2009年08月24日

体のメンテナンス(09/08/23)

 月〜土曜の五泊六日の静岡出張を終え、土曜の夜に浜松駅から新幹線で東京に帰った。
 新幹線(浜松ー東京・90分)のおかげで楽に帰ってこれたが、地元の駅から家までは坂道をとても荷物を引っ張って歩く気力はなく、バス停二つのためにバスに乗った。この距離でバスに乗るとはもったいない。
 
 それというのも出張中は見事に全部晴れていて、真夏に徒歩と電車・バスで移動したため、ホテルでYシャツの下のアンダーシャツは汗で塩ができていたほどで、夏は好きだがこの出張でかなり消耗していた。
 加えて初めての挨拶まわりの緊張と、ノートPCや六日分着替えなどの荷物のせいでために右肩が肩こりになっていた。

 幸い、翌日の日曜にヌマサキ先生が月1回の関東での治療の日だったので、北越谷に行って鍼を打ってもらった。
(ヌマサキ先生の治療院は滋賀県のJR大津駅前にある。「玄氣堂 ヌマサキ治療室」JR大津駅徒歩3分、TEL:077-523-6477)

 全身を打ってもらって、頭、目、内臓、要するに全身が回復する。
肩こりも治してもらい、ついでに左手親指の付け根の間接がごりごりして違和感があるのも治してもらった。
 
 ここは突きこんだ上に連ザのステキャンでレバーをガチャガチャやったせいか、今年2月ぐらいに痛めて近所の鍼灸で診てもらったが、痛みはとれたが指を回すとごりごりと骨に違和感が残っていたところで、半年近くもずっと違和感があった。(俺は医者には行かないが鍼には行く)
 それでも痛みが取れたので先月の治療では言わなかったが、今回は半年もずっとごりごりと違和感があると言ってみると、
「腱(けん)が炎症を起こしてるからです、ここ痛いでしょう?」
となぜか左足の指と指の間の部分をつまむと激痛が走った。
 即、痛いです痛いですっと言うと、それが炎症がある反応だそうで治るよう鍼を打ってもらうと三分で治った。

 半年もごりごりと古傷のように違和感があって、ほかの鍼にも何回行ったが治りきらなかったのが三分で治った。あまりにあっさり治ったので、すごいですねと言うと、
「これぐらいできないと人呼べませんよw」
と笑って言われた。
 ほんと鍼灸って腕の差が人によって天と地だ。効く人のはほんと効く。

 その後、佐々岡先生に首と背骨と腰の整体?をしてもらった。こっちも見事に骨が鳴ったw
接骨院もこれができるとことできないとこがあるそうだ。
 行きは前日までの疲れでヨレヨレだったが、帰りは体が軽かった。今週は日曜しか休みがないが、これでなんとかなる。

〜〜〜〜
関連記事:『ナルコレプシー?』
http://cost-off.seesaa.net/article/122671235.html
『鍼灸・ヌマサキ治療室』
http://cost-off.seesaa.net/article/100148455.html
『北越谷なう(鍼灸治療)&萩原流行なう』
http://cost-off.seesaa.net/article/150699123.html


posted by コスト at 20:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 食事、鍼灸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3分ですか!
すごい先生ですね〜(@Д@)
Posted by とり at 2009年08月26日 07:39
とりさん、コメントありがとうございます。
全部の治療は45分〜1時間ぐらいなんですが、
指のとこだけなら3分ぐらいで、
鍼を打たれながら自分で痛むところを押していると
段々痛みが減って3分ぐらいで治りましたね☆
ヌマサキ先生には東京来る前から、もうかれこれ7年ぐらいはかかってますね。


Posted by コスト at 2009年08月26日 19:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。