしょう。
Posted by コスト(帰省明け)ver.2 at 2009年09月24日 20:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。