2009年03月16日

Mさん話「ガンダムとエヴァDモチベーション」(ver.1.2)

Mさん話「ガンダムとエヴァC音楽と切り貼り」(http://cost-off.seesaa.net/article/114118669.html)の関連話。


    Mさん話「ガンダムとエヴァDモチベーション」

 今月で終了のガンダムOOもいよいよ終盤で盛り上がる中、話は今年の正月(2009/01/03)に戻る。
 駅前のファミレスにてMさんとトーク。
「ガンダムOOは2ndシーズンから急に面白くなりましたよ。
 正直、1stシーズンはSEEDにも届かないのかって思ってましたけど、2ndシーズンから本気になったような感じで、急に良くなりましたよ」
「(1stシーズンの)最終回は観たけど面白かったよ。」
「最終回は面白いかどうかで言えば、それは面白かったですよ。
 高円寺のタニさんとかも良かったって言ってましたし」
タニさんは「俺がガンダムだ!」の台詞もはまってて、最終回に満足げだった。

「ただ、ラスボスの機体(アルヴァトーレ)が満足できなかったんですよ。
 超火力の巨大なモビルアーマーにバリア、ファングがついてて、それがやられたら中から黄金のジム(アルヴァアロン)が出てくるって、まるでカツカレーの上にさらにオムレツを乗せたみたいですよw
 なんでも足し算して重ねればすごくなるって発想が納得いかなかったんですよ。
 だって、あれだと武器とか装備の紹介だけで使いこなす前に終わっちゃうじゃないですか?
 一品料理で勝負して味や料理法の奥深さみたいな、この武器は実はこういう風にも使えるんだってとこがなかったですよ。基本だけで終わったみたいな。
 あと、なんでラスボス(アレハンドロ)がパイロットでもないのに、ノコノコ最前線に出てきて「自分の手で倒す」なんて行動を取るのかも不自然でしたよ。
 ギレンとかデュランダル議長とか裏で操ってる政治的な立場の者が、急に不確定要素の大きい戦場に出てくるってのが変でしたよ。」

 歴史上には、攻撃機に乗って自ら偵察に行って死んだ山本五十六もいるが、圧倒的に勝っている有利な状況でパイロットでもないラスボスが戦場に出てくるのには疑問だった。 

「1stシーズンの前半は、敵の機体に太陽炉(高速エンジンみたいなもの)がないってことで、まったく敵にスピード感がなくて戦闘も一方的に勝ってそれで「武力介入成功」って、もう戦闘シーンはSEEDに完全に負けてましたよ。
 でも終盤から敵も太陽炉持つようになって、互角の戦いになってからは迫力出て、2ndシーズンは初っ端から盛り上がって全然別人が作ってる感がありましたよw
 ここまで来るのに前フリ長いなあって思いましたよw
 でもこの前の「メメントモリ攻略戦」(2nd,13話,2008年12月放送)なんかすごかったですよ。
 今までで一番の出来でしたよ」

「色んなとこから2ndシーズンはいいって聞くね。
 ネットでも評判いいみたいだね」
「(製作側は)ネットの評判なんか見てるんですか?」
「そりゃ見てると思うよwやっぱり気になるじゃない」
「視聴率ならともかく、ネットとか2chなんか絶対にバカにしてチェックしてないと思ってましたよw
 絶対的に立場が上じゃないですか。無視すればそれまででしょう?」
「評判とかは聞こえてくるからね。絶対にどっかからか現場の耳に入るよ。
 だって自分の作品だから、評価は即モチベーションにつながるよ。
 評判良かったら、よしっもっと頑張っていいの作ろうって思うしね


「あ、やっぱそうなんですか。評判いいとモチベーション上がるんですね」
「そうだよwガンダムなんて特に昔からのファンも多いし、1stとか昔の作品と比較されちゃうわけじゃない。
 自分や業界仲間もガンダム観て育って、その影響でアニメ業界に入った人もいるから当然注目度高いよ」

「そういえば、この前のヤフーか何かのトップニュースに、
 「ネットの叩きが現場のモチベーションを下げている」
 ってインタビュー記事がありましたよ。
 見なきゃそれまでと思ってましたけど、ネットの叩きがそんなに気になってるとは思ってませんでした。
 たぶん、叩いてるほうを真剣に書いてるわけじゃないと思いますけど、やっぱりガンダムの看板ってのはでかいですよ。
 どんな内容で誰が作ってるか知らなくても「ガンダム」って付いてれば、とりあえずチャンネル合わせるって人はそうとういると思いますよ

「それは多いだろうね。
 でもさあ、そんなに文句ばっか言うんなら観なきゃいいじゃんって思うよw
 現場はギリギリのスケジュールで頑張って作ってるのに、ただTV観て文句ばっかり言われたらたまんないよ」

「う〜ん、それはそうなんですけどw
 僕にガンダムをダビングして送ってくれたN条って友達がいるんですけど、
 そいつは富野監督のガンダム作品だけがガンダム、つまりN条は
 「宇宙世紀のガンダムだけをガンダムにして、監督も違って宇宙世紀じゃない別の次元の話にガンダムってつけるな」
 って考えなんですよ。ある意味それも正しいんですよ。
 もし「ガンダム」って付いてなかったらそこまで叩かれなくて、その代わりそこまで注目されなくて、普通に良い作品ってだけで終わったと思いますよ」
「そういう点じゃメリットとデメリットあるよね。
 歴代ガンダム作品の中に入って注目されるけど、間違いなく比較されて評価されちゃうからね」

「でもね、ネットの叩きは昔はもっとひどかったんだよ。
 エヴァのTV版のラストは変になったじゃない?
 放送終了直後からネットの書き込みはひどかったよ。
 平気で「庵野殺す」とか書いてあって、監督はノイローゼ気味になって自殺とかまで考えたそうだよ。
 「こんなことになってしまって・・もうこの業界で仕事できないかもしれない」って」
「そこまでいってたんですか。
 12年前ですよね?当時はまだネットとか2ch知らなかったんですが、そんなにひどかったんですか?」

「ひどいなんてもんじゃないよw悪口ばっかだよw
 それまでさあ、「すごいアニメだ!」って絶賛してて、最終話放送終わったら一気に手のひら返したように悪口一色だったよ。
 毎週毎週放送楽しみにして、いよいよ最後はどうなるんだろうって時に間に合わなくて、ああいう形になったから怒るのはわかるけどさ、
 それまではすごいクォリティで、手抜きなんか一切なしの全力疾走していきなりぶっ倒れたんだよ。誰よりも監督が一番不本意でくやしかったと思うよ。
 幸か不幸か、エヴァには監督に強く口出すほどのプロデューサーがいなかったから、普通はプロデューサーが口出して、クォリティを下げた回を作ってでも最後まで完成させるんだけど、そういう人がいなかったからだよ。
 それに、あれだけの内容作られたらなかなか口出せないしねw」

「プロデューサーってそういう役割なんですか?」
プロデューサーは作品全体を見渡して、納期に間に合うかチェックして遅れてたら外部から人を呼ぼうとか、予算の配分は合ってるかとか内容だけでなく番組として成立させるようにするのが仕事だよ。
 だからそれをする人がいなかったから、エヴァは最初からずっと全力投球してすごいクォリティで24話まで作れたけど、最後が間に合わなかったんだよ。
 でも、それまではすごい出来なわけじゃない?24話まではさ。
それを今まで絶賛しといて、一気に全員が悪口一色で「監督殺す」だぜ?ひどかったよ」

「あー、確かにそうですね。
 それまではすごく良くて期待が半端じゃなかったから、その分反動が大きかったんですね。
 確かに「エヴァは自己啓発セミナーだ」ってバカにした批評ありましたけど、それ真に受けてるやつはそれまでの24話ちゃんと見てないやつでしたよ。
 それまでを観てれば、普通は時間が間に合わなかったんだなって思いますから。
 僕はもう22話ぐらいから、話大きすぎて26話では時間足らなくて終わらないんじゃないかな?って思ってて、最後の2話ああなったからたぶん映画とかで作り直すんだろうって思ってましたけど、ネットじゃそんな事になってたんですね。
 でもその頃から2chあったんですねw」

(注:2chは2009年で10周年なので、おそらく2ch以外のネットの掲示板を指している。)

「今だからそう冷静に言えるんだよ。
 当時はネットに監督の殺人予告まで出たんだから。
「今それやったら即逮捕ですよw
 この前も「爆笑問題の太田を殺す」の書き込みで逮捕されてましたよw
 あー、でも12年前かあ、ネット無法地帯の頃ですね。
 2chも完全なアンダーグラウンドの頃だろうし」
「だから、エヴァの映画版にはチラッとネットの書き込みが出たでしょ?」
「あ!そういえば、『まごころを君に』(『THE END OF EVANGELION Air/まごころを、君に』)の最後のほうに書き込みの荒らしの画面が映りますね。
 あれは実際の書き込みだったんですねw初めて知りましたよw」

「でも、文句言う奴は映画版で完結しても文句言ってましたよ。
 もろ色白メガネデブなオタクの奴でしたけど、
 「綾波を化け物にした」とか「ブームになってみんなが知るようになって、僕らだけの楽しみじゃなくなったのが嫌」とか言ってましたね」
「だからそういう文句ばっか言う奴は見なきゃいいんだってw強制じゃないんだから」
「僕は映画でやっと謎とオチがついてホッしましたよ。
 映画まで1年以上待たされて、その間に散々謎本とか出てて解釈も山ほど出て、結局答えは監督の頭の中にあるってわかってるになかなか映画公開されないからずっと気になってましたよ。
 だから、映画は内容もよかったし、ちゃんと謎や世界の結末がついて終わったんですっきりしましたよ」


新しい劇場版(『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』2007年9月公開)はいいですね」
「うん、あれは面白かったね」
「東京に来てからは映画館で観る回数が減って、大体はDVDが出るの待つんですけど、エヴァは速攻観にいきましたよ。
 ストーリーの本筋は同じで、謎も初めから「これはリリス」って明かして謎や変な解釈もいらない、完全にエンターテイメントとして面白さで勝負するってコンセプトですよね」
「完全に娯楽のエンターテイメントとして作っているよね」
「ほんと同じストーリーなのに全然違うんですよ、これだけアイデアがあるんだって感じがしますね。
 アイデアが観客の想像を超えてきてましたから。
 新宿で観たんですけど、未だにコスプレして観に来ている人いましたし、やっぱりエヴァ人気はすごいですよ」
(参照:『EVA新劇場版:序』http://cost-off.seesaa.net/article/54652392.html
 新劇場版の次回作『破』の公開時期は2009年6月27日を予定。
それに併せて『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 TV版』が、7月3日午後9時から日本テレビ系の金曜ロードショーでテレビ初放映される。

「パチンコにもなってるよね」
「ツタヤで働いてる友達もパチンコで知った中高年とか、自分の親もCRの影響で観始めたって言ってましたよ。今度『エウレカ』もなるみたいですね」
「あれってやっぱり金がいいのかな?」
「かなりの権利料払ってると思いますよw1台の値段考えたら。
 そのお金で映画三本も作れるんじゃないですか?」
「ヤマトは出てたけど、ガンダムは出てないよね?」
「たぶん出てないと思いますよ。というか、ガンダムは出てほしくないですね。イメージと合わないですよ」

(注:「パチスロ機動戦士ガンダムV めぐりあい宇宙編」が2009年夏に出るそうです。)


     Mさん話「視聴率・壱」につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/116620802.html
   
〜〜〜〜
関連記事:『連ザ話延長戦(2008/04/04その2)誰がガンダム?』
http://cost-off.seesaa.net/article/92736191.html
・Mさん話「ガンダムとエヴァ@」
http://cost-off.seesaa.net/article/112749838.html
・Mさん話「ガンダムとエヴァAスポンサー」
http://cost-off.seesaa.net/article/113010701.html
・Mさん話「ガンダムとエヴァB続・スポンサー」
http://cost-off.seesaa.net/article/113203782.html
・Mさん話「DAICON4(庵野監督)」
http://cost-off.seesaa.net/article/120560117.html

アメリカンな実写版ガンダム・ケツ顎シャア「GUNDAM 0079 The War For Earth」
http://cost-off.seesaa.net/article/148768078.html
まとめて読む→アニメ業界話・作品話(Mさん話)カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/8611452-1.html

<Mさん関連記事一覧>
・Mさん話「アニメーターと演出」
http://cost-off.seesaa.net/article/104815245.html
・Mさん話「映画の文法、表現の方程式」
http://cost-off.seesaa.net/article/103435242.html
・Mさん話「映画とディレクターズカット」
http://cost-off.seesaa.net/article/98197272.html
・Mさん話「江頭2:50とお笑い」
http://cost-off.seesaa.net/article/97482630.html

・Mさん話「原作付きアニメ化」
http://cost-off.seesaa.net/article/100823059.html
・Mさん話「演出と脚本」
http://cost-off.seesaa.net/article/97360336.html
・Mさん話「才能U」
http://cost-off.seesaa.net/article/100309680.html

・Mさん話「宮崎監督作品」
http://cost-off.seesaa.net/article/103052906.html
・Mさん話「宝島」
http://cost-off.seesaa.net/article/106218441.html
・Mさん話「緑ルパン」
http://cost-off.seesaa.net/article/106965438.html

・Mさん話「作監」「茄子 アンダルシアの夏」
http://cost-off.seesaa.net/article/107494745.html
・Mさん話「高畑監督」
http://cost-off.seesaa.net/article/108836115.html
・Mさん話「絵コンテ」
http://cost-off.seesaa.net/article/110040206.html

・Mさん話「ガンダムとエヴァ@」
http://cost-off.seesaa.net/article/112749838.html
・Mさん話「ガンダムとエヴァAスポンサー」
http://cost-off.seesaa.net/article/113010701.html
・Mさん話「ガンダムとエヴァB続・スポンサー」
http://cost-off.seesaa.net/article/113203782.html
・Mさん話「ガンダムとエヴァC音楽と切り貼り」
http://cost-off.seesaa.net/article/114118669.html
・Mさん話「ガンダムとエヴァDモチベーション」
http://cost-off.seesaa.net/article/115749045.html

・Mさん話「視聴率・壱」
http://cost-off.seesaa.net/article/116620802.html
・Mさん話「視聴率・弐」
http://cost-off.seesaa.net/article/116626243.html
・Mさん話「視聴率・参」
http://cost-off.seesaa.net/article/117772707.html
・Mさん話「視聴率・肆(四)」
http://cost-off.seesaa.net/article/117820281.html

・Mさん話「DVD化前編」
http://cost-off.seesaa.net/article/119673798.html
・Mさん話「DVD化後編」
http://cost-off.seesaa.net/article/112749838.html
・Mさん話「DAICON4(庵野監督)」
http://cost-off.seesaa.net/article/120560117.html

・Mさん話「映画談義」
http://cost-off.seesaa.net/article/121491208.html
・Mさん話「映画談義2・ヤッターマン」
http://cost-off.seesaa.net/article/121959079.html
・Mさん話「映画談義3・ゲゲゲの鬼太郎」
http://cost-off.seesaa.net/article/123288136.html

・Mさん話「最近の打ち合わせ事情」
http://cost-off.seesaa.net/article/124937613.html
・Mさん話「演出の役割1」
http://cost-off.seesaa.net/article/125503014.html
・Mさん話「演出の役割2」
http://cost-off.seesaa.net/article/128998219.html
・Mさん話「演出の役割3−1」
http://cost-off.seesaa.net/article/129065805.html
・Mさん話「演出の役割3−2」
http://cost-off.seesaa.net/article/131951152.html
・Mさん話「演出の役割3−3」
http://cost-off.seesaa.net/article/133608985.html

・Mさん話「魚眼レンズ効果」
http://cost-off.seesaa.net/article/139810859.html
・Mさん話「ニルスのふしぎな旅」(前編)
http://cost-off.seesaa.net/article/148843794.html
・Mさん話「ニルスのふしぎな旅」(後編)
http://cost-off.seesaa.net/article/149157135.html

・Mさん話「宇宙戦艦ヤマトの影響」
http://cost-off.seesaa.net/article/159421895.html
・Mさん話番外「沖縄旅行・おきなわワールド」
http://cost-off.seesaa.net/article/178895416.html

・Mさん話「ユニコーンガンダム@景気とクオリティー」
http://cost-off.seesaa.net/article/183814843.html
・Mさん話「ユニコーンガンダムA宇宙世紀と富野監督」
http://cost-off.seesaa.net/article/184354549.html
・Mさん話「ユニコーンガンダムBファースト打ち切り、安彦良和、SEEDの設定」
http://cost-off.seesaa.net/article/186083087.html

・Mさん話「巨人の星@」
http://cost-off.seesaa.net/article/189624266.html
・Mさん話「巨人の星Aオズマの最期」
http://cost-off.seesaa.net/article/191717021.html

・アニメーターのギャラ(Mさん話5)修正版
http://cost-off.seesaa.net/article/96287580.html

「ガンダム創世」大和田秀樹著
http://cost-off.seesaa.net/article/116268683.html
アメリカンな実写版ガンダム・ケツ顎シャア「GUNDAM 0079 The War For Earth」
http://cost-off.seesaa.net/article/148768078.html

『秋葉の偶然(Mさん夫妻)』
http://cost-off.seesaa.net/article/119077793.html
『大人の事情(皆殺しの監督)』
http://cost-off.seesaa.net/article/92528294.html
【訃報】飯田 馬之介【ガンダム第08MS小隊監督】
http://cost-off.seesaa.net/article/171716787.html

実写版「ヤッターマン」
http://cost-off.seesaa.net/article/129274245.html
『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』
http://cost-off.seesaa.net/article/165393700.html

『お台場18mガンダムpart1』
http://cost-off.seesaa.net/article/127347795.html
「普通日記09/08/29-30(G画像追加)」
http://cost-off.seesaa.net/article/126914941.html
『通常の3倍の・・電気代&静岡ガンダム』
http://cost-off.seesaa.net/article/182767124.html

『休日とガンダム産業と経済学賞』
http://cost-off.seesaa.net/article/113515216.html
議長話「異次元ワープと脚本」
http://cost-off.seesaa.net/article/113864254.html
京都アトム『アトム誕生の秘密』『イワンの惑星』
http://cost-off.seesaa.net/article/110902530.html

『EVA新劇場版:序』
http://cost-off.seesaa.net/article/54652392.html
『EVA新劇場版:破(ネタバレなし)』
http://cost-off.seesaa.net/article/123027223.html
『2009年映画興行収入ランキング』
http://cost-off.seesaa.net/article/140163753.html
『2010年映画興行収入ランキング』
http://cost-off.seesaa.net/article/184955148.html
この記事へのコメント
やっぱりネットでの評判は現場にも届いてるんですね。
しかしネットの叩きは見ててうんざりします。
そういう人たちに叩かれない作品なんて
この世に1つも存在しないんでしょうね。
Posted by とり at 2009年03月18日 07:16
僕はネットの無責任な書き込みなんか
見てないだろうと思ってたんですが、
やはり評判は聞こえてくるみたいです。
好きなとこと嫌いなとこはあっていいと思いますが、
全部否定だと見なきゃいいじゃんって思いますね。

 この中に出てくるオタクな人物は、
高校の同級生でBonというあだ名の人物なんですが、
「ブームになって一般人もエヴァエヴァ言うのが嫌」
という発言には僕も唖然としました。
みんなで話題になっていいじゃないかと言うと、彼は、
「僕達だけが面白さに気づいてて楽しんでいたのに」
という言い分でした。
 キモト本人ほどでないにせよ、ちょっとキモト(的要素)が入ってたキャラでした。 
Posted by コスト at 2009年03月18日 21:01
 どうも、ネットは難しいですね。ある意味これほど広大なカンニングペーパーはないでしょうから、あとエヴァンゲリオン当時のオタクがそんな状況だったという逸話があったというのがすごい話だなと思いました。劇エヴァをビデオを見たのが中学生になったころだったので、なんで実写混ぜたんだろうまったく意味がわかってなかったものですから。00にしても今の時代に作品を作るのは大変だと思いました。ガンダムの場合そのブランド力によっていろんな人が見るから難しい部分も多いんでしょうね。
 後は私自身もエヴァの元ネタがVガンダムだと知ったのはネットからでした。(2ちゃんではないです)
 ある雑誌で富野監督のインタビューが出てきて、ネットでエヴァと富野監督の関係ってどんなものかなと思って出てきたら、庵野監督のインタビューも出てきてそこで庵野監督がVガンダムにはまっていてその当時面白いものを作っていたのが富野監督だけだったからそのことによってVガンダム見て勇気づけられてエヴァンゲリオンを作ったんだということを話されていて、それ以外にもアニメーターの方からの思い出話としてVガンダム放映当時に逸話として不登校の中学生がVガンダムみて勇気付けられて学校に行きだしたということがわかってきて、勇気付けられたという意味で庵野監督もエヴァを作り出したとしたらすごい話だなというとのと。
 よく考えてみるとネットでこれだけの情報を簡単につかめるというのは、さすがに製作者の方にもすぐに評判が行くということでもあるから、やっぱり難しい部分があるなあと。コストさんのブログでもMさんという製作者側の話が聞けるということは一昔前なら絶対になかったことですし難しい部分があると思いました。
Posted by Vガンエヴァ at 2009年03月29日 22:06
Vガンエヴァさん、コメントありがとうございます。

ただ、前回も書きましたがエヴァ=Vガンという意見は各自がどう思おうと解釈は自由です、と返答しています。
何度も書かれては困ります。
人の意見は自由なので否定はしませんが、ここはVガンを語る場ではないので(記事の中にVガンなど一言も出してません)よそでやってください。
Posted by コスト at 2009年03月30日 01:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック