2009年08月06日

都道府県シリーズ・静岡はいいねぇ(東部〜中部編)

『都道府県シリーズ・出張in静岡(三島、伊豆、沼津)』の続き。
http://cost-off.seesaa.net/article/123967713.html


    『都道府県シリーズ・静岡はいいねぇ(東部〜中部編)』

静岡駅前A.jpg
静岡駅前の「静岡市はいいねえ」の垂れ幕

 出張で静岡県の東部〜中部=三島、伊豆、沼津、静岡市(清水、旧静岡)に行った。
 地方は経済も停滞とか人が出て行く、田舎は閉鎖的とか言われているが、静岡はそういう意味では別天地だった。
前回も書いたけど、旅行して会う人会う人がみんな豊かなせいか、心に余裕がある感じで親切でよそ者に優しい。
 それも観光地の商売のために愛想がいいではなくて、本当に優しく人がいい。

 大学時代を過ごしたは熊本が治安もよく、人も親切で驚いたが、それ以来のハイレベルな県民性だ。本州では一番だと思う。
 水戸旅行でひどい目に合い、それを『茨城・水戸旅行@スーパーひたちのヤンキー』(http://cost-off.seesaa.net/article/116115112.html)に書いたが、その逆で本州で一番いい県民性、住みやすい県の一つではないかと思う。

 それまで静岡のイメージは、『ちびまる子ちゃん』とサッカーの強い県、富士山があるぐらいしかなく、静岡市が駿府だということも知らなかった。新幹線や東名高速では何度か通過してるが、降りたことはなかった。
 下手したら、清水次郎長というヤクザを褒め称えている変なところぐらいに思っていた。
 だが、この三泊四日の出張で考えが一変した。
俺が受けた親切や印象深い出来ことを羅列すると、

・伊豆箱根鉄道の駅で、でかい荷物をコインロッカーに預けながら駅員さんに
「いやー、タクシー代は経費で切れないからバスがないと歩くしかないんですよ」
と話すと、駅員さんは切符販売用の機械でコインロッカー用の領収書を作ってくれて、「これでロッカー代を会社に請求しなよ」と領収書をくれた。

・三島市、伊豆市では桃が一個50円で、東京の半額で思わず買いたくなったが、さすがに桃を4つも5つも持って移動して仕事先に行くわけにいかず断念。
 俺の田舎でもあんなに安く売ってないぞ。桃があんなに安いなんて、物価安っ。

・伊豆市の仕事先に行くと紅茶を出してくれて、なぜか缶コーヒーも渡されて
「それは帰りの電車で飲んでね」
と言われる。プチ感動。
しかも駅からバスがなかったから20分以上歩いてきたというと車で送ってくれた。

・ある県の仕事先にいくと、事前にハガキと直前に電話で連絡しているのに
「電話は前日にしろ。当日いないこともある。ハガキは一週間前には届くようにしろ」
とヒステリックな中年の事務のおばちゃんがキーキー切れて、俺が入る前に辞めた前任者のミスまで延々文句を言われたことがあった。無論、お茶など出なくて平謝り。
 それに対して静岡市清水区の仕事先は、ちょうどホテルの近くだったので駄目元で、ホテルに入る前に寄ってみた。
連絡した行く日より1日早く行ったのに、全然ウェルカムで仕事の用件が終わったら、静岡の観光情報まで教えてくれた。全然違う。
 伊豆市の紅茶&缶コーヒーといい、ほんと静岡だけは別天地☆前回書いたが三島では食事ごちになってる。

・静岡駅近くの郵便局で道を聞くと、三人ほどの職員が会議のように説明してくれ、最後には外に出て初めて来た人でもわかるように指差し教えてくれた。この暑いのにである。
 東京は「ちょっとわかりません」とか「交番はあっちにあります」ってパターンもあるのに。

 全体的に都会だと人が多いのでうざがられたり、早く処理されるだけの人間関係がここではほんと当然のように親切で、他人に対して優しい。

・その後、静岡鉄道で新清水から新静岡まで電車に乗った。
静岡鉄道新清水駅b.jpg
静岡鉄道新清水駅、午後の紅茶の車両

 すると、俺がでかい荷物を持って移動してたのが珍しかったせいか、次の駅で乗ったおじいさんが話しかけてきた。
「ネクタイ締めて仕事してるうちが華だよ」
「えー、これはこれで大変ですよ。会社入るのもいくつも面接受けたし、今の世代は年金はもらえる額少ないしで。年金でもらって働かないでいいほうがいいですよ」
「いやいや、3年前に家内に死なれて話し相手もケンカする相手もいなくて、さっき野球場行って野球見てた。やることなくてね」

「趣味とかあるんじゃないですか?」
「趣味かあ、海外旅行かなあ。もう50ヶ国ぐらい行ったかなあ。
 先月はアフリカのマリって国に行ったし。その後、ジンバブエに寄った。
 国内は国鉄職員やってたから社員用のフリーパス持ってて、北海道以外は全部回ったなあ。
 それも戦争で鉄道の保線作業に動員されて、戦後学校途中で終わってたからどうしょうかなあって迷ってたら、そのまま国鉄から声かかって採用になったから、就職で苦労したことないなあ。
 それで77歳まで働いててなかなか辞めさしてくれなくて、やっと引退したよ」

「マリってマリ共和国ですか?え?何歳なんですか?」
「そう、マリ共和国。歳は80だよ」
「全然いい人生じゃないですかw大満足じゃないですかww」
「いやー、もう死んでもいいかなあって思ってるんだけど、海外旅行行って飛行機でも落ちてくれないかあって思うけど、落ちないんだよねw」
「そりゃ、そうそう落ちませんよw」
「もう迎え呼んでもらってもいいんだけどなあ。
 あ、もう日吉駅か、じゃあ降りないと」
と、去っていった。
 明るいし、元気なじいさんだった。でもなんで俺に話しかけてきたんだろう?
都会だったら、話しかけてくるのはちょっとおかしいやつだと思われるのに、面白いじいさんだった。

・最終日の仕事先で静岡の人は親切ですねと言うと、
「傘とか書類とかバスや電車で忘れてもまず出てくる。落し物で届けられている。
 出てこなかったことがないよ。私も免許拾って警察届けたら、本人からお礼の電話がかかってきて、偶然駅のケーキ屋さん(パン屋)で働いてるから買いに行ってあいさつしたら、一つケーキをおまけしてくれたよ。
 よその福井の東尋坊に旅行に行ったら、
『静岡の人は雪も降らない、暖かい豊かでいいところで育っててボンボンで人がよすぎる。
 息子が転勤で行ってるけど、もっと厳しいところでもまれないと鍛えられないと私は思ってる』
 って旅館の人に言われたけど、ほんとそこなんだよ。
 静岡県はオレオレ詐欺にひっかかる率が日本一なんだよw
 四国はお遍路で分割していったけど、高知と愛媛がよかったね」
と話してくれた。
 
 仕事先の人、駅員、ホテルのフロントの人、道を聞いた人、電車で話しかけてきた人といい、皆親切で嫌な人がいなかった。
 出張を終えて、東京に戻る時にはすっかり静岡ファンになり、唯一夜が早い(店が夜早く閉まる)ぐらいでほとんど文句はなく、東京に帰って人ごみで肩がぶつかったとか満員電車でバトル寸前になるような世界がちょっと憂鬱に思えるほどだった。

 歴史的にも天領(幕府領)で税金が安かったのと、温暖で豊かな土地だったせいもあるのだろう。とにかく人が親切だ。それも計算してるような感じがなくて、熊本以外でこんな県があったのかと驚いた。
 引っ越してきた人が出たがらないというのもわかる。
人口は約380万人で、四国四県に匹敵する。新幹線の駅も6駅、東名高速、空港も最近できた。

 豊かといえば、「緑茶でうがいしよう」というぜいたくなポスターがあった。どんだけ金かかるんだよw
でも、ホテルのティーパックの静岡茶は他の県のお茶よりもうまい気がした。
 そもそも水がうまかった。普通にホテルの水道水が飲めるし、問題ないレベル。
これも熊本が水がうまかったのと共通している。

 ほかにも、清水次郎長の話題やサッカー事情などネタはあるが、長くなったので一旦終了。
 静岡出張はまだ中部〜西部編が残っててるが、静岡は気に入ったので行くのが楽しみだ。

静岡出張(2011/12/01)「静岡県民の親切と県外人の地雷」につづく
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-200.html

関連記事:静岡出張後編→『静岡出張後編@富士市・富士宮市』
http://cost-off.seesaa.net/article/125907334.html
『都道府県シリーズ・予想を超えてくる静岡@』
http://cost-off.seesaa.net/article/127159440.html
静岡の画像→【写真シリーズ】静岡画像特集
http://cost-off.seesaa.net/article/125223193.html
2009第4次静岡出張「浜松市」
http://cost-off.seesaa.net/article/135907706.html

2010年第一次静岡出張1【三島市】
http://cost-off.seesaa.net/article/146539067.html

〜〜〜〜
関連記事:画像先行アップ「静岡はいいねぇ、イブニングeye」
http://cost-off.seesaa.net/article/124466081.html
『茨城・水戸旅行A水戸駅の光景』
http://cost-off.seesaa.net/article/116164811.html
『都道府県シリーズ・フレンドリー岐阜人と陰湿某県人』
http://cost-off.seesaa.net/article/123634684.html
『都道府県シリーズ・福井県人』
http://cost-off.seesaa.net/article/101760458.html

都道府県シリーズ「栃木バカ」
http://cost-off.seesaa.net/article/87600702.html
道産子2 <地方別人間観 その1>
http://cost-off.seesaa.net/article/16774364.html
『鹿児島・桜島(桜島まで何マイル?)』
http://cost-off.seesaa.net/article/16818453.html
【目次】旅行記・九州話【記事リンク一覧】
http://cost-off.seesaa.net/article/107431847.html


posted by コスト at 22:35| Comment(4) | TrackBack(0) | コラム・人物編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
午後の紅茶の車両、気に入ってしまいました。
静岡は人もみんな親切で、いいところなんですね。
私も是非訪れてみたいです。
Posted by igu-kun at 2009年08月07日 11:16
igu-kunさん、コメントありがとうございます。
静岡はまだ半分しか回ってませんが、
これまで全員がいい人でした☆
午後の紅茶車両の画像はあと一枚あるので、
別記事で静岡の画像を集めてアップします^^
【写真シリーズ】静岡画像特集
http://cost-off.seesaa.net/article/125223193.html
Posted by コスト at 2009年08月07日 19:05
ちょっと静岡いてくる!=(⊃゜Д゜)⊃
Posted by とり at 2009年08月10日 07:53
>とりさん
いよいよ17日から静岡出張の後半(中部〜西部)に行きます
東部と西部の違いはあるのかレポートします^^
Posted by コスト at 2009年08月10日 21:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。