2008年11月25日

キモト伝説5「キモトのオシャレと最後の砦」

   キモト伝説5「キモトのオシャレと最後の砦」

 夏休み明けの大学。理学部3号館南のたまり場にクラスメートがたむろして、夏休みどうしてた?とか話してた。
 そこへキモトがやってきた。
見るとどうやら、髪型を普段の6:4分けから5.5:4.5分けに極々微妙に変化させ、靴はいつもの黒の革靴(合成)から赤茶色の革靴(合成)に変わっていた。
 キモトはそれをなんとかアピールして注目を浴びたいようだが、「でも、でしゃばって自慢するのは僕のキャラじゃない。向こうが気づけば説明してやる」という態度でいた。

 しかし、キモトウォッチャーである俺とS川をのぞいては誰もキモトに興味を持っておらず、ましてやキモトの小手先のオシャレなんぞには誰も気づきすらしない状態だった。
 その状態に気づいた俺とS川は、小声で
「おい、キモトはもしかしてオシャレして来てるつもりか?夏休み明けデビューか?
 なんて小手先でわかりづらいことをw」
「キモトにしたらあれでも大冒険のつもりたいw必死のオシャレばいww」
「でも、誰も気づいてないwだって、6:4分けから5.5:4.5にしたって誰も普段のアイツの髪型なんか興味持ってないから誰もわからんってw」
「たぶん靴も黒以外をはくの初めてなんじゃ?微妙に足を前に出してアピールしてるったいw
 でも、さすがのY岡君もこればっかりはひろえないんねw」
と、話していた。
 学内の体育祭のソフトボール大会で、セカンド、サードの守備範囲までカバーし、ゴロを全てさばいて鉄壁のショートの名前を欲しいままにしたさすがのY岡君も、キモトのせこいオシャレはひろえなかった。

「なんかかわいそうやけん、かまってやるか。」
と、俺とS川はかまってやることにした。
「あれ、キモト君何雰囲気違うね?髪型変えたの?」
「ん、靴も新しくしたの?何かあったの?」
と、わざとらしくいじってやると、キモトは
「ちょっと、心境の変化かな。」
と、もったいぶって答えて、自尊心を満たされてまんざらでもない感じで胸を張っていた。
俺とS川は、「プププッ」と交互に話しかけながら後ろで笑いを殺していた。
 そこへ、金髪にしたN尾君がふらっとやって来た。
夏休み明けのN尾君の頭は金髪も金髪、まっ金金でまさにスーパーサイヤ人になっていた。
しかし、N尾君は自慢することもせず、極自然体でいた。
当然、みんなは一斉に
「どしたの、その頭は!何があったの?」
と、問いただしたがN尾君は
「ん?何が?金髪?変わってないよ、普通普通。」
とすっとぼけてみせた。
俺とS川は顔を見合わせて「役者が違うね」と笑いつつ感心した。
一方キモトは、みんなの注目を取られて糞面白くないという顔をしていた。
 ちなみに当時記録写真に凝っていた俺は、後日N尾君の部屋に押しかけ、金髪N尾君とサングラスをかけた俺のバカ写真を撮っていたw今見ても笑える写真だ。

 N尾君は金髪については何も語らなかったが、ケータイを買ったことはみんなに知らせて番号やメアドを交換していた。
それを聞いたキモトは、
ええーーっ、ケータイ買ったの!?
 ・・僕が最後の砦だ。」
と、聞こえるようにつぶやいて去っていった。
それを聞いて、俺とS川は
「なんだ、最後の砦って?」
「自分がケータイ持たない派の最後の砦ってことばい。
 たぶん、悪しき物質文明にみんなが毒される中、自分だけが毒されずに最後の砦として踏ん張ってるんだ!って言いたいんじゃなか?(笑)」
「単にケータイ買えないだけだろうw
 最後の砦って、俺らケータイ電磁波にやられたゾンビかよw」
と、笑っていた。
 N尾君のパフォーマンスとキモトのいつもの異常行動で大いにわらった日だったが、これが後の北食での「うるさい黙れ!事件」へとつながっていくことになる。

    キモト伝説6「うるさい黙れ!」につづく。
http://cost-off.seesaa.net/article/110149550.html

〜〜〜〜 
キモト伝説4「うぃんうぃ〜ん」
http://cost-off.seesaa.net/article/109764817.html
キモト伝説3-1「図書館の地下」
http://cost-off.seesaa.net/article/110234420.html
キモト伝説3「彼は使えるよぉ」
http://cost-off.seesaa.net/article/106746075.html
キモト伝説2「ドイツ語の単位」
http://cost-off.seesaa.net/article/106485722.html
キモト伝説「ノーベル賞2個取る!」
http://cost-off.seesaa.net/article/106256000.html
【目次】コラム人物編目次part1
http://cost-off.seesaa.net/article/107966008.html


posted by コスト at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 変人話(キモト伝説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>心境の変化
ワロタ

金髪の彼との対照がいいですね^^
Posted by とり at 2008年12月03日 07:30
>心境の変化 これは文字にしただけで笑えますよね。
それを目の前で聞いた僕とS川は、もう必死に笑いこらえてましたよw
全部事実のノンフィクションですからね^^

 金髪のN尾君は、今後大学時代のエピソードでまた出てきますが、基本的にクールです。
気障っぽさがなくて、ベタベタした友達付き合いはしないけど来る者は拒まないって感じのクールさで、変な自己主張をしてくるキモトの対照的なキャラクターです。
Posted by コスト at 2008年12月03日 21:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。