2009年01月23日

蒼ざめた馬とマーカー塗り(ver.1.1)

 先日(1/21)、議長と駅前で夕飯を食いながらキモト伝説の「キモト宅捜索」の話で盛り上がり、ハイテンションで当時の再現話をしてて、途中電話が鳴ろうともウケるもんだからかけ直しますと切って一気に話した。
 そんないい気分の中、店の外でさっきかかった電話を数分したら急に蒼ざめた馬を見たかのような状態になり、店に戻って自分ではなんとか元気な振りをしていたつもりだったが、議長の気の使いようからして相当顔に出ていたと思う。

 翌日もリカバーせず、仕事に行く途中もこの状態で仕事になるんだろうか・・と思っていたら、レポートのマーカー塗りという単純作業があった。
 単調な作業なので、普段はなるべく避けたいマーカー塗りだが、頭を使わずに済むのですすんで160P(10P×16部)を半日やっていた。
 まさかマーカー塗りで多少なりとも気がまぎれるとは。現在回復率70%。

(注:蒼ざめた馬→ヨハネ黙示録第6章第8節)


 なにやらTVで篤姫の脚本家が「食事する男女って大体肉体関係がある」とか言ってたのを聞いたが、ねーよ、絶対ねーよ。
 飯だけの飯友は飯だけだって。ふっつーに飯食って解散だよ。部屋に来てもそれは単に飯行くのに呼びに来るだけ。
 飯が目的なんだから、妄想もいいとこだよこの脚本家は。だからシャバシャバスープカレーの捨て大河、SEED(戦闘シーン抜き、しかもディスティニーのほう)みたいな脚本書いてんだよ。
龍馬役を誰がやるのか以外見るとこはなかったっつーの。

 心が痛む日は毒舌に。


posted by コスト at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記&更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。