2008年12月06日

S川話「北海道レポート・日勝峠越え」

 俺は12月なのに明日(12/6)から京都で紅葉を見る計画を進めているが、S川は12月1日に彼女と小樽へ向かっていた。
・その道中で待ち受けていたものとは?
・ドライブデートと一言で言うにはあまりにもデンジャラスなアウトバーンな道
・小樽旅行の話を聞いた俺の返信メールのタイトルは「マリオカート」
 それら全ての謎がここに解き明かされる。待望のS川北海道レポート第一弾「日勝峠越え」を公開!
以下、S川からのメールレポート。(注:例外的にS川の書いた作品です。)


     S川話「北海道レポート・日勝峠越え」

帯広を出発したのは夜9時前…
その日は帯広市街地でも、粉雪が舞うような天気だったが、出発したときには止んだ。

雪は降っていないが、標高1020mの日勝峠に近付くほどに、歩道にうっすらと雪が積もりはじめた。
とは言え、幸い車道には雪もなく、アイスバーンもなかった。
ただ風がびゅうびゅう吹き荒れて車が揺れる感じだった。
そうして、日勝峠の麓まで難無く辿り着いた。

一合目に向かう途中、既に雪が舞い始めた。
相変わらず、風も強い…。

一合目を通過するときには、アスファルトが雪に覆われ白くなっていた。
ただ車が通ったであろうタイヤの跡の部分だけ、アスファルトの黒が見えていた。
通行量は少ないが皆無ではない。
下りの対向車は心なしかのろのろと下っていたが、同じ進行方向の四輪駆動車が、登坂車線を走る俺を次々と追い抜いて行く。

普段ならば、癪にも障るが、車の絶対性能が違うのだから、対抗心を剥き出す気色はない。
車体の重い後輪駆動の俺の車は、平地ならば車体が重い分、雪道でも安定するが、登り坂では話は別だ。

一旦、雪の登り坂で、挙動が狂えば、たちまちの内に反対車線にはみだして、対向車に正面衝突するか、ガードレールを突き破って、奈落の崖に堕ちるかのどちらかだ。

恐怖と緊張で、呼吸さえ困難になる。

次々に迫るカーブを、そろそろとやりきる。
二合目に差し掛かる頃には、積雪とアイスバーンばかりの路面になった。

おまけに強風がびゅうと吹き付けてきて、ハンドルを取られそうになる。
この頃にもなると、来たことを後悔していた。
後悔していたが、とんぼ帰る勇気もなかった。
正確には、Uターンする自信がなかった。
この積雪とアイスバーンの路面の登りの峠道で、ブレーキを踏み、急ハンドルを切って展開するのは、あまりに不気味過ぎた。

そうして、俺は、助手席に彼女を乗せている事を悔いた。
こんなに危険な状況だ。
いつ何時、車が滑って事故るか知らん。
こんな雪の峠道で事故るならば、下手すれば、命に関わる。
少なくとも、車は、走行不能になるだろう…
車が走行不能になった場合、警察に通報し、レッカーを手配しなければならない。
警察やらレッカー業者やらが到着するまで、氷点下8℃の中、待たなければならないのだ。

おまけに、車がオシャカになれば、日常生活に支障をきたす。
レッカー代金が、今後の俺の経済に大打撃を与えるのは必須だ。
そうして、何より彼女に怪我をさせるなら彼女の両親に申し訳が立たない。
そんな事を考えながら、不吉な予感やら恐怖やらに緊張しながら、運転した。

一方、隣の彼女は、呑気なものだ。
ひたすらマクドナルドのアルバイト時代の話を無邪気にしている。
俺は適当に相槌を打つので精一杯だった。
3合目を越えたあたりから、吹雪き始めた。
彼女は、俺の緊張感を感じとり、おとなしく黙った。
登り坂で後輪が空回りをして、左右に揺れながら、ノロノロと登る。
ビビりながら、進んでいく。

高度が増すにつれて、雪と風が愈々強くなってくる。
四合目あたりでは、アイスバーンの上に落ちた雪が舞いながら迫ってくるから、風の姿が見えるようだった。

それが不気味だ。
前方から、風に煽られた雪がびゅうと迫ってきてから、雪まじりの風が、車に当たる。
その度に、車は揺れ、ハンドルがぶれる。
神経衰弱疲労困憊の極みだ。

ときに、札幌、旭川などの北海道の西側は雪が多い。
一方、帯広、釧路は比較的雪が少ないが、雪が少ない分、寒い。
その現象は、まさに日高山脈に由来している。
日高山脈の西側で雪が落ち、寒気の空っ風だけが日高山脈を越えてやってくるからだ。
だから、日高山脈の西側には雪がある。
日勝峠を越えてからも、雪が減る事はないのだ。

無事に、峠の頂上をクリアしたが、今度は下り坂。
まだまだ油断出来ない。

油断出来ないが、登り坂よりはマシだった。
ひたすらエンジンブレーキを使いながら下りた。

相変わらず雪に閉ざされているが、無事に下界に辿り着いた。
下界に辿り着いたが、日高山脈の西側は、下界でも雪が多い。

小樽は札幌の向こうだ。

ノロノロと進んで、ようやく札幌に到着したのは夜中2時。
5時間かかった。

夜中2時、愈々気温が下がってきたのだろう…
平地ですらアイスバーン、おまけに積雪。
人間の集中力もそうそう持続するものではない。
そうして、雪道走行に慣れてきた頃の油断が、空恐ろしくて必要以上に、力んでいた。
力んでいたが、やはり集中力が途切れたのだろう…
札幌でスリップした。
大事には至らなかったが、俺の緊張感は愈々極限を極めてきた。
同時に、集中力も体力も限界に近かった。

ようやく小樽に到着したものの、小樽市街地手前に坂が幾つかあり、そのどれもがちょっとした峠だ。

真夜中、気温は愈々下がり、雪とアイスバーンの道をひたすら行くが、後輪が空回りして、車の挙動が狂う。
日勝峠以上に恐怖を感じる。
日勝峠の時には、体力も集中力もあったが、この頃には神経衰弱疲労困憊の極致であった。

彼女は、免許をもち、マニュアル車を運転しているが、車の知識についてはてんで疎い。

俺が、ここまで悪戦苦闘しているのは、俺が九州男児であり、雪道に慣れていないからだと思っている。
俺の車が車体が重く、後輪駆動であり、雪道走行にことごとく不向きであるなど知る由もないから、何度説明しても分からないのだ。
『もし、あれだったら、運転代わるさ』と北海道弁で平気に言い放つ。

確かに俺よりは雪道に慣れているだろうが、自動車学校を卒業して以来、マニュアルの軽自動車しか運転した事のない女が、オートマで車体の重い後輪駆動の俺の車を運転できると信じて疑わないのだ。

安穏にして純朴にも程がある。


俺は、彼女がたちまちの内に事故ると確信していたが、彼女の経験値を増やすのも良いだろうとも考え出した。
いまのままでは、九州男児の沽券に関わるし、俺が如何に雪道に不向きな車で、運転技術だけで乗り切ってきたのか思い知らせてやるのも一興だと考えた。

幸いにも、俺の任意保険は第三者が運転しても対人対物無制限だ。

そこまで考えたが、誰かを轢き殺した場合、彼女には一生癒えない心の傷が残るか知れない。
そう思えば、かなりの確率で事故るだろうと分かる彼女に運転を代わるのは憚られた。
憚られたが、小樽の手前で、愈々生きて帰る自信がなくなってきた。

そうして、相変わらず、彼女は運転出来ると信じて疑わない。

自暴自棄になった俺は、コンビニで愈々彼女と運転を代わった。
タフを自負している俺も、愈々限界だった。
無理そうならば俺が代わると言って、彼女に運転を代わったが、サイドブレーキの解除の仕方が分からない。
サイドブレーキの解除の仕方を教える。
愈々、バックしようとしたが、コラムシフトを『P』から『R』に入れるのもままならない。

俺は知らん顔で助手席でぐったりしていた。
やがて『R』に入った。
ピー…ピー…とバッグの音がなり始めた。
助手席の俺は、左後方を確認していた。
『左オーライ、左オーライ』

ガフッ。

いきなり彼女が急ブレーキを踏んだ。
雪道で、確実にスリップする急ブレーキだ。

ヒヤッとしながら、『ど、どうした?』と尋ねた。
『ん〜…ブレーキが効き過ぎたんだぁ。大丈夫だぁ』
志村けんの馬鹿殿様を彷彿させる呑気な北海道弁。

俺は、確実に事故るわと確信した。

そうして、そんな俺にはお構い無く、車は発信した。
下り坂は無事に下りた。

下りたは良いが、下り坂の交差点は赤信号。
車も停車している。
ブレーキ。
俺ならブレーキを踏む…が、ブレーキを踏む素振りもない。
素振りがないどころか、アクセルさえ未だに踏み続けている。
『ブレーキ…ブレーキ…』と呟いてしまったくらいだ。
無事に交差点で停車出来た。

信号が青になってから発車したが、信号交差点を右折する。
右折したは良いが、車幅感覚が軽自動車だから、危ない。
危うく歩道の縁石にぶつかるところだった。
ぶつかるところだったが、彼女の方では、てんで緊張感もない。
市街地の繁華街について語り出す有り様だ。
生きた心地がしない。

またしても赤信号。次は、坂道で停車した。
そして青。坂道発進では、後輪がザザザザと空回りして前に進まない。

俺は恐怖におののくが、彼女は慣れたものだ。
前進するまで、ブーン、ブーンとアクセルを踏み込む。
そうして、坂道を乗り切る。

そうして、宿泊施設に到着した。
ようやく一息つけると安堵した。

安堵したが、小樽観光の後、再び帯広に帰らなければならないと思えば、生きて帰れる心地がしない。
とりあえず、寝た。

朝方、天気が良く、雪は残っていたが、アイスバーンはなかった。
小樽を観光していると、テンションも上がる。
オルゴールとガラス工芸を見て回った。

喫茶店に入れば、水槽の中にクリオネが泳いでいるから驚いた。
北海道の海の幸を堪能出来そうな出店が並んでいたりもする。
結局、一番安価な海鮮丼屋に入り、海鮮丼を食った。
また来たいと思ったが、冬に来るつもりは毛頭ない。
来るとしたら、雪が解けてからだ。

真夜中の日勝峠を通るのは御免被りたいから、明るい内に小樽を出発した。

帰りはあっけなかった…日勝峠には、雪もほとんどなければ、アイスバーンもなかった。

とりあえず、四輪駆動の車でも買わない限り、冬は帯広でおとなしくしていようと考えた(笑)
      
     完

〜〜〜〜
関連記事:S川話「きのこの山VSたけのこの里」
http://cost-off.seesaa.net/article/109282137.html
S川話「マグロなウ○ルコム」
http://cost-off.seesaa.net/article/101285310.html
『コラム人物編目次part1』
http://cost-off.seesaa.net/article/107966008.html
posted by コスト at 02:30| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム・人物編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
女は強し!!^^;

以前群馬と長野の県境の雪深い急な長い上り坂を勢いをつけて登りはじめたのですが、途中で止まってしまい、そのままズルズルと下がり始めたことがあります。コワかったです。
Posted by とり at 2008年12月06日 09:08
とりさん、コメントありがとうございます!
アクセル踏んでて下がるっては恐怖ですね^^;
一気に登れるとこっちは踏んでるわけだし、バックで坂道を下るのは厳しいですよね。
雪はほんとにこっちの感覚が通じない場合があるのが怖いですよね、
慣れてないだけかもしれないですが、慣れたくはないし、雪国の人が粘り強いって言われるのがなんとなくわかります。
Posted by コスト at 2008年12月08日 18:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック