2008年08月28日

ノーコメント(ver.1.3)

 小学校低学年の頃。
TVで政治家やハリウッドスターが「ノーコメント」と言ってのを聞いて、ノーコメントとは特に言うことがないという意味と理解してた。
 その頃、クラスメイトの女子が入院していて、毎日順番に班単位でメッセージを書いて渡していた。
 俺は同じ班でもないし、あまり話したことがない相手なので、ひねってカッコよく「ノーコメント」と書いて教師に提出した。さぞやイカした台詞だと思われるだろうと思っていたら、すぐに教師から
「○○君!ちょっと来なさい!」
と呼ばれた。
 普段から真面目な生徒だったので、今回も「よくこんな難しい言葉を知っているね」と褒められるのだろうと思って教師の元に行くと
「ノーコメントがどういう時に使うのか知っているの!?」
と、えらい剣幕で問い詰められた。
 一瞬、この女教師は何を怒っているのだろう?と思ったが、特にコメントすることがない時ですと答えると、カンカンになって怒り出した。
「入院している子に向かってノーコメントとはどういうことですか!」
と、ガンガン説教された。


 今でも覚えているが、こっちは小学校低学年かせいぜい10歳ぐらいで珍しい言葉をよくわからず使っただけなのに、本気で「ノーコメント!」と言ったととって大目玉を食らって書き直しさせられた。
 もうちょっと頭のいい教師ならそこまで理解して使い方を諭すんだろうが、教師のレベルはひどくて一方的に叱られたのを覚えている。
 もう少し歳がいってれば本音と建前で理解できるが、実際あまり話したことのない女子に白々しく「早く元気になってね」と周りと同じような心にもない嘘を書くほうがおかしいと思ってた。いくら入院してても思ってもないような手紙もらってうれしいんだろうか?決まり文句ねって思うだけじゃないのか。
 だから、それよりは頭を使って珍しい言葉でカッコよく決めたほうがウケると思ってたら、届く前に大声で説教である。

 大人が意図してノーコメントと言うならまだしも、低学年の子供が間違えたら鬼の首を取ったように大声説教である。教育とは知らないことを教えたり諭すものであるのに、ミスを見つけて皆の前で怒鳴りつけることではない。それが単純な言葉間違いならなおさらである。それは子供の才能や想像力を萎縮させてつぶすだけである。
 あの教師は八つ当たり的に過剰に怒ってたし、日頃悪さをしない生徒を叱るいいチャンスとでも思って怒鳴ってた感があった。
 未だにあの叱り方は納得してないし、わかってないのはそっちだと思ってる。ノーコメントがどういう意味か知ってるの!?って小学校低学年でちゃんと知ってる子がほとんどだとでも思ってるんだろうか?自分は言葉のミスを今まで一回もしたことがないのだろうか?
今でこそネタにして笑い話で済むが、全く災難な教師だった。

 大分で採用汚職が発覚したが、高知もどっこいどっこいのレベルで、少なくとも俺が当たった教師に関しては残念な教師が多かった。 
 大分の教員採用汚職が国策捜査なら、とっとと全国的に捜査をやればいいと思う。聖職者がコネや汚職で入ってえらそうに説教してる現実があるのに、学級崩壊は子供が悪いだけが悪いとは思わない。コネで入った教師は、さぞ優秀な指導力を持っていることだろうから。

<追加>
 8/29のニュース
「大分県の教員採用汚職事件にからみ、県教委は29日、不正合格が確認されたとして、08年度教員採用試験(試験は07年)で合格した小中学校などの教諭21人の採用取り消しを決めた。
 取り消しは小学14人(採用者41人)▽中学6人(同31人)▽養護教諭1人(同4人)。」

21人って、数人じゃなかったのか。予想以上の不正採用数だ。大分汚職やりすぎww


posted by コスト at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム・人物編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いただけないセンセだなぁ。
適正検査適正検査!
Posted by とり at 2008年08月30日 08:45
>とりさん コメントありがとうございます^^
ほんとこの時は、他のクラスメートも適当にメッセージ書いてたからその注意も入ってて
「え?俺見せしめの説教されてる?」
とか思ってうつむいてましたねー。

ほんと教員もこれだけ不祥事が連発してる状況だから、適正検査や免許更新制度作ったほうがいいですよ。
発音もまともにできない英語教師とかいましたもん。
最近は授業内容以外の問題でよく懲戒免職になってますが^^;
Posted by コスト at 2008年08月30日 11:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。