2009年03月20日

大津祭part2「からくり人形」(ver.1.1)

『大津祭part1曳山』(http://cost-off.seesaa.net/article/115910843.html)の続き。

大津祭孔明.jpg

大津祭2−5.jpg

大津祭2−4.jpg

 大津祭の見所には、曳山以外に精巧に作られたからくり人形がある。
故事や能楽・謡曲などを題材にしている。
このからくりを演じることを所望(しょうもん)と言い、本祭の巡行中、20数カ所で曳山の巡行を止めて所望が行われる。
写真は所望の後に町家でからくり人形が展示されている状態です。
結局、所望は時間帯が合わず見れなかった。いつか見たい。
大津祭西王母山.jpg
「西王母山」
崑崙山にすむ西王母の長寿伝説に桃太郎の説話を加味したもの。
桃の実が二つに割れて、その中から桃童子が生まれる。
大津祭三国志.jpg
「孔明祈水山」
蜀の諸葛孔明が、魏の曹操との合戦に際し、水神に祈り大勝した故事に因む。
孔明が扇を開いて水を招くと、水が沸き上がり、流れ落ちる。

大津祭源氏物語.jpg
「源氏山」
紫式部が石山寺において源氏物語を書いたという故事にちなむ。

大津祭西行法師.jpg
謡曲「西行桜」が題材。
花の中から仙人が現れて、西行法師と問答する。
大津祭2007 CCC.jpg
「月宮殿山」(謡曲「鶴亀」が題材?)
鶴と亀の冠をつけた男女の舞人が皇帝の前で舞うところ。

大津祭り2-1.jpg

大津祭り2−2.jpg
休憩場所

撮影日:2007/10/09
撮影機材:サイバーショット
撮影場所:滋賀県大津市(最寄り駅:JR大津駅、京阪浜大津駅)

翌日の『京都、大原・三千院(一)』につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/122777365.html

〜〜〜〜
参考ページ:大津祭「からくり人形について」
http://www.otsu-matsuri.jp/guide/karakuri.html
関連記事:『絵金の屏風絵』
http://cost-off.seesaa.net/article/111039493.html
【写真シリーズ】よさこい祭りA
http://cost-off.seesaa.net/article/111618060.html
【目次】旅行記・九州話【記事リンク一覧】
http://cost-off.seesaa.net/article/107431847.html



からくり人形の追加。
大津祭こわい人形.jpg
これ、リアルなのが不気味だ・・

大津祭からくり追加.jpg
「湯立山」
湯立神事を表す。
称宜がお祓いをし、市殿が笹で湯を奉り、巫女が神楽を奏する。

大津祭追加2.jpg
詳細不明。


この記事へのコメント
道いっぱいに迫り出した提灯が凄いですね。
明かりが灯りだすと幻想的な雰囲気も加わって何ともいえない風情を感じます。
からくり人形も精巧に作られているようですね。
Posted by igu-kun at 2009年03月22日 22:23
igu-kunさん、コメントありがとうございます。
大津は古くからある街並みと町家の光景が、
この祭りのいい雰囲気を作り出していると思います。
夕方から夜にかけてみると段々と色が浮かびあがる感じですごくよかったです。

からくり人形は早い時間にいけば動いてるとこを見れたんですが、それはまた次回の楽しみにしておきます。
古い日本の祭りとしてオススメです☆
Posted by コスト at 2009年03月23日 18:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。