2009年05月08日

黄色い電車に乗って、多部未華子

 今日は仕事で、午後から黄色い電車(西武線)に乗って多摩(東京市部)へ。
 日記詳細の前に、先週は西武線の特急にNHKの朝ドラ『つばさ』のヒロイン多部未華子が貼られてた。
西武線特急b.jpg
西武線の特急列車に貼ってあった多部未華子
西武線特急2bb.jpg
舞台が埼玉県川越市だからか、駅構内や電車内にも宣伝ポスターがたくさん貼られてた。
上の画像の撮影日は5月1日。

 Wiki「つばさ (朝ドラ)」によると
「埼玉県が連続テレビ小説の主な舞台になるのは今回が初めてであり、またこれをもって連続テレビ小説では全都道府県が舞台になったことになる。」
 えっ、埼玉って47番目だったの?というか、他の46都道府県は全て舞台になってたのか(驚)。沖縄の『ちゅらさん』は有名だが、高知ですらなっていたのか。
 まったく知らなかったが、よく考えたら朝ドラはちゃんと見たことがなかったw

 タイムリーなことに、ナツさんが消しゴム版画で多部未華子をアップしてたので、こっそり拝借してアップ。
tabe.gif
「多部未華子withハリセンボン」(ナツさん版画)
ナツさんは以前、ドラマ『銭ゲバ』の松山ケンイチを題材に消しゴム版画を作っていたが、いつもながらうまいなあ。
(関連記事:ナツさん版画「銭ズラ。」http://cost-off.seesaa.net/article/114415918.html

 個人的には多部未華子はそう好みではないので、ガンダムで例えるなら、陸ガンのEz8といったところ。ガンダム知ってる人だけわかってください。


 話を日記に戻す。
途中下車して用事をこなしつつ、高田馬場から拝島駅まで西武拝島線を制覇した。
 東京郊外の多摩は緑が多く、うっかりすると実家の街や熊本から阿蘇への豊肥線か57号線にいるかのように錯覚する。でも、23区内と違って目的地は駅から遠く、バスがあっても本数が少なくて1kmほど歩かされる。
 なるほど、下っ端の俺にお鉢が回ってきたわけだ。

 拝島に着いてからは、JR青梅線に初乗車。一駅乗って牛浜駅で下車したが、福生市まで進行できた。よしっ、着実に首都圏の制覇が進んでいるw
 用が終わり、中央線直通で帰るが定時を過ぎたので会社に電話して直帰すると伝える。立川から九段下まで戻ってたら1時間以上かかるし、第一途中に家がある。
 
 明日も昼から仕事(土曜出勤)なので、今日は体力に余裕を持ったまま撤退。
今日の仕事が終わったので、電車内で『真田太平記』(池波正太郎著)を出して読み出した。
 すると、二つ隣の席に赤ちゃんを抱いた母親とその父親が座った。
赤ちゃんや小さい子供にはなぜか気にいられる性質らしく、目があった赤ちゃんは笑い出した。赤ちゃんが機嫌よく笑ってるので、母親はあやしてもらったと思って「どうもすいません〜」と挨拶してきたが、俺は特に何もしていないw

 その後も赤ちゃんはかまってほしそうな顔で笑いかけてくる。口を開けて、俺のほうに手を伸ばそうとしてて見るからにご機嫌のようだ。母親はどうして見知らぬ人を見て笑ってるのか不思議な様子だ。
 しかし、俺は『真田太平記』で関ヶ原直前の真田昌幸が東軍につくか、西軍につくか悩んでるいい場面なのだ。

(結局真田昌幸は、家康が59歳にして天下取りの勝負に出たことや、第一次上田合戦で徳川・北条に攻められた時に借りが出来た上杉景勝への恩を考えて、真田本家(昌幸・幸村)は西軍、分家(信之)は東軍に分かれて戦うことになる。)

 赤ちゃんよ、無視することを許せ、と思って文庫本に再び目をやろうとすると、女子高生三人組が乗ってきて、しかも一人はなぜか大仏の被り物(マスク、銀色)↓をしていた。
大仏マスク.jpeg
大仏マスクの参照画像
大仏は赤ちゃんに向かって「かわい〜!」と言い出した。
「よかったわね、怖がられなくて。」
と、大仏ではないほうの女子高生が俺と赤ちゃんの間に座って話してたが、赤ちゃんより俺のほうがよっぽど驚いた。目の前にセーラー服で顔が大仏な奴が来るとは思わなかったw
 まさか中央線の車内で大仏マスクと遭遇するとは思わなかった。現実ってすげえw声かけて写真撮っておけばよかった。

 その後、赤ちゃんも大仏も下車して、無事『真田太平記』を読みつつ帰宅。でもまだ、6巻の途中で全12巻あるから残り半分以上あるw

〜〜〜〜
参照: Wiki「つばさ (朝ドラ)」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A4%E3%81%B0%E3%81%95_(%E6%9C%9D%E3%83%89%E3%83%A9)
関連記事:『子供に好かれる(人間観察・子供編3)』
http://cost-off.seesaa.net/article/117274273.html
『真田太平記』
http://cost-off.seesaa.net/article/118414566.html
『ガンダムで例えるなら(高知編)』
http://cost-off.seesaa.net/article/104200701.html
ナツさん作品「ひとつひとつ」
http://cost-off.seesaa.net/article/122566895.html
【目次】コラム人物編目次part1
http://cost-off.seesaa.net/article/107966008.html

<追加画像>
西武線の駅構内に貼ってある『つばさ』多部未華子のポスター
西武新宿駅ホームA.jpg
↑西武新宿駅ホームにて。右側がカラーセンスを疑う黄色い電車w
多部未華子pos1.jpg
西武線の本川越行きの特急の宣伝も兼ねてる。
多部未華子pos2.jpg
多部未華子ってこの手の表情が得意なのか、こういう顔のイメージがあるw

〜〜〜
関連記事:『所沢市・狭山市』(ver1.5)
http://cost-off.seesaa.net/article/31534708.html


posted by コスト at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム・人物編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
埼玉が最後でしたか^^;
読書してるだけで赤ちゃんに喜ばれるコストさん^^
>大仏マスク
現実にそんなことあるんですね〜。
ドッキリじゃないですよね?
Posted by とり at 2009年05月09日 09:13
とりさん、コメントありがとうございます。
かなりの確率で目が合った赤ちゃんが笑い出すんですが、理由が全然わかりませんね〜
文庫本の表紙の絵が気になったと思ったけど、絵は地味でしたし、何がトリガーになってるのか謎のままです^^;

大仏マスクはドッキリじゃなくて、学校に持ってきてたのを出して赤ちゃんを驚かすのにかぶったようですが、顔を上げたら大仏が赤ちゃんに顔近づけてたんで驚きましたよw
赤ちゃんは泣いたりせず、「なんじゃこりゃ?」って顔してました。
Posted by コスト at 2009年05月09日 16:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。