2009年03月15日

図書館事件簿2

 通勤時に読む本を借りに、1〜2週間に一回は近所の図書館に行く。
以前、『ホームレスの荷物』(http://cost-off.seesaa.net/article/99637667.html
で、ホームレスが寝ていても図書館員は放置するという記事を書いたが、今日はそれ以上の事件が起こった。

 図書館の新聞の後ろの座席コーナーで、ブツブツと周りに聞こえるほどの声で、なにやら愚痴だかうめき声を出している酔っ払いだかホームレスだかわからない男がいた。
 新聞コーナーで聞き耳を立てていると、
「なんだってんだ、あいつが、許さねぇ」
と、周囲を不快にさせる口調でエンドレスでうつむいて誰に言うともなしに言い続けていた。
 以前、深夜の新宿駅で愚痴を誰もいない空間に言い続けてる頭のおかしいホームレスを見たことがあるが、まさにそんな感じだ。

 そして、今日も図書館員は放置。仕事したくないです公務員の典型を貫いていたが、その酔っ払いだかホームレスは、隣の座席に倒れこみ寝て、もたれた手が周囲の人に当たり、とうとう利用者が図書館員を呼んだ。

 酔っ払いとホームレスは嫌いだが、この展開にワクワクしてきたw
どうなるんかねぇと内心、キモトウォッチャーだった頃を思い出して文庫本の位置から距離を置いて観察を続けた。
 図書館員が数人やってきて、寝てる男をゆすって
「他の人に迷惑ですよ。起きてください。」
と言うも、
「だいじょうぶらぁよ〜、何がしてえーんだ!?」
と振りほどいて言い返してきた。
 周囲の全員がおめーのほうが何がしたいんだよとツッコミそうな感じだが、誰もツッコまず、図書館員が
「とりあえず外出ましょう。」
と腕と取って起こそうすると、
ドターン
と、その男は全身に力が入ってないような感じで座席から床に見事に呪力に引かれるまま倒れ落ちたw
 うわぁホンモノだなw
俺はジャーナリストとしての使命感から距離がある位置からケータイ(SH905i)で撮影した。
図書館事件簿2.jpg
床に倒れこんでいるのが問題の酔っ払いホームレス
シャッター音で気づかれてもまずいので、さっと撮ったのでブレている。

 図書館員二人が前後にがっちり立って、外に出るように説得するが問題の男は
「何がしてーんだ、絶対殺す、ぜったいころーす!」
とブツブツ言うのにで動かない。座ることもしないで倒れたままだ。

 そして、図書館員がどうも警察に電話したようで、その場で見守る二人の図書館員は何もしなくなり見守るだけになった。
 俺は警察介入の期待があるので、その場で観察をしながら待った。
問題の男は床とキスするがごとく倒れている。ブツブツ言う愚痴は相変わらず続いてる。

 10分後、警察官が一人入ってきて、図書館員とはちがって男を力づくで立たせて外へ連れ出そうとした。
男は
「俺はだいじょうぶだよっおい、何するんだよっ」
と中川@アル中大臣のごとくロレツの回らぬ口調でわめくが、とうとう外に出された。

 ジャーナリスト気分の俺は一呼吸おいて追跡。キモト宅捜索までやった俺は面白い物には目が無いw
 外では、警官に図書館の敷地外の道路に降ろされる形で外に出されたが、男は再び倒れこみ、警官は一緒に外に出てきた図書館員となにやら話している。
 たぶん、警察署で保護とかそういう扱いになるのだろう。
俺は駐輪場へ行き原付のエンジンをかけ、シャッター音が聞こえないようにして酔っ払いホームレス男の結末を撮った。
図書館事件簿2B.jpg
ばたーんww
原付のエンジンをかけながら撮ったのでブレてる。

 俺は道路に倒れこんだ男の顔を見ながら、その横を原付で走り去った。
 図書館は本を借りるだけでなく、ネタもひろえてしまうw
図書館員と警察官乙。

〜〜〜〜
関連記事:『大丈夫か?』
http://cost-off.seesaa.net/article/149697500.html
『車内で眠る男』
http://cost-off.seesaa.net/article/170102980.html
【目次】画像関係記事【リンク】
http://cost-off.seesaa.net/article/111024578.html
写真・画像カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/861770-1.html


posted by コスト at 17:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京&関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
酔っ払いはなぜハンで押したように
「だいじょうぶ」というのだろう・・・
Posted by とり at 2009年03月16日 06:07
とりさん、レス遅れましたm(__)m
ほんとそうなんですよねw
 この酔っ払いは完全に頭と体の神経接続が切れてたような状態で、
「俺はだいじょーぶだ!」
と繰り返してるわりに床に倒れたままピクリとも動けずに、
警官に腋から持ち上げられて立たされて外に出されて、
歩道のとこに座る形で降ろされたのに、
座ってる体勢すら維持できずに2枚目の写真のように
車道のほうに崩れるように寝転がっていきましたw
まさに糸の切れたマリオネット状態でしたw
 こんな面白いものが観れるとは追跡したかいがありました^^
Posted by コスト at 2009年03月17日 20:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。