2009年09月12日

JAL経営危機&二宮金次郎像

 更新遅れてますが、少々お待ちください。
 関係ないですが、JALのような大企業が経営危機ってどんだけ放漫経営したんだろうか?税金+外資導入ってあれだけ機材持ってて、新規参入は叩き潰してきておいてこれかよw

 2007年の夏、沖縄から羽田に戻る時に早めに機内に入ったので、離陸まで時間があるので、ケータイに旅行記のメモを打ってたら
「やめないと法律によって降りてもらいますよ!」
ときっつい顔つきのCAにえっらそうに言われたのを覚えている。 
 メールじゃないし「すぐ終わります」という客に、法律を盾に「文句あるなら乗せないぞ」と威張ってたのに税金当てにして経営してんのかよw

 ダイエーの時もそうだが、でかすぎてつぶれると影響が大きいからつぶせない→税金で支援って変だよなあ。中小企業とか天下り先になりそうにないところに支援したとかって聞かないし。

ninomiya.jpg
二宮金次郎像
 実際の金次郎は身長180cmを超えていて、江戸時代後期の人物で農業を指導したという。
 薪を背負いながら本を読んで歩く姿に関する記述は、1881年発行の『報徳記』で現れる。ただし、薪を拾って売り、その金で勉学をしたのは事実だが、このような姿で実際に歩いていたという事実はないとされる。
 小学校にも石像があったが、このポーズで本を読んでいたのが嘘だったとは今知った。
撮影は神奈川県・小田急相模原駅周辺の神社。

〜〜〜〜
参照:Wiki「二宮尊徳」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E5%AE%AE%E5%B0%8A%E5%BE%B3

関連記事:『2007夏・沖縄旅行[54]バイバイ沖縄』
http://cost-off.seesaa.net/article/99177913.html
『亀有駅前両さん像』
http://cost-off.seesaa.net/article/125842871.html
【目次】画像関係記事【リンク集】
http://cost-off.seesaa.net/article/111706019.html


posted by コスト at 17:47| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム・レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
JAL、ネットではいろんな情報が飛び交ってますね。
「絶対倒産する。倒産したところで海外エアラインが成田の発着枠もろとも安く買い叩くつもりで虎視眈々狙ってる」なんて意見もありました。
心配です。
Posted by とり at 2009年09月15日 20:01
とりさん、コメントありがとうございます。
ネットまではチェックしてないんですが、
どうみても世界的にも高い運賃取ってて、
値上げや赤字路線も廃止してこれだけ経営がやばくなるってのは不思議です。
 ダイエーの二代目バカ息子や小室哲哉のように、
海外事業で大ポカでもしたのかと思いました。

 今週末の帰省のために羽田ー高知路線を見て、
値段が4年ちょい前から五千円以上上がってて、
いつ片道三万円の大台(31800円)に乗ったんだ?
と驚きました。
 大手独占の航空業界を揶揄(やゆ)して
「落ちた日航、腐った空」
という言い方が昔あったんですが、
それでもまだ全日空は自力で再建しようとしてますから、
なおさらJALは何やってんだ?と思います。
Posted by コスト at 2009年09月15日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。