2008年09月09日

キモト伝説「ノーベル賞2個取る!」

 大学時代、俺とS川が学外では九州各地に遠征旅行に夢中になっていたが、学内ではキモト観察を熱心にしていた。その中のエピソードの一つ。

    『ノーベル賞2個取る!』

 S川の同期にキモトと呼ばれるクラスメートがいた。彼の奇行は数々の伝説を生んでいた。
 ある教授陣も参加した学科全体の新歓の飲み会にて。併せて、うちの学科の某教授(S川の記憶ではU教授)が理学部の学部長に就任したので、それも祝っていた。当時の理学部は6つの学科に分かれていたので6分の1の確率なのだが、
「これで教授会で理学部の予算いっぱい取ってきて、うちの学科に優先的に回してくださいよー」
とか
「白い巨頭みたいに出世して学長にまで上り詰めましょう!」
とか酒の勢いもあって色々と新学部長になった教授に話しかけていた。
しかし、教授は欲がなく
「いやー、私は自分の好きな研究ができればそれでいいんだよ。」
と、かわしていた。
 うちの理学部はS川が趣味の学部と称したように、出世とか企業との関係よりも自分の好きな分野を追求する教授が多く、のんびりした雰囲気のとこだった。

 ちなみに赴任したばかりのS講師は、農学部出身なのに理学部に就職した理由を
「前は農学部でオーバードクターしてたけど、何が嫌って昆虫を研究したいんだけど、農学部いたら農業とかに役に立つってテーマにしないと研究できないんだよ。
 僕は純粋に昆虫の行動や生態を知りたいだけなんだ。農業に役に立つとか理由を関連づけるのが面倒だったから、理学部だと純粋に生態の研究ができるから来たんだ。おかげでなかなか就職口なくて、30過ぎまでオーバードクターで授業料払って研究してたよ。」  
と、あくまで昆虫研究がしたかった。農業とかの役立つとかの理由付けはどうでもよかったと言い切っていた。さすがは30過ぎて虫取り網を振り回すのが好きなだけあるw
 純粋理論を追求するのが理学部で、応用とか実学は工学部とか農学部に任せればいいとのスタンスそのままだ。

 話は戻って、学部長教授のもとへキモトがやってきた。あまり高くない背に六四に分けた髪、ガリ勉メガネの容貌のキモトは、学部長になった教授に向かって
「そんなことでどうするんですか!僕はノーベル賞2個取ります!!」
と、大声で説教し、かつ宣言した。
 その場にいた他の教授や学生など全員がギョッとして何を言い出すんだコイツは?という目でキモトを見た。
 見ると、キモトは酒を飲んだせいなのか、元々そういう目つきなのか知らないが一般的に目が座ってる状態にあった。相当興奮しているらしく、まるで水木しげるの漫画のような鼻息でフーッとしていた。
 しかし飲み会の席だからといっても、たかだが大学2年の学生が教授に向かってその研究姿勢=生き方にケチをつけるというのはちょっと許されない。誰も無礼講などとは言ってもいないし、そもそも学部長就任のお祝いの席でもあるのだ。
 非常識・・、会場にいた全員の頭にその単語がよぎったが、教授は大人なので、「う、うむ。君も頑張りたまえ」というようなことを言って席を移動した。S川曰く、教授は「こりゃ相手にしておれんばい」って感じで席を立ったそうだ。

 俺は隣にいたS川に
俺 「おい、ノーベル賞目指すのはわかるが、2個ってどういうことだ?
   普通、1個取った人が2個目指すとか、二分野の研究やってて別分野でも受賞ってならわかるが、アイツは教授相手に何をキュリー夫人気取りしてるんだ?」
S川 「アイツちょっとおかしいたいw」 

これがキモト伝説の幕開けであった。

  キモト伝説2「ドイツ語の単位」につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/106485722.html

〜〜〜
キュリー夫人(Madame Curie)・・・1903年に夫婦でノーベル物理学賞を、1911年には単独でノーベル化学賞を受賞した。
Wiki「マリ・キュリー」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%BC

〜〜〜〜
関連記事リンク(ブログ内の記事へ飛びます)
キモト伝説「ノーベル賞2個取る!」
http://cost-off.seesaa.net/article/106256000.html
キモト伝説2「ドイツ語の単位」
http://cost-off.seesaa.net/article/106485722.html
キモト伝説3「彼は使えるよぉ」
http://cost-off.seesaa.net/article/106746075.html
キモト伝説3-1「図書館の地下」
http://cost-off.seesaa.net/article/110234420.html
キモト伝説4「うぃんうぃ〜ん」
http://cost-off.seesaa.net/article/109764817.html
キモト伝説5「キモトのオシャレと最後の砦」
http://cost-off.seesaa.net/article/110184238.html

キモト伝説6「うるさい黙れ!」
http://cost-off.seesaa.net/article/110149550.html
キモト伝説7「何がバッ!」
http://cost-off.seesaa.net/article/112124688.html
キモト伝説8「子供の落書きだぁ」
http://cost-off.seesaa.net/article/112615876.html
キモト伝説9「スケッチ話補足」「スナメリのスケッチ」
http://cost-off.seesaa.net/article/112918319.html
キモト伝説10「京都旅行疑惑」
http://cost-off.seesaa.net/article/114596036.html

キモト伝説11「住吉自然公園」
http://cost-off.seesaa.net/article/114631847.html
キモト伝説12「にしむーVSキモト」
http://cost-off.seesaa.net/article/116965718.html
キモト伝説13「くすの木会館事件」
http://cost-off.seesaa.net/article/118105419.html
キモト伝説14「生態系が把握できない」
http://cost-off.seesaa.net/article/118299365.html
キモト伝説15「木葉、強襲!」
http://cost-off.seesaa.net/article/120500616.html

キモト伝説16「キモト忍法炸裂」
http://cost-off.seesaa.net/article/121631544.html
キモト伝説17「火に油」
http://cost-off.seesaa.net/article/122018689.html
キモト伝説18「第二次キモト宅捜索」
http://cost-off.seesaa.net/article/122429605.html
キモト伝説19「闇に浮かぶキモト城」
http://cost-off.seesaa.net/article/142021209.html

キモト伝説「怒られるよぉ」
http://cost-off.seesaa.net/article/111610463.html
キモト伝説「キモトと麻雀」
http://cost-off.seesaa.net/article/115286827.html
キモト伝説番外編1(ver.2)
http://cost-off.seesaa.net/article/112198342.html
キモト伝説番外編2「キモトとキモト型人間」
http://cost-off.seesaa.net/article/118355154.html

S川版キモト伝説「牡蠣」前編
http://cost-off.seesaa.net/article/111079015.html
S川版キモト伝説「牡蠣」後編
http://cost-off.seesaa.net/article/111082639.html
S川話「キモトの試験逃亡事件」
http://cost-off.seesaa.net/article/161849385.html

『Ouch !、R2、S川版キモト伝説非公開ver.1.2』
http://cost-off.seesaa.net/article/106177456.html
『更新と交信(ver.2)&キモト伝説予告』
http://cost-off.seesaa.net/article/119924581.html

【目次】コラム人物編目次part1
http://cost-off.seesaa.net/article/107966008.html
キモト伝説まとめて読む→変人話(キモト伝説)カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/8817095-1.html


posted by コスト at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 変人話(キモト伝説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。