2009年05月13日

続・真田太平記

 5/1から引き続いて、厚めの文庫本で12巻もある『真田太平記』(池波正太郎著)を読んでいる。
 7巻は丸々関ヶ原の戦い(真田は第二次上田合戦)だが、関ヶ原って司馬遼太郎が書こうが、池波正太郎が書こうが
・石田三成の戦下手にはイライラする、それも史実通りの展開なのにかなりイライラする
 (ただし石田軍自体は奮戦している)
・悲愴感漂う大谷吉継の死闘
そして、
・わずか千五百の兵で敵中突破して戦場離脱する島津の痛快さ(さすが島津だぜ!)

 この三点は変わらないなあ。
 真田太平記は飛ばさずにじっくり読んでいるのに、さすがに三成の戦下手&人心掌握のなさの部分はあまりにもイライラするので斜め読みにした。
 三成は官僚としては優秀だったんだろうけど、『のぼうの城』(和田竜著)で忍城攻めに失敗した頃から戦の武将としては進歩してない。才能がないってこういうことだろうw

<7,8巻あらすじ>
 真田本家(昌幸・幸村)は第二次上田合戦で、徳川秀忠の徳川主力三万三千を上田城にひきつけて関ヶ原に間に間に合わせないことに成功するも、西軍が一日で敗北する。東軍についた分家の信幸の助命嘆願で救われ、上田城を引き渡して紀州九度山へ蟄居させられる。
 「生きてあれば、おもしろいこともある」と、九度山に移った真田父子は再び関ヶ原がおとずれる日を夢みて孤立した日々をおくる。

〜〜〜
出張話は一時非公開扱いに。
〜〜〜〜〜
関連記事:『真田太平記』
http://cost-off.seesaa.net/article/118414566.html
『のぼうの城』『覗き小平次』
http://cost-off.seesaa.net/article/113955119.html
『黄色い電車に乗って、多部未華子』
http://cost-off.seesaa.net/article/118923965.html
本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/3186948-1.html


posted by コスト at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・ドラマ等レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。