2008年12月08日

京都アトム『アトム誕生の秘密』『イワンの惑星』

 京都駅の一角、京都劇場の隣にはKYOTO手塚治虫ワールドがある。
手塚治虫ワールド2.jpg
 そこで、TV放送もソフト化(DVD化など)はしない京都駅限定の手塚作品のアニメが有料で観れる。
 有料と言っても1本200円で24分ぐらい。TVの1話分が日替わりで観れる。新幹線の時間調整のつもりで一回観にいったが、クォリティーは全然高くTVで放送しても十分な出来だった。
 日替わりなので一度に1本しか観れないようになってる。京都駅で時間がある時にはぜひオススメ。
今まで観たアトム2本を紹介。京都駅でしか観れないアトムなので、通称「京都アトム」と言われる。
(現在は同施設とネット配信で購入も可能になっている。    http://douga.nifty.com/cs/title/subcategorydesc20/00610/1.htm

京都アトム上映中2.jpg
KYOTO手塚治虫ワールドオリジナル作品一覧
京都アトム上映中.jpg
上映中作品
アトム誕生の秘密.jpg
アストロボーイ・鉄腕アトム『アトム誕生の秘密』
 今日(08/12/8)上映してたので帰りの新幹線の前に観た。
アトム誕生のTV放送第一話の前0話というより、裏1話という感じ。
 ストーリーは画像にもありますが(クリックして拡大すると読めます)、天馬博士がアトムを作る=死んだ息子・飛雄を甦らそうとする有名な話なんですが、禁止されてる人口知能と火星で研究中のアトムのボディ(まだコードネームで呼ばれてる段階)、原作では単純に交通事故とされてる飛雄の事故の背景、天馬博士の科学省長官時代(まともな頃)などが出てきます。
 人口知能を魂のように解釈していて面白い。正直、こっちのほうをTVの第1話にしたほうがよかったと思うw
 ただ一点、飛雄の台詞で「パパを愛してる」というのがあるけど、子供が「愛してる」って言葉を使うのはちょっとだけ違和感があった。

 『アトム誕生の秘密』のスタッフは、監督:出ア統 脚本:森田真由美 演出:桑原智 作画監督:西田正義 美術監督:斉藤雅巳。

イワンの惑星.jpg
アストロボーイ・鉄腕アトム『イワンの惑星』
 イワンは上の画像のロボット。
こっちは、24分の中に色んな人物が出て、それが行動とかデータが逆に出て、いい人っぽいのにデータ上は指名手配犯とかでて、「え?どっちが悪いやつなんだ?」って感じで話が進んで、最後まで見ないとどっちがいいやつなのかわからない。
 展開が実にスピーディーで、ほんとあと1分尺があってその後の説明が欲しいぐらい。
 で、このイワンってロボットが最後のほうに泣くシーンがあるんだけど、
「ロボットに泣く機能なんてあるのか?あの涙はオイルなのか?そんな出来のいいロボットか?」
と、俺は思って観てたが、上映後すぐ後ろの子供が泣いており、母親が
「もう、そんなに必死にならないの!ほら立って、行くわよ。」
と言うと、
「だってかわいそうだもん・・」
と泣きながら返してた。
 俺は、いつの間にかひねくれた大人な見方をしていた気づいた。そうだよなあ、悲しい終わり方だもんなあ。アトムの泣くシーンは出ないけど、泣いてるのがわかるしなあ。
なのに、俺は「ロボットに泣く機能?」とか疑ってた。あー俺もう大人なんだなあw
 『イワンの惑星』のスタッフは、監督:出ア統 脚本:森田真由美 演出:桑原智 作画監督:西田正義 美術監督:斉藤雅巳。

 このKYOTO手塚治虫ワールドオリジナル作品には、オープニングとエンディングがないので、アニメーターや演出担当などはわからなかったので受付の人に聞くと、やはり詳細はわからないが、アトム(アストロボーイ・鉄腕アトム)の3作品は手塚プロで同時に製作されたということだった。
(注:上のネット配信のページでスタッフの詳細がわかりました。)

〜〜
関連記事:Mさん話「アニメーターと演出」
http://cost-off.seesaa.net/article/104815245.html
Mさん話「映画とディレクターズカット」
http://cost-off.seesaa.net/article/98197272.html
Mさん話「原作付きアニメ化」
http://cost-off.seesaa.net/article/100823059.html
【訃報】出ア統監督死去【アニメ監督】
http://cost-off.seesaa.net/article/196477011.html
・Mさん話「出ア統監督」【追悼】
http://cost-off.seesaa.net/article/196495749.html
本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/3186948-1.html
アニメ業界話・作品話(Mさん話)カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/8611452-1.html

手塚治虫ワールド.jpg
京都駅に貼ってあるステッカー

手塚治虫ワールド3.jpg
火の鳥のモニュメントと手塚作品一覧

手塚治虫ワールド5.jpg
ブラックジャックとりぼんの騎士
手塚治虫ワールド6.jpg
アトムとジャングル大帝
京都アトム上映室.jpg
上映室

関連記事:『三鷹の森 ジブリ美術館』
http://cost-off.seesaa.net/article/113118633.html
アニメ業界話・作品話(Mさん話)カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/8611452-1.html
この記事へのコメント
これは機会があったら是非見たいですね。
手塚さんが亡くなってから早20年。
愛され続けてますね。
Posted by とり at 2008年12月10日 19:18
>とりさん 観光で1時間余った時とかは駅ビルにあるのででちょうどいいし、ここでしか観れないレア作品なのでオススメです。
 とくに『アトム誕生の秘密』はオススメです。
天馬博士が主人公なんですが、かなりいい話です。 
 残りもみたいんですが、京都在住ならともかく日替わり上映(上映は何回もある)なので、1日一本ずつしか観れないんですよ。
やっと2話観たのでアップしました。
 もう20年にもなるんですか、いい作品はいつまでも残りますね。
Posted by コスト at 2008年12月10日 20:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110902530

この記事へのトラックバック