2008年08月27日

2008夏・帰省旅行@北関東、鑁阿寺

   『2008夏・帰省旅行@北関東、鑁阿寺(ばんなじ)』

 2008/08/17.今年の夏の帰省はお盆より一週間遅れで、田舎の友達(トックリ)の車で帰ることになった。
 月曜から高知に向けて出発する予定なのだが、北関東が見たかったので日曜から合流する。
 合流場所はさいたま市西区の三橋総合公園プール。帰省して川で泳ぐのに、すでに大宮から泳ぎ始める我々w
 このプールは、420円で時間制限なしなので先に着いたトックリが泳ぎながら待つ中、俺は杉並の部屋を出発。この日の東京は、最近の集中豪雨などの影響かやけに涼しく27℃程度で、荷物を持って駅に向かうにはちょうどいい。 
 JR大宮駅で下車して、バスに乗ろうと駅のインフォメーションコーナーで何番バスかと聞こうとして
俺 「みつはし公園のプールに行きたいのですが」
案内「みはしです!三橋総合公園プール。」
案内の人は、俺の地名読み間違いをすかさずかぶせてきた!
 俺の人生であと何回このプールに来ることがあるだろうか、それを考えるとそんなに必死になってかぶせてこなくてもいいのにな、と思ったが冷静にバス乗り場を聞く。
 
 7番乗り場からバスで三橋総合公園に着くが、二つあるバス停のうちプールから遠いバス停だった。詳しいのは読み方だけかいっw
 公園内をてくてく歩く。大きな木があって都心のビル群よりほっとする。入場券を買う時に受付の人に「コイツ、プールに来るのになんでこんなに荷物多いんだ?」という顔をされたが、でかい荷物は預けて更衣室へ。
  
 トックリとプールで合流。
水温は33℃とかなり高い(通常は30℃)。25m7コースだけのプールで、子供用プールもなく全体的にこじんまりとしてるが、全体の造りがドーム型でガラス張りが多く、外の緑も見えて日光も多く入って温室な感じがして実にいい感じだ。
 俺は城巡りや神社仏閣巡り、温泉巡りと並んでプール巡りも好きなのだ。杉並区だけでも3つのプールを回ってて、熊本では5ヶ所のプールを回っていた。高知はプールより海川なので3つ。
 そんな中でもここ三橋総合公園屋内プールは、コンパクトなわりに意外と点数が高い。水温が高いのも実にいい。シャワー設備は少ないけど、プール内に外の光が入って明るくて気分が良くなる。
 
 軽く45分ほど泳いでトックリの車で群馬に移動する。途中スコールに遭う。この夏の関東は実に集中豪雨が多い。

 車で走って景色は田舎になっても、平野ってのは変わらない。関東平野は実に広い、赤城山まで山がほぼない。しかし、海がないとアクセントがなく、貿易ができないなあって思った。
 小説で、関東移封になった家康が関東八州は「餡のない饅頭じゃ」という台詞があったが、石高はあっても西日本に比べて商業的な利益が少ないという意味だったが、わかる気がする。でも広いなあ、関東平野。関東騎馬軍団と言われたが、騎馬兵が鍛えるには十分すぎるほど広い。

 夕食を食って、明日の午前中まで仕事のトックリと竜舞駅で別れる。
19:50。東武小泉線竜舞駅(群馬県太田市龍舞町)からホテルを取ってる栃木県足利市へ向かうことに。
竜舞駅加工.jpg
無人駅の竜舞駅
竜舞駅2.jpg
群馬で初めて乗った駅。俺以外には客が一人。

 竜舞駅には切符の自販機がなく、代わりに乗降車駅証明書をボタンを押してもらう。
乗降車駅証明書.jpg
竜舞駅の乗降車駅証明書

 こういうシステムがあるのか。田舎の無人駅でも切符の自販機あるのに、ここは経費節約なのか、治安が悪いから置かないのかあと思って帰ってWikiで調べたら、PASMOまたはsuica乗降車駅証明書の機械で利用可能で、切符は駅前の工務店で発売する簡易委託してるとのことだった。

 便数は昼間は時間一本だが、19時台は2本あって10分も待たずに電車が来た。一駅で太田駅着。目的は足利市だが途中下車してみた。
 駅前はビルっぽいが夜8時でもう真っ暗でなにも見えない・・。観光案内所に入るが、イベントで留守番の人しかいなくて、ホテルのパンフだけもらって出た。
 もらったホテルのパンフにはご丁寧にも値段が書いてない。いちいちアドレスをケータイに打ち込んでアクセスしたが、ルートインとかチェーン店のトップページに飛ばされて、そこから関東→群馬県→太田市といちいちパケット代を払って移動したが、さほど安くもないので当初の予定通り足利市へ向かうことにして再び電車に乗った。
 なぜ、一発でわかるアドレスを書いてないのか不明だ。今後ルートインと聞くと、この事を思い出すことにする。

 3駅乗って東武伊勢崎線足利市駅着。初めて栃木県で下車する。初栃木だ。
小雨降る中、じゃらんで予約したホテルわかさを目指して傘を差して歩く。値段は朝食付き4599円、ここからポイントで400円引きになった。
 駅前の渡良瀬川を渡って徒歩10分で到着。
初の栃木で宿泊。なぜ宇都宮ではなく端っこの足利市だったのかは、縁だったのだと翌日わかった。

 雨が降ってるが観光に出る。なぜか、ホテルの目の前がライトアップされた鑁阿寺(ばんなじ)だったから。雨降ってるから翌朝にでもすればいいのだが、俺は朝が弱いから無理だ。それにライトアップされてるのは夜しか見えない。
 チェックイン後、荷物を置いてまた外に出る。でも目の前なのですぐ着いた。
ばんな寺7.jpg
ライトアップされた鑁阿寺
ばんな寺.jpg

ばんな寺3.jpg
楼門と反橋(そりはし)
ばんな寺2.jpg
参道の石畳
ばんな寺4.jpg
境内はライトアップされてなかった。

   『2008夏・帰省旅行A足利市』につづく
http://cost-off.seesaa.net/article/106455527.html

〜〜〜〜〜
関連記事:『2008夏・帰省旅行B伊勢崎市境町〜長野』
http://cost-off.seesaa.net/article/106710903.html
『2008夏・帰省旅行Cトックリ話(馬鹿話編)』
http://cost-off.seesaa.net/article/107184778.html
旅行記・九州話(熊本なる日々)カテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/1573114-1.html
沖縄旅行・ダイビングカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/4165836-1.html


<おまけ画像>
ばんな寺10.jpg
ホテルの部屋から見た夜の鑁阿寺の楼門

ばんな寺11.jpg
翌朝の鑁阿寺楼門


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。