2009年03月25日

S川話「みょうちくりんな医者」

 めったに医者には行かないが、健康診断などで仕方なく医者に行くと、キモトの要素が入った「みょうちくりんな医者」に遭遇することがある。

 「俺は東大出てんだよ!」と60歳オーバーの老人でありながら患者相手に学歴を自慢する町医者や、
 健康診断で来てるのに「患者はすべからく俺の命令に服すべし!」と、病気で来てるわけでもない相手にえらそーに天下取った気分で号令をかける勤務医(雇われ医者)など、色んなキャラクターに出会っていてネタに事欠かない。

 いつか時期がくればアップしたいが、それに対してS川からも面白い話が送られてきたので紹介。

<S川からのメール>
「ときに、みょうちくりんな医者と言えば、○○時代、○○でシートベルト取○りをしていたときのことだ。

 赤のヨーロッパの高級車アルファロメオに乗った男が、シ○トベルト違反で停止を求められたが、それは○○官の見間違いで、ちゃんとシートベルトをしていたのだ。

 それは、それで構わない。

 その男を行かせるだけの話だが、その男は、すぐに行こうともせず、シ○トベルト取○りの停止係を務めていた新人の○察○に、苛苛としながら、
 「私は、市民病院の医者ですよ」と喚いていた。

 成程、お勉強は出来るようだが、ただのバカだ。

 交通○○○係の俺をして、そのバカに一言、言ってくれた。

 「医者であろうと、日雇い労働者であろうと、職業によって取り締まりをしている訳ではありませんから」

 医者であることのステータスに酔い痴れた職業差別男は、自分の狭い了見に、ハッとなって、そそくさと消え失せたものだ(笑)。」

<俺の返信>
「「私は市民病院の医者ですよ」は笑ったw
 だって市民病院ってことは開業医じゃなくて、もろ雇われ医者にすぎないのに、アルファロメオに乗って勘違い街道を爆走中とは笑わせてくれる(笑)
 まるで、
  「これアルファロメオで、俺は市民病院の医者ですよ?
   わかります?医者なんすよ、俺。その辺の奴と一緒にしないでほしいなあ、もう。」
 てなやり取りが聞こえてきそうだw

 警視庁幹部とか政治家、高級官僚など違反をもみ消す力がある立場ならわかるが、九州のある県では「市民病院の医者」というレベルで何か力があると勘違いしているバカがいるようだ。
 おそらく、「市民病院の医者、愛車はアルファロメオ」でもう天にも昇る大出世のつもりなのだろうw

 なるほど、「お勉強はできるが、ただのバカ」とはうまいことを言ったものだw
 傑作だ(笑)。」

 トリッキーな奴との遭遇経験は得がたい財産である(笑)。

〜〜〜〜
関連記事:『S川と再会A〜麻薬中毒者の実態〜』
http://cost-off.seesaa.net/article/79954605.html
S川話「軍事衛星が狙ってる」
http://cost-off.seesaa.net/article/100447961.html
S川話「殺人事件狂騒曲」
http://cost-off.seesaa.net/article/101794742.html
『3時間待ちの耳鼻咽喉科&鼻カメラ』
http://cost-off.seesaa.net/article/143284540.html

【目次】コラム・レポ目次T
http://cost-off.seesaa.net/article/105978819.html
【目次】コラム人物編目次part1
http://cost-off.seesaa.net/article/107966008.html



posted by コスト at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム・人物編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、言ってやりましたね〜^^
Posted by とり at 2009年03月26日 07:56
とりさん、コメントありがとうございます。
S川の台詞もカッコいいんですが、
この勘違い医者のキャラも笑いました。

 真夜中にサングラスして、真冬にオープンカーに乗って、
取り締まりで止められて、サングラスを外しながら
「オマワリさん、僕はね、ちょっと違うんですよ、
 なんていうか、人の命を預かる職業、ね、わかるでしょう?」
ってなことを言いそうなイメージが浮かびましたw
Posted by コスト at 2009年03月26日 21:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。